Zaifトークンは今後どうなる?特徴や値動きから予想してみる!


zaif(ザイフ)トークンの特徴を知って今後を大予想する!

「Zaifトークンってなに?」

「Zaifトークンって儲かるの?」

「そもそもトークンって仮想通貨?」


こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
このまえ取引所Zaifについてしらべていたら「Zaifトークン」っていうのをみつけました。

ZaifトークンはZaifでしか取引ができないみたい!
これって儲かるのかな?
っていうか、もしかしてわたしお宝をみつけた!?

気になって夜もねむれないので、仮想通貨のプロフェッショナル“クリプト先生”にきいてみましょう!

みなさん、こんにちは!
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。

先生!
Zaifトークンについて教えてください!

最近注目されはじめているZaifトークンですね。
おまかせください。
Zaifトークンが何なのか、今後どうなるのか解説しましょう!


Zaifが発行する仮想通貨「Zaifトークン」とは?

zaif(ザイフ)トークン基本情報・特徴

仮想通貨名

Zaifトークン(ザイフトークン)

通貨単位

ZAIF(ザイフ)

公開日

2016年7月

発行者

仮想通貨取引所Zaif(テックビューロ株式会社)

発行上限

90億枚

発行枚数

90億枚

(すでに上限枚数まで発行されており、

今後増える予定はありません)


Zaifトークンとは、取引所Zaifが発行しているトークンの1種です。
通貨単位は「ZAIF」です。

1種ってことは、Zaifはほかにもトークンを発行してるんですか?

Zaifは「Zaifトークン」「COMSAトークン」の2種類のトークンを発行しています!
Zaifトークンは、略して「ザフト」ともよばれています。

へぇ~!
っというか、そもそもトークンって何なんですか?

 

仮想通貨の1種「トークン」とは?

 

トークンとは、独自のブロックチェーンをもっていない仮想通貨です。

そのため、ほかの仮想通貨のブロックチェーン上につくられています。

(ほかの仮想通貨のブロックチェーンに取引履歴が記録されているということ)

 

つまり、トークンはほかの仮想通貨のブロックチェーンを借りている状態です。

それに対して、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)などはそれぞれ独自のブロックチェーンをもっています。

 

トークンは株式のような役割をもっていて、資金調達のために発行するのがおもな目的になります。

株式の発行には厳しい審査がありますが、トークンには審査がないので手軽にだれでも発行できるという点がメリットです。

 

Zaifトークンはどの仮想通貨のブロックチェーンを借りてるんですか?

Zaifトークンは、仮想通貨XCP(カウンターパーティ)を使ってBTCのブロックチェーン上で発行されています。
イメージとしてはこんな感じです!


トークンの説明図

 

仮想通貨がつくれる仮想通貨「XCP(カウンターパーティ)」とは?

 

XCPとは金融庁のホワイトリストにも入っている仮想通貨です。

ZaifトークンとおなじくBTCのブロックチェーン上につくられたトークンになります。

XCPには「トークンの発行」ができる機能が備わっていて、いろんな企業や個人がXCPをつかってトークンを発行しています。

関連記事:【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた


Zaifトークンはどんなことに使えるの?

zaifトークンの使い道・ザイフの使い方


Zaifトークンの使い道は、取引所Zaifでほかの仮想通貨と交換できることです。

それって「日本円」じゃできないんですか?

日本円でもできます。
じつは、Zaifトークンでしかできないような使い道はとくにない、というのが現状なんです。

そのため、「Zaifトークンにはとくに価値はない」という意見もあります。

なるほど。

ただし、今後なんらかの使い道ができる可能性はありますよ!
海外取引所「Binance(バイナンス)」には「バイナンスコイン(BNB)」というトークンがあるんですが、バイナンスではBNBをつかって取引をすると取引手数料が割引になるんです。

 

取引所バイナンスのトークン「バイナンスコイン(BNB)」とは?

 

2017年7月に発行されたトークンです。

1BNB=約100円だったのが、2017年1月には24倍の2,400円まで高騰しました。

2018年8月現在では1BNB=約1,000円、時価総額16位の人気通貨となっています。

 

BNBでは以下のことができます。

  1. 取引手数料をBNBで支払うと割引される
  2. バイナンスに上場してほしい仮想通貨に投票できる(人気投票1位になった仮想通貨は実際に上場しています!)
  3. バイナンスで実施される※ICOをBNBで購入できる

 

※ICOとは・・・上場前のあたらしい仮想通貨を販売すること。

【仮想通貨のICOとは?難しい用語をなるべく省いて説明してみた】


手数料が割引になるの良いですね!

Zaifトークンにも今後そういった特典がつくと、価値が上がるかもしれません。

今Zaifトークンを購入してる人たちは、その「将来性」に期待してるのかもしれませんね!

 

Zaifトークンの今までの値動き

Zaifトークンのチャート

 

2016年7月 1Zaif=1円で上場 上場後すぐに高騰 1Zaif=約5円

2016年12月 下降し続け 1Zaif=約0.8円

 

2017年7月 さらに下降 1Zaif=約0.2円

2017年8月 上昇し始め 1Zaif=約0.8円

2017年12月 ほかの仮想通貨とおなじく高騰 1Zaif=約3.5円

 

2018年3月 下降し続け 1Zaif=約1.0円

2018年8月(現在) さらに下降 1Zaif=約0.3円

 

Zaifトークンのチャートはこちらからチェックできます↓

取引所Zaif https://zaif.jp/trade/zaif_jpy?lang=ja


上場直後や仮想通貨全体が高騰した2017年末など、やっぱり話題にあがるタイミングで上昇しているようです。

上昇のあとはまた下降しちゃってますね。

「下降している今が買い時!」という意見もありますから参考にしてみてくださいね!

 

Zaifトークンの今後はどうなる!?

zaifトークンの今後・ザイフトークンの将来性

Zaifトークンの1/4(22.5億ZAIF)は2018年12月末までロックアップされています。

ロックアップってなんですか?

 

仮想通貨を凍結する「ロックアップ」とは?

ロックアップの説明図

ロックアップとは「鍵をかける」という意味で、一定期間仮想通貨を動かせなくすることです。

ロックアップすることで市場に出回る仮想通貨の流通量が減るので、仮想通貨の価値を高めることができます。

 

また、一部の人が仮想通貨を多く所有している場合、その人が売却するだけでも価格は大きく下がります。

仮想通貨ではこういった価格操作を心配して取引が活発にならないこともあるのです。

 

Zaifトークンは、Zaifがかなり多くの割合を所有してるといわれてますが、ロックアップすることは「Zaifが価格操作をすることはできない」ということをユーザーに示す意味もあります。

 

仮想通貨投資は「だれがどれくらい所有してるか」っていうのも大事なんですね。

ロックアップが発表されたのは2017年10月下旬なんですが、11月に入ったあたりからZaifトークンの価格は少しづつ上がりました。

ロックアップの効果ですね!

絶対にそうとはいい切れませんが、可能性はあります。

2018年12月末にはロックアップが解除されるので、そこでまた値動きがあるかもしれません。

 

「COMSAトークン」のICOにてZaifトークンにボーナス!

 

2017年10月~11月にかけて「COMSAトークン」のICOがおこなわれました。

COMSAトークンって、取引所Zaifが発行してるもう1つのトークンでしたっけ?

COMSAトークンは、日本円やBTCなどいろんな通貨で購入ができたんですが、Zaifトークンで購入すると購入金額の2%がボーナスとして余分にもらえました。

Zaifトークンにも使い道をつくったんですね!

このボーナスについて発表されたのは2017年9月上旬なんですが、さっきのチャートをみるとわかるように、おなじタイミングでZaifトークンの価格が上がっています。

みんなボーナスをもらうためにZaifトークンを買いはじめたのかな。
でも、その前の8月頃から大きく上がってる!

正式に発表される前から、なにかしら特典があるんじゃないかと予想して購入する人がいたのかもしれませんね。

今後もこういう特典がつくのかどうか要チェックですね!

 

Zaifトークンの価値は取引所Zaifに懸かっている!?

zaifトークン元気な会社と元気がない会社

Zaifの人気が高くなれば、Zaifトークンへの関心も高くなります。

Zaifトークンへの関心が高くなれば、Zaifを利用する人も増えます。

まさに相乗効果!

そうですね。
反対に、Zaifの人気がなくなればZaifトークンの価値も下がっていくかもしれません。

Zaifが倒産とかしちゃったらどうなるんだろう?

ZaifトークンはZaif以外では取引されていませんので、そうなったら価値もなくなってしまいそうですね。

Zaifの倒産が1番のリスクかもしれません。

 

Zaifトークンを購入してみよう!

zaif(ザイフ)トークンを購入する

Zaifトークンの購入手順はつぎのとおりです。

1.取引所Zaifに口座を開設

ZaifのHPから口座開設手続きができます。

ZaifのHPはこちら↓

https://zaif.jp/?lang=ja

混みあっている時期は、手続きしてから取引ができるまでに1~2週間かかることもあるようなので、ご注意ください。

口座開設は無料です!


2.口座に日本円かBTCを入金

Zaifトークンは日本円かBTCで購入します。

日本円の入金方法は「銀行振込」か「コンビニ入金」です。

すでにBTCをお持ちの方は、Zaifの口座にBTCを送金することで、BTCを使って購入することもできます。


3.Zaifトークンを購入

PCやスマホでZaifにログインして取引をおこなってください。

Zaifトークンの取引には販売所がなく、板取引になります。

 

【誰でもできる!仮想通貨の『板取引』を覚えよう!】

 

まとめ

  1. Zaifトークンは取引所Zaifが発行しているトークンである
  2. Zaifトークンは現時点ではとくに使い道がない
  3. 今後Zaifトークンに使い道ができたら高騰する可能性がある
  4. Zaifトークンの価値は取引所Zaifの成長に懸かっているかもしれない

 

BTCみたいなメジャーな仮想通貨もいいけど、Zaifトークンみたいに特定の取引所でしか扱ってないトークンもおもしろいですね!

手数料割引などのお得な特典もありますからね。
それに、有名な取引所が発行しているのであれば信頼性も高いです。

今後はZaifの評判にも注目しなきゃ!

Zaifもそうですが、運営をしている「テックビューロ株式会社」もチェックするといいかもしれませんよ。
テックビューロ株式会社は非上場企業です。
もし株式市場に上場したらZaifトークンの価格にも影響するかもしれませんからね!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

エターナル

エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識