トークンは仮想通貨の一種!トークンについて詳しく知ろう!


トンは企業の発行する仮想通貨

「トークンってなに?」

「トークンを買うメリットは?」

「オススメのトークンはどれ?」

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
仮想通貨について勉強していると、ときどき「トークン」って言葉が出てくるんですけど、いったいなんのことなんでしょうか?
仮想通貨となにか関係があるんでしょうか?

みなさん、こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです!

先生、今日はトークンについて教えてもらいにきました!
私でもわかるように、イチから簡単に説明してください!

わかりました。
それでは、トークンとはじつは仮想通貨の一種のことなのですが、まずは基本から見ていきましょう。

トークンってなに?

トークンを発行する企業

トークンとは、簡単にいえば個人や企業が発行する仮想通貨のことです。
なので、仮想通貨と同じように、トークンを使ってモノやサービスを購入することができます

それだけ聞くとあまり違いがないようですけど・・・
トークンと仮想通貨は具体的に何が違うんですか?

トークンと仮想通貨の違いには、「ブロックチェーン」と呼ばれるセキュリティ対策が関係しています。

 

トークンと仮想通貨の違い

トークンと仮想通貨は、どのようなブロックチェーンを使用するかで区別されています。

トークンは既存のブロックチェーンを使用し、仮想通貨はオリジナルのブロックチェーンを使用しているのです。

 

ブロックチェーンとは、取引の内容を記録する台帳のことです。

特定の管理者が台帳を管理するのではなく、世界中の人々が手分けして管理するため、「分散型台帳」とも呼ばれています

こうして手分けして管理することで、ブロックチェーンの改ざん(取引内容の書き換え)を防いでいるのです。

 

BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)といった仮想通貨は、それぞれオリジナルのブロックチェーンを使って、取引を行っています

一方、トークンは、BTCやETHが使う既存のブロックチェーンを利用して、通貨を発行しています

ブロックチェーンを新たに用意する必要がないので、トークンは個人や企業でも簡単に発行することができるのです

 

【ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた

 

トークンの特徴は?

多くの仮想通貨は、発行する量の上限が決まっており、なかには発行者がいないものもあります。

対して、トークンは発行者が明確に存在しており、発行する量をコントロールできるという特徴があります

 

トークンは発行者が自由に発行する量を決められるので、株式のように企業がトークンを売って資金調達をおこなうことがあるのです。

この手法を、「ICO(イニシャル・コイン・オファリング=新規仮想通貨公開)」といいます。

トークンの発行は株式に比べて簡単なので、株式ではなくトークンによって資金調達を行う企業が出てくるのです。

 

トークンのメリットとデメリット

トークンの価格が上昇

トークンが企業の資金調達に使われていることはわかりました。
でも、企業のトークンを買うと、私には何かメリットがあるんでしょうか?

もちろん、ありますよ!
ただし、デメリットもあるので、トークンを買うのはメリット、デメリット両方をよく考えてからにしましょう!

 

トークンのメリット

トークンのメリット① トークンの価格が上昇することがある

会社の業績が上がると、その会社が発行するトークンにも人気が出て、トークンの価格が上昇することがあります。

そのため、早い段階でトークンを購入しておくと、あとで大きな利益を手に入れられる可能性が出てくるのです

 

また、トークンの価格の上昇は、株式に比べて非常に激しいとされています。

たとえば、Binance (バイナンス)という海外の取引所が発行するトークン・BNB(バイナンスコイン)は、発行当初0.1ドル以下の価値しかありませんでした。

しかし、BNBは発行からわずか半年で約24ドル、つまり約250倍まで価格が上昇しました

このように、トークンでは少ない金額で大きな利益をあげられることがあります。

 

トークンのメリット② トークンを購入すると、特典がついてくることがある

トークンは、企業が発行する独自の仮想通貨のため、企業が自由に使い方を決めることができます

そのため、企業はトークンを買ってもらえるように、トークンの購入者に特典を提供することがあるのです

 

トークンについてくる特典の例

・トークンを保有していると、トークンに利子がつく

・トークンで仮想通貨の購入や送金を行うと、割引サービスを受けられる

・トークンを使うことで、企業の有料サービスを受けられる

 

トークンのデメリット

トークンのデメリットは、企業が倒産した場合、トークンが無価値になってしまうことです。

BTCなどの人気の仮想通貨は、世界中の人や企業が価値を認めているため、一瞬で価値がなくなるような事態は考えにくいです。

しかし、トークンは企業が発行する独自の仮想通貨のため、発行する企業が倒産すると、その時点で価値がなくなってしまう可能性があります

 

また、取引所に上場される前のトークンは、売却するのが難しく、上場されるまでは実質的に無価値です。

そのため、企業がトークンを取引所に上場できないと、購入した上場前のトークンはまったくのムダになってしまうことが考えられます。

 

たとえば、2018年の第一四半期(4~6月の3ヶ月)の間に、400件以上のICOが行われ、そのうちの200件は約1,000万円以上の資金を集めています。

しかし、そのなかで取引所に上場できたトークンの数は89、つまり全体の22%に過ぎませんでした。

 

このように、購入したトークンが無価値になるのを防ぐため、購入前に「ホワイトペーパー」に目を通すようにしましょう。

ホワイトペーパーとは、トークンの発行前(ICOの開始前)に企業が用意するもので、企業のおこなう事業についての概要や展望などについて記載したものです。

そのため、ホワイトペーパーは、今後企業やトークンがどうなるかについて判断する材料になるのです。

 

トークンを買う方法

トークンを購入する人

トークンを買うメリット、デメリットはわかりました。
トークンの投資も魅力的なので、ぜひ挑戦してみたいです!

わかりました。
それでは、さっそくトークンを買ってみましょう。
トークンは、仮想通貨と同じく取引所で購入することができます。

 

オススメのトークン

トークンは、購入できる取引所が限られています。

とくに取引所が発行しているトークンは、その取引所でしか購入できないことがほとんどです。

そのため、買いたいトークンに合わせて、新たに取引所に登録する必要があるかもしれません。

 

オススメのトークン① XCP(カウンターパーティー)トークン

XCPトークンの特徴は、購入したXCPトークンを使って、独自のトークンを作成できることです。

たとえば後述するBCY(ビットクリスタルズ)も、XCPトークンを利用して作られています。

今後資金調達のためにトークンを作成する企業が増えると、XCPトークンの価値も上がっていくかもしれません。

XCPトークンは、国内の取引所ではZaifで購入することができます。

 

※Zaifは9/14にクラッキング被害を受け、現在新規の口座開設が停止しています。

再開予定もまだ決まっていないようです。

 

オススメのトークン② BCY(ビットクリスタルズ)

BCYは、XCPトークンで作られたトークンの1つです。

BCYは、「Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)」というオンラインのトレーディングカードゲーム(集めたカードで対戦するゲーム)内で使用することができます。

BCYでなければ購入できない珍しいカードがあったり、BCYを使えば通常の課金より安くカードパックを購入することが可能です。

ゲームの人気が上がることで、今後BCYの価値も上がるかもしれません。

BCYは、国内の取引所ではZaifで購入することができます。

 

※Zaifは9/14にクラッキング被害を受け、現在新規の口座開設が停止しています。

再開予定もまだ決まっていないようです。

 

オススメのトークン③ QASH(キャッシュ)トークン

QASHトークンは、国内取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)で作成、販売されているものです。

金融庁公認の取引所が、ICOによってトークンを作ったのは、QASHトークンが初めてのことです。

 

QASHトークンは、QUOINEX が「LIQUID(リキッド)」というプロジェクトを実現するために販売されました。

LIQUIDとは、簡単にいえば世界中のあちこちで行われている取引を一つの場所にまとめようというものです。

LIQUIDによって、取引所により扱う仮想通貨の種類が異なっていたり、仮想通貨の価格が異なっていたりという問題を解決することができます。

もしLIQUIDが成功すれば、その資金源であるQASHトークンの価値も上がるかもしれません。

 

オススメのトークン④ BNB(バイナンスコイン)

BNBは、海外取引所のBinance(バイナンス)が発行したトークンです。

Binanceの手数料は0.1%と安いですが、BNBによって支払いをおこなうと、手数料はさらに半分の0.05%まで割引されます(ただし、1年ごとに割引率は下がっていきます)

Binanceの業績が伸びることで、BNBの価格も上昇するかもしれません。

 

トークンは取引所で購入する以外にも、企業のICOトークンに応募して購入するという方法もあります。
募集内容は、以下のサイトなどから確認できるので、トークンにとくに興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

まとめ

トークンは、企業の発行する仮想通貨のこと

■トークンは既存のブロックチェーンを使い、仮想通貨はオリジナルのブロックチェーンを使って取引される

トークンはおもに企業の資金調達に使われる

■トークンを購入することで、投資を行ったり、企業から独自のサービスを受けられる

トークンは、発行する企業が倒産すると価値がなくなる

■トークンは取引所で買うことができる

 

トークンはよくわからないので、今までスルーしてきたんですが、いろいろなメリットがあったんですね!

そうですね。
トークンは今後もっと普及していく可能性があるので、BTCのような主要仮想通貨だけでなく、トークンの動向にも注目してみてください。

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識