仮想通貨とは何が違うの?おすすめのトークンと購入方法


 

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。

最近知ったんですけど、なにやら仮想通貨の世界にはトークンなるものがあるらしいですね!

いったい何者なんでしょうか!?

「トークンで儲かった!」

なんて話も聞くし、とにかく気になります。

トークンについて簡単に説明ほしい!

ということで、仮想通貨のプロフェッショナルである「クリプト先生」に聞いてみることにしました。

目次

トークンとは?

宇宙と仮想通貨""

 

こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
カナさんもトークンが気になってるご様子ですね。

もちろんです!
時代に乗り遅れないように新しいものはチェックしておかないと!

良い心がけですね。
トークンは仮想通貨の新しい活用法ですから、知っておいて損はありません!

さっそくですが・・・ズバリ!
「トークン」とは何なんでしょう!?

トークンとは、個人や企業が発行する仮想通貨です。

ん~?
BTC(ビットコイン)とかETH(イーサリアム)みたいなメジャーな仮想通貨も個人や企業が作ってるとおもうんですけど・・・。

たしかにそうですね。
でも、トークンは価値のあるモノやサービスと交換できる引換券という意味が近くなります。

もともと、英語のtokenには「しるし」や「記念品」、「引換券」という意味があります。

つまり、トークンを購入することで、モノやサービスと交換できるようになるんですか?

そのとおりです!
私たちは普段の生活でも、トークンのようなものを使っています。
たとえば、買い物をしたときにもらえるポイントもトークンの一種です。

でも、そもそも仮想通貨も商品やサービスと交換できるんだから、トークンと同じじゃないんですか?
なぜ、区別する必要があるんでしょう?

 

トークンと仮想通貨の2つの違い

 

仮想通貨とトークンの違いを説明するには、ブロックチェーン技術が関わってきます。
おもな2つの違いについて詳しく解説しましょう!

 

トークンと仮想通貨の違い① ブロックチェーン

 

仮想通貨は、新しいブロックチェーンを使って運用しています。

その仮想通貨専用のブロックチェーンということです。

それに対して、トークンはすでに存在してる仮想通貨のブロックチェーンを使って運用します。

 

BTCやETHなどの仮想通貨は、オリジナルのブロックチェーン技術を使って発行・流通される基軸通貨です。

トークンは、ETHやNEM(ネム)などの既存のブロックチェーン技術を利用して発行されます。

もともとあるブロックチェーン技術を使って発行できるため、個人や企業が簡単に発行できるようになっています。
 

トークンと仮想通貨の違い② 発行目的

 

仮想通貨は、送金や決済のスピードを速くしたり、中央集権などの法定通貨の問題を解決するために生まれました。

 

それに対して、トークンは企業が資金調達をするために発行されることが多いです。

 

資金調達を目的として発行されるトークンを『ICOトークン(アイシーオートークン)』といいます。

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、「新規仮想通貨公開」という意味になります。

株式の新規株式公開IPO(Initial Public Offering)に対してつくられた言葉です。

 

ICOでは企業が株式ではなくトークンを発行し、購入してもらうことで、資金調達をします。

ただし、株式を公開するときとは違い、届出の義務はありません。

また、四半期ごとの決算内容の開示も必要ないのです。

そのため、株式公開に比べてハードルが低く、企業が簡単に資金調達できる手法として注目されています。

 

ICOトークンの発行では、ホワイトペーパー(白書)と呼ばれる宣伝用パンフレットがあります。

しかし、それも義務ではないため、ホワイトペーパーすら存在しないICOトークンもあるのが実情です。

詐欺であることも多いため、購入する際には事前にどのような企業がどのような目的で発行しているのか、よく調べる必要があります。

 

仮想通貨とトークンの違いがなんとなくわかってきました!

もっと詳しくなるために、トークンのメリットとデメリットも知っておきましょう!

 

トークンのメリットとデメリット

 

まずはトークンのメリットからです!

 

トークンのメリット

 

発行している会社の業績が上がれば、トークンの価値が何十倍にもなる可能性があります。

株式の価値が上がるのと同じようなしくみです。

また、ある会社のトークンを持っている場合に、特別に一定量のトークンが無料で配布されることもあります。

さらに、ポイントのようにトークンで会社のサービスを限定的に受けられるのもメリットです。

 

トークンのデメリット

 

発行した会社の業績が悪くなったり、不正や倒産をした場合、トークンは全く価値のないものになる可能性もあります。

ホワイトペーパーだけで実態のない会社もあるため、購入時には十分注意しましょう。

後ほどご紹介しますが、詐欺的トークンも存在します。

 

価値が0になる可能性もあるんだ。

 

取引所が発行している3つのおすすめトークン

タブレットを持つ男性""

 

トークンを発行している取引所もたくさんあります。

取引所のトークンって良いんですか?

取引所のトークンは人気が高くて、今後の価格上昇を期待してる人も多いですよ!
それに、トークンを使うと取引手数料が安くなるなどの特典もあります!

おお!
持っておいて損はなさそうですね!

なかでもオススメな3つの取引所トークンをご紹介します!

 

おすすめトークン① BNB(バイナンスコイン)

 

BNB(バイナンスコイン)は、中国の仮想通貨取引所Binanceが発行しているトークンです。

中国では、ICOが禁止となり、仮想通貨に対しても規制する動きがあります。

しかし、Binanceは経済特区となっているケイマン諸島に本社を移転することで、安定した運営を続けています。

 

2017年には取引量世界一を達成したこともあり、国内外で人気のある仮想通貨取引所です。

BNBはトークンとはいえ、時価総額が高いことが特徴。2018年7月現在では、時価総額ランキング20位となっています。

トークンとしては、比較的安定性があるため初心者にもおすすめです。

 

また、Binanceでは仮想通貨を取引する際にBNBを使うことで、最大50%の手数料割引を受けられるという特典があります。

Binanceはもともと取引手数料が0.1%で、BNBを使うと0.05%で取引が可能です。

 

手数料が安くなると、多額の資金で取引する人が増え、Binanceの取引量が増えるというメリットもあります。

取引所の成長とともに、BNBの価値が今後上昇することも期待できます。

 

おすすめトークン② KCS(KuCoin Shares)

 

KCS(KuCoin Shares)は、中国取引所のKuCoinが発行しているトークンです。

KuCoinは、2017年11月に香港を拠点として設立された取引所で、100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

 

海外の取引所ですが、日本語にも対応していることが特徴です。

KCSを保有するメリットは、保有量に応じて毎日配当報酬がもらえるということ。

分配される報酬は、取引所で発生した取引手数料の50%となります。

 

ユーザーが増えるほど発生する手数料も増えるため、その分だけKCSの報酬も高くなるという仕組みです。

保有するだけで報酬が受け取れるのは、メリットが大きいです。

 

また、KCSを使って仮想通貨を購入すると、保有するKCSが1,000KCSにつき取引手数料が1%、最大で30%割引になります。

ほかにも、KCSを使って上場させたい仮想通貨へ投票する権利を得ることができたり、KCSを基軸通貨として取引したりすることも可能です。

KCSを保有することで取引所内での限定された特典やサービスを受けられることが、KCSのメリットです。

 

おすすめトークン③ QASHトークン

 

QASH(キャッシュ)トークンは、QUOINE LIQUIDが発行したイーサリアムをベースとするトークンです。

QUOINE社が開発したLIQUIDというプロットフォーム内で利用されるデジタルトークンです。

2017年11月にICOを行い、1QASHあたり0.01ETHでトークンセールされました。

 

1日で約85億円の資金調達に成功し、QASHトークンへの注目度の高さがうかがえます。

トークンセールはすでに終了していますが、QUOINE社が運営する国内取引所のLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)で取引可能です。

 

QASHトークンは2017年11月末にQUOINEXへ上場しました。上場後、ICOで購入できなかった人が一斉に購入し、価格が一気に3倍まで上昇。一時は285円まで値を上げました。

その後、利益確定の売りが入り、価格は2018年7月現在20円台から30円台で取引されています。

 

今後、LIQUIDのプラットフォームが完成すれば、QASHトークンの需要も増加し、価格が高騰することも期待できます。

2018年7月時点では、決済に使うことができませんが、今後決済用通貨として流通する可能性もあります。

 

トークンを手に入れる方法

パソコンを操作する男性""

私もトークンが欲しい!
どうしたら手に入るんですか?

トークンを手に入れるには2つの方法があります。

  1. トークンを発行する会社のICOに応募する
  2. トークンを売買できる取引所を使って購入する

 

取引所で購入するということは、ほかの仮想通貨と同じような方法で売買できるということですか?

トークンを購入できる取引所は限られていますが、基本的な売買のしかたは仮想通貨と同じです。
ICOに応募するには情報収集のしかたに少しコツがあります!

 

トークン入手法① 取引所で購入する

 

トークンは、仮想通貨と同じように取引所で購入することができます。

ただし、仮想通貨とは違い、QASHトークンは国内ではQUOINEXでしか購入できないなど、購入できる取引所が限られています。

 

そのため、事前に入手したいトークンがどこの取引所で購入できるのか、確認しておくことが必要です。

購入の手順は、仮想通貨を購入する際とあまり変わりありません。

取引所の取引画面から買い注文を出し、約定すれば取引成立となります。

 

トークン入手法② ICOトークンに応募する

 

ICOでトークンを入手するためには、ICO案件を見つけることから始めなければなりません。

ICOを公募する企業の公式サイトやツイッターなどでも発表されますが、ICO案件をまとめて公開しているサイトを利用するのが便利です。

ICO案件サイトと、それぞれの特徴を紹介します。

 

Crypto Currency Magazine

 

仮想通貨に関する最新ニュースを提供しているサイトです。

ビットコインやアルトコインに関するニュースのほか、ICOクラウドセールに関する欄があります。

カレンダーでICOのスケジュールを確認することもできます。

 

ICO COUNTDOWN

 

ICO関連のサイトで、公募スタートまでの時間をカウントダウンで把握することができます。

サイトは英語表記です。

 

COIN JINJA

 

ICOのデータを日本語で読むことができ、詳細な情報まで確認することができます。

開始や終了時間、募集金額でデータを並べ替えることも可能です。

ICO案件サイトで情報を入手したら、次は入手したいトークンの購入手続きをします。

まず、フィスコやbitFlyerなどの取引所に口座を開設します。

次に、ICOに提供する資金として、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引所で購入。

ICOの公式サイトで送金方法を確認し、資金を送ります。

ICO対応のウォレットから送ることが多いようです。

送金が完了すると、トークンがウォレットへ配布されるという流れです。

 

トークンが購入できる4つのおすすめ取引所

親指を立てた手のマーク""

トークンを購入するのにおすすめの取引所ってありますか?

人気の高いトークンを扱ってるところや、トークンの種類が多いところがありますから、とくにおすすめの4つの取引所をご紹介します!

 

おすすめの取引所① フィスコ

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

※平成30年11月22日より、ザイフを運営するテックビューロ株式会社は株式会社フィスコ仮想通貨取引所に事業を譲渡します

 

株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営をしております。

フィスコはセキュリティが充実しており、二段階認証の設定が可能です。

二段階認証とは、ログイン時にメールアドレスとパスワードに加え、パスコードを求められるもので、SMSや認証アプリを利用して設定するのが一般的です。

二段階認証設定をすることで、取引所のアカウント情報が漏れた場合に、アカウントへの不正アクセスを防ぐことができます。

 

フィスコを利用する上で一番のメリットは取引手数料が無料である点が挙げられるでしょう。

 

■フィスコで取り扱うトークン

  1. フィスココイン
  2. ネクスコイン
  3. カイカコイン

 

ザイフからの事業を譲渡を受けると、さらに多くのトークンを取引できる見込みです。

上記でご紹介したフィスココインは上場企業が発行しているトークンでもあり、信頼度が高く比較的安定した値動きを見せています。

 

おすすめの取引所② Liquid by Quoine(リキッドバイコイン) 旧コインエクスチェンジ

Liquid by Quoine

QASHトークンが購入できる取引所は、国内ではLiquid by Quoineのみとなります。

そのため、QASHトークンを購入したい人にはおすすめの取引所です。

Liquid by QuoineはQASHを開発した会社と同じ、QUOINEが運営しています。

国内で初となる金融庁の仮想通貨交換業者に登録されました。

 

コールドウォレットやマルチシグの導入など、セキュリティ対策にも力を入れ、初心者でも安心して取引することができます。

サイトの使い勝手もよく、利用しやすい取引所です。

 

また、各種手数料が無料でスプレッドも小さいため、頻繁に取引したい人にもおすすめです。

主要な仮想通貨を52種類の通貨ペアで取引できます。

ただし、Liquid by Quoineには販売所の設置はなく、取引所での取引となります。

そのため、取引所での売買に慣れていない人にとっては、最初は難しく感じることもあるでしょう。

 

とはいえ、取引所での売買は手数料も安く、指値注文で購入できるメリットもあります。

Liquid by Quoineで口座開設をして、取引所での売買に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの取引所③ 『KuCoin(クーコイン)』

KuCoin(クーコイン)

KCSは香港を拠点とする取引所KuCoinが発行している独自トークンです。

KCSを購入するなら、KuCoinで口座開設する必要があります。

 

KuCoinは2017年に開設され、2018年7月現在取り扱っている仮想通貨は70種類以上と豊富です。

KuCoinでしか購入できない仮想通貨もあり、さまざまなコインを取引してみたい人にもおすすめです。

 

KuCoinは、かつてアリババ系金融会社に所属していた技術者が中心となって創設されました。サーバーが強固で運営体制もしっかりしています。

上場させる仮想通貨は、技術者によって精査され、将来的に値上がりが期待できると判断されたものです。

そのため、取引所としての信頼度が高いこともメリットと言えます。

 

KuCoinでは円建てで仮想通貨やトークンを購入することはできません。

一度、国内の取引所でビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨を購入し、KuCoinへ送金する必要があります。

もし国内に取引所の口座を持っていない場合は、事前に国内取引所で口座開設をしましょう。

 

おすすめの取引所④ 『Binance(バイナンス)』

Binance(バイナンス)仮想通貨取引所

BNB(バイナンスコイン)は、中国の取引所のBinanceが発行しているトークンです。

BNBを購入するなら、Binanceで口座開設する必要があります。

Binanceは、100種類以上もの仮想通貨を取り扱っているということもあり、中級者から上級者トレーダーに人気です。

 

日本では取り扱っていない仮想通貨やマイナーコインを取引することができます。

取引手数料が安いこともメリットです。

 

Binanceでは、円建ての取引はできないため、先に国内取引所で口座開設をして、ビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨を購入しておく必要があります。

 

また、2018年7月現在は日本語の対応をしていないため、英語での画面操作や手続きが必要です。

 

Binanceでは、BNBを保有することで、さまざまなメリットがあります。

BNBで上場してほしいアルトコインに投票できたり、BNB保有者に対しEnnjin Coinのエアドロップ(無料配布)が行われたりしたこともあります。

日本のユーザーにとっては使いにくい面もあるものの、ほかの取引所にはない独自のサービスが魅力です。

 

トークンを購入する際の注意点

注意マーク""


よーし!
さっそくトークンを買いにいっ・・・

ちょっと待った!
カナさん、さっきいったようにトークンには詐欺のようなものもあります!
このままではカナさんも詐欺にあってしまうと思うんですよ。

うっ・・・たしかに騙されそう!
どうしたらいいんですか?

トークンを購入する際には、次の3つの点に注意しましょう!

 

トークン購入時の注意点① 上場しているか?

 

上場していないトークンはコインとしての信頼度が低いため注意しましょう。
そもそも上場していないと、購入後に売却したいと思っても売ることが難しくなります。

そのため、上場するまでは実質無価値です。

上場して初めてコインとしての価値が付きます。

 

リスクをできるだけ減らすには、上場していないトークンは避けるべきです。

上場しているかどうかわからない場合は、上場しているコインを検索できる「コインメマーケットキャップ」というサイトで確認することができます。

 

ここで検索しても出てこないコインは、上場していないということになるため購入には注意が必要です。

一方で、主要な取引所で取引できるトークンは、信用度が高いコインと言えます。

 

トークン購入時の注意点② 発行元の信頼性は?

 

上場しているということも信頼度を測る基準の一つですが、それだけでは不十分なこともあります。

なぜなら、上場しているコインのなかにも、詐欺や失敗のリスクがあるコインが含まれているためです。

 

特に、トークンの場合は、仮想通貨に比べて簡単に作れるということもあり、詐欺が多いといわれています。

そのため、購入前には、必ずどんな会社が発行しているトークンなのか確認することが重要です。

たとえば、クーコインやBNBのように有名な取引所が発行しているトークンであれば、リスクを抑えられ、リターンも見込めるでしょう。

 

トークンを購入する場合、ホワイトペーパーは必ず確認しておきたいものです。

ホワイトペーパーには、トークンを発行する目的やプロジェクトの概要、販売方法や配布方法などが記されています。

 

また、コインの技術的なしくみや将来的にどのように開発していくのかも確認できます。

ホワイトペーパーの存在は、発行元の信頼性を見極めるうえで重要なものです。

 

トークン購入時の注意点③ 将来性はあるか?

 

トークンを購入する人にとって、将来値上がりする可能性があるかどうかは気になるところです。

そもそも、トークンは事業の資金調達のために行うもの。事業が成功してトークンの価値が上がれば、投資する側にとっても利益があります。

そのため、事業目的や将来的な展望などもホワイトペーパーで確認しておくことが大切です。

 

また、トークンには企業のサービスを優位に利用できるというメリットもあります。

そのため、購入する際には、そのトークンでどのようなサービスが受けられるのか、将来どのようなことに使えるようになるのか調べておくことが重要です。

どんな使い道があるのか知ることで、将来性を判断するひとつの材料になります。

 

トークンの用途もホワイトペーパーに記されていることがあるので、購入前に確認しておきましょう。

ただし、ホワイトペーパーに記されていることが必ず実現するとは限りません。

内容が現実的なものなのか、しっかりと見極める必要があります。

 

トークンはウォレットを使って安全に管理しよう!

タブレットを操作する男性と鍵""

 

トークンをしまうウォレットにも気を使いましょう!

ウォレットってなんでしたっけ?

ウォレットは仮想通貨をしまう財布のことですよ。
仮想通貨は取引所に預けておくこともできますが、取引所の流出事件も多いですからね。
自分でウォレットを用意する方がより安全かと思います!

そうですね!
先生のおすすめウォレットとかありますか?

あります。
ではおすすめウォレットを3つご紹介しましょう!

 

おすすめのウォレット① MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

myetherwallet

MyEtherWalletは、イーサリアムの公式ウォレットです。

ETHから作られたトークンだけでなく、ETC(イーサリアム・クラシック)から作られたトークンを保管することもできます。

 

オンラインで管理するディスクトップタイプのウォレットとなります。

ハードウェアウォレットと連携したり、紙媒体で保存したりできるため、セキュリティ面でも安心です。

 

海外の企業が提供しているウォレットですが、日本語にも対応しています。

また、ICOに参加するためには、取引所のウォレットではなく、MyEtherWalletのような専用ウォレットが必要なこともあります。

そのため、ICOに参加する人にとっては利用する機会が多く、必須のウォレットと言えます。

 

おすすめのウォレット② Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は、仮想通貨をオフラインで管理できるハードウェアウォレットです。

USB型なので、パソコンのUSB端末へ接続することでwebブラウザから利用可能です。

 

ウォレットには、オンラインで管理するホットウォレットと、オフラインで管理するコールドウォレットがあります。

一般的にコールドウォレットのほうがハッキングされるリスクが低くなります。

 

Ledger Nano Sは、もともとBTC用につくられたウォレットですが、ETHやLTC(ライトコイン)、XRP(リップル)など、さまざまな仮想通貨にも対応しています。

 

また、MyEtherWalletと連携することも可能です。

Ledger Nano Sとマイイーサウォレットを連携させることで、イーサリアムで発行されたトークンを保管することができます。

 

Ledger Nano Sは、公式サイトや通販サイトで購入可能です。

価格は公式サイトによると79ユーロ、通販サイトでは1万5,000円程度で販売されています。

 

おすすめのウォレット③ tokenPocket(トークンウォレット)

 

「tokenPocket」は、8,000種類以上のトークンを保管できるスマートフォン向けのアプリです。

 

トークンポケット株式会社がiPhone版としてリリースしています。

2018年7月現在はiPhone版のみで、Androidでは利用できません。

オフラインでもウォレットを作成することができ、秘密鍵をサーバー上に残さないため安心です。

 

また、イーサリアムトークンの保有資産が一目でわかる機能もあります。

保有割合や資産額を可視化できるため、資産管理にも便利です。

「tokenPocket」でウォレットを作成するには、まずアプリをダウンロードする必要があります。

 

画面を開くと「ウォレットを作成」と表示されるので、その部分をタップして作成していきます。

作成後は必ずバックアップをとらなければいけません。

バックアップを作成すると、送金用アドレスが表示されます。

 

取得したアドレスへ仮想通貨やトークンを送金すれば保管可能です。

ウォレット作成時に入力したパスワードは万一忘れても復元できないため、しっかり管理しましょう。

 

まとめ

  • トークンとは個人や企業が発行する仮想通貨
  • トークンは、『信頼性』『将来性』『上場の有無』が重要!
  • トークンを手に入れるには『買う』か『ICOに参加する』
  • 取引所のトークンは、取引するうえでいろんな特典を受けられる
  • トークンもウォレットに入れて保管しよう!

 

主要仮想通貨にくらべるとトークンはまだ知名度が低いので、よくわからずに無視してる人も多いと思います。

そうですね。
私も最近まで知りませんでした!

でも、トークンを使ったサービスや特典がありますし、サービス内容も今後はもっと充実していくといわれています!

先を予想して投資しておくのが大事ですね!

はい!
もちろんリスクはありますから、しっかりと見極めることと、無理はしないことを忘れないようにしてくださいね!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識