ローリスク・ローリターン!?仮想通貨の積立!


みなさんは定期預金が満期を迎えたときに、金利が付いて嬉しく思ったことはありませんか?
実は仮想通貨も普通のお金と同じように積み立てができるんです!
今日は仮想通貨の積立についてわかりやすく解説していきます。

仮想通貨積立とは?

豚の貯金箱

 

仮想通貨積み立てとは毎月決まった金額分の仮想通貨を自動で買い続けてくれる機能です。
例えば毎月3万円分積み立てると決めたら、3万円をひと月で割った額で毎日購入していく仕組みです。

なるほど!
30日の月だったら、3万円÷30日で1日1,000円分の仮想通貨を自動的に購入してくれるということですね。

つまり、自分の仮想通貨が増え続けるという仕組みです。
続いて積立の最大の魅力を説明していきます。

 

仮想通貨の必勝法?「ドルコスト平均法」とは

まずドルコスト平均法(別名:定額購入法)の仕組みをみていきましょう。

<ドルコスト平均法(別名:定額購入法)の仕組み>

・株式等の金融商品を定期的に決めた額だけ購入していくという投資方法

・決まった量ではなく決めた額を購入していく仕組み

・仮想通貨の値段が安いときは多く、高いときは少なく購入する仕組み

 

※下の図はXRP(リップル)の2018年4月のチャートです。

ドルコスト

毎日1万円購入し続けたとしたら、もっとも安い4月7日に0.19XRP、もっとも高い7月24日に0.09XRP購入することになりローリスクで運用できるんです。

もしかして仮想通貨積立って、絶対負けない仮想通貨の必勝法なんじゃ……。

あくまで“ローリスク”であって、“ノーリスク”じゃありませんよ。
そんなに甘くはないってことを肝に銘じておいてくださいね。

関連記事:「ドルコスト平均法」

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設

 

積立シミュレーション

積み立ての想像

次はもっとわかりやすいように実際の取引のシミュレーションをやってみましょう。

 

【1】半年前に一括でBTCを18万円分購入していた場合

【2】毎月3万円ずつ(計18万円分)のBTCを購入していた場合

上記の2つについて現在はどのような結果になっているかを比較検証

 

【1】2018年1月1日に18万円分一括購入

1月1日のレートは1BTC=1,635,320円なので、約0.11BTC購入。

半年後の6月30日のレート1BTC=708,359円のところで売却。

0.11BTC×708,359円=77,919円

-102,081


【2】2018年1月から半年間、毎月3万円(1日1,000円)ずつ購入

1月=0.02BTC

2月=0.02BTC

3月=0.04BTC

4月=0.03BTC

5月=0.04BTC

6月=0.04BTC

計=0.19BTC

半年後の6月30日のレート1BTC=708,359円のところで売却。

0.19BTC×708,359円=134.588円

-45,412


 

半年間ずっと下降トレンドだったので、どちらも増やすことはできませんでしたが、一括購入に比べて5万円以上の差がでました。


仮想通貨積立のメリット

メリット

 

チャートを見る頻度、考える時間を削減できる

仮想通貨をやっていると1日中チャートが気になってしまいませんか?

気づかぬうちに仮想通貨のことを考えている時間が1日の大半を占めていたということは珍しくありません。

仕事や趣味、睡眠時間まで削られてしまっては生活に支障が出てくる可能性も大いにあります。

その点積立だと、自動的に定額分購入していく機能なので、そんなにチャートを気にする必要も少なくなっていくでしょう。

 

低予算から積立可能

積立と聞くと毎月数万円という金額が必要じゃないかと考える人も少なくないです。

そんなことはなく、仮想通貨積立は毎月1,000円から始めることができるんです。

月々1,000円だと大きな負担になることなく始めやすいですよね。

気軽に積み立てることができるのも仮想通貨積立の大きな魅力です。

 

誰でも安心して仮想通貨に参加可能

仮想通貨積立の構造上、チャートや経済情勢を読む等の勉強はあまり必要なく始めても大きく損する可能性は低いといえます。

仮想通貨に興味はあるが勉強する時間を割きたくない等の理由で仮想通貨に触れてこなかった人々でも気軽に仮想通貨に参加できる機能であるといえます。

 

WEBで簡単に手続きができる

仮想通貨積立の手続きはすべてWEB上で完了します。

銀行口座引き落としを選択した場合でも、銀行印等は不要です。

手続きの手軽さもメリットといえます。

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設

 

仮想通貨積立のデメリット

デメリット

一攫千金が狙いにくい

リスクが回避できることが仮想通貨積立のメリットという話をしましたが、やはりこつこつ購入していく分、プラスも少なくなります。

『仮想通貨で一攫千金を狙いたい!』

『仮想通貨で稼いで一生遊んで暮らしたい!』

と考えている人にはあまり向いていないといえます。

 

売買タイミング次第では一括購入より不利になる場合もある

もちろんいいことばかりではありません。

チャートによっては一括購入でれば利益をあげられていたというケースもあります。

たとえば、積立を始めた直後から暴騰がはじまり、最高値をつけたところで暴落が起き、そのまま購入した価格とほぼ同じ価格で長期間停滞するパターンです。

その先、上昇する可能性も下降する可能性も停滞をつづける可能性も考えられます。

しかし、それは完璧に予測することはできません。

気長に価格があがるのを待てる人には向いているといえますが、そのまま不安な日々を過ごす人には向いていません。

つまり、超長期的な目で見ることができず、毎日不安に駆られてしまう人には向いていないといえるでしょう。

 

自らの意思で売買できない

『せっかく仮想通貨をやるんだから、自分で研究して売買量やタイミングを調整したい』

という人に積立は向いていないといえます。

やはり仮想通貨は勉強やトレンドを読む力が必要とされるので、そこを自分の力で攻略していくところに魅力を感じる人は向いていないといえます。

 

仮想通貨積立の始め方

スタートボタン

仮想通貨の積立をやるには業者を利用します。

業者のWEBサイトから手続きが必要です。

 

業者一覧

仮想通貨積立業者一覧

Zaif(ザイフ)

2018年10月現在、新規アカウントの開設はストップ中
積み立てに関しては今後が不透明

Bitflyer(ビットフライヤー)

積立サービスは終了

Coincheck(コインチェック)

2018年10月現在、新規アカウントの開設はストップ中
既存ユーザーは利用可能

 

Zaifコイン積み立てに関して

2018年10月現在、仮想通貨積立をはじめようとするならば、Coincheckしか選択できない状況です。

しかし、Coincheckは金融庁より業務改善命令を受け、現在新規の口座開設を停止しております。

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設

 

まとめ

仮想通貨積立のまとめ

・仮想通貨積立は“ドルコスト平均法”によりローリスク・ローリターンで安全取引ができる。

・短期的な大儲けは狙いにくい。

・仮想通貨への投資を超長期的に考えている人には向いている。

・チャートを執拗に気にする必要がなく、すべて自動でやってくれるので他の時間が削られることがなく、気持ちが楽。

・開始の手続き自体はWEB上で簡単に完結するが、そこから完了するまでの時間が数日から数週間かかる可能性がある。

合わせて読みたい
おすすめチャートアプリ

仮想通貨のチャートアプリ7選!取引歴に応じたオススメをご紹介!

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨は今後も値上がりする可能性あり

仮想通貨って今から始めても儲かるの?仮想通貨投資の疑問にお答えします!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識