億り人も夢じゃない!?今話題の仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?


「Paccoin(パックコイン)ってどんな仮想通貨?」

「億り人になる近道?」

「怪しいコインじゃないの?」


という疑問をもっている仮想通貨について猛勉強中のカナです!
みなさんは『Paccoin(パックコイン)』という仮想通貨を知っていますか?
どうやら、あるコミュニティでは「今後、大暴騰するかも?」と話題の仮想通貨みたいです!

そうなる前にPaccoinはどのような仮想通貨なのかを仮想通貨のプロフェッショナル“クリプト先生”に教えてもらいましょう!


先生、この前一攫千金が狙えるんじゃないかと噂のPaccoinの話を耳にしたんですよ!
自分でいろいろ調べてみたのですが、さっぱりわかりませんでした!

カナさん、こんにちは。
さすがカナさん、勉強熱心ですね~。

常日頃から仮想通貨の情報にはアンテナを張っていますからね♪

たしかに、Paccoinは今話題の仮想通貨です。
大きな可能性を秘めているコインですよ。

まさか、私でも『億り人』ってやつになれる可能性はありますか?

どうでしょうか。
でも、知っておいて損はないです!

よ~し!ますますやる気が出てきました!
先生、今日の授業もよろしくお願いします!

Paccoinとは?

仮想通貨パックコイン(paccoin)$pacとは?特徴や将来性をご紹介!

仮想通貨名 Paccoin(パックコイン)
通貨単位 PAC
公開年 2013年
開発組織 PACcoin Network
発行上限 1000億枚

発行枚数

(2018年8月時点)

48.3億枚

時価総額

(2018年8月時点)

約19億円

時価総額ランキング

(2018年8月時点)

252位

価格

(2018年8月時点)

1PAC=約0.0401219円

公式ページ

PAC公式ページ
ホワイトペーパー PACホワイトペーパー

 

Paccoinは2013年にWilliam Corliss氏によって開発された仮想通貨です。

結構前に開発された仮想通貨なんですね~。

2017年8月までとくに何のアクションも起こすことなく停滞していましたが、新しい運営チームがPaccoinを買い取り、急激に通貨の再開発が進みました。

なるほど~。

そして2017年12月には草コインブームが起きるという追い風もあり、価格が急上昇し、一時は200倍にまで跳ね上がりました。

200倍!すごいですね・・・優秀な運営陣に変わったんでしょうね!

しかし、その後は仮想通貨市場自体が下降トレンドということもあってか、現在は0.4円台を推移している状況が続いています。

そうなんですね。
では、なぜ今注目なのでしょうか?

その理由を説明していきます。
まずはPaccoinの特徴からみていきましょう。

 

Paccoinの4つの特徴

paccoin(パックコイン)は草コイン 


Paccoinの特徴①『草コインである』

2018年現在のPaccoinの価格は約0.4円ととても安いです。

時価総額ランキングも252位と低く、いわゆる草コインに分類されます。

 

◆草コインのメリット

メリットはやはり利益が大きいということです。

価格の微増でも大きな利益になることもあるでしょう。

何かのきっかけで暴騰する可能性があるんです。

そして、価格が安い分まとまったお金がなくても購入できます。

 

◆草コインのデメリット

やはり、知名度も価値も低いということで今後の動向予測が難しいということです。

暴騰もあれば暴落の可能性もあり、そのまま無価値になって消えていくという可能性もあります。

 

Paccoinの特徴②『コミュニティが活発』

PaccoinのコミュニティはDiscordというゲーマー向けのコミュニケーションツールを用いて作られています。

2018年8月現在、登録者数は8,553人です。

チャットでホルダー同士の情報交換を日々おこなっており、活発に動いています。

そして、日本にもコミュニティがあるんですよ。

2018年1月2日に発足し、わずか1か月ほどで参加者が1,000人を超えました。

その後も登録者数の増加は衰えることなく増え続け、2018年8月現在、登録者数は7,321人です。

どちらのコミュニティも常に登録者数は増加しているので、もっと盛り上がっていくかもしれません。

 

Paccoinの特徴③『ユーザーとの一体感』

Paccoinでは、ロゴマークや発行を予定しているデビットカードのデザインをユーザー投票により決定しています。

公式ツイッターでデザインの候補をあげ、その中からユーザーが投票するという仕組みです。

このような取り組みをやってくれると、ユーザー側も楽しいですよね。

運営側とユーザー側の一体感があり、今後ますますコミュニティが活発になると考えられます。

 

Paccoinの特徴④『運営チームの強気ツイート』

Paccoin(パックコイン)の公式ツイッターではPaccoinの飛躍についての強気なツイートが多々あります。

『2018年末にPACはトップ20入り』

『ホワイトペーパー発表=ムーン』などです。

運営がSNSを通じて自信満々な発言をすることは今や常識といっても過言ではないので、そう注視する点ではないと思いますが、やはりこのようなツイートを目にすると希望が湧いてきますよね。

 

Paccoinの5つの将来性

仮想通貨パックコイン(paccoin)将来性・特徴


ユーザーとの一体感があって楽しそうな仮想通貨ですね!
でも、将来性はどうなんですか?

はい、では将来性に関わりそうなことをいくつか書き出してみます。

 

Paccoinの将来性①『2018年3月にハードフォーク実施』

1枚当たりの価格が安すぎたことと、総発行枚数が多すぎたのが理由で2018年3月にハードフォークが実施されました。

 

今回のハードフォークにより発行枚数と発行上限枚数が1/1000に調整されました。

これによりブロックチェーンのデータ量を減らし、ウォレットとの同期の高速化を実現

より便利な仮想通貨へと生まれ変わりました。

ブロック生成速度はBTC(ビットコイン)が10分なのに対しPaccoinは2秒程度です。

 

基本的にブロック生成速度が速いほど取引の処理は早くなります。

つまり、送金にかかる時間が短くなるということです。

 

Paccoinの将来性②『さまざまな専用ウォレットを用意』

仮想通貨に欠かせないのがウォレットです。。

最近、クラッキングされ仮想通貨が盗難されるという事例が相次いでいます。

自分の仮想通貨を守るためにもウォレットの需要は日に日に増しています。

Paccoin(パックコイン)には専用のウォレットがあり、Window、Mac、Linuxと3つのOSに対応しています。

 

Paccoinの将来性③『30以上もの取引所へ上場申請中』

2018年8月現在、Paccoinが上場している取引所は12社あります。

まだそれほど多いとはいえない状況です。

しかし、取引所最大手のBinance(バイナンス)を含む30以上の取引所と上場交渉中です。

仮想通貨は取引できる取引所の数が重要なので、取引所が増えていくにつれて価格も上昇していきそうです。

日程は未定ですが、Paccoin専用の取引所を自社で作る予定もあります。

 

Paccoinの将来性④『デビットカードの発行』

デビットカードの発行が決定していて、2018年8月15日にその詳細発表が控えています。

このデビットカードはモバイルウォレットとのリンクが可能ということなので、とても便利なカードになるといえます。

このデビットカードに関してはコミュニティ内でも期待されていて、大きな盛り上がりをみせています。

 

Paccoinの将来性⑤『ロードマップ』

Paccoinは2018年2月に公開されたホワイトペーパー内にロードマップも公開されていました。

ロードマップとは、今後どういう開発をしていくのかをまとめた計画表です。

その中には匿名性の実装等の魅力的な計画が多数記載されていました。

ロードマップによると今後もいろんなアップデートが予定されているので期待するユーザーも多いです。

Paccoin公式ホワイトペーパー

 

Paccoinって信頼できるの?

Paccoinパックコインは信頼できるのか?


でも先生、やっぱり草コインってなんか信用できない気がするんですよね~

たしかに、詐欺コインと呼ばれるコインはいくつもありますからね。

そうですよね。
そもそも、そのような詐欺コインにはどんな特徴があるんですか?

詐欺コインにはこんな特徴があります。

  1. ビジネスモデルに現実味がなく、永続性がない
  2. セミナーや知人から直接勧誘を受ける等のマルチ商法による販売
  3. 最低購入価格がある
  4. 価格保証がある。『購入金額の50%は保証します!』等
  5. 今ここでしか買えない等の限定販売を謳う
  6. 代理店が販売している
  7. やたらと有名人の名前を出す。

 

仮想通貨の詐欺的行為について詳しくはこちら

仮想通貨で被害に遭わないために!知っておくべき詐欺的行為と対処法

 

Paccoinはどれかに当てはまっていますか?

現状、Paccoinはどれも当てはまっているとはいえないです。

そうなんですね!

しかし、油断は禁物です!
今後もしっかり情報を追っていくことが大切です!

 

Paccoinはどうやったら買えるの?

仮想通貨paccoinパックコイン買い方(購入方法)


2018年8月現在、Paccoinが上場している取引所は以下の12社です。

Paccoinが上場している取引所(2018年8月時点)
Cryptpia

TopBtc.com

YoBit.net
CREX24
TRADESATOSHI
COINEXCHANGE
CryptBridge
BitexLIVE
CryptHub
NiByx
EXCHANGE ASSETS
Sistemkoin

業界最大手のBinance(バイナンス)を含む30社以上の取引所と上場交渉中ですので、取引所が増えていくにつれて価格も上昇していきそうですね。

 

残念ながら取引所は海外のみ

残念ながら日本の取引所には上場していません。(2018年8月時点)

日本語対応のある取引所もないので、「Google Chromeの自動翻訳機能」を使い閲覧することをおすすめします。

 

おすすめの取引所

中でもCryptpia(クリプトピア)が取引高の約99%を占めており、セキュリティ面でも定評があるのでおすすめです。

しかし、Paccoinを日本円で買うことはできないため、一度国内の取引所でビットコインを購入する必要があります。

『ビットフライヤー等の国内取引所でビットコインを購入し、それをCryptpiaへ送金、受け取ったビットコインでPaccoinを購入』という流れがよいでしょう。

 

まとめ

  1. 最近動きが活発になってきた注目の仮想通貨
  2. 運営とホルダーの距離が近いので楽しめる
  3. 開発がものすごいスピード感で進んでいる
  4. 買えるのは海外取引所のみ
  5. 暴騰の可能性を大いに秘めている

 

カナさん、Paccoinのことについてはわかりましたか?

はい、よく理解できました!
世の中にはまだまだ私の知らない仮想通貨がたくさんありそうですね。

まだまだ勉強することはたくさんありますよ!
これからも仮想通貨のことを勉強して、人生に役立てていきましょう!

はい!
がんばります!

合わせて読みたい
エターナル

エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

危険というには早計!便利なホットウォレット

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドはBTCより高性能!価格上昇のカギは取引所にある

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識