仮想通貨のやり方はたったの4ステップ!取引のコツや失敗例もあわせて解説


仮想通貨取引のやり方

ビットコインなどの仮想通貨で儲けることができると聞いて、仮想通貨に興味がわいた方は多いのではないでしょうか。

なかには、興味があっても「むずかしそう」「失敗したときに借金とかありそうで怖い」と感じている方もいるはずです。

 

でも・・・じつは仮想通貨取引は安全かつ簡単に始められるのです!

 

ただし、何も知らずに仮想取引に踏み出してしまうと、思わぬリスクを負ってしまうこともありえます

この記事では、できる限りリスクを避ける仮想通貨取引のやり方などを解説しています。

仮想通貨を始めたいと思っている方は、一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

こんにちは、仮想通貨について勉強中のカナです。
仮想通貨の勉強をしているものの、いまだに何一つ理解できていません!

みなさん、こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
それでは今日は、仮想通貨の基本とやり方をイチからおさらいしていきましょうか。

 

仮想通貨ってなに?

ビットコイン?

 

仮想通貨とは、インターネット上のお金のことです。

・・・?

カナさんのお財布のなかには100円玉や1,000円札が入っていますよね。
それら硬貨や紙幣を両替して、データ化したものを仮想通貨と呼びます。

ああ!
電車とかで使う電子マネーのようなものですね?

いえ、電子マネーとは少し違うのです。
電子マネーと仮想通貨は性質上混合されがちなので、最初にそれぞれの違いについておさらいしておきましょう。

 

電子マネー

おもに支払いを簡単に済ますことを目的とした電子決済サービス

円などのお金をチャージし、電車やバスなどの乗車料金、ネットショップでの購入などの支払いをスムーズにおこなうためのもの

 

仮想通貨

円などのお金をデータに両替し、通貨そのものとして扱う。

日本は円、アメリカはドルなどといった国ごとの流通貨幣と違い、インターネットを通して世界共通での利用ができる。

 

基本的に電子マネーにお金をチャージすると、実物のお金に戻すことはできません

それに対して仮想通貨の購入は両替のようなもので、お金と仮想通貨の両替はいつでもおこなえます

 

また、この二つは発行主体があるかどうかでも分けることができます。

円やドルなどは、政府が発行している法定通貨です。

それに対して、仮想通貨は発行主体が存在しないものがほとんどで、複数のユーザー間で管理されています。

 

法定通貨と仮想通貨

 

仮想通貨の詳しい仕組みはこちらを参考にしてください。

関連記事:今さら聞けない!ビットコインの仕組みについてわかりやすく解説!

 

じゃあ仮想通貨の取引ってどういうこと?

 

先生!
仮想通貨で儲けるっていうのはどういうことなんですか?
取引っていうのもよくわかりません・・・

投資として仮想通貨を買ったり売ったりすることですよ。
儲けるというのは、法定通貨と仮想通貨の価値の差で利益を出すということです。

 

仮想通貨の価値は一定ではありません。

仮想通貨を欲しがる人が多ければ価値は上がり、少なければ価値が下がります。

仮想通貨を買い、しばらくして価値が上がったときに売れば、その価値の差が利益となるのです。

ただし、逆も考えられます。

仮想通貨の価値が買ったときよりも下がってしまうと、その差は損失となってしまうということを忘れてはなりません

 

投資損益を図解

 

な・・・なるほど。
仮想通貨の取引では必ずしも儲けられるというわけではないんですね・・・

 

仮想通貨?ビットコイン?

 

ビットコインとは仮想通貨の種類の一つです。

仮想通貨は一般的にビットコインのことを指して呼ぶことが多いのですが、ほかにも仮想通貨があることを頭に入れておきましょう。

 

もう一つの種類の仮想通貨はアルトコインといいます。

そして、さらにアルトコインには1,500以上の種類があるのです。

 

ビットコインアルトコイン図解

 

アルトコインに関してはこちらで詳しく紹介しています。

関連記事:ビットコインはもう終わり?注目を集めるアルトコインの魅力について!

 

始めるためにはいくら必要?

 

ビットコインは少額購入ができるので、数千円、数万円で始めることができますよ。

ええーっ! 投資っていうから数百万円くらいはかかるものだと思ってました!

 

ビットコインの通貨単位はBTCと呼ばれます。

ビットコインの価値は「現在、1BTCあたり何円か」ということになります。

 

たとえば、1BTCが100万円だったとします。

これだと一見、ビットコイン購入に最低100万円が必要であるように見えますが、0.001BTCなどからの少額購入も可能なのです。

 

つまり1BTCが100万円のときは、最低1,000円からビットコインの購入ができるのです。

 

ビットコインを始めようと思っていても、少額購入ができることを知らない方は意外といらっしゃるのですよ。 仮想通貨取引がどういうものか知るためには、数千円から購入して実際に経験してみるのがベストです!

 

仮想通貨のやり方4ステップ

仮想通貨やり方4ステップ

 

実際に仮想通貨取引の始め方を紹介していきます。

やり方を大きく4ステップに分けて解説していますので、それぞれ参考にしてください。

 

ステップ【1】登録

 

まず取引所にアカウント登録し、口座を開設しましょう。

アカウント登録は以下の手順でおこないます。

  1. メールアドレスを入力して仮登録をおこなう
  2. 名前や住所や生年月日といった個人情報を入力、本人確認書類の提出
  3. 郵送で案内を受け取り、本登録完了(口座開設)

 

本人確認書類の提出は画像をアップロードしておこないます。

免許証やパスポートなどを、スキャナやスマートフォンのカメラで画像データ化してアップロードしましょう。

 

基本的にどこの取引所でもこの手順で口座を開設しますが、細かい点が違う場合もあります。

各取引所の案内や規約をきちんと確認して入力を進めていきましょう。

 

また初心者の方の取引所選びで、手数料は注目しておきたいポイントです。

一口に手数料といっても開設、維持、入金、出金など目的に応じてそれぞれ違います。

 

取引所の手数料に関しては、こちらの記事で詳しく解説していますのであわせて参考にしてください。

関連記事:手数料の安い取引所5選を発表!ムダのない仮想通貨投資をしよう!

 

なお、仮想通貨を扱う取引所の交換形態は、販売所取引所の二種類に分かれます。

それぞれの特徴は以下の通りです。

販売所

業者と売買をおこなう場所です。

仮想通貨の売り買いが簡単でスムーズですが、業者が定めた何パーセントかの手数料を取られます。

 

取引所

ユーザー同士での売買をおこなう場所です。

ユーザー同士が価格を設定し、買い価格と売り価格が一致したら売買が成立します。

また、販売所より手数料が安く済みます。

 

仮想通貨交換業者をまとめて取引所と呼びますが、交換形態としての取引所とは別の意味なので注意してください。

 

取引所の方が手数料の面でオススメですが、取引に慣れるまでは売り買いが簡単な販売所を利用するのがいいかもしれません。

また、各取引所によって交換形態を両方扱っていたり、片方を扱っていたりする場合があるので、業者を選ぶときはよく確認しておきましょう。

 

ステップ【2】入金

 

口座が開設できたら日本円などの法定通貨を入金します。

 

各取引所で入金の方法は違いますが、多くの場合は銀行振込に対応しています。

なかにはコンビニ振込ができる取引所もあるので、取引所選びの際には確認しておきましょう。

なお、クレジットカードでの支払いは、国内の取引所ではできなくなった点には注意が必要です。

 

また登録、入金のいずれかの段階で、ユーザーIDが割り振られることがあります

このユーザーIDがある場合は振込の際、振込名義人の前に入力が必要となるため、きちんと控えておきましょう。

 

ステップ【3】購入

 

入金した金額が取引所の口座に反映されていることを確認し、ビットコインなどの仮想通貨を購入します。

各取引所の案内にしたがって、目的の仮想通貨を購入しましょう。

 

この時点で取引が始まるといえます。

利益を出すためには今後価値が上がることが期待できる仮想通貨銘柄を購入しましょう

 

ステップ【4】売却

 

取引所の案内にしたがって、購入した仮想通貨を売却します。

 

売却とは仮想通貨を法定通貨に戻すことです。

この時点で、購入の段階より価値が上がっていれば利益となり、価値が下がっていれば損失となります。

 

そして戻した法定通貨を、取引所から出金することによって現金として手元に入ります。

出金の際は、取引所の出金先口座に間違いがないかしっかりと確認しておきましょう。

 

仮想通貨にリスクはないの?

CAUTION

 

仮想通貨取引をするうえで、気を付けなければならないことはいくつかあります。

仮想通貨は形が変わってもお金であることを忘れず、慎重に扱いましょう。

 

借金とかはないの?

 

ビットコインの現物取引で借金が発生することはありえません。

ええっ?
でも投資っていうと失敗したときに、大きな借金を背負うイメージがあるんですけど・・・

それは、信用取引などで失敗したケースですね。
現物取引では実際に買ったビットコインのみで取引します。
たとえば買ったビットコインの価値が下がったとしても、購入に使った費用のうちでしか損失が発生しません
つまりビットコイン購入費がゼロになることはありえますが、マイナス(借金)になることはないのです。

現物取引と信用取引って?

現物取引 自身の手持ち資金で買ったもの(現物)で取引すること

信用取引 手持ち資金を担保として、数倍の資金を借りて取引すること

(損失時、追加証拠金として支払いが必要になることがある)

 

現物取引のシステム上、取引に失敗しても追加証拠金(借金)が発生することはありえません。

しかし、借金をしたお金で仮想通貨を購入した場合は別です。

 

投資は余剰資金(使う予定のないお金)でおこなうことが大切なのです。

 

取引で熱くなってしまい、生活費を仮想通貨の購入費に使ってしまうといったことはよくあります。

それでも足りずに借金に手を出すなどしてしまうと、結果的に高額の借金を背負ってしまうことになりかねません。

 

また、仮想通貨取引では仮想通貨の価値の変動次第で、利益が出ることもあれば損失が出ることもあるということを常に忘れないようにしましょう。

 

投資の損益は自分次第でいくらでも大きくなります。
初心者の方はまず経験して学ぶことが大切なので、リスクをできる限りおさえた取引をするようにしましょう。
そのためにも、この3つのポイントを守ってくださいね。

 

  • 少額取引から始める

  • 取引は現物取引を選ぶ

  • 投資は余剰資金でおこなう

 

セキュリティは万全に!

セキュリティ

 

ビットコインなどの仮想通貨はハードウェアウォレットに入れて保管しておくことをオススメします。

 

仮想通貨は購入後何もしなければ、そのまま取引所に置いてあるはずです。

ただし取引所とは取引する場所であって、金庫のような保管する場所ではないのです。

 

取引所に仮想通貨を置いたままの状態だと、不正アクセスなどの被害で流出することも充分考えられます。

そういった問題の予防策として、セキュリティ面をできる限り高めた保管をすることが大切です。

 

ほかにも個人規模ではなく、取引所そのものがクラッキング被害を受けて破綻してしまうというケースがあります。

取引所の破綻にともなって、置いてある仮想通貨も流出するということもありえるのです。

 

不正アクセス、取引所の破綻などの問題から仮想通貨を守るには、あらかじめ安全な場所に保管しておくことが得策といえます。

大切な資産を守るため、仮想通貨はハードウェアウォレットに移して保管しておきましょう

 

ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」と「TREZOR」の二つが人気も高くオススメです。

なお、アルトコインの場合は種類によっては保管できないものもありますので確認しておきましょう。

 

■ Ledger Nano S(レジャーナノS) ■

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

■ TREZOR(トレザー) ■

TREZOR

 

仮想通貨取引のコツ

 

先生!
ズバリ、仮想通貨取引で儲けるコツってなんですか!?

投資に必勝法はありませんよ。
ただし、損失のリスクを避けることから考えていけば、おのずと利益に近付いていくものです。

 

仮想通貨取引では

 

買ったときより価値が上がれば利益

買ったときより価値が下がれば損失

 

といったように一見シンプルです。

ただし価値の変動のしかたに絶対ということがないため、利益を求めると必ず損失のリスクが付きまとうのです。

 

損失のリスクをできる限り避けるために、仮想通貨取引の基本ともいえるコツを学んでいきましょう。

 

トレードのコツは失敗例から学ぼう

取引失敗

 

失敗例・・・聞きたくありません・・・

いけませんよカナさん。
成功というものは失敗から学ぶものです。
失敗例から何がいけなかったかを見つけ出し、利益につなげていきましょう!

 

失敗例その1 価格上昇中に利確せず暴落してしまう

失敗例1

 

価値が上がってきたときに「まだ上がるかも」と利確(売ること)せずにいたら、価値が急激に下がってしまったケースです。

 

「あと少し・・・あと少しだけ・・・」と欲に負けてしまったときに、ありがちな失敗ですね。
事前にある程度の利益の予定を立てておき、達成したら売るなどと決めておけばこの失敗は回避できるかもしれません。

 

失敗例その2 価格上昇中に買った直後暴落してしまう

失敗例2

 

価値が上がり始めたので急いで買った途端、価値が急激に下がってしまったケースです。

 

こちらもありがちな失敗といえます。
価値が上がっている途中で買うのは見送って、できるだけ価値が下がっているときに買うことをオススメします。

 

失敗例その3 暴落中に損切りしてしまう

失敗例3

 

価値が急激に下がったので、損切り(それ以上の損失を出さないために売ること)をしたあと、価値が徐々に回復してくるケースです。

 

仮想通貨取引において、リスク軽減のための損切りはとても大切なことです。
ただし、仮想通貨の種類によっては今後価値が上がってきて、回復することも充分考えられます。
それぞれの仮想通貨の期待値を長期的に考え、期待できそうであれば損切りを見送るのも一つの手です。

 

成功のためには基本を守ること

 

失敗のリスクをできる限り回避するための仮想通貨取引の基本はこちらです。

価値が下がっているときに買い、価値が上がっているときに売る

逆に価値が上がっているときに買わない、価値が下がっているときは売らない

 

これを守るだけならば簡単に見えます。

ただし、利益と損失が目に見えてわかりやすい仮想通貨取引では、どうしても取引の際に感情的になってしまうものです。

そうなると気持ちに振り回されて、取引の基本を見失ってしまいます。

 

これらはあくまで取引の基本であり、必勝法ではありません。
仮想通貨の価値は一定ではなく常に変動を続けています。
そのため「価値が下がっているときに買ったのに、さらに下がってしまった」などといったケースも充分にありえるのです。

 

長期保有をしよう!

 

長期保有とは、長期的に価値が上がる見込みのある仮想通貨を購入し、持ち続けることです。
つまり購入してから売らずに、価値が上がるまで寝かせておくことですね。

ええ~それじゃ、面白くないじゃないですか~!

たしかに仮想通貨取引の仕組みに触れてみるのであれば短期取引がオススメです。
ただし、仮想通貨の価値の変わり方を考えると、長期保有の方が安定して利益を出しやすいといわれています。

 

長期保有で利益を出すためには、将来的に価値が上がることが期待できる仮想通貨を選ぶことです。

価値が上がることが期待できる仮想通貨は、仮想通貨それぞれの特徴や成長性から考えることができます。

 

つまり、今後より多くの需要が見込める仮想通貨を価値が低いうちに購入することが重要です。

そして人気が出て価値が上がったときに、売って利益を出すというものが長期保有の取引のやり方です。

 

仮想通貨それぞれの特徴は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:初心者が知りたい!おすすめの仮想通貨と選び方

 

スピーディでスリリングな短期取引もいいですが、僕は堅実でゆったりと構えた長期保有の方が好みですね。

かっこいい~!
まさに大人の投資って感じですね!

 

慣れたらレバレッジ取引もアリ?

 

レバレッジ取引とは、所持する資産を担保に取引所から資産を借りて、所持する金額の数倍で取引をおこなうことです。

たとえば2万円を担保として、5倍のレバレッジ取引をすると、10万円分の仮想通貨で取引ができるということです。

 

手持ち資金の数倍の額で取引ができるという一方、利益と損失も数倍になるものと考えましょう。

 

レバレッジ取引に関してはこちらで詳しく解説しています。

関連記事:少ない資金で大きな資産が得られる?レバレッジってどんな投資方法?

 

あれ・・・?
これって・・・

そうです。
レバレッジ取引は現物取引ではなく、どちらかといえば信用取引に近いものですね。
損失にともなって追加証拠金(借金)が発生することもあるので、慣れないうちは手を出さないことです。

 

初心者にオススメの取引所は?

 

それでは初心者の方にオススメできる取引所をご紹介していきます。 ちなみにこれらの取引所はすべて、口座開設費と入金手数料が無料です。

 

GMOコイン

GMOコイン

取り扱い仮想通貨:BTC、ETH、BCH、LTC、XRP

取り扱い交換形態:販売所/取引所

オススメポイント

  • 口座開設から取引可能までが最短1日と非常にスピーディ

  • ビットコインの最低取引額が0.0001BTCで少額での購入が可能

  • スマートフォンアプリ「ビットレ君」がとても使いやすい

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

取り扱い仮想通貨:BTC、ETH、ETC、BCH、LTC、XRP、XEM、MONA

取り扱い交換形態:販売所/取引所

オススメポイント

  • 大手企業が運営しているため、信頼性が高い

  • アルトコインのレバレッジ取引ができる

  • 24時間365日間、問い合わせフォームやLINEでのサポート対応

 

Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

取り扱い仮想通貨:BTC、ETH、BCH、XRP、QASH

取り扱い交換形態:取引所

オススメポイント

  • 資産をコールドウォレット(オフライン)管理していてセキュリティ面で強い

  • QASHが利用できる

  • 各通貨のスプレッド(通貨購入価格と売却価格の差)が狭い

 

まとめ

 

  • 仮想通貨とは硬貨や紙幣といった現物の通貨とは違い、データ化された通貨

  • 仮想通貨は人々の需要によって価値が変動するため、価値の差を利用して利益を得られる

  • ビットコインは数千円、数万円などからの少額購入ができる

  • 仮想通貨取引を始める手順は大きく分けて、登録、入金、購入、売却の4つ

  • 現物取引では取引で借金が発生することはない

  • 取引の基本は価値が下がっているときに買い、上がっているときに売る

  • 仮想通貨の価値は常に変動するため、利益を出すためには将来的に期待ができる仮想通貨を選ぶことが大切

 

ビットコインの少額購入と現物取引はリスクが低いので、仮想通貨取引の入門としてはうってつけです。
仮想通貨取引を学ぶため、実際に取引を経験してみるのはいかがでしょうか。

経験に勝るものなし、ですね!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識