仮想通貨は投資対象としては実際どうなのか


「今からでも投資対象として成り立つの?」

「仮想通貨って他の投資商品とくらべて何がどう違うの?」

「仮想通貨の投資方法ってどんなのがあるの?」


こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
株・債券・投資信託・不動産・・・投資っていろいろありすぎてどれが良いのかわからないんですよね!
今話題の仮想通貨だったら、稼ぎやすいんでしょうか。

私は友達に勧められて勢いで仮想通貨を買っちゃったんだけど、投資の仕方がこのままでいいのか不安になって「もっと良い投資方法を知りたい!」って気合を入れなおしたところです。
「仮想通貨は投資対象としてなにが良い」のか、「どうやって始めたら良い」のか、仮想通貨のプロフェッショナルである”クリプト先生”に教えてもらいましょう!

先生!
ぶっちゃけ、仮想通貨って投資対象としてはアリですか? ナシですか?

おおっと、カナさん。
いきなり核心をついたご質問ですね。
それを答えるまえに・・・みなさん、こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。

いつも通りの自己紹介なんてほどほどにして、早く教えてくださいよ~!

フフフ。
それは「黒の組織のトップは誰ですか?」とか「ひとつなぎの大秘宝って何ですか?」ってネタバレと同じくらいNGな質問ですよ。
仮想通貨の謎はゆっくり解いていきましょう。
そして仮想通貨というネットの大海原へ自分の答えを見つけに行くのです!

うぅ・・・メガネの方はともかく、麦わら帽子が全然似合わなさそうなクリプト先生に言われてしまうなんて・・・。
じゃあまずは投資対象としての仮想通貨のメリットデメリットを教えてください!

目次

仮想通貨投資のメリット① 「一獲千金が狙える!」

億り人


カナさん、億り人って知っていますか?

はい!
投資で1億円以上稼いだ人ですね!
憧れますよね~。

そうです。
仮想通貨ができてからよくいわれるようになりましたね。

仮想通貨投資で億とか・・・そんなに稼げるものなんですか?

仮想通貨で億を稼いだ人も実際にいるんですよ。
仮想通貨は1日ごとでも、とてもはげしく価格が変化するんです。
よくこのことを価格変動がはげしいと表現します。
だから、仮想通貨はほかの投資対象より億り人になれる可能性がとても高いので注目されているんです。

億り人になれる可能性かぁ!
すごいなぁ。
でも、どうして仮想通貨は価格変動が激しいのでしょうか?

良い質問ですね!
それにはこういった理由があるのです。


仮想通貨の価格変動が激しい5つの理由

価格変動が激しい理由その1 「仮想通貨には業績が関係ない」

株の場合は、会社の売上や負債、経営方針などで今後成長する企業かどうかをみんなが判断して価格が決まります。

しかし、仮想通貨は業績が関係して価格が決まるものではありません!

仮想通貨の価格は需要と供給によって決まるので、「仮想通貨が欲しい!」とおもう人が増えれば価格は上がります。

反対に、「仮想通貨いらない!」とおもう人が増えれば価格は下がっていきます。

つまり仮想通貨は、価値を決定づける基準となるものがないので価格が変動しやすいということです。


価格変動が激しい理由その2 「参加者が少ない」

物やサービスを売るときに買い手が見つからなかった場合、簡単な解決策としては価格を下げることです。

価格が安くなれば買う人も出てきますよね!

そうして買い手が見つかるまで価格を下げるわけですが、このとき、人が多いほど買い手はみつかりやすいです。

たくさんの人に売り込めば「その値段なら買うよ!」という人も現れやすいですからね!

つまり、人が少ない場合、人気のないモノはドンドン価格が下がり、人気のあるモノはドンドン価格が上がるわけです!

仮想通貨市場は、他の投資対象とくらべて参加者が少ないので、価格変動が大きくなるのです!


価格変動が激しい理由その3 「ストップ高、ストップ安がない」

ストップ高とは、これ以上値上がりする事はないという上限まで価格が上がることです。

ストップ安とは、これ以上値下がりする事はないという下限まで価格が下がることです。

株式市場では、株式の価格が極端に上下することで投資家が大きな損失を出すことがないように、価格の上限と下限が決められています。

でも、仮想通貨は価格の上限も下限もないので、どこまでも価格変動していきます!


価格変動が激しい理由その4 「法規制が整備されていない」

まだ仮想通貨ができて間もないため法規制が追いついていません。

規制が少なく自由度が高いので、価格変動も大きくなります。


価格変動が激しい理由その5 「管理者がいない」

たとえば、日本円は日本銀行が管理をしており円の価値を一定に保つために管理、政策を行っています。

お金が世の中に出回りすぎて価値が下がっている場合は、発行を少なくしたり回収したりして価値を保っているのです。

それに対して、多くの仮想通貨には、特定の管理者がいません!

つまり、価格を一定に保とうとする人がいないわけです。

注)仮想通貨は1,500種類以上ありますが、中には管理者がいる仮想通貨もあります


人が少ない、ルールがない、管理者がいない・・・要はみんなやりたい放題って事ですね!

・・・なにか違うような気もしますが、まぁそんなところです。
こうして価格変動がはげしいので億り人が多く現れたわけなんですねぇ。

仮想通貨投資のメリット② 「将来性のある市場!」

近未来


仮想通貨投資には夢がありますね!

でも仮想通貨にはこういった資産としての価値だけではなくて、ちゃんと実用性もあるんですよ!


仮想通貨でできること!

・買い物 ・国際送金 ・契約 ・寄付 ・融資 ・保険 ・アプリ ・ゲーム ・カジノ ・データの保存(ストレージ) ・・・etc


ザッとならべただけでもこれだけのことが仮想通貨でできますね!

すごーい!
こんなに使い道があるんですかっ!

ここ数年でたくさんの仮想通貨が生まれて、一気に使い道が増えました。
今後はもっと改良が加えられて一般的に使われるようになるかもしれません!

これは将来性を感じますね♪

ところでカナさん、いくら一攫千金を狙えるといってもただ買って運任せに待ってるだけというのは投資として面白くないですよね?

たしかに!

そこで仮想通貨の投資方法をいくつか簡単にご紹介します。

仮想通貨投資のメリット③ 「投資方法が豊富で楽しめる!」

はしゃぐ若者たち


 

仮想通貨の6つの投資方法

 

・短期トレード

・長期保存

・レバレッジ取引

・積立

・アービトラージ

・ICO投資


仮想通貨の投資方法① 「短期トレード」

短期トレードとは、数時間~数日で売買を繰り返す投資方法です。

仮想通貨は短い期間でも価格が動くので、取引のチャンスは十分あります。

また、取引手数料が無料の取引所が多いので、手数料によって利益がなくなってしまう心配もありません。

短期トレードの1番のメリットは、自然と知識が身につくことです!

いろんな通貨やチャートをみることになるので、流行りの通貨がわかるようになったり、長期保存するべき通貨がみつかることもあります。


仮想通貨の投資方法② 「長期保存」

長期保存とは、数か月~数年のあいだ持ち続けて価格が上がるのを待つ投資方法です。

仮想通貨はまだ新しい技術なので、短期的にみると価格は上がったり下がったりしますが、長期的には右肩上がりに上昇するのではないかといわれています。

長期保存のメリットは、自分の時間をとられないことです。

1度購入したら待っているだけなので、流行りの仮想通貨に敏感に反応する必要もなければ、短期的な値動きに一喜一憂することもありません。

仕事や趣味に忙しい方でもできる投資方法です。


仮想通貨の投資方法③ 「レバレッジ取引」

レバレッジ取引とは、取引所からお金を借りて取引をする投資方法です。

取引所に「証拠金」とよばれるお金を預けることで、証拠金の2倍や10倍といった金額の取引ができます。

この倍率のことを「レバレッジ倍率」といいます。

少額でも大きな利益を得られますが、大きな損失を出してしまうこともあるので注意が必要です!

レバレッジ取引の具体例をみてみよう!

 

・1BTC=10万円のとき

・証拠金として「10万円」を預ける

 

50万円分(=レバレッジ倍率は5倍)のBTCを購入しました。

2週間後、BTCの価格が上がり1BTC=12万円になりました。

すると、50万円で購入したBTCは60万円の価値になります。

取引所から借りていた50万円を返して、残りの10万円が利益となります。

レバレッジ取引をせずに通常の取引をしていた場合、10万円が12万円になっただけなので、利益は2万円しかありませんでした。

レバレッジ倍率5倍の取引だったので、利益も5倍になったわけです!

 

レバレッジ取引では「空売り」もできる!

 

空売りとは、「売ってから買い戻す」取引のことです。

「持ってないモノをどうやって売るの?」って思いますよね。

なにを売るかというと、「取引所から借りた仮想通貨」を売るのです!

借りた物は返さなければいけないので、後で買って取引所に返すことになります。

 

こんな感じのイメージです。

通常の取引・・・買う→売る

空売り・・・(取引所から借りる)→売る→買う→(取引所に返す)

 

これも具体例をみてみましょう!

・1BTC=10万円のとき

・証拠金として「10万円」を預ける

 

5BTC(50万円分なのでレバレッジ倍率は5倍)を取引所から借りて売りました。

2週間後、BTCの価格が下がり1BTC=8万円になりました。

すると、5BTCは40万円で買えるので、それを買って取引所に返します。

50万円を手に入れたあと40万円を支払ったので、残りの10万円は利益になります!

 

投資というと普通は価格が上がったときに利益がでますが、空売りは「価格が下がったとき」に利益がでます!

なので、空売りを活用するとどんな相場でも利益がだせるようになるわけですね♪(なかなかそううまくはいきませんが・・・笑)

空売りができない取引所や仮想通貨もありますので、気になる方は取引所をチェックしてみてください!

 

関連記事:少ない資金で大きな遺産が得られる?レバレッジってどんな投資方法?


仮想通貨の投資方法④ 「積立」

積立は、毎月決まった金額分を購入する投資方法です。

積立のポイントは「毎月同額分」を購入するところにあります!

価格が高いときは購入数量が少なく価格が安いときは購入数量が多くなるため全体の購入単価を安くすることができるのです。

長期保存とおなじで、流行りやチャートを気にする必要もありません。

積立はじっくりと売り時を見定めることができるのでリスクは低いですが、短期間での一攫千金を狙うのはむずかしいです。

また、毎月同額分を購入することは「ドルコスト平均法」ともよばれます。

 

関連記事:【ローリスク・ローリターン!?仮想通貨の積み立て!】

関連記事:【ドルコスト平均法ははたして投資方法としてどうなのか?じっくり検討】


仮想通貨の投資方法⑤ 「アービトラージ(裁定取引)」

アービトラージとは、安い取引所で買って高い取引所で売る投資方法のことです。

株はどこの証券会社で買ってもおなじ価格ですが、仮想通貨は取引所によって価格がちがいます。

仮想通貨の取引所は国内に10社以上、海外では100社以上もあるので、それぞれの取引所の価格をくらべてみるのもいいかもしれません!

 

関連記事:初心者でもできる!仮想通貨のアービトラージの始め方

関連記事:アービトラージってどのような取引方法?リスクが少ない「さやとり」とは?


仮想通貨の投資方法⑥ 「ICO投資」

企業が新たな事業を立ち上げるときに、仮想通貨を販売することで資金をあつめることがあります。

この資金調達方法のことを「ICO(Initial Coin Offering)」といいます。

後々その事業が成功すると、仮想通貨の価値が高くなり購入者にも利益がでるという仕組みです!

価格が数十倍、数百倍になった仮想通貨も多いですが、反対に、売れないほど価値が下がった仮想通貨や詐欺通貨もあります。

ICO投資で成功するには、発行元の企業の信頼性や事業の将来性などを見極めなければいけません。

 

関連記事:仮想通貨のICOとは?難しい用語をなるべく省いて説明してみた

関連記事:仮想通貨のICOとは?メリットや詐欺に合わないための注意点を解説!


わぁ、投資法にも色々あるんですね!
みんなと違う自分だけのスタイルを持ちたい私にはピッタリな気がします!

投資方法に正解はないといわれていますからね、自分に合ったやり方をみつけると良いですよ!

仮想通貨投資のデメリット① 「クラッキングの危険性!」

震える人形


仮想通貨はデジタルなモノなので、クラッカーに狙われることが多いです。
取引所がクラッキングされて、利用者の資産が盗まれたことも少なくありません。


仮想通貨取引所の主なクラッキング事件

・2014年 日本 Mt.GOX 約500億円分のBTCが流出

・2014年 アメリカ Poloniex 約6,000万円分のBTCが流出

・2015年 ヨーロッパ Bitstamp 約5億円分のBTCが流出

・2016年 香港 Bitfinex 約70億円分のBTC

・2017年 韓国 Bithumb 約1億1,000万円分のBTCが流出

・2018年 イタリア BitGrail 約220億円分のNANOが流出

・2018年 日本 コインチェック 約580億円分のNEMが流出


うわー!
クラッキング事件ってけっこう起きてるんですね・・・。

でも、最近は取引所もセキュリティを強化しています。
今後こういったことがなくなるのを期待したいところですね。!

なにか自分でできる対策はないんですか?

自分でできる対策としては、仮想通貨を自分のウォレットに入れておくことです。
クラッキングされているのは取引所のウォレットなので、自分のウォレットで管理することで安全性は高まりますよ!

 

関連記事:仮想通貨は自分で守る!仮想通貨ウォレットの種類と長所・短所を解説

関連記事:仮想通貨はウォレットのおすすめとは?最適なウォレット選びが大切!

仮想通貨のデメリット② 「暴落する可能性!」

コインにつぶされる人形


メリットでお話した「価格変動がはげしい」ということについてですが、これは当然「暴落する」可能性もあるということです。

ひぃぃ!
こわいですね・・・。

価格変動で損しないためにもしっかりと勉強していきましょう!

これは対策とかありますかね?

「こうすれば絶対に大丈夫!」というものはありませんが、暴落のリスクを減らすための考え方として「分散投資」というものがあります。


分散投資とは?

投資の格言の1つに「卵は1つのカゴに盛るな」という言葉があります。

1つの商品に全額投資するのは、その商品の価格が下がったときに大きな損失を出してしまうのでリスクが高いといえます。

複数の商品に投資をする事でリスクを減らすのが分散投資です。

仮想通貨投資でも、1つの仮想通貨や1つの投資方法だけで運用するのではなく、いろんな仮想通貨や投資方法を使うと暴落のリスクを軽減できるかもしれません。

分散投資の説明

 仮想通貨投資の始め方

ビットコインとテクノロジーが合わさった画像

実際に仮想通貨投資をはじめるときの手順は以下のとおりです!


  1. 国内取引所に登録する(口座を開設する)
  2. 日本円を口座に入金する
  3. 気に入った仮想通貨を買う

取引所はどこをつかったらいいんですか?

取引所はそれぞれに特徴や強みがあるので、自分の投資スタイルに合った取引所を選ぶのが良いですよ。
たとえば、レバレッジ取引をしたのであればレバレッジ取引ができるところ。
あまり頻繁に取引しないのであれば、手数料は多少高くてもセキュリティがしっかりしていたり、仮想通貨の取扱数が多いところなど。

たしかにそうですね!
私のスタイルは~・・・う~ん、なんだろう?

どういう取引をしたいのか、まだよくわからないという人はこれらのポイントから取引所を選ぶと良いですよ!


取引所を選ぶときの5つのポイント

 

・仮想通貨交換業者に登録済みかどうか

・セキュリティ体策

・仮想通貨の取扱数、種類

・手数料

・取引量、ユーザー数


先生!
仮想通貨交換業者ってなんですか?


仮想通貨交換業者とは?

仮想通貨交換業者とは、金融庁財務局のきびしい審査を合格している取引所のことです。

つまり、国のお墨付き業者ということですね。

現在は16社が登録されています。

日本では仮想通貨交換業者しか取引所の運営をしてはいけないことになっています。

ただし、この規則ができる前から営業している取引所は「みなし業者」として、一定期間は営業をしてよいことになっています。

みなし業者は一定期間内に金融庁の審査に合格できなければ、営業停止になる可能性もありますので、取引所は仮想通貨交換業者から選ぶことをおすすめします!

◆仮想通貨交換業者一覧◆

GMOコイン

ビットトレード


フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

登録年月日 仮想通貨交換業者名
平成29年9月29日 株式会社マネーパートナーズ
平成29年9月29日 QUOINE株式会社
平成29年9月29日 株式会社bitFlyer
平成29年9月29日 ビットバンク株式会社
平成29年9月29日 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
平成29年9月29日 GMOコイン株式会社
平成29年9月29日 ビットトレード株式会社
平成29年9月29日 BTCボックス株式会社
平成29年9月29日 株式会社ビットポイントジャパン
平成29年12月1日 株式会社DMM Bitcoin
平成29年12月1日 株式会社ビットアルゴ取引所東京
平成29年12月1日 Bitgate株式会社
平成29年12月26日 株式会社BITOCEAN
平成29年9月29日 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
平成29年9月29日 テックビューロ株式会社
平成29年12月1日 株式会社Xtheta

参照データ 金融庁HPより抜粋

(平成30年4月20日時点での情報)


おすすめの国内取引所3選

 

おすすめの国内取引所① 「Zaif(ザイフ)」

ザイフは手数料が安く取り扱い仮想通貨の種類が多いのが特徴です。

また、口座を開設すると仮想通貨がもらえるなどのキャンペーンをよく行っており太っ腹な取引所でもあります。

ザイフは「まずは利益よりもインフラ整備に尽力する」というビジネスプランなので、ユーザーにとってはお得な点が多いです。

 

取り扱い仮想通貨は全15種類

・Bitcoin(BTC)ビットコイン

・Ethereum(ETH)イーサリアム

・NEM(XEM)ネム

・Monacoin(MONA)モナコイン

・Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュ

・他10種類のトークン


おすすめの国内取引所② 「GMOコイン」

日本の大手企業『GMOインターネットグループ』の傘下である『GMOコイン株式会社』が運営しています。

最大の違いは『取引所』ではなく『販売所』であること。

通常は取引所を介して世界中の人と売買をしますが、ここはGMOコイン自体と売買をします。

そのため、買い手売り手が見つからずなかなか取引が成立しないということが少ないです。

株やFXなどを扱うGMOクリック証券のノウハウを参考にしているため、株やFXも行っているという方にはとくにおすすめの取引所になります。

 

取り扱い仮想通貨は全5種類

・Bitcoin(BTC)ビットコイン

・Ethereum(ETH)イーサリアム

・Litecoin(LTC)ライトコイン

・Ripple(XRP)リップル

・Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュ


おすすめ国内取引所③ 「BITPoint(ビットポイント)」

ビットポイントのメリットは、取引手数料、送金手数料が無料なところです。

頻繁に取引をしていると、いつの間にかけっこうな手数料がかかってしまうこともありますが、ビットポイントならその心配はありません。

また、仮想通貨を違う取引所の口座や自分のウォレットに移すときも費用はかかりません。

ただし、日本円の出金には手数料がかかるのでご注意ください!

BTCのレバレッジ取引ができ、セキュリティ面の評価も高いですが、ユーザー数、取引数が少なめかもしれません。

 

取り扱い仮想通貨は全5種類

・Bitcoin(BTC)ビットコイン

・Ethereum(ETH)イーサリアム

・Litecoin(LTC)ライトコイン

・Ripple(XRP)リップル

・Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュ

仮想通貨投資で一攫千金を狙うには

海外通貨が連なっている画像


結局一攫千金を狙うにはどういうやり方がいいんですか?

大きな利益を出す方法はレバレッジやICOもありますが、僕が個人的におすすめしたいのがズバリ・・・草コインです!


草コインとは?

草コインとは、開発されたばかりでまだほとんど知られていない仮想通貨のことです。

現在仮想通貨は1,600種類以上ありますが、その中の95%以上は草コインといわれています。

ほとんどの草コインは、そのまま有名になることもなく消えていきますが、中には大暴騰する仮想通貨もあるのです。

今では誰もが知っているBTCですが、これも元々は草コインといえます。

2009年のBTCの価格は1BTC=約0.07円ですが、2018年9月では1BTC=約70万円です。

倍率にすると1,000万倍になります。

BTCのように将来暴騰する仮想通貨を探すのが草コイン投資です。


草コインはどれも低価格なので、いろんな通貨に分散投資もしやすいですよ。

なるほど~!
草コイン投資をするうえで気をつけておくことって何かありますか?

そうですねぇ。
リスクと対策は頭に入れておきましょうか!


草コイン投資のリスクと対策

草コイン投資のリスク

・あまりに注目されていない通貨は高騰しても売れないことがある

・無価値で消える可能性がある

・取引所が扱いをやめる可能性がある

草コイン投資の対策

・取引量が少ない取引所では取引しない

・時価総額が極端に低い仮想通貨は避ける

・チャートがまっすぐでほぼ取引されていない仮想通貨は避ける

・仮想通貨の性能(実用性)を見て将来性がある物を選ぶ


草コインを買う方法

草コインは国内取引所では扱っておらず、海外取引所でしか購入ができません! さらに、ほとんどの海外取引所は日本円での購入ができないので、購入手順はこうなります!


草コイン購入手順

 

1.国内の取引所に登録(口座開設)

2.ビットコインなどの主要仮想通貨を購入

3.海外の取引所に登録(口座開設)

4.海外の取引所へ仮想通貨を送金

5.送金した仮想通貨で草コインを購入


なるほど。 草コインを買うための主要仮想通貨にはおすすめってあるんですか?

この4種類での取引が一般的でおすすめですね!


草コインを買うためにおすすめの仮想通貨

Bitcoin(BTC)ビットコイン

購入できる通貨の種類が圧倒的に多く鉄板の通貨。

しかし送金が遅い、手数料が高いという難点もあります。

 

Ethereum(ETH)イーサリアム/Litecoin(LTC)ライトコイン

イーサリアムとライトコインはビットコインよりは種類が少ないもののそれでも比較的多く送金速度や手数料はビットコインより優れています。

 

Dogecoin(DOGE)ドージコイン

草コインの中でもさらに低価格な、いわば超草コインを取り扱っている取引所で活躍します。

ドージコイン自体が草コインと呼ばれているので、草コインで超草コインを買うという感じです。


草コインが買えるおすすめの海外取引所3選

おすすめの海外取引所① 「Bittrex(ビットレックス)」

取扱数は200種類と豊富で、手数料は一律0.25%。

2段階認証をしないと1日の出金上限額が1BTCまでとなっており安心のセキュリティ。

日本で人気のADAコインの売買ができる唯一の取引所。


おすすめの海外取引所② 「Coinexchange(コインエクスチェンジ)」

ビットレックスを超える取扱数で400種類以上。

手数料も0.15%ほどと安い。

他の取引所ではビットコインでの購入が主流ですが、ここは色々な通貨で購入できるので自分が持っている通貨や、送金手数料が安い通貨で購入することができます。

この取引マーケットの多さもコインエクスチェンジの特徴です。


おすすめの海外取引所③ 「Cryptopia(クリプトピア)」

取扱数はコインエクスチェンジをさらに超える500種類ほど。

取り扱っている仮想通貨の種類が多いのは魅力ですが、あるていどどんなコインなのかを理解している人向けかもしれませんね。


Binance(バイナンス)

2017年7月設立の新しい取引所です。

取扱数は70種類ほどと他より少なめですが手数料は0.1%ほどでかなり安いです。

注文処理速度が速いことと月に1回投票で人気上位の通貨を上場するという制度が注目されています。

マイナーに投資する「クラウドマイニング」って?

ビットコインの可能性を表した画像


仮想通貨投資は、仮想通貨を取引するだけではなく、マイナーに投資するという方法もあります!

マイナーに投資・・・?

そもそもマイナーとは?

マイナーとはその名のとおりマイニングをする人です。

1人でマイニングしている人もいれば、事業としてマイニングをしている企業もいます。

へぇ~。
ところでマイニングってなんでしたっけ?

マイニングとは?

マイニングとは、仮想通貨の取引内容を記録する作業のことです。

取引内容とは「誰が誰にいくら送った」という送金履歴のことですが、仮想通貨は送金履歴を残すことで現在だれがいくら持っているかを把握しています。

この作業を世界で1番早くおわらせた人には、仮想通貨の新規発行が報酬として支払われる仕組みです。

なるほど・・・ということはクラウドマイニングの正体は!

正体は・・・!?

なんでしょう?(笑)

・・・。

冗談ですよ♪
クラウドマイニングとは、マイナーにお金を払って代わりにマイニングをしてもらう!
それで、マイニング報酬を出資者たちでわけあうってことですね!

ほっ、安心しました。
そのとおりです!
クラウドマイニングは出資をするだけなので、こまめにチャートをみたり取引のタイミングを見計らったりという手間がないのが良いところですね!

 

関連記事:仮想通貨のマイニングをやさしく説明!仕組みからマイニング方法まで!

関連記事:手軽にマイニングに参加できるクラウドマイニングって実際どうなの?

関連記事:【仮想通貨】マイニングで国内初の刑事事件!一体なにが・・・

まとめ

■仮想通貨投資は一獲千金が狙えて将来性がありいろんなやり方ができる!

■仮想通貨投資にはクラッキングの危険性暴落のリスクがある!

■取引所は5つのポイントをみて決めよう!

■一獲千金を狙うなら草コインもアリ!

■マイナーに投資する投資方法もある!

 

仮想通貨投資ですけど・・・やっぱりアリですね!
とっても楽しそうです!

まだまだ発展途上の市場であり、みんなが手探りでやっているので、これから始めるという人にも十分チャンスはあります。

草コインで一攫千金、堅実に積立、クラウドマイニングって色々あって迷っちゃいます!

どんな投資方法をするにしても、まずは安全な取引所を利用することが大事です!
あとは情報を集めて無理せず運用していけば、きっと成果が出るはず!

合わせて読みたい
おすすめチャートアプリ

仮想通貨のチャートアプリ7選!取引歴に応じたオススメをご紹介!

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨は今後も値上がりする可能性あり

仮想通貨って今から始めても儲かるの?仮想通貨投資の疑問にお答えします!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識