詐欺といわれているHYIP(ハイプ)って結局やらないほうがいい?実際のところどうなのか調査してみた


HYIP

仮想通貨のセミナーなどにいくと「今〇〇BTC投資すれば、○○BTCの利益がでる!」といった投資話を聞くことがあります。

これは「HYIP」とよばれる投資案件です。

HYIPの多くは日利1%月利40%など、異常に高い利率になっています。

銀行の定期預金の利率が年利0.1%ほどということを考えると、とても魅力的な投資案件ですよね。

多くの億り人を出した仮想通貨なら「この高利率もあり得るのでは?」と思うかもしれませんが、早まってはいけませんよ!

こんにちは、クリプトです。
以前から出回っているHYIPについて、実際に儲かった人もいるようですが、もし投資をするならどういう仕組みなのかは知っておきましょう!

HYIPとは?

HYIPとは「High Yield Investment Program(ハイ・イールド・インベストメント・プログラム)」の略称であり、日本語では「高収益プログラム」といいます。

投資家は「運用益を受け取る権利(プログラム)」を購入するという形で、運営者に投資をします。

運営者はその売り上げを運用して、運用利益を投資家に還元するという仕組みです。

 

でも、ほとんどのHYIP運営者は出資金がある程度集まると、お金をもっていなくなります。

そうなると出資したお金は返ってきません。

 

運営者がいなくなることを「飛ぶ」といいます。

HYIPはもともと株や投資信託など、投資全般で使われる言葉ですが、ここ数年で仮想通貨を使ったHYIP案件が急増しました。

 

「高収益」というだけあって、HYIPの特徴はその「利率」の高さです。

日利1%や月利40%という高利率で投資家を集めています。

また、多くのHYIPは「複利」での運用も可能なようです。


「利率」・「単利」と「複利」について

用語の説明になります。

すでにご存じの方は、ここは飛ばしてしまってもかまいません。

 

利率について

利率は「どのくらいの期間での利益」なのかをあらわします。

日利であれば「1日あたり」の利益です。

通常の投資では年利で考えることが一般的ですが、HYIPの多くは日利や月利で利益が出ます。

 

単利と複利について

単利とは、利益が次の投資の元手にはならないことです。

「100万円を単利で年利10%」で運用した場合、1年目の利益は10万円、2年目の利益も10万円になります。

利益額はずっと同じということです。

 

複利とは、利益が次の投資の元手になることです。(利益分を再投資する)

「100万円を複利で年利10%」で運用した場合、1年目の利益は10万円、2年目の利益は11万円になります。

利益額がドンドン増えていくということです。

 

単利と複利では、最初は大した差がでませんが、時間が経つほど大きな差がでます。

HYIPって詐欺なの?

多くのHYIP運営者が出資金を持って飛んでいることから、「HYIPは詐欺だ!」といわれています。

でも、実際にHYIPで儲かった人もおり、詐欺と立件するのは難しいようです。

 

運営者が飛ぶまでの間は配当が支払われることもあります。

そのため、最終的には飛ぶことがわかっていながらも「それまでに利益が出ればよい!」という考えで投資する人もいるようです。

 

HYIPの利率だと、約3ヶ月配当が支払われれば利益がではじめます。

つまり、HYIP運営者が3ヶ月持つかどうかのギャンブルのようなものです。

ただし、配当が支払われても出金ができないこともありますのでご注意ください。

HYIPを詐欺と断定することはできないけど、詐欺的な案件が多いってことですねぇ。

HYIPの利率がどのくらい高いのか比べてみた!

現在は世界的に低金利が続いている状況です。

投資に慣れた人でも無理せず堅実に利益を出そうとすると、年利5%~10%ほどいけばよい方といわれています。

100万円を元手に投資をした場合に「一般的な投資」と「HYIP」でどのくらい利益が違うのか比べてみました。


  1ヶ月 6ヶ月(半年) 12ヶ月(1年) 2年 3年

一般的な投資

年利10% 複利

110万円 約121万円 約133万円

HYIP

日利1% 複利

約135万円 約600万円 約3,780万円 約14億円 約540億円

HYIP

月利40% 複利

140万円 約753万円 約5,670万円 約32億円 1,820億円

HYIPの方がすごい金額に・・・!

HYIPでは今100万円を投資すると、2年後には10億円以上になる計算です。


「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏と比べてみる

ウォーレン・バフェット氏(88歳)は1万ドルを元手に投資をはじめ、800億ドル以上の資産を築いたアメリカの投資家です。

世界で最も投資で稼いでいる人物として「投資の神様」と呼ばれています。

肩書きとしては、世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、会長兼CEOです。

 

そんなバフェット氏の平均年利(50年間の平均)は約20%です。

月利にすると約1.6%、日利にすると約0.05%になります。

HYIPの月利40%日利1%がいかにすごい利率なのか、おわかりですよね。

つまり、HYIPが本当にしっかりした投資であるとすると、バフェット氏を軽く上回る利益がだせる投資家になれるということです。

HYIPの仕組み

さきほど「HYIP運営者は投資家から預かった資金を運用する」といいましたが、それは表向きの話です。

ほとんどのHYIPは実際には運用していません。

 

HYIPでは「MLM」「ポンジスキーム」「ねずみ講」という3つの手法をとっていることが多いです。

それぞれ似ていますので、混同する人も多いですが、微妙に違いがあります。


MLM(マルチ・レベル・マーケティング)とは?

MLMとは、商品の購入者を販売員として起用する手法のことです。

マルチ商法やネットワークビジネスともよばれています。

 

商品購入者は家族や知人に商品をオススメして、購入されると企業からお礼として紹介料がもらえるのです。

そのため、購入者は商品を買ってくれる人を探します。

つまり、営業マンになるわけです。

 

企業としては、お客さんが営業してくれるので広告宣伝費を抑えることができます。

その抑えたコスト分を、紹介料として紹介者に支払っているわけです。

 

MLMは特定商取引法の第33条に「連鎖販売取引」と定義されており、違法性はなにもありません。

商品を販売するために紹介料を支払うのは問題ないということです。


ポンジスキームとは?

ポンジスキームとは、出資金の一部を渡すことによって利益が出ているように見せかける手法です。

これは違法行為として法律で禁止されています。

 

例えば「100万円投資すれば毎月5%の配当がでます」という投資話を持ちかけます。

投資家が100万円を投資すると、運営者は1ヶ月後にその100万円の中から5万円を返すだけです。

 

このままだと20ヶ月後にはなくなってしまうので、投資家から新たな投資家を紹介してもらいます。

投資家としては実際に毎月5万円が入ってきているので、信用して知人を紹介するわけです。

 

こうしてドンドン参加者を増やしていき、運営者にとって都合のよいとき(これ以上参加者が増えないなど)になると、資金を持って逃げます。


ねずみ講とは?

ねずみ講とは、紹介料を受け取る権利を販売する手法です。

ポンジスキームと同じように、ねずみ講も違法行為として法律で禁止されています。

 

例えば「儲かるビジネスがあります、会員費は1万円です」という投資話をもちかけます。

会員になった人は同じことを知人に話し、知人が会員になった場合は半分の5,000円が報酬としてもらえるという仕組みです。

残りの5,000円は運営者たちでわけることになります。(報酬額の割合は組織によって違います)

 

人の数には限りがあるので、ねずみ講は最終的にはかならず破綻するビジネスです。

あとから入った人は会員費を回収することができず、損をすることになります。

 

ねずみ講は、一見MLMと同じように見えるかもしれませんが、法律では「紹介料を受け取る権利」を商品とは認めていません。

そのため、MLMの「連鎖販売取引」ではなく「無限連鎖講」と定義された違法行為になります。

なぜHYIPは話題になったのか?

「1.HYIPとは?」でもお伝えしましたが、「HYIP」は以前からあった言葉です。

それが最近になって話題になった理由としては、以下の3つが考えられます。

HYIPが話題になったおもな3つの理由

  1. 仮想通貨は送金が楽なので手軽に始められる
  2. 億り人が多くあらわれた仮想通貨なら、高利率もありえるのではないかと思ってしまう
  3. 最初はうまくいっている

それぞれ詳しく見てみましょう!


理由① 仮想通貨は送金が楽なので手軽に始められる

最近のHYIPは、出資金を仮想通貨で支払います。

スマホやタブレットさえあれば、24時間どこにいても支払いができるわけです。

 

仮想通貨が生まれる以前のHYIPでは、出資金の支払いは「日本円」や「ドル」などの法定通貨でした。

そのため、銀行振込による支払いが多かったのです。

 

銀行の営業時間内に店舗まで行かなければいけなかったり、高額な振り込みであれば用紙に記入しなければいけません。

そのような手間がなくなくなったことは、HYIPに参加しやすくなった理由としてあげられます。


理由② 億り人が多くあらわれた仮想通貨なら、高利率もありえるのではないかと思ってしまう

「3.HYIPの利率がどのくらい高いのか比べてみた!」で書いてある通り、HYIPの利率は通常では考えられないくらい高いです。

冷静な判断ができる状態であれば、HYIPに参加する人は少ないのかもしれません。

 

でも、数百倍、数千倍と高騰したことがある仮想通貨と関係しているのであれば「あり得るのではないか?」と期待してしまうのではないでしょうか。


理由③ 最初はうまくいっている

「4.HYIPの仕組み」に書いてあるどの手法であっても、最初の1ヶ月ほどは配当が受け取れることもあるようです。

約束通り配当がもらえているのであれば、疑う人は少なく知人に紹介する人もいるでしょう。

 

HYIPは、参加者が増えている間は出資金がドンドン入ってくるので、運営していくことができます。

「ここのHYIPは信用できる!」などの口コミが広まっていけば、さらに投資家を集めることもできるのです。

実際に起きたHYIPの3つの実例

HYIPは国内外にたくさんありますが、実際にあった3つのHYIPをご紹介しましょう。


実例その➀ 「ライトライズ(Right Rise)」

ライトライズは、イギリス政府の公認であると偽っていた企業です。

月利40%と高額であり、有名人の画像を無断使用して広告を出していました。

 

会社の収入源は「高速道路の速度感知センサーを開発したため、この利用料として、捕まえた違反者の罰金の4割が会社に入ってくる」というものでした。

 

オフィスの紹介動画なども公開されており、一見まともなそうな企業にも見えましたが、HYIPのサービス開始から4ヶ月後の2017年3月に、1億ドル以上を持って飛んだのです。


政府公認とか速度感知センサーの開発とか、なんか信じちゃいそうですね・・・。

あまり馴染みのない言葉ですからね。
でも、だまされないために冷静に考えてください!


実例その② 「D9クラブ」

D9クラブは、主にブックメーカー投資事業をしているブラジルの企業です。

ブックメーカーとは、賭け事の胴元(運営者)のことで、D9クラブはこのブックメーカーに投資をすることで収益を上げていました。

 

会社設立から13年が経過しており、ブラジルに登記もされている企業ということで、多くの人が信用していたようです。

日利10%と高額な配当金を謳っていましたが、支払われることはなく、大きなニュースとなり日本で弁護団が結成されるほどになりました。


13年も続いてる企業でも、こういうことが起こるなんてビックリです!

長く続いてるから安心というわけではないですよ!


実例その③ 「シャボ(Xabo)」

シャボはイギリスで海運事業をおこなっていた企業です。

日利4~5%と高額な配当を約260日間払い続けていましたが、結局はサイトが閉鎖し、出金ができなくなりました。


260日間は配当が出てたんだ!
サービス開始後すぐにはじめていれば、けっこうな利益が出たんでしょうけどねぇ。

まとめ

■HYIPとは集めたお金を運用して、利益を投資家に配分する投資プログラムである

■しかし、実際は運用していないことが多い

■HYIP業者のほとんどは数週間~数ヶ月で飛ぶ

■HYIPの配当金は通常の投資ではありえないほど破格

■一見まともそうな企業でも詐欺の可能性は十分にある

■HYIP業者が飛ぶまでに利益を出す方法も考えられるが、とても危険である!


仮想通貨で大きな利益を出した人はたくさんいます。

自分も利益を出そうと焦る気持ちはわかりますが、一度冷静になってしっかりと知識を身につけましょう!

 

もしHYIPに投資をするのであれば、「スピード」が肝心です。

サービス開始後すぐに投資をすれば、利益が出せる可能性も高まります。

 

ただし、サービス開始直後では情報が少なく、その業者がどれくらい信用できるのかが全くわかりません。

ほぼギャンブルということです。

HYIPをオススメすることはできませんが、それでも気になる方はくれぐれもご注意ください!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識