仮想通貨Comsa(CMS)の2019年最新情報。今後成長する可能性大です!


仮想通貨コムサ

2017年に一大フィーバーを巻き起こした仮想通貨

2018年に入って仮想通貨取引所のハッキング事件や巨額資金の流出など、悪いニュースが続いています。

 

仮想通貨はここ数年で成長してきた分野です。

仮想通貨の制度に不備があるのは、新しいシステムの導入にはありがちなことです。

逆にいえば、改善点が見つかってきたということもできます。

 

仮想通貨は日々進歩しています。

ほんの1か月前の情報がもう古いということもしばしばです。

 

うつろい激しい仮想通貨ですが、トレードだけではなく、新たな分野で活用しようという試みが始まっています。

そのひとつがコムサです。

 

こんにちは、仮想通貨について勉強中のカナです。
クリプト先生、コムサって何ですか。

 

 

こんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
コムサとは「システム」のことです!
仮想通貨の一種と勘違いしてしまう人が多いですが、じつは仮想通貨のことではないんですよ。

 

 

将来、一大市場を形成する可能性を秘めるコムサとは何か。

仮想通貨クエスチョン

 

それでは、コムサが何を意味しているのかご説明します。

 

コムサは仮想通貨を利用したシステム

コムサもビットコインなどと同じ、仮想通貨の一種だと誤解している人も多いようです。

しかし、コムサは仮想通貨ではありません。

 

テックビューロ株式会社が運用している、仮想通貨のシステムがコムサです。

コムサで発行しているコムサトークン(CMS)と呼ばれる仮想通貨がお金の代わりで、コムサはそのお金が使えるシステムになります。

(正確にはトークンと仮想通貨は性質が異なりますが、ほぼ同じと考えて差し支えありません)

 

関連記事:仮想通貨とは何が違うの?おすすめのトークンと購入方法

 

オンラインゲームで例えると、ゲームで使用できるアイテムやお金がコムサトークン(CMS)で、ゲームの世界がコムサです。

 

コムサトークン(CMS)は、いつでも現金に換金することができます。

株券や一般的な仮想通貨と同じように、必要に応じて現金化することができるのです。

 

コムサトークン(CMS)は、仮想通貨取引所のみで購入ができる仮想通貨です。

現金でコムサトークンを購入することはできず、一度ビットコインやリップルなどを購入し、その仮想通貨で購入する必要があります。

 

購入した仮想通貨を利用して、コムサ上で行われるプロジェクトを支援するための資金を提供することもできます。

この制度はICOと呼ばれており、世界で注目されている新たな仮想通貨の利用方法のひとつです。

 

画期的技術!コムサはICOができる

仮想通貨できる

 

コムサでできるICOについて詳しく教えてください!

 

 

わかりました。
ICOには魅力もありますが、デメリットも存在しています。
そのあたりのことも含めて説明しますね。

 

先ほど少しふれたように、ICOとは会社などの資金調達を仮想通貨でおこなうことです。

仮想通貨が登場する前は、新たなプロジェクトや会社を立ち上げる場合、自分の資産を開業資金にあてたり、株式を発行したりして、資金を調達するのが一般的でした。

 

仮想通貨が登場したことによって、ICOという資金調達における新たな手法が誕生したのです。

このICO制度は世界中で実施されており、コムサはもちろんのこと、コムサ以外のプロジェクトでも資金調達がおこなわれています。

 

コムサはこれまでに資金調達として、世界第7位の規模の109億円を集めることに成功しています。(2018年3月時点)

 

ICOが持つ可能性

ICOは多くの可能性を秘めています。

資金調達をしたいと考えている企業側にとっては、手軽に資金を調達できるメリットがあります。

 

資金調達を支援する投資家側は、出資したコムサトークン(CMS)のレートがあがることによって、利益を手にします。

この仕組みは仮想通貨と同じです。

 

レートが安いときに購入し、高いときに売却すれば差額が利益になります。事業が成功すればレートがあがるのは想像に難くないでしょう。

ICOは、新しい資金調達の仕組みとして今後拡大していく可能性を秘めているのです。

 

関連記事:仮想通貨のICOとは?難しい用語をなるべく省いて説明してみた

 

ICOが抱えるリスク

コムサトークン(CMS)の購入にはリスクも伴います。

ICOの原理は、新規上場企業の株式の購入(IPO)とほぼ同じです。

 

しかし、異なる点もあります。

ICOは株式と違って、出資割合によって経営権を取得することはできません。

また、配当金などもでません。

単純に支援したい企業に出資する形になります。

 

したがって投資家が得ることができる利益は、コムサトークン(CMS)の価値があがるかあがらないかに依存することになります。

 

また、ICO自体が詐欺である場合もあります。

ICOでお金を集めるだけ集めておいて逃げるという手口が、数多く報告されているようです。

 

ICOの手続きが株式上場手続きよりも簡易なため、詐欺事件が頻発してしまったようです。

現在は詐欺事件がおこらないように、対策や制度の見直しがすすめられています

 

仮想通貨を利用したICOは、安全性や信用性の面で発展途上にあります。今後万全の対策がとられていくことでしょう。

 

日本におけるICOの現状

日本で初めてICOがおこなわれたのは、2017年9月のことです。

ALISというプロジェクトの元、資金調達がおこなわれました。

 

このときの資金調達では、1週間で3億円の資金が集められたようです。

日本における関心の高さがうかがえます。

 

しかし、度重なるICO詐欺事件やシステムの不備などによって、現在ICO制度の見直しがすすめられており、原則ICOができない状態です。

日本政府はICOを明確に禁止してはいませんが、仮想通貨関連の法律によって制限をしています。

今後改正が加えられ、ICOについても具体的な規制がかかることも考えられます

 

関連記事:日本でも仮想通貨規制の動きが活発化?金融庁による規制の流れを解説

 

ICOの活性化には市場の安定性と安全性、仮想通貨技術の向上が不可欠です。

法の整備と技術面、信頼性はICO制度が成熟していくにつれて進んでいくのではないかと予想しています。

今後の政府や関連団体の動きは要チェックです。

 

コムサの現状

仮想通貨今でしょ

先ほど記述したように、コムサはICO制度の不備による詐欺事件の発生や法規制などの問題を抱えています。

その影響もあってか、コムサトークンのレートも下がりつづけており、現状で値上がりを期待するのは厳しい状況です。

 

逆にいえば今が底値であると考えることもできます。

日本においてICOによる資金調達の法整備がなされ、コムサの安全性が高まれば価格も高騰してくると考えられるでしょう。

 

仮想通貨で財産を築いた人は、1つ、2つ先を見て行動しています。

今底値に近いコムサトークンを購入しておけば、後々大化けするかもしれません。

 

コムサの最新情報

仮想通貨年号

 

クリプト先生。
さっき、2018年後半にコムサに大きな動きがあったっていってましたけど、何があったんですか。

 

 

コムサトークンを含めた仮想通貨の流出事件がおきたんですよ。

 

2018年9月にテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所Zaifから、67億円相当の仮想通貨が流出するという大事件がおこりました。

そのうち45億円相当が顧客から預かった資産だといわれています。

 

システムの脆弱性が原因で、外部からのハッキングを許してしまったようです。

テックビューロ社は、コムサを立ち上げている会社です。

また、Zaifはコムサトークンが唯一購入できる取引所でもあります。

 

日本を震撼させたコインチェックの約580億円の流出には及ばないものの、かなりの金額が流出したことによって、テックビューロ社の信用は地に落ちたのです。

これによりテックビューロ社の経営陣はすべて退任しました。

 

そして、流出した金額を補填する契約を結んだ仮想通貨事業大手のフィスコ社に救済される形で、仮想通貨取引所の事業を手放しました。

コムサについては変わらず、テックビューロ社がこれまで通り運営を続けていくようです。

 

コムサが発行するコムサトークンを購入するには

仮想通貨購入

コムサトークンを購入するには、まず仮想通貨取引所に口座を開設することが必要です。

先ほどご紹介したように、コムサトークンが購入できるのはZaifという仮想通貨取引所だけです。

 

Zaifの口座開設は無料でおこなえます。

しかし、2019年1月現在、前述したように取引所のハッキングや運営会社の変更等の理由により、新規で口座を開設することができなくなっています

 

新規口座開設がいつできるようになるかはまだ未定です。

Zaifの運営会社が仮想通貨事業大手のフィスコに代わるため、新規口座開設ができるようになるときは、セキュリティー面でも万全の対策が取られているはずです。

逆に安心して取引ができるということもできるかもしれません。

 

 

仮想通貨のセキュリティーを万全なものにして、また取引ができるようにしてもらいたいものです。

 

仮想通貨取引所はZaifだけじゃない!おすすめの仮想通貨取引所をご紹介

仮想通貨レート

2019年1月現在、Zaifに新規口座を開設することはできません。

今から仮想通貨取引を始めようと考えている方は、今のところ利用ができないのが現状です。

 

しかし、仮想通貨取引所は1つではありません!

2019年1月現在、口座登録できる仮想通貨取引所は複数あります。

日本国内で利用されている仮想通貨取引所のおすすめをいくつかご紹介します。

 

DMM Bitcoin

DMMでは、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなどの仮想通貨の中でも知名度の高いものを中心に、7種類の仮想通貨を取り扱っています。

顧客から預かった資産をコールドストレージと呼ばれるオフライン環境で保管することで、外部から攻撃されにくいように対策をしています。

 

また、サイトにアクセスする際に2段階認証を設けることによって、セキュリティーが強化されているので安心です。

扱っている仮想通貨が人気の高いものに絞られているので、仮想通貨初心者の方におすすめです。

DMM Bitcoin

 

GMOコイン

GMOコインは、証券会社やFXの会社も運営しているGMOグループです。

金融サービス業で培われた高いセキュリティーサービスを提供しているため、安心して取引をおこなうことができます。

 

ハッキング対策や内部関係者による不正操作対策も万全なので、仮想通貨のセキュリティーが気になる方にオススメです。

口座開設(無料)は最短5分で完了し、早ければ申し込みの翌日から取引を開始することもできます。

 

BIT POINT

BITPOINTの親会社は東証二部上場のリミックスポイントという会社であり、知名度を高めようとするプロモーション活動にも力を入れています。

 

仮想通貨取引で気になるセキュリティー面は、オンライン証券システムと同等の強固なセキュリティーが構築されています。

さらに、初心者にはうれしい問い合わせサポートも無料で利用できるので、安心して仮想通貨取引を始めることができるでしょう。

BITPOINT

 

まとめ

仮想通貨をめぐる動向は、日々変化しています。

目まぐるしく動く相場の中で大きな価格変動やシステム上の問題、法律上の問題などあらゆることが発生しています。

 

正確な取り引きをおこなうには正しく、最新の情報を手に入れることが不可欠です。

情報の取得に力を注ぎ、最新の情報をもとに仮想通貨の取引をおこないましょう。

合わせて読みたい
エターナル

エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドはBTCより高性能!価格上昇のカギは取引所にある

NEOに投資する?しない?

【仮想通貨NEO】中国版イーサリアム!本家を越えるその優れた性能とは?

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識