【誰でもできる!】仮想通貨の「板取引」を覚えよう!


板取引

仮想通貨は取引所から購入・売却する以外に、板を使った「板取引」という取引方法もできます。

実際に取引所の板を見てみると、知らない言葉や数字がならんでいて「むずかしそう!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません!

板取引はだれでもかんたんに使うことができます。

今回は知らないとしてしまう仮想通貨の板取引についての解説です。


こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
「売り板が厚い!」
「見せ板に注意!」
なんて言い方もされる「板取引」について、仮想通貨のプロフェッショナルである”クリプト先生”に教えてもらいましょう!


「取引所」と「販売所」の違い

仮想通貨取引所には、取引所と販売所があります。

取引所とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる場です。

いわば仲介者になります。

一方、販売所とは、仮想通貨の販売や買取をする業者です。

つまりお店、仮想通貨ショップといった感じでしょうかね。

のちほど詳しく説明しますが、板取引ができるのは取引所です!

販売所では板取引はできませんのでおぼえておきましょう!


取引所と販売所の違い""


取引所と販売所を併設してるところもありますし、アルトコインは販売所のみで扱っているというところもあります。

※アルトコイン・・・BTC(ビットコイン)以外の仮想通貨。


販売所の仕組み

販売所はさっきいったようにお店なので、仮想通貨の販売価格と買取価格は販売所がきめます。

そして、その価格にユーザーが納得すれば取引は成立です。

かんたんですね。
販売所の方がよさそう!

ちょっとまってください!
販売所のメリットデメリットもおぼえておきましょう!


販売所のメリット 「いつでも取引ができる!」

取引所では取引相手が見つからず、なかなか取引が成立しないこともあります。

それに対して、販売所は業者自体が取引相手なので、取引相手が見つかるまで待つということがありません。

仮想通貨は価格変動がはげしいので、すぐに取引ができるというのは大きなメリットです。

ただし、価格が大きく変動するときは販売制限や買取制限になって、取引ができなくなることもあります。

あまり販売所を信用しすぎないように気をつけましょう!


販売所のデメリット 「スプレッドが高い!」

販売所は、取引所にくらべるとスプレッドが高くなりがちです。

スプレッドとは、仮想通貨の買値と売値の差額のことをいいます。

販売所も私たち投資家とおなじように「安く買って高く売る」ことで利益を出していますので、「販売価格は高く」「買取価格は安く」する傾向があるのです。

ほかの販売所や取引所の価格を参考にしながら、割高な取引をしないように気をつけましょう!


販売所の買値と売値""

スプレッドの説明""


取引所の仕組み

取引所では買い手と売り手の条件(価格と数量)が合うと取引が成立します。

でも、取引所にはたくさんの人がいて希望条件もバラバラです。

そこで、買い手と売り手の条件を「板」とよばれる表にまとめています。


売気配数

気配値

買気配数

13

57万円

 

30

56万円

 

5

55万円

 

 

54万円

8

 

53万円

10

 

52万円

13

気配値・・・1単位あたりの価格(上の表では1BTCあたりの価格)

売気配数・・・売り注文がでている総量

買気配数・・・買い注文がでている総量


上の表では買いたい人の最高値は54万円、売りたい人の最安値は55万円です。
このとき、「55万円の買い注文」「54万円の売り注文」をだせば取引が成立することになります。


指値注文さしねちゅうもん」と「逆指値注文ぎゃくさしねちゅうもん」と「成行注文なりゆきちゅうもん

板をつかった取引のことを「板取引」といいますが、板取引には3種類の注文方法があります。


注文方法その➀ 「指値注文」

指値注文とは、価格と数量を指定する注文方法です。

指値注文をするとその注文内容が板に反映され、条件が合う人が現れると自動的に取引をします。

指値注文

 

「指定した価格より安くなったら買う」

「指定した価格より高くなったら売る」

 


例1 指値1BTC50万円で10BTCの買い注文

この場合、1BTC=50万円より安くなったら10BTCまで自動で買います。

指値の買い注文""


例2 指値1BTC55万円で5BTCの売り注文

この場合、1BTC=55万円より高くなったら5BTCを自動で売ります。

指値の売り注文""


仮想通貨の相場をつねにみておくのは大変です。

かといって、あまり相場をみないでいると取引のチャンスを逃してしまうこともあります。

指値注文をしておくことで相場をみていなくても「安いときに買う!」「高いときに売る!」ということができるのです。

ただし、注意点もあります!

予想に反して価格が上昇し続けたり、反対に下降し続けたりすることで取引がされず、結果的に損してしまうこともあるので気をつけてください。


指値注文のの注意点""


ちなみに、同じ条件の注文が複数入っていた場合は、先に注文した人から取引が成立していきますよ!


注文方法その② 「逆指値注文」

逆指値注文とは、指値注文とおなじく価格と数量を指定する注文方法です。

ただし、買いと売りが指値注文とは逆になります。

逆指値注文

 

「指定した価格より高くなったら買う」

「指定した価格より安くなったら売る」

 


例3 逆指値1BTC50万円で10BTCの買い注文

この場合、1BTC=50万円より高くなったら10BTCを自動で買います。

逆指値の買い注文""


例4 指値1BTC55万円で5BTCの売り注文

この場合、1BTC=55万円より安くなったら5BTCを自動で売ります。

逆指値の売り注文""


逆指値の買い注文をしておくことで「今後まだまだ伸びそう!」というときに価格が上がりきる前に買うことができます

逆指値の売り注文であれば、「これ以上の損失はだしたくない!」というときに使うことで、損切りができます。

損切りとは、ここで売ったら損をするけどこれ以上大きな損をしないために売ってしまうことです。

投資では「いかに損を小さくするか」も大事になりますので、損切りはつねに意識しましょう。

ただし、逆指値注文ができない取引所もありますので注意してください!

上級者の投資家ほど上手に損切りをしていますね!


注文方法その③ 「成行注文」

成行注文とは、数量のみを指定する注文方法です。

価格は指定しないので、成行注文をするとすぐに取引が成立します。

成行注文

 

「今でている最も安い売り注文から買う」

「今でている最も高い買い注文に売る」

 


例5 成行で15BTCの買い注文

この場合、そのとき出ている最も安い価格の売り注文から15BTCまで自動で買います。

下の表でいうと「55万円で5BTC、56万円で10BTC買います」

売気配数

気配値

13

57万円

30

56万円

5

55万円

※売り板部分


例6 成行で20BTCの売り注文

この場合、そのときでている最も高い価格の買い注文から20BTCまで自動で売ります。

下の表でいうと「54万円で8BTC、53万円で10BTC、52万円で2BTC売ります」

気配値

買気配値

54万円

8

53万円

10

52万円

13

※買い板部分


成行注文は、指値注文や逆指値注文よりも優先的に成立することになっています。

たとえば、上の買い板でみてみると「指値54万で5BTCの売り注文「成行で5BTCの売り注文」が同時に入った場合、成行注文の方が先に成立します。

そのため、どうしてもすぐに取引がしたいときは指値注文ではなく、成行注文をするとよいかもしれません。

ただし、自分よりも少し早く大量の成行注文が入ってしまった場合、予想外の価格で取引成立してしまうことも十分ありますので、気を付けてください!


板の情報は参考程度に!

仮想通貨投資では板をみて今後の価格がどうなるのかをある程度予想しています。

たとえばこんな板があったとしましょう。


売気配数

気配値

買気配数

65

57万円

 

50

56万円

 

45

55万円

 

 

54万円

10

 

53万円

15

 

52万円

30


売りたい人にくらべて買いたい人が少ないですね。

少し待っていれば相場が下がるかもしれません。
それなら、買いたい人は少し待ったほうがよさそうです!

このように、売りたい人がたくさんいるときは「売り板が厚い!」といったりします。

反対に買いたい人が多いときは、「買い板が厚い」ということになりますね。

売り板が厚いときは「価格は下がるかも?」という予想ができますが、これだけで取引をきめてしまうのは危険かもしれません!

なぜ危険なのかというと、「見せ板」があるからです。

取引する気がない注文「見せ板」に気をつけよう!

見せ板とは、最初から取引する気がなく、板を厚くみせることで価格を操作しようとする注文のことです。

見せ板は大口の投資家(投資額が大きい投資家)たちによっておこなわれ、ある程度時間がたつと注文がキャンセルされることがあります。

たとえば、上の表の売り注文が見せ板によるものだったとしたら、このあと価格はどうなるでしょうか?

売り注文がキャンセルされて、こんな感じの板になりました。

売気配数

気配値

買気配数

2

57万円

 

5

56万円

 

15

55万円

 

 

54万円

10

 

53万円

15

 

52万円

30

こうなると、一気に買い板のほうが厚い状態になり価格は上昇しそうです。

最初の板のときに「このあと価格が下がりそうだから売ってしまおう!」と判断していたら損することになりますね。

なるほど・・・板は注意深くみないといけませんね!


板を利用した投資方法「アービトラージ(裁定取引さいていとりひき)」とは?

アービトラージ(裁定取引)とは、仮想通貨を価格の安い取引所で買って価格の高い取引所に売ることで利益をだす投資方法です。

取引所の板は、その取引所を利用しているユーザーによってつくられるので、当然、取引所ごとに板の内容はちがいます。

つまり、仮想通貨の価格も取引所ごとにちがうということです。

以下のような2つの取引所があったとしましょう!


取引所A

売気配数

気配値

買気配数

30

57万円

 

50

56万円

 

15

55万円

 

 

54万円

10

 

53万円

40

 

52万円

50

取引所B

売気配数

気配値

買気配数

20

59万円

 

20

58万円

 

30

57万円

 

 

56万円

30

 

55万円

25

 

54万円

40


取引所Aでは55万円で売ってくれる人がいます。

そして、取引所Bには56万円で買ってくれる人がいますね。

そうなると、取引所Aで買って取引所Bで売ることで約1万円の利益が見込めます!

おお!すごい!

ただし、ここでも注意点があります!


アービトラージの4つの注意点!

注意点① 手数料

注意点② 送金時間

注意点③ プロの投資家の存在

注意点④ 利益は小さく損失は大きい


注意点➀ 手数料

仮想通貨の取引や送金には基本的に手数料がかかります。

買値と売値にわずかな差しかない場合、手数料額によっては損をしてしまうこともあるのです。

アービトラージを行う場合は、手数料額をしっかりと考慮しておきましょう!


注意点② 送金時間

仮想通貨の送金は数秒~数分でおわることもありますが、数時間かかることもめずらしくありません。

数時間あれば取引所の相場も大きく変わることがあります。

「今の相場ならアービトラージで利益がだせる!」と思っても送金が終わるころには損をしてしまう価格になっていることもあります。

比較的スムーズに送金ができる仮想通貨を選んだり、今後の価格変動をある程度予想してからおこなうようにしましょう!

最悪の場合は売らずに長期保有に切り替えるなどの考えも必要です。


注意点③ プロの投資家の存在

アービトラージは「安いところで買って高いところで売る」ことなので、やればやるほど各取引所間の価格差はなくなっていきます。

そのため、取引スピードがとても重要です。

プロとよばれる一部の投資家たちは、自動売買を使ってアービトラージをやっています。

自動売買とは、取引をする条件をあらかじめ設定しておくことで、コンピュータが自動的に取引をおこなっていくことです。

「板をみてアービトラージができると判断し、手作業で取引の操作をしている人」と「コンピュータによる自動売買」とでは取引のスピードがまったくちがいます。

つまり、自動売買をやっている人たちがいるなかで、手作業の操作でアービトラージをやっていくのはむずかしいかもしれないということです。


注意点④ 利益は小さく損失は大きい

取引所間の価格差はそれほど大きくはありません。

とくに最近はアービトラージが知られるようになり、より価格差が生まれにくくなっています。

価格差が小さいということは、利益も少ないということです。

でも、送金時間や急な価格変動によってアービトラージが失敗すると大きな損失をだしてしまいます。

もちろん、大きな金額でアービトラージをおこなえばそのぶん大きな利益も見込めますが、そうすると失敗したときの損失はさらに大きくなります。

気になる方は、まずは少ない金額でやってみたり、実際にはお金を使わずに板の動きをみながらシミュレーションをしてみるとよいかもしれません。


板取引ができる国内取引所4選

国内の仮想通貨交換業者の中で板取引ができる取引所を4つご紹介しましょう。

仮想通貨交換業者とは?

 

仮想通貨交換業者とは、金融庁から許可を受けている取引所のことです。

日本では資金決済法という法律により、金融庁から許可を受けないと取引所の営業ができないことになっています。

この法律ができる前から営業している取引所は「みなし業者」と呼ばれ、一定期間は営業を続けていいことになっています。

つまり、「仮想通貨交換業者」「みなし業者」「無許可の業者」の3種類がいるので、取引所を選ぶときは、安全な仮想通貨交換業者にしましょう。

 


板取引ができる取引所その➀ 「Bit Trade(ビットトレード)」

取扱仮想通貨は6種類

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・XRP(リップル)

・LTC(ライトコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

・MONA(モナ)

 

ビットトレードには販売所がなく、取扱仮想通貨のすべてで板取引ができます。

取引ツール(サイト)が使いやすいと好評ですが、取引量はほかの取引所とくらべると多い方ではありません。

金融庁からの行政処分を受けたことがない取引所なので安心感があります。

行政処分とは?

 

行政処分とは、金融庁から受ける業務停止や業務改善などの命令のことです。

金融庁は、定期的に取引所に立入検査をして問題がないかチェックをしています。

行政処分されていないということは、資産管理や経営体制などがしっかりしているといえるかもしれません。

今までに仮想通貨交換業者の中でも複数の取引所が行政処分を受けています。

 


板取引ができる取引所その② 「BIT Point(ビットポイント)」

取扱仮想通貨は5種類

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・XRP(リップル)

・LTC(ライトコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

 

ビットポイントには販売所がなく、取扱仮想通貨のすべてで板取引ができます。

ほかの取引所との最大の違いは、国内取引所で唯一「MT4(メタトレーダー4)」が使えることです。

MT4とはチャートの分析ツールで、投資の上級者から絶大な人気をあつめています。

MT4があるという理由でビットポイントを選ぶ人も多いようです。

2018年6月22日に仮想通貨交換業者のうち6社に業務改善命令がだされましたが、ビットポイントもその中の1社になっています。


板取引ができる取引所その③ 「Bit bank.cc(ビットバンク)」

取扱仮想通貨は6種類

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・XRP(リップル)

・LTC(ライトコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

・MONA(モナ)

 

ビットバンクには販売所はなく、取扱仮想通貨のすべてで板取引ができます。

定期的にお得なキャンペーンを実施して、ユーザーへの還元が多いことで好評です。

現在も取引手数料無料キャンペーンを実施しています(2018年9月末まで)

XRPの取引量は世界一になったことがあるほど多いですが、それ以外の仮想通貨の取引量はそれほど多くはありません。

また、ビットバンクも2018年6月22日に業務改善命令がだされています。


板取引ができる取引所その④ 「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」

取扱仮想通貨は8種類

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・XRP(リップル)

・LTC(ライトコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

・ETC(イーサリアムクラシック)

・QASH(キャッシュ)

・XEM(ゼム)

 

コインエクスチェンジには販売所はなく、取扱仮想通貨のすべてで板取引ができます。

取扱数が多く、「デモ取引」という取引の練習ができる機能があるので、板取引初心者におすすめです。

取引量が多いため取引相手も見つかりやすいですが、取引ツール(アプリ)の使いやすさの評判はあまりよくないようです。

また、コインエクスチェンジも2018年6月22日に業務改善命令がだされています。

ビットコイン


まとめ

■「板取引」ができるのは「販売所」ではなく「取引所」

■買いたい人と売りたい人の要望をまとめたのが「板」

■板取引には「指値注文」と「逆指値注文」と「成行注文」がある

■板の情報は参考程度に考える(見せ板に注意!

■取引所間の価格差を利用した投資方法を「アービトラージ」という

■板取引にオススメの取引所は4

「Bit Trade(ビットトレード)」 「BIT Point(ビットポイント)」

「Bit bank.cc(ビットバンク)」 「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」 


仮想通貨投資って安いときに買って高いときに売るだけかと思ってたけど、板取引はけっこう奥が深いなぁ~。

板の情報から「今後の相場をどう予想するか」「どういう注文方法をするか」が大事ですね!

むずかしそうだけど、がんばりますっ!

その意気です!
最初はデモ取引で練習したり、板をじーっと眺めてどんな動き方をするのか見るのもいいですよ♪
慣れてくればきっとうまくいくのではないでしょうか!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識