初心者でもサクサク取引できる!取引所Bittrexの使い方とは?


「Bittrex」なら250種類以上の仮想通貨が買える!

「Bittrexって、どんな感じ?」

「海外の取引所を使いたいんだけど、どうしたらいい?」

「海外の取引所を使うときの注意点とかある?」

 

みなさんは、「Bittrex(ビットレックス)」という海外取引所をご存じですか?

Bittrexは、アメリカに本拠地を置く、仮想通貨取引所です。

 

海外の取引所と聞くと、言葉の問題などから、しりごみしてしまうかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし、Bittrexを活用できれば、仮想通貨投資がうまくいく可能性も上がります

Bittrexについてこの記事で学んで、仮想通貨投資のレベルをアップさせましょう。

 

みなさん、こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
この記事では、まず海外の取引所全般のメリットデメリットを知っていただいて、そのあとBittrexについて詳しくご紹介させていただきます!

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
クリプト先生、今日もよろしくお願いします!

 

ビットトレード

 

目次

海外取引所を利用するメリットとデメリット

海外取引所を利用するメリットとデメリット

海外取引所の4つのメリット

海外取引所のメリット① 「手数料が安い!」

国内取引所の取引手数料は、0.2%~0.3%程度が一般的ですが、海外取引所では0.05%~0.2%程度と、海外の方が国内よりも手数料が安いです。

さらに、国内取引所では、手数料無料と書かれているところであっても、実際には仮想通貨の価格のなかに手数料が含まれていることもあります。

 

また、仮想通貨は取引所によって価格が違いますが、海外取引所の方が国内取引所より仮想通貨の価格が安いケースがあります。

手数料が安く、仮想通貨自体の価格も安いので、海外取引所で取引する方が、仮想通貨を安く手に入れやすいのです。
 

海外取引所のメリット② 「ユーザー数が多い!」

海外取引所の方が、国内取引所よりもユーザー数が多い傾向にあります。

仮想通貨は売り手と買い手の条件(価格と数量)が一致すると取引が成立するため、ユーザー数が増えるほど取引は成立しやすくなるのです。

 

また、ユーザー数が多いことは、手数料を安くできる理由の1つでもあります。

 

海外取引所のメリット③ 「取り扱い仮想通貨の種類が多い!」

国内取引所の取り扱い仮想通貨は、5~10種類程度が多いですが、海外取引所では100種類以上扱っているところも珍しくありません。

取扱数が多いと、その分利益を上げるチャンスが増えますし、リスクを分散させる選択肢も増えます。

国内取引所では扱っていない仮想通貨もたくさんありますので、草コイン(取引量が少なく、まだ無名な仮想通貨)を発掘する楽しみもあるでしょう。

 

海外取引所のメリット④ 「規制が厳しくない!」

国内取引所での口座開設には本人確認が必要ですが、海外取引所ではメールアドレスとパスワードの設定だけで取引ができるところも多いです。

 

また、日本で仮想通貨の種類が限られているのは、金融庁が認めた取引所しか仮想通貨の取引ができないからです。

海外取引所で取り扱っている仮想通貨の種類が多いのは、規制が厳しくないことが理由の1つだといえるでしょう。

 

海外取引所の3つのデメリット

海外取引所のデメリット① 「表記が全て英語!」

海外取引所のほとんどは、表記を英語でおこなっています。

日本語対応している取引所もありますが、まだ数が少なく、日本語対応していても自動翻訳機で訳したような不自然な言葉になっていることも多いです。

言葉がわからないと、ミスやトラブルが起きやすくなるので注意が必要です。

 

海外取引所のデメリット② 「日本円で取引できない!」

海外取引所では日本円で取引ができず、現地の通貨か仮想通貨で取引しなければいけません。

現地の通貨を持っていない場合は、国内取引所で購入した仮想通貨を、海外取引所に送金する必要があります。

 

海外取引所のデメリット③ 「無価値なコインや詐欺コインが混ざっている!」

国内取引所で扱っている仮想通貨は、金融庁に認められているので、ある程度の信頼性や将来性があるといえます。

一方、海外取引所では、ほとんど価値がないような仮想通貨や、詐欺目的の仮想通貨も扱っています。

今後人気が出るかもしれない草コインを見つける楽しみはありますが、まったく価値が出ずに消える仮想通貨もあることは覚えておきましょう。

 

取り扱う仮想通貨の種類とユーザー数の多さが、国内取引所とのとくに大きな違いといえそうですね!

 

世界最大級の取引所Bittrexとは

Bittrexはアメリカの仮想通貨取引所

 

Bittrex(ビットレックス)は、アメリカに本拠地を置く海外の仮想通貨取引所です。

運営はBittrex.LLCがおこなっています。

Bittrexは、2017年10月現在、250種類以上の通貨を取り扱っています。

 

海外の取引所はトラブルへのサポートが不十分なところも多いとされていますが、Bittrexに関しては対応が早いことでも評判です。

ただし、日本語や日本円には対応していません。

Bittrexの利用を開始する前に、この記事で使い方などについてきちんと学んでおきましょう。

 

Bittrexの手数料

Bittrexでは、仮想通貨を取引するときと、送金するときに、それぞれ手数料がかかります。

ただし、入金時に手数料はかかりません。

 

・取引手数料
すべての取引が一律0.25%

 

・送金手数料
ビットコイン:0.001BTC
ビットコインキャッシュ:0.001BCH
ライトコイン:0.01LTC
イーサリアム:0.002ETH
イーサリアムクラッシック:0.01ETC
リップル:5XRP

 

Bittrexの送金手数料は、送金したい通貨の種類によって異なります。

通貨ごとの送金手数料は、トップページ右上のwalletタブから確認できます。

 

Bittrexの取引手数料は一律0.25%で、スプレッド(=仮想通貨の価格のなかに含まれている手数料)もほとんどかかりません。

そのため、頻繁に取引をする人に向いています

 

Bittrexの取引手数料・送金手数料は、同じアメリカの取引所「Poloniex(ポロニエックス)」と比べると高いです。

しかし、国内の取引所と比べれば、安い傾向にあるといえるでしょう。

 

Bittrexのスマホアプリ

仮想通貨の取引をする人にとって、取引所のアプリがあるかどうかも大事なポイントですが、Bittrexには公式のアプリはありません。

しかし、ほかの企業が開発したアプリを使えば、Bittrexでの取引をスマートフォンでおこなうことができます。

 

他社のアプリを普通に使っても、Bittrexに直接ログインすることはできません。

ただ、API Keyを発行すれば取引ができるようになります。

API Keyとは、webサービスが持つ機能を共有することで、webサービスの機能を外部のサイトやアプリから利用できるようにするカギのことです。

 

Bittrexで取引をおこなうためのアプリは、iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playからインストールできます。

 


Bittrexの取引に使えるアプリ 【iPhone編】

Bittrexの取引ができるアプリはいくつかありますが、iPhoneユーザーにおすすめのものとして3つご紹介します。

 

【iPhone編】おすすめアプリ① 「Crypro-B」

以前はB-Trexという名前でしたが、リニューアルして名前も変更になりました。

B-Trexのときから有名なアプリでユーザーも多く、レビューでの評価も高くなっています。

安心して利用できるアプリのひとつだといえるでしょう。

 

ただし、日本語には対応していない点、少々動作が鈍い点がデメリットです。

 

【iPhone編】おすすめアプリ② 「Criptofolio」

Criptofolioは、日本語に対応していて、国内取引所にも対応しています。

しかし、アプリをバックグラウンドで起動したままでいると、大量のデータ容量消費してしまう点には注意が必要です。

 

【iPhone編】おすすめアプリ③ 「Coin Stats」

機能が多いのに、操作が簡単で使い勝手がよいため、評判が高いです。

ただし、日本語に対応していないので、その点には注意しましょう。

 


Bittrexの取引に使えるアプリ 【Android編】

次にAndroidユーザーにおすすめのBittrex用アプリを紹介します。

 

【Android編】おすすめアプリ① 「Trader For Bittrex」

Bittrex用のアプリの中では最も人気があります。

日本語には対応していないのでご注意ください。

 

【Android編】おすすめアプリ② 「My Bittrex Wallet」

Google Playのアプリランキングで上位にランクインしており、ユーザーからの評価も高いのが特徴です。

日本語には対応していません。

 

【Android編】おすすめアプリ③ 「ProfitTrading For Bittrex」

ご紹介した3つのアプリの中では最もレビューの件数が多く、評価も高いアプリです。

アップデートが頻繁におこなわれている点も安心して利用できるポイントです。

 


見ていただいたとおり、まだ日本語に対応しているアプリは非常に少ないです。

英語だと不安だというかたには、日本語対応しているiPhone用のCryptofolioをとくにおすすめします。

 

アプリ選びでは、チャートが見やすいかどうかも大事です。

パソコンでの取引が中心の人であればそれほど気にならないかもしれませんが、スマートフォンの画面では見やすいデザインかどうか、操作がしやすいかどうかはパソコン画面以上に重要な要素になってきます。

 

「操作性や動作は気に入っているけれど、チャートはいまいち」というケースであれば、チャートはデザインの見やすさに定評のあるアプリを活用するのもよいかもしれません。

 

取引をはじめてからアプリを気にする人は意外と多いです。
しかし、アプリの使い勝手は大事ですから、取引の前からそれぞれの特徴をきちんとチェックしておきましょう!

 

Bittrexの口座開設方法

Bittrexでの取引方法

 

Bittrexで取引をはじめるには、口座の開設が必要です。

口座開設の手順は以下のとおりです。

 

手順1 アカウント作成
手順2 2段階認証設定
手順3 アカウントのアップグレード
手順4 Bittrexに入金する
手順5 取引開始

 

手順1 アカウント作成

①Bittrex公式サイトにアクセスし、右上の「LOGIN」をクリック
②表示された画面のログインボタンの下の「Sign Up」をクリック
③メールアドレスとパスワードを入力
④人間であることの確認(画像を選ぶ)
⑤メールが届いたらURLを開く

 

手順2 2段階認証設定

2段階認証とは、取引所にログインするときにおこなわれるセキュリティ対策のことです。

具体的には、「2段階認証用のアプリにパスワードなどを入力」→「アプリから送られてきたパスコードを使って取引所にログイン」といったふうに、2段階の手続きをおこなうことで、ユーザー本人以外のログインを防ぐというものです。

 

2段階認証を設定しなくても取引をはじめることはできますが、セキュリティを高めるために設定しておくことをおすすめします。

さらに、一部の取引所では、クラッキング被害にあったとき、2段階認証をしているユーザーにのみ補償をおこなっている場合もあるようです

 

2段階認証には、おもにGoogleのアプリが使用されます。

 

Google Authenticator(iPhone向け)
Google 認証システム(Android向け)

 

また、Bittrexで2段階認証を設定する手順は次のとおりです。

 

①Bittrexにログインし右上の「Settings」をクリック
②「Two-Factor Authentication」を選択して、アプリでQRコードを読ませる
③スマホを紛失した時のために、Secret Keyは必ず控えておく
④出てきたコードを入力して、ボタンをクリックするとメールが届くので、リンクをクリックすれば設定完了

 

手順3 アカウントのアップグレード

Bittrexでただアカウントを作っただけでは、1日に0.025BTCまでしか出金できません。

出金可能金額を増やすために、本人確認をしてアップグレードしておきましょう。

 

Bittrexのアカウントのアップグレードは、以下の手順でおこないます。

 

①Bittrexにログインし、画面の「Settings」をクリック
②「Settings」画面の左側の「Enhaned Verification」をクリック
③名前、生年月日、住所を登録して、下にある「Submit」をクリック
④身分証明書の画像を撮影するか、元々ある写真をアップロードするか選ぶ
⑤「Confirm」をクリック

 

名前、生年月日、住所、電話番号を登録すると1日3BTC、身分証明書も登録すると1日100BTCまで出金が可能になります。

10分ほどでEnhanced Verificationの承認はおこなわれます。

 

手順4 Bittrexに入金する

Bittrexには日本円を入金することはできません。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入してから、その仮想通貨をBittrexに送金する必要があります。

 

Bittrexに仮想通貨を送金する手順は以下のとおりです。

 

①Bittrexにログインし、画面上にある「Wallets」をクリック
②Bittrexに送ることができる通貨の一覧が表示されるので、入金したいコインの脇にある「+」のボタンを押す
③入金の画面が表示されたら「New Address」をクリック
④Bittrexへの送金用アドレスが表示される
⑤国内取引所など手持ちのウォレットから、Bittrexへの送金用アドレスを入力して送金する

 

Bittrexでの取引方法

Bittrexでの取引方法

アカウントを作成して、2段階認証、アップグレード、入金までできたら早速取引をしてみましょう。

取引画面には、次の手順で進みます。

 

①画面の「B Markets」をクリック
②「Search」に取引する通貨の名前を入れて検索
③検索画面に出てきた通貨の名前をクリック
④取引画面へ

 

Bittrexの取引画面の見方

Bittrexの取引方法も、基本的にはほかの取引所と同じです。

画面の上部にチャート左下に購入ボタン右下に売却ボタン下部に売買板や自分の未約定注文などが表示される構成となっています。

 

取引をする場合、まずUnitの部分に売買したい数量Priceの部分に価格を入力します。

次に合計額を確認して、Buy(購入)、またはSell(売却)のボタンをクリックすれば、取引成立です。

また、Maxをクリックすると、手持ちの通貨で売買できる最大量が自動入力されます。

 

チャートの右上にあるStudiesというボタンを押すことで、さまざまな指標を追加することも可能です。

指標は一見難しそうですが、見方を知っておくと仮想通貨の取引をする上で役立ちます。

指標の見方や活用の方法については、株やFXの解説書などで勉強してみるとよいでしょう。

 

Bittrexのチャートの見方

ここで簡単にBittrexのチャートの意味を紹介します。

 

「30min」:ローソク足を表示する時間の単位を変更
「Select Tool」:チャート分析ツールを選択できる
「Chart」:表示するチャートの種類を変更できる
「Studies」:各種チャートの指標を追加できる
「Order Book」:その通貨の買い注文と売り注文の状況を確認できる

 

こうしたチャートを使いこなして売買できれば、堅実な取引ができるようになりますし、仮想通貨取引もよりおもしろくなるでしょう。

 

Bittrexでの買い方

Bittrexでの買い方の流れを見てみましょう。

購入の方法は簡単です。

 

①画面左下で「BUY 購入したい通貨名」の表示を見つける
②TRADINGの画面で「Units」に数量を入力
③Maxを押すと自分の手持ちの通貨の量で買える最大数が自動で入力される
④「Bid」に価格を入力
⑤Priceを押すと金額を自動入力できるオプション(Last、Bid、Ask)が表示される
⑥下の方の「BUY 通貨名」を押して購入

 

「Last」は最近の取引価格、「Bid」は買い板の最高値、「Ask」は売り板の最安値をそれぞれ意味しています。
 

Bittrexでの売り方

次にBittrexでの売り方の手順を見ていきましょう。

売り方は買い方とほぼ同じです。

 

①画面左下で「SELL 売却したい通貨名」の表示を見つける
②「Units」に数量を入力
③Maxを押すと、その時保持している通貨の売れる最大量が自動で入力される
④「Ask」に価格を入力
⑤Priceを押すと、金額を自動入力できるオプション(Last、Bid、Ask)が表示される
⑥下の方の「SELL 通貨名」を押して売却

 

条件指定取引

ここまでBittrexでの基本的な売買の手順を見てきましたが、仮想通貨の価格を指定して(指値や逆指値の条件を指定して)取引をすることも可能です。

指値、逆指値の取引の方法を見てみましょう。

 

①取引画面で購入/売却欄の赤字で「Limit」と書いてあるところをクリック
②「Conditional」がでたら、そこから条件指定が可能
③「Conditional」の下の「<=」というボタンを押すと、次の3パターンが表示される

 

 パターン1 「NONE:何もしない」
 パターン2 「Greater Than Or Equal To:この値段以上になったら取引」
 パターン3 「Less Than Or Equal To:この値段以下になったら取引」

 

  さらに「Good ‘Til Cancelled」をクリックすると下記の指定ができる

  ・「Good ‘Til Cancelled:約定しなくても注文はそのまま」
  ・「Immediate or Cancel:すぐ約定しなかった場合は自動的にキャンセル」

 

英語なので少しわかりにくいと感じるかもしれませんが、覚えてしまえば操作方法は国内の取引所と変わりません。

 

注文のキャンセル方法

注文が殺到しているなどの理由から、すぐに約定しない場合もあります。

そんな場合は、注文をキャンセルすることが可能です。

 

注文をキャンセルしたいときは、取引画面の下の方までスクロールすると「OPEN ORDERS」という項目が確認できます。

ここは未約定の注文が並んでいる場所です。

その中からキャンセルしたい注文を選んで「Cancel」を選べば注文を取り消すことができます。

 

Bittrexの送金方法

Bittrexの口座にある仮想通貨を日本円に変えたい場合は、仮想通貨を国内取引所に送金して、国内取引所で日本円と交換しなければいけません。

Bittrexから送金する方法は以下のとおりです(※送金は入金と同じ画面から操作をします)。

 

①Bittrexにログインし、画面上にある「Wallets」をクリック
②送金画面が開いたら「Address:送金先アドレス」「Quantity:送金量」(手数料=「Tx Fee」の分を含めて入力)を入力
③「Withdrawal」をクリックして送金完了

 

送金先アドレスを間違えると、別の人に送金することになってしまうため、最悪の場合には仮想通貨が返ってこないこともあります。

送金の際は、必ず送金先アドレスが正しいかを確かめてから、Withdrawalボタンを押すようにしてください。

 


最初は取引を難しいと感じるかもしれませんが、なにごとも「習うより慣れる」ことの方が重要です。
実際に取引や送金をしてみて、わからないことが出てきたらその都度調べるようにしていけば、きっとできるようになりますよ!

 

Bittrexのトラブル対処法

Bittrexのトラブル対処法

仮想通貨取引所の利用中によく起こるトラブルが、「ログインできない」「送金ミスをしてしまった」という2つのケースです。

このようなトラブルが起こったときにあわてることがないよう、事前に対処法を覚えておきましょう。

 

ログインができない場合

ログインしようとすると「NEW IP ADDRESS DETECTED」と表示されてそこから先に進むことができなくなることがあります。

これは「新しい端末でログインしようとしたとき」「いつもはアクセスしない場所からログインしようとしたとき」「前回のログインから一定期間経ったとき」に起こりやすいようです。

 

「Please check your email for instructions on allowing this IP address to access your account」という案内が表示されますので、そのままBittrexから送信される確認用のメールを待ちましょう。

しばらくすると、登録しているメールアドレスにメールが届きますので、メール本文の「CLICK HERE TO ENABLE THIS DEVICE」をクリックしてください。

もう一度アカウント名とパスワードの入力を求められるので、入力後にLOGINをクリックするとログインできるようになります。

 

送金ミスをしてしまった場合

アドレスの入力ミスなどで間違えて送金してしまった場合は、Bittrexのサポートに連絡して対応してもらいましょう。

Bittrexへの問い合わせ手順は、次のとおりです。

 

①Bittrexのサイトにログインし、メニュー欄の「HELP」を開く
②「Support」をクリック
③「my support ticket」でログインIDとパスワードを入力
④「SUBMITA REQUEST」をクリック
⑤「Please choose your issue below」の一覧の中から、該当するトラブルを選択(コイン入金に関するトラブルは「Help with Deposits」を選択)
⑥次の画面で連絡用メールアドレス、件名、内容を入力
⑦Bittrex登録メールアドレスを入力
⑧コインの種類を入力
⑨トラブルの種類を選択
⑩トランザクションIDを入力
⑪送金アドレス、タグ、メッセージを入力
⑫すべて入力し終えたら「SUBMIT」をクリックして送信

 

Bittrexでサポートを受けるには、事前に「サポートチケット」を作成しておく必要があります。

サポートチケットとは、運営側がユーザーの問い合わせに円滑に対応するために設けているしくみで、発行したサポートチケットを使うことでサポートを受けられるようになります。

サポートチケットの発行に、別途費用が発生することはありません。

 

送金トラブルで問い合わせをおこなう場合は、次の3点を必ず記載するようにしましょう。

 

・どの取引所から送金したか
・送金時間
・送金金額

 

特定の仮想通貨を送金する場合は、送金先のアドレスのほかに、メッセージやタグを入力しなければなりません。

タグやメッセージには個人を識別するための暗号の役割がありますが、これを入力しないとうまく送金ができないことがあります。

 

送金トラブルは、解決するまでに数日から数週間かかることもあるようです。

送金ミスをすると大変なので、はじめて送金をする場合は、事前によく調べてからおこなうようにしましょう。

 

送金ミスを防ぐために、最初は少額で何度か取引をして慣れておくといいでしょう。
もし送金ミスをしてしまっても、Bittrexでは対応してくれるようなので、落ち着いて対処してください。

 

その他のおすすめ海外取引所3選

その他のおすすめ海外取引所3選

おすすめ海外取引所① 「Binance」

Binance(バイナンス)は、香港に本拠地を置く仮想通貨取引所です。

Binanceには、次のような特徴があります。

 

・手数料が安い
・独自コインを発行している
・日本語対応している

 

Binanceの取引手数料は一律0.1%と、Bittrex(0.25%)よりも低水準です。

ビットコインの送金手数料についても、Bittrexと同額の0.001BTCです。

 

Binanceでは、独自の仮想通貨であるバイナンスコインを取り扱っています。

バイナンスコインを保有した状態で、手数料をバイナンスコインで支払うように設定しておくと、さらに取引手数料が安くなるというメリットがあります。

Binanceで取引をする場合は、手数料の支払いにはなるべくバイナンスコインを使うようにするとよいでしょう。

 

Binanceは、注文の処理速度が速いことも特徴です。

1秒間に140万の注文を処理することができるシステムを持っているので、注文処理が遅れる心配をすることなく仮想通貨の取引ができます。

 

さらに、Binanceはスマートフォン用のアプリもリリースされています。

アプリは「使い勝手がいい」と評判です。

スマートフォンで仮想通貨の取引をしたいと考えている人にとって、Binanceは有力な海外取引所のひとつでしょう。

 

おすすめ海外取引所② 「KuCoin」

KuCoin(クーコイン)も香港に本拠地を持ち、Binanceに続いて話題となっている仮想通貨取引所です。

KuCoinには2018年1月時点で76種類の通貨が取引されていますが、KuCoinだけでしか取引されていない仮想通貨も多数あります。

そうした通貨の時価総額が上昇していることからも、この取引所は注目されているのです。

 

KuCoinの特徴には、次のようなものがあります。

 

・独自コインのKCS(クーコインシェアーズ)を発行している
・手数料が安い
・さまざまなプレゼント企画をおこなっている
・アフィリエイトがある

 

KuCoinもBinance同様、独自のコインを発行しています。

独自コインのKCSで手数料を支払うと手数料が安くなるうえ、株のようにKCSの配当金がもらえるという特典があります。

 

手数料はビットコイン、アルトコインともに購入額の0.1%となっています。

日本の取引所では1%~2%程度が相場であることを考えると、非常に安いことがわかるでしょう。

 

また、KuCoinはマーケティング戦略が上手な取引所としても知られています。

SNSを活用したプロモーション企画やアフィリエイトがあり、KuCoinのユーザーが増える仕組みを構築しているのです。

 

おすすめ海外取引所③ 「BitMEX」

BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

海外取引所の中ではそれほどシェアは大きくないものの、最高100倍のレバレッジ取引ができる点で注目を集めています。

レバレッジ取引とは、取引所に預けたお金(証拠金)をもとに、証拠金の数倍の額の取引ができるようになる取引方法のことです。

 

【レバレッジ取引についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

少ない資金で大きな資産が得られる?レバレッジってどんな投資方法?

 

BitMEXの特徴は、次のとおりです。

 

・最高レバレッジ倍率100倍
・レバレッジ取引は追証(追加証拠金)なし
・日本語表示に対応

 

レバレッジ取引は手元にある資金よりも高額の取引をおこなうことで、大きな利益が出せる点が魅力ですが、同時に大きな損失を被るリスクもあります

通常のレバレッジ取引では、取引所に証拠金を納めることになっているため、含み損を抱える(買ったときよりも仮想通貨の価格が安くなる)と、追加の証拠金を求められることもあるからです。

なかには、借金をすることになってしまう人もいるといわれています。

 

しかし、BitMEXには、追加証拠金の仕組みがありません。

相場が大きく動いて損失が発生したときでも、証拠金がなくなった時点で強制的に決済されるようになっています。

借金の心配なくレバレッジ取引ができるという点で、BitMEXは大きなメリットのある取引所だといえるでしょう。

 

またBitMEXは、日本語に対応している数少ない海外取引所です。

外国語が苦手な人でも、言葉の面ではほとんど違和感なく操作ができるでしょう。

 

利用する取引所を、1つにしぼる必要はありません!
むしろ、複数の取引所を使い分けて、それぞれの長所を活かすのが、うまく仮想通貨投資をするコツです。

 

まとめ

  • 海外取引所を利用するおもなメリットには、「ユーザー数が多いこと」や「扱っている仮想通貨の種類が多いこと」などがある。
  • 海外取引所を利用するおもなデメリットには、「表記に英語が使われていること」や「日本円で取引ができないこと」などがある。
  • 「Bittrex」は、250種類以上の仮想通貨を扱う、世界最大手の取引所。
  • Bittrexを利用するなら、2段階認証の設定や、アカウントのアップグレードをした方がよい。
  • Bittrexは送金ミスなどのトラブルに対応しているが、サポートを受けるには事前にチケットを発行しておく必要がある。
  • Bittrex以外のおすすめの海外取引所は、「Binance」「KuCoin」「BitMEX」の3つ。

 

海外の取引所は、日本円が使えなかったり、日本語に対応していなかったりで、はじめのうちは利用に苦労するかもしれません

しかし、1度口座に入金してしまえば、日本円が使えないことはあまり気にならないでしょう。

また、何度か取引をして慣れてしまえば、日本語に対応していなくても問題なく取引できるようになると考えられます。

 

海外取引所には、扱う仮想通貨の種類の多さや、手数料の安さなどといった点でメリットがあります。

レベルの高い仮想通貨投資をしたいのなら、海外取引所を利用してみましょう。

 

最近は海外取引所に関する情報もたくさんありますから、もしわからないことがあっても調べれば解決できることが多いです。
なかでも、Bittrexは有名な取引所なので、とくに情報が多いです。
なので、最初に利用するなら、やはりBittrexがおすすめですね!

なるほど!
Bittrexで取引をはじめてから、ほかの取引所も使ってみるって感じがよさそうですね!

 

ビットトレード

 

合わせて読みたい
手数料ほぼ無料の取引所をご紹介!

手数料の安い取引所5選を発表!ムダのない仮想通貨投資をしよう!

日本生まれの仮想通貨で、ほかの仮想通貨にはない魅力がいっぱい

モナコインはこれからどうなる?これまでの値動きから見る将来性

「みんなのビットコイン」はどんな取引所?特徴やメリット・デメリットを解説!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識