仮想通貨ってどうやって始めるの?初心者向けに解説します!


「仮想通貨ってそもそもどんなものなの?」

「仮想通貨でお金が儲かるって本当?」

「仮想通貨ってどうやって始めたらいいの?」

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
仮想通貨は友達のすすめで最近始めたばかりで、はっきりいって初心者です。

そこで今日は、仮想通貨についてイチから勉強するために、仮想通貨のプロフェッショナル「クリプト先生」にお話をうかがいたいと思います。
私と一緒に先生のお話を聞いて、仮想通貨について勉強しましょう!

みなさん、こんにちは。
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。

先生、仮想通貨のことがあいかわらずよくわかりません。
初心者向けにイチから解説してくださ~い!

ずいぶん、お困りのようですね。
わかりました。それでは、仮想通貨の基本についてお教えしましょう!

GMOコイン

仮想通貨ってなに?

仮想通貨とは何か悩む人

仮想通貨というのは、実体がないインターネット上のお金のことです。
簡単にいえば、日本円のようにお札やコインがなく、データのみが存在するということです。

電子マネーもデータのお金ですよね?
仮想通貨と電子マネーは何か違うんですか?

はい、主に次のような違いがあります。

 

〇電子マネー

・法定通貨(日本円やドル)をカードなどに入金して、法定通貨として使用する。

電子マネーを法定通貨に戻す(換金する)ことは基本的にできない。

 

〇仮想通貨

・法定通貨を仮想通貨に換えて、仮想通貨そのものとして使用する

仮想通貨を法定通貨に戻すこともできる。

 

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨は、日本円を仮想通貨にするだけじゃなくて、仮想通貨を日本円にすることもできるんですね!

その通りです。
そして、この特徴を利用したのが「仮想通貨投資」です。

 

仮想通貨投資は「為替取引」と似ています。

たとえば、1ドルを100円で買ったとします。

そのあと、ドルの人気が高まり、1ドルが200円になりました。

このとき、以前買った1ドルを売ると、100円で買ったものが、200円で売れるので、100円の利益が出ることになります。

これが為替取引の簡単な仕組みです。

 

先ほど説明したように、 仮想通貨は円やドルのような法定通貨に換えることができます。

そのため、仮想通貨も為替取引と同じようなやりとりをすることで、利益を上げられるのです。

 

仮想通貨投資と為替投資

 

それで仮想通貨で儲けたって人が出てくるんですね!

 

仮想通貨は安全?

仮想通貨はインターネット上のお金なんですよね?
それじゃあ、せっかく投資で稼いでも、クラッキング されたりしてお金がなくなっちゃったりしそうですけど・・・

ご安心ください!
たとえば、BTC(ビットコイン)を始め、多くの仮想通貨では「ブロックチェーン」「マイニング」によって、悪意のある攻撃を防いでいるんです。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、「誰が誰にいくら渡したか」という取引内容を記録する台帳のことです。

この台帳は「分散型台帳」ともよばれ、名前のとおり特定の管理者は存在せず、世界中の人々が協力して管理を行っています

みんなで管理しているため、ブロックチェーンを改ざんする(内容を書き換える)ことはほぼ不可能です

 

【ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた

 

マイニングとは?

マイニングとは、ブロックチェーン(台帳)に取引内容を書き込む作業のことです。

この作業は、「ハッシュ値」と呼ばれるデータを使っておこないます。

ハッシュ値はコンピューターの計算によって見つけることができますが、ハッシュ値を見つけるのはとても大変です。

そのため、ブロックチェーンに不正な書き込みをするのがむずかしくなります

このように、マイニングとは仮想通貨の安全性を保つための重要な仕組みなのです。

 

【マイニングについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨のマイニングをやさしく説明!仕組みからマイニング方法まで!

 

仮想通貨投資のメリット

 

仮想通貨で得した人

株とか不動産とか、投資っていろいろありますよね?
そのなかで、仮想通貨を選ぶと良いことってなにがあるんですか?

もちろんです。
仮想通貨投資には、主に4つのメリットがあると考えられます。

 

仮想通貨投資の4つのメリット

 

大きな儲けが期待できる

出回るほど希少性も高くなる

国の状況に価値が左右されない

ボラティリティが高い(値動きが激しい)

 

仮想通貨投資のメリット①「大きな儲けが期待できる」

代表的な仮想通貨であるBTCは、2009年にはじめて配布されました。

初期はほとんど値段がつかないくらいでしたが、その後人気が出たことで価格も上昇していき、初期の約47万倍の価格を記録したこともあります。

つまり、初期のころに1,000円分のBTCを買っていれば、売却したときに約4億7,000万円を手に入れられたということです。

 

BTCほどではありませんが、価格が何十倍、何百倍も上昇した仮想通貨はほかにもたくさんあります

仮想通貨は投資対象としてはまだまだ新しいので、今後おなじように価格が大きく上昇する通貨がでてくる可能性は十分あります。

 

仮想通貨投資のメリット②「出回るほど希少性も高くなる」

仮想通貨の多くは、発行する枚数が決まっています。

そのため、仮想通貨が普及すれば普及するほど、その通貨を手に入れるのが難しくなり、通貨の価格が上がると考えられています。

「早いうちから仮想通貨を買っておけば、あとで普及したときにとても儲かる」といわれるのはこのためです。

 

また、通常の法定通貨の場合、通貨の大量発行によって、通貨の価格が下がってしまう、「インフレーション」が起こることがあります。

しかし、仮想通貨は発行枚数が決まっているので、インフレーションが起こらないといわれています。

 

仮想通貨投資のメリット③「国の状況に価値が左右されない」

仮想通貨はブロックチェーンを利用して、参加者全員で手分けして管理しています。

そのため、中心となって管理するような人や組織、国が存在していません

このように国の管理を受けていないので、仮想通貨の価値は、国の経済状況に左右されることがないのです

 

たとえば、国が通貨を発行しすぎて、通貨の価値が落ちるインフレーションが起きてしまったとします。

すると、昨日までお札1枚で買えたものが、今日はお札10枚必要になったりします。

一方、仮想通貨は国の管理を受けていないため、このようなインフレの影響を受けなくて済むのです。

 

つまり、国の発行する通貨に何かあっても、仮想通貨を持っていれば安心ということです。

実際、ベネズエラやアルゼンチンなど中南米の国では、国の発行する通貨が不安定なために、仮想通貨の実用化がかなり進んでいるようです。

 

仮想通貨投資のメリット④「ボラティリティが高い(値動きが激しい)」

「ボラティリティ」とは、価格の変動しやすさのことです。

つまり、「仮想通貨はボラティリティが高い」というのは、仮想通貨は値段の変化が激しいものが多いという意味です。

 

たとえば、流通量が多く安定しているといわれるBTCでも、一日で1,000円以上も価格が変動することは珍しくありません

そのため、うまく取引することができれば1日で大きな利益を得ることもできます。

 

GMOコイン

仮想通貨投資で注意すること

 

仮想通貨で損した人

 

仮想通貨取引のメリットはわかりました。
でも、きっとメリットだけじゃないんですよね?

そうですね。
仮想通貨取引にはリスクもあります。
仮想通貨投資を始める前に、その点についてもきちんと学んでおきましょう。

 

仮想通貨投資のリスク

 

クラッキングされるリスクがある

取引所が潰れることがある

詐欺通貨が出回っている

ボラティリティが高い(値動きが激しい)

 

仮想通貨投資のデメリット①クラッキングされるリスクがある

仮想通貨とは、ネット上にデータとして存在するお金のことです。

そのため、クラッキングによって仮想通貨が盗まれてしまうことがあります

 

先ほどご説明したように、ブロックチェーンを改ざんして仮想通貨を盗むことはとてもむずかしいです。

これまでに起きた流出事件のほとんどは、ブロックチェーンが改ざんされたのではなく、取引所のシステムがクラッキングされたものです。

 

たとえば、2014年3月に起きた「マウントゴックス事件」(約115億円の流出)や、2018年1月に起きた「コインチェック事件」(約580億円の流出)も取引所のクラッキングによって起こったものです。

取引所のクラッキングは、ユーザーとしては防ぎようがないですが、できるだけセキュリティに力を入れている取引所を選んだり、長期間取引所に預けっぱなしにしないようにして対策をしましょう!

 

仮想通貨投資のデメリット②取引所が潰れることがある

経営不振などが原因で運営が困難になり、取引所が潰れてしまうことがあります。

現在ユーザーの保有する仮想通貨を保証する法律はないため、取引所が潰れると預けていた仮想通貨がすべて消失してしまうことが考えられます

 

ただし、2017年4月に通称「仮想通貨法案」が施行され、取引所を運営するには、金融庁の許可を受けることが必要になりました

 

参考:仮想通貨交換業者一覧

 

金融庁が許可を与える条件は、今のところ「扱う仮想通貨が法律上の定義に該当すること」というものに留まっています。

しかし、今後仮想通貨の普及が進めば、取引所に関する法整備ももっと進むことが考えられます。

 

仮想通貨投資のデメリット③詐欺通貨が出回っている

仮想通貨は、作るだけなら個人でも簡単に作ることができます

そのため、仮想通貨のなかには、お金をだまし取ることを目的にした詐欺通貨が混じっていることがあります

たとえば、普及させる気がないのに新しい仮想通貨を作り、「まだできたばかりの仮想通貨だから、今買っておくとあとで儲かりますよ」などといって売りつけるというのは、詐欺通貨の典型的な手口です。

 

【仮想通貨の詐欺についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨で被害に遭わないために!知っておくべき詐欺的行為と対処法

 

仮想通貨投資のデメリット④ボラティリティが高い(値動きが激しい)

メリットの項目で説明しましたが、仮想通貨は価格の変化が激しいので、うまく取引すれば、大きな利益を上げることができます。

しかし、このボラティリティの高さが、ときにデメリットになってしまうこともあります。

 

たとえば、BTCに次いで二番目に人気だといわれるETH(イーサリアム)は、2016年から2017年の間に、価格が半分ほどにまで下がったことがあります。

この期間に取引を行っていた方の中には、高値で買ったETHを安く売って、大きな損失を出してしまった人もいたことでしょう。

 

このように、仮想通貨はまだ新しい投資先のため、市場が不安定なものも多いです。

ですから、価格が大きく上がるものもあれば、大きく下がってしまうものもあるのです。

 

仮想通貨を買おう!

仮想通貨の買い方

 

仮想通貨投資のデメリットはわかりました。
でも、メリットも大きいみたいなので、やっぱり頑張って始めてみたいです!

わかりました。
それではまず仮想通貨を手に入れましょう。
仮想通貨を手に入れる方法はいろいろ考えられますが、「購入」が最も一般的です

購入はそのまま買うって意味でいいんですよね?
でも、仮想通貨はどうやって買ったらいいんでしょうか?

仮想通貨を買う方法は、主に3つのステップに分けられます。

 

①取引所に登録する

②入金する

③仮想通貨を購入する

 

①取引所に登録する

仮想通貨は、インターネット上に存在するお金です。

そのため、仮想通貨を購入するには、インターネット上の仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)にアカウントを登録する必要があります

 

仮想通貨取引所でアカウントを作るときのおおまかな流れは、以下のようなものです。

 

1.メールアドレスを使って仮登録を行う

2.名前や住所などの個人情報を入力し、本人確認書類を提出する

3.審査結果の合格通知が届いたら、書類の指示に従って登録を完了させる

 

※本人確認書類は、「運転免許証」、「住民票の写し」、「マイナンバーカード」などのうちから一つです。ただ取引所によって変わってくることもあるので、規約をきちんとチェックしてください。

 

なお、仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)は、おおまかに「販売所」「取引所(交換所)」の2つに分けられます。

簡単に説明しますと、販売所は業者とユーザーでやりとりを行い、取引所はユーザー同士でやりとりを行っています

 

○販売所

・業者とユーザーの間で売買を行う

・業者の決めた価格で売買を行う

価格が決まっているので売買に時間がかからない

業者とのやりとりなので手数料が高い

 

○取引所(交換所)

・ユーザー同士で売買を行う

・オークションのように、ユーザーの間で自由に価格を決める

ユーザーの間で価格を決めるので、売買に時間がかかることがある

ユーザー同士のやりとりなので手数料が安い

 

※「取引所」といった場合、取引所(交換所)のみを指すケースと、販売所も含めた業者全体を指すケースがあります。

※1つの仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)の中で、販売所と取引所(交換所)に分かれていることがあります。

 

このように、取引所の方が手数料は安いので、仮想通貨投資をするなら、取引所に登録することをオススメします

ただし、販売所には売買に時間がかからないというメリットがあります。

自分のペースで取引ができるので、売買に慣れるまでは販売所を使うのもいいかもしれません

 

登録する取引所は、主に以下の3つの基準で選ぶことをオススメします。

 

・金融庁に登録された信頼できる業者であること

・扱っている仮想通貨の銘柄が多いこと

・手数料が安いこと

 

ただ仮想通貨取引所は、国内だけでも10社以上存在しています。そのため、初心者のかたがいきなり1つの取引所を選ぶのは、なかなかむずかしいのではないかと思います。

そこで、上記の条件を満たしていると考えられる取引所を、具体的に5つにしぼり込んでみました。

 

・GMOコイン

GMOコイン

・DMM bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin

・Zaif(ザイフ)

・bitbank(ビットバンク)

・QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

取引所はほかにもたくさんあります。
また、選ぶ基準も僕が挙げたものがすべてではありません。
ぜひ自分にあった取引所を探してみてください。

 

【仮想通貨取引所についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨取引所を徹底比較!リスク回避に役立てよう

 

②入金する

仮想通貨を購入するために、取引所に法定通貨(日本円など)を入金します。

入金の具体的な方法は、取引所によって変わってきますが、多くの取引所は銀行振り込みに対応しています。

他にも、クレジットカードで振り込んだり、コンビニで振り込んだりできる場合もあります

 

なお、取引所によっては、アカウントを登録する際にユーザーIDが振り分けられることがあります。その場合、振込名義人の前に、ユーザーIDを入力する必要があるのでご注意ください

 

入金する具体的な金額ですが、投資といっても何万、何十万 というまとまったお金を用意する必要はありません。

なぜなら、仮想通貨投資は、少ない資金で始めることができるからです。

 

たとえば、BTCは0.0001BTCから購入できます。

つまり、1BTCが100万円のときでも、1,000円あればBTCを購入することが可能です

 

仮想通貨を1,000円で買った場合、たとえその銘柄があとで半額になってしまったとしても、損失は500円で済みます。

ですから、まずは仮想通貨投資に慣れるつもりで、少額だけ入金することをオススメします。

 

③仮想通貨を購入する

口座への入金が済んだら、実際に仮想通貨を購入します。取引所の説明に従って、仮想通貨を買ってください。

 

銘柄を選ぶときの基準として、よく挙げられるのは「取引量が多いかどうか」です。

取引量が多いということは、それだけ人気がある銘柄ということです。そのため、今後価格の上昇が期待できます

 

とくに以下の5つの仮想通貨は、将来的に価格が上昇していくだろうと多くの人が予想しています。

 

オススメの仮想通貨銘柄5選

 

・BTC(ビットコイン)

・BCT(ビットコインキャッシュ)

・ETH(イーサリアム)

・XRP(リップル)

・NEM/XEM(ネム)

 

 

仮想通貨の銘柄は、全世界のものを合わせると2,000種類以上、国内の取引所で扱われているものだけでも10種類以上あります。
多くの仮想通貨は、1,000円以下の少額から購入できますから、ためしにいろいろ買ってみるのもいいと思います。

 

【オススメの銘柄についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

将来性の高い仮想通貨は?銘柄選びのポイントとランキング!

 

仮想通貨を守ろう!

仮想通貨を買ったら、次はやっぱり売るんですか?

いいえ、その前にまず仮想通貨のセキュリティ対策を行いましょう

具体的にはどんな方法があるんですか?

一般的なセキュリティ対策は、以下の2つが挙げられます。

 

①二段階認証

②ウォレット

 

仮想通貨のセキュリティ対策①二段階認証

「二段階認証」は、取引所にログインする際に取られるセキュリティ対策です。

名前の通り、ログインしようとしているのが登録者本人なのかどうかを、二段階の手続きを行うことでチェックします

こうして二段階で本人認証を行うことによって、第三者が不正にログインするのを防ぎ、仮想通貨や入金したお金が盗まれる危険性を減らします

 

二段階認証によるログインは、基本的に以下のような流れです。

ユーザーIDとパスワードを入力する

メールなどによって、短期間だけ入力を受けつけるパスコードが送られてくる

パスコードを入力してログインする

 

二段階認証には、「Google Authenticator」と呼ばれるアプリを利用するのが一般的です。

多くの取引所ではユーザーに二段階認証をすすめており、Google Authenticatorが利用できる仕様になっています。

 

仮想通貨のセキュリティ対策②ウォレット

「ウォレット」とは「財布」という意味です。

取引所にある仮想通貨を自分の財布に移して、自分で管理するようなイメージです。

 

仮想通貨投資のデメリットとして、「取引所がクラッキングされるリスクがある」「取引所が潰れることがある」という2点を挙げました。

ウォレットを使って、仮想通貨を自分で管理しておけば、そのような取引所にまつわるデメリットを回避することができます。

 

ウォレットはおおまかにいって、オンラインで仮想通貨を保管する「ホットウォレット」と、オフラインで仮想通貨を保管する「コールドウォレット」の2種類があります。

コールドウォレットの方が、普段インターネットに接続されていない分、クラッキングに遭いにくく、安全性は高いといえます。

ただ、ホットウォレットにも、インターネットに接続されている分、取引のときの手間が少なくて済むというメリットがあります。

 

【ウォレットについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨は自分で守る!仮想通貨ウォレットの種類と長所・短所を解説

 

仮想通貨を売ろう!

仮想通貨の価格の上下

 

仮想通貨の買い方、守り方を学んだら、次は売り方を覚えましょう。
カナさん、たとえば1BTC=100円のときにBTCを買っておいて、1BTC=200円のときに売ったらどうなります?

100円で買ったものを200円で売ったので、100円の儲けです。

正解です。
今の例のように、仮想通貨投資で利益を上げる方法は、簡単にいえば仮想通貨を安いときに買って、高いときに売ることです
ただ、仮想通貨投資で利益を上げようと思うなら、売買の方法にいくつかのスタイルがあるということも知っておきましょう。

 

①長期保有

②短期トレード

③積み立て

 

仮想通貨投資の主なスタイル①長期保有

仮想通貨投資のスタイルの1つに、「長期保有」があります。

長期保有とは、名前の通り、年単位の長期にわたって、仮想通貨を売らずに持っておくことです。

 

仮想通貨は新しい投資先のため、長期的に見ると価格が何十倍にもなるということが珍しくありません

そのため、買った仮想通貨を売らずに持っておくだけで、数年後に大きな利益を上げられる可能性があります

 

また、長期保有は、何度も売買を繰り返す必要がないため、非常に簡単で手間もかかりません

長期保有は、初心者のかたや、日ごろ忙しいかたにオススメの方法だといえるでしょう。

 

仮想通貨投資の主なスタイル②短期トレード

年単位で取引をする長期保有とは逆に、一日単位や数時間単位など短期間で売買を行うスタイルを「短期トレード」といいます。

 

仮想通貨投資のメリットの1つに、「ボラティリティが高い」ことが挙げられます。

ボラティリティが高いというのは、仮想通貨は価格が大きく上がったり、大きく下がったりと値動きが激しいということです。

そのため、仮想通貨は短期間で取引しても利益が出やすいという特徴があります。

 

ただ、値動きが激しいということは、大きく得をするだけでなく、大きく損をする可能性もあるということです。

短期トレードは、ハイリスクハイリターンなスタイルですので、その点には注意しておきましょう。

 

仮想通貨投資の主なスタイル③積み立て

仮想通貨投資の三つ目のスタイルは「積み立て」です。

これは2018年9月現在、Zaif(ザイフ)という取引所でのみ行われている投資のやり方です。

 

Zaifの仮想通貨積み立てサービス「Zaifコイン積立」は、以下のような流れで行われます。

 

1.どの仮想通貨に対して、月々いくらの金額を積み立てるかを決める

2.銀行口座から、積み立てる分の金額が引き落とされる

3.引き落とした金額を使って、取引所が自動で仮想通貨を買う

4.取引所が買った仮想通貨を、ユーザーが好きなタイミングで売る

 

Zaifコイン積立を利用すれば、ユーザーはローリスクで仮想通貨投資を行うことができます

Zaifコイン積立には「ドル・コスト平均法」という手法が使われているためです。

 

○ドル・コスト平均法

ドル・コスト平均法とは、毎月の積み立て金額に応じて、常に一定金額だけ買いつけをおこなう投資方法です。

つまり、仮想通貨の価格が下がれば買う量を増やして、価格が上がれば買う量を減らします

そのため、価格が高いときにたくさん買ったら、そのあと価格が下がったせいで大損を出してしまった・・・というリスクを避けることができます

 

手動でも同じことはできますが、もちろんその分だけ手間がかかります。

また、つい欲が出てしまい使うと決めた金額以上の仮想通貨を買ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、Zaifコイン積立を利用すれば、そういった問題を気にする必要はありません。

 

このように、積み立てには、ローリスクで手間が少なくて済むという特徴があります。

そのため、積み立ては長期保有と同じく、初心者や日ごろ忙しい人向けのスタイルだと言えるでしょう。

 

仮想通貨投資のための情報収集

仮想通貨投資をするなら、日ごろから仮想通貨についての情報をチェックする習慣をつけましょう

仮想通貨やそれを取り巻く環境は、急速な勢いで変化しています。

そのため、日頃から情報を集めておかないと、利益を上げるチャンスを逃してしまったり、大きく損をしてしまったりする可能性があります

 

仮想通貨投資をする上で役立つと考えられるおもなサイトが、以下の3つです。

 

仮想通貨投資に役立つサイト3選

 

・bitpress(ビットプレス)

・CoinPost(コインポスト)

・Bitcoin(ビットコイン)日本語情報サイト

 

また、ブログやツイッターなど、仮想通貨投資を行っているユーザーのSNSも、有効な情報源になることがあります。実際に投資を行っている人の生の声を聞くことができるからです。

ただし、個人が発信する情報には間違いも多いので注意してください。

 

まとめ

■仮想通貨は、インターネット上にデータとして存在するお金のこと

■仮想通貨は法定通貨(円やドル)に換えることができる

■その性質を利用して、仮想通貨を使った投資もできる

■仮想通貨投資にはメリットとデメリットがある

■仮想通貨を買うには取引所に登録する必要がある

■仮想通貨投資をするならセキュリティ対策をした方がよい

■初心者が仮想通貨投資をするなら、「長期保有」や「積み立て」がオススメ

 

先生のおかげで、仮想通貨投資のやり方がよくわかりました!

それはよかったです。
ただ、今回はあくまで仮想通貨投資の基本をお話しただけです。
仮想通貨についてよく調べたり、実際に自分で取引を行ったりすると、もっと深く理解できると思いますよ。

はい、がんばってみます!
先生、ありがとうございました。

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

危険というには早計!便利なホットウォレット

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識