仮想通貨が無料でもらえるAirDropって?どうしたらもらえるのか調べてみた!


Airdropに参加して仮想通貨を無料でもらおう

 

Airdrop(エアドロップ)とは、無料で仮想通貨を配るイベントです。

ただし、BTCやETHなどの有名な仮想通貨ではありません!

 

Airdropで配られるのは、開発されたばかりの新たな仮想通貨です。

新たな仮想通貨はまだ知名度も価値も低いですが、BTCのように将来大きく価格が上がる可能性もあります!

 

例え価値が上がらなくても、無料でもらえるわけなので損をすることはありません。

Airdropは誰も損しないイベントとして、現在注目されているのです。

 

今回はそんなAirdropの参加方法や注意点などを詳しくご紹介します!


はぁ・・・空から仮想通貨でも降ってこないかな~。

おや、カナさん知らないんですか?
仮想通貨は”空”から降ってくるんですよ!

先生なに言ってるんですか?
そんなわけないじゃないですか。

ふふふ・・・では今回も知って得する仮想通貨情報をお届けしましょう。


エアドロップってなに?

両手を挙げる女性""

Airdropとは、新しく作られた仮想通貨を無料で配ることです。

まさに「空から降ってくる」ように仮想通貨が手に入ることから、「Airdrop」と呼ばれています。

 

誰が配っているかというと、新たな仮想通貨を開発した企業や団体です。

企業は仮想通貨を使ったプロジェクトを計画しています。

 

そのプロジェクトのことを知ってもらったり、興味を持ってもらうために仮想通貨を配布するわけです。

無料でもらえるんなら、私はドンドン参加しますよ!


エアドロップはICOに代わる仮想通貨の普及方法

新たな仮想通貨を普及させる場合、以前はICOの方法をとっていました。

ICOとは新たな仮想通貨を「販売」することです。

 

「販売」するよりも「無料配布」のほうがユーザーを集めやすいので、エアドロップはICOに代わる新たな仮想通貨の普及方法といわれています。

エアドロップで配られる仮想通貨は、まだ知名度も実用性もありません。

 

そのため、価値は1円にも満たないこともあります。

でも、将来その企業のプロジェクトが成功すれば、大きく価値が上がることがあるのです。

ビットコインも最初は1BTC=0.07円でしたからね。
”将来の価値”を考えなければいけませんよ!

 

関連記事:仮想通貨のICOとは?難しい用語をなるべく省いて説明してみた


エアドロップの配布方法は2つ

ハイタッチする男性""

エアドロップは案件によって無料配布を受け取る方法が違い、おもに2つの方法があります。

また、配る仮想通貨の量には上限があるので、どの方法であっても基本的には先着順です。

 

準備が遅れて受け取れないことがないように、配布方法は覚えておかなきゃ!


配布方法① 特定の仮想通貨保有者に「保有量」に応じて配布

特定の仮想通貨を持っている人に対して、無料配布をおこなう方法です。

持っている仮想通貨の量が多いほど、多くの無料配布を受け取れます。

 

特定の仮想通貨としてよくあるのはETHです。

なぜETHかというと、配布される新しい仮想通貨がETHのブロックチェーンがハードフォークして誕生した仮想通貨だからです。

 

ハードフォークとはブロックチェーンが分岐することをいいます。

簡単にいうと「ETH=親」「新通貨=子」のような関係になっているのです。

 

親となる仮想通貨がBTCであれば、BTCを持っている人にエアドロップがおこなわれます

BCH(ビットコインキャッシュ)やXLM(ステラ)は、BTCがハードフォークして誕生した仮想通貨なので、BTC所有者に対して配られました。

 

この配布方法でエアドロップがあるときは、親となる仮想通貨を持っていなければいいけません。

 

関連記事:もはや常識?仮想通貨のハードフォークに詳しくなろう!

関連記事:【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた


配布方法② 「事前登録者に配布」

企業のサイトにアカウント登録したり、Twitterでリツイートした人に対して無料配布をおこなう方法です。

ほかにも、テレグラムやDiscordなどのSNSでコミュニティに参加したりと、エアドロップを実施する企業によって詳しいやり方は違います。

仮想通貨を所有していないけど無料配布を受けたい人は、こちらの方法をとっているエアドロップ案件に参加しましょう!


エアドロップにも詐欺がある!

頭を抱える男性""

エアドロップは無料配布ということで安心する人も多いですが、詐欺もありますので気をつけましょう。

エアドロップをする企業が詐欺である場合もありますが、エアドロップに便乗して詐欺をおこなう集団が現れることもあります。

 

どちらにしても、詐欺師たちの目的はウォレットの秘密鍵を知ることです。

秘密鍵さえわかれば、ウォレットに保管している仮想通貨を簡単に盗むことができます。

 

何があっても「秘密鍵は絶対に他人に教えてはいけない」ということを覚えておいてください!

 

関連記事:そもそも仮想通貨って何?仮想通貨の仕組みを超初心者目線で解説!


詐欺かどうか見分ける3つのポイント

「どうすれば詐欺とわかるのか」残念ながら明確な方法はありません。

ただし、できるだけ詐欺の可能性が低い案件を選ぶためのポイントはあります。

エアドロップに参加するときは以下の3つのポイントに注意してみましょう!

 

◆ポイント① 「フォロワー数」

エアドロップする企業は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを活用しています。

アカウントのフォロワー数が少ない場合は詐欺を疑ったほうがよいです。

目安としては5,000人以下だと少ないかもしれません。

 

◆ポイント② 「ロードマップがしっかりしているか」

ロードマップとはプロジェクトの計画表のことです。

今後どうやってプロジェクトを発展させていくのかが書かれています。

計画がしっかりしていれば信用できますよね!

 

◆ポイント③ 「秘密鍵・電話番号・寄付などを求めてくる」

エアドロップは以下の3つの情報(条件)があれば参加できる場合が多いです。

 

・ウォレットの受取アドレス

・メールアドレス

・SNSでのフォローやリツイート

 

氏名や住所、電話番号などが必要なところは詐欺の可能性があります。

ただし、これらが必要なところもありますので、参加する場合は公式サイトなどでしっかり確認しましょう。

 

秘密鍵を教えるようにうながしてきたら詐欺の可能性が非常に高いです!

仮に詐欺ではなかったとしても、多くのユーザーが疑います。

ユーザーから疑われるようなプロジェクトは、今後の成長も期待できそうにありませんので、関わらないほうがよいでしょう。

 

また、意外な手口として寄付を求めてくることもあります。

寄付をすることで、それ以上に何か盗まれることはないですが、まともな企業がエアドロップを実施するときに寄付を求めてくることはほとんどないので、詐欺を疑ったほうがよさそうです。


実際にあった3つの詐欺の手口

エアドロップに関して実際におこなわれた詐欺の手口を3つご紹介します。

これらの手口により多くの被害が出ておりますので、このような手口があることを覚えておいてください!

 

◆詐欺の手口① 「フィッシング詐欺」

フィッシング詐欺とは、本物とそっくりなサイトやメールを用意して、そこにパスワードなどを入力させてお金を盗むことです。

 

本物「bitFlyer」 → 偽物「bltFlyer」

このようにURLが1文字だけ違うこともあります。

フィッシング詐欺でよくあるのが、パスワードを入力してもログインができず「あれ~?」っと思っている間に盗まれるという被害です。

 

わかりづらいですが、サイトを見るときはURL、メールであればメールアドレスをしっかりと確認するようにしましょう!

 

◆詐欺の手口② 「偽物のウォレットアプリ」

詐欺師たちが用意したウォレットアプリも出回っています。

これを使ってしまうと、ウォレットに入れた仮想通貨が簡単に盗まれてしまいますので、気をつけましょう。

 

アプリをダウンロードする前に、アプリ名で検索してみたりレビューをみたりして、怪しいウォレットアプリはダウンロードしないことが重要です。

 

◆詐欺の手口③ 「公式サイトをクラッキング」

エアドロップをする本物の企業をクラッキングして、アカウントを乗っ取る手口です。

アカウントが乗っ取られると、本物の公式サイトやメルマガで偽の情報が流されます。

 

これはユーザーとしては防ぎようがないですし、見分けるのも難しいです。

ほかのユーザーの反応や情報の内容をよく見るようにして、違和感があれば様子をみましょう。


詐欺以外にも気をつけるべき4つのポイント

噴き出しを持つ4人""

”詐欺以外”にも気をつけることがあるみたいですよ!

とくに重要なことが以下の4つです。

 

ポイント① 「個人情報の流出」

エアドロップをもらうために登録した情報は、いろんなところに出回る可能性があります。

公式サイトやほかのユーザーの口コミ、プロジェクトの内容などをみて、信用できる企業かどうかを確認してからエアドロップに参加しましょう。

 

また、プロジェクトの広告のためにメールが来ることはよくあります。

メールアドレスが出回って迷惑メールがたくさん来るようになることもあるようです。

 

メールアドレスを案件ごとに使い分けたり、メールを受け取らないなどの設定をして対応しましょう!

 

ポイント③ 「受取処理をしないと受け取れないこともある」

エアドロップの参加条件が「企業のツイートをリツイートすること」であった場合でも、リツイートだけして放っておいたりすると無料配布が受け取れないこともあります。

受け取るためにはほかに細かい手順が必要な場合もありますので、公式サイトなどをよく読んで受け取り方を確認しておきましょう!

 

ポイント④ 「まったく価値が上がらない仮想通貨も多い」

エアドロップする仮想通貨は、無料で配るほど無名な仮想通貨です。

価値が上がらずに消えるほうが多いので、過度な期待はせずに「儲かったらラッキー!」くらいの気持ちでいるほうがよいかもしれません。

 

ポイント⑤ 「パスワード・ウォレットは複数用意する」

ウォレットや取引所にはそれぞれ別のパスワードを設定しましょう。

同じパスワードを設定している場合、もしどこか一つのパスワードが流出してしまったときに、すべての口座から仮想通貨が盗まれることもあります。

 

ウォレットも複数用意して、資産を分散しておくほうが安全です。

一つのウォレットにすべての仮想通貨を入れておくと、もし秘密鍵が流出したときにすべて盗まれてしまいます。

 

また、仮想通貨は取引履歴を調べることで、そのアドレスにいくら入っているのかがわかります。

エアドロップでは無料配布を受け取るためのアドレスを教える必要がありますので、企業はウォレットの残高を知ることができるわけです。

 

資産が多い人には過度な広告や宣伝をする企業もいるかもしれません。


エアドロップに必要なモノ

パソコンを使っている女性""


まずはエアドロップをもらうために必要なものを用意しましょう!
以下の5つがあればほぼ大丈夫です!


①メールアドレス

普段から使っているものではなくてエアドロップ用に用意しましょう!

Gmailアドレスが無料で作れてオススメですよ!

 

②ETH(イーサリアム)アドレス

ETHアドレスとは、イーサリアムの公式ウォレット『MyEtherWallet(マイイーサウォレット)』のアドレスです。

イーサリアムの公式サイトからMyEtherWalletを作成(無料)することで取得できます。

配布されるエアドロップを受け取るウォレットとして使います。

エアドロップで配布される仮想通貨はマイナーなので、対応しているウォレットが少ないですが、MyEtherWalletは多くの仮想通貨に対応しているのでこちらを使うのが便利です。

フィッシングサイトがあるようなので気をつけましょう!

 

公式サイトはこちら↓

https://www.myetherwallet.com/

 

③Twitterアカウント

必須というわけではないですが、多くのエアドロップは配布する条件として「リツイートすること」がありますので、用意しておくとよいです。

こちらもメールアドレス同様に普段使っているアカウントとは別に、エアドロップ用のアカウントを作ることをオススメします。

 

④Telegram(テレグラム)アカウント

TelegramとはLINEのようなSNSアプリの1つです。

こちらも必須ではないですが、エアドロップの配布条件に「Telegramの参加」があることが多いので登録しておきましょう!

仮想通貨に関する情報がたくさん発信されているので、エアドロップの配布条件として使わなくても、活用することをオススメします。

 

⑤Discord(ディスコード)アカウント

DiscordもTelegramのようなSNSアプリの1つです。

こちらも必須ではないですが、Telegram同様に配布条件になっていたり、仮想通貨の情報収集に使えるので用意しておくとよいです。


ここまで用意できたらあとはエアドロップを行っている企業や団体を探すだけです!

どうやって探したらいいんですか?

ネットで検索すると、いろんなサイトが今エアドロップをやっている案件を紹介していますので、そこから企業の公式サイトにアクセスできます。
ほかには、ツイッターやテレグラムなどのSNSでも情報発信されてますよ。

よし!
私もいろんなネットワークを使って、エアドロップの優良案件を探してみます!

 

↓こちらのサイトで実施中のエアドロップ案件をご紹介しています!↓

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)参加可能案件まとめ【2018年最新】

 

空から降ってくる1万円札""


まとめ

■エアドロップとは新しい仮想通貨を無料配布すること

■現在の価値は数百円だが、将来数十万円になる可能性を秘めている

■配布条件は2つ

「特定の仮想通貨を持っている人」

「SNSで登録やリツイートなどをした人」

■エアドロップを利用した詐欺もある

■個人情報の流出には気をつけよう!

 

今では人気上位の仮想通貨である『BCH(ビットコインキャッシュ)』『NEM(ネム)』『XLM(ステラ)』『OMG(オミセゴー)』も元々はエアドロップされた仮想通貨です。
エアドロップではお金をかけずに利益を出せる可能性が十分ありますので、気になる方はやってみてはいかがでしょうか!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識