初心者~上級者まできっと役立つ!仮想通貨の本18冊と雑誌!


2018年最新きっと役立つ仮想通貨の本&雑誌

「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年、「ハッキング元年」と呼ばれる2018年を経て、仮想通貨はこれからどのような道を進んでいくのでしょうか。

本やインターネットできちんと情報収集をして、これからの流れにしっかりついていきましょう!

こんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル クリプトです。
今回は「仮想通貨の勉強におすすめの本」をご紹介いたします!

 

目次

仮想通貨勉強本の選び方

仮想通貨勉強本の選び方

先生、仮想通貨の情報って、ネットにもたくさんありますよね。
なんでわざわざ本を読まなくちゃいけないんですか?

 

インターネットではなく、本で勉強することには大きく2つの意味があります!

 

仮想通貨を本で勉強する理由

①正しい情報を知れる。

インターネット上にはたくさんの情報がありますが、中には真偽が確かでない情報もあります。

本なら著者がはっきりしていて、有識者の監修もされていることが多いので、信頼性が高い情報だといえるでしょう。

 

②本なら情報がまとまっている

インターネットで情報を集めると、集めたたくさんの情報を自分で整理しなくてはいけません。

本なら情報が体系的にまとまっているので、効率よく情報収集をすることができます。

 

もちろん「新しい情報を収集する」のにインターネットは欠かせません
ですが、その「新しい情報」が本当に正しい情報なのかを判断するためには、本で正しい知識を知っておくことも大切なんです!

 

仮想通貨の本を選ぶポイント

読む本をえらぶときに大切なポイントは「自分のレベルにあった本をえらぶこと」です。

たとえば、仮想通貨初心者が上級者向けの本を読んでも内容がわからないですし、仮想通貨上級者が初心者向けの本を読んでも新しく学ぶことがないですよね(もちろん復習にはなりますが)

今回は「初心者向けの仮想通貨本」「中級者~上級者向けの仮想通貨本」「マンガで学ぶ仮想通貨本」「これから発売予定の仮想通貨本」の4つにわけて、仮想通貨を勉強する上で役に立つ本をご紹介します。

 

今回ご紹介する本は「2018年以降に発売された本」に限定しました。

 

もちろんそれ以前にも、仮想通貨を勉強するために役立つ本はたくさんあります。

ですが、仮想通貨を取り巻く環境は変化が速く、なるべく新しい本の方が「今使える情報」がたくさんあるだろうと思い、2018年以降に発売された本にしぼりました。

 

初心者向けの仮想通貨の本5選

 

初心者向けの仮想通貨本5選

仮想通貨初心者の方にも読みやすい本をご紹介します。

初心者の方の中には仮想通貨のことをまったく知らない」という方もいれば、「すでに投資を始めている」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、初心者の中でもどんな人向けの本なのか、「こんな方におすすめ!」の項目に書いてありますので参考にしてください。

 

知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門

著者

廣末紀之

出版社

幻冬舎 

ページ数

127ページ

初版発行

2018/1/11

価格

863円

どんな本?

ビットコインやブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説している本です。

対話形式の文章と図解で説明しているので、文章を読むのが苦手な方でも、比較的読みすすめやすいでしょう。

著者 廣末紀之氏について
ビットバンク株式会社代表取締役CEO。
1991年野村證券株式会社入社。
1999年グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)入社、同社取締役、同社常務取締役を経て、2006年株式会社ガーラ代表取締役社長。
2012年よりビットコインの研究を始め、2014年ビットバンク株式会社を創業。
現在代表取締役CEOを務める。
2018年一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会」副会長。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨のことをまったく知らない方

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方

 

「ビットコインってなに?から始める人にちょうどいい」
「イラストが多くて、説明も簡潔にまとまっている」
という声がありました!

書籍を読む前に、予備知識として以下の記事で前もって勉強しておくと、本の内容も頭に入ってきやすくなりますよ。

関連記事:ビットコインシステムの仕組みとは!限界まで優しく説明してみた

関連記事:【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた

 

1時間でわかるビットコイン入門【2018年1月最新改訂版】~1円から送る・使う・投資する~

著者

小田玄紀

出版社

good.book

ページ数

140ページ

初版発行

2018/1/26

価格

1,296円

どんな本?

ビットコインのことを初心者向けに丁寧に解説している本です。

さくっと読めて、仮想通貨の概要をつかむことができます。

著者 小田玄紀氏について
株式会社ビットポイントジャパン ファウンダー。
1980年生まれ、東京大学法学部卒業。
大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。
「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。 株式、FX、債券などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。
2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨のことをまったく知らない方

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方

 

「初心者にもわかりやすい内容」
「気楽に読めて、概要をつかめた」
という声もあります。

 

仮想通貨リップル投資入門

著者

CRIPCY、大倉コージ

出版社

宝島社

ページ数

174ページ

初版発行

2018/7/26

価格

1,728円

どんな本?

仮想通貨の入門書ですが、ICOや価格予想など一歩踏み込んだ内容なので、中級者でも読み応えがある本です。

リップルだけではなく、他の仮想通貨の紹介や、ブロックチェーンの仕組みなどの解説もあります。

著者 大倉コージ氏について
1971年生まれ。東京都新宿区出身。
大学卒業後、広告代理店に入社。
ITバブルの波に乗り、広告業界からネットメディア業界に、さらにブロックチェーン技術の可能性に衝撃を受け、仮想通貨の世界に転進。
これまでのキャリアを活かし、2017年7月に仮想通貨情報サイトCRIPCYを立ち上げる。
現在、同編集長を務める。

 

こんな方におすすめ!

2冊目の入門書を探している方

リップル投資に興味がある方

 

「リップルの価格が上がるタイミングや価格予想が参考になった」
「ICO参加に興味があったので、読んでよかった」
という声がありました!

リップルがどんな仮想通貨なのかは、以下の記事を参考にしていただき、さらに知識を深めるために書籍も購入されるのがいいですよ。

関連記事:リップルってどんな仮想通貨?目的や特徴をわかりやすく解説!

 

初心者が失敗しない 取引所だけが書ける「仮想通貨」投資術

著者

伊藤誠規

出版社

イースト・プレス

ページ数

184ページ

初版発行

2018/5/17

価格

1,404円

どんな本?

仮想通貨の取引やトレードに関する基礎知識の本です。

仮想通貨の魅力はもちろん、リスク管理もしっかり説明しています。

「仮想通貨の取引には興味があるけど、今まで投資をしたことがない」という方に役立つ情報が満載です。

著者 伊藤誠規氏について
1980年生まれ。
大学卒業後、2005年よりFX会社に入社。
FXオンライン事業の立ち上げを担当し、ディーリングやマーケティングの他、内部管理や資金管理など、幅広くFX事業に従事。
事業責任者として同事業を取引高業界トップクライスのサービスに育て上げる。
2009年には同社取締役に就任。
2016年みんなのビットコイン株式会社代表取締役に就任。
著書に「バイナリーオプション超入門 「上か」「下か」を選んで待つだけのシンプル投資術」(幻冬舎MC)がある。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方

取引やトレードの基礎知識を知りたい方

 

「やらなくちゃいけないこと・やっちゃいけないことが具体的に書かれていて、投資の参考になった」
「仕組みを説明している本よりも、実用的だった」
という声がありました!

関連記事:これで丸分かり!国内の信頼性のある仮想通貨取引所11個選んでみた

 

億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書

著者

ポイン

出版社

扶桑社

ページ数

191ページ

初版発行

2018/6/2

価格

1,620円

どんな本?

仮想通貨を知らなかった著者が、仮想通貨との出会いから億り人(トレードなどで資産が1億円に到達した人)に上り詰めるまでのサクセスストーリーです。

仮想通貨の基本的な内容をはじめ、管理方法やチャートのアドバイスなど、投資初心者にもわかりやすくまとめられています。

著者 ポイン氏について
仮想通貨投資家/ブロガー。
長時間労働による過労で倒れたことをきっかけに会社を辞め、やりたいことしかやらない『ハイパーニート』というライフスタイルを送る。
月間30万人に読まれているブログ『ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!』を運営。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨を始めたばかりの初心者

仮想通貨ブロガーに興味がある方

 

「仮想通貨投資のことが具体的に書かれていて参考になった」
「情報収集術が参考になった」
という声がありました!

 

中級者~上級者向けの仮想通貨の本5選

中級者~上級者向けの仮想通貨の本5選

中級者~上級者向けの本のご紹介です。

仮想通貨投資のことだけではなく、仮想通貨の税金やICOについて、また決済システムとしての仮想通貨や仮想通貨の未来など、一歩踏み込んだ内容の本をピックアップしました。

 

これからを稼ごう:仮想通貨と未来のお金の話

著者

堀江貴文、大石哲之(監修)

出版社

徳間書店

ページ数

236ページ

初版発行

2018/6/30

価格

1,404円

どんな本?

主要な仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップルなど)の特徴や仕組みについてくわしく解説されています。

「この仮想通貨が儲かる!」というような内容ではなく、仮想通貨のテクノロジーや将来性について書かれた本です。

著者 堀江貴文氏について
1972年、福岡県生まれの実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
東京大学在学中に有限会社オン・ザ・エッヂを設立。
元株式会社ライブドア代表取締役CEO。
宇宙ロケット開発事業を中心に、作家活動、ビジネスコンサルティング業務のほか、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュース、和牛アンバサダーユニット「WAGYUMAFIA」など、多ジャンルで活動。

 

監修 大石哲之氏について
ビットコイナー。
2013年よりフルタイムでビットコイン及び暗号通貨の事業に関わる。
ブロガーとして暗号通貨の技術を噛み砕いて紹介。
Ethereumを日本で初めて一般向けに紹介し「イーサリアム」と翻訳した。
暗号通貨の普及と、技術の育成を目的に活動している。
(社)日本デジタルマネー協会理事、(社)日本ブロックチェーン協会アドバイザーほか、エンジェル投資家としてウォレットやクロスチェーン等の事業へ複数投資している。
1975年生まれ。慶應義塾大学卒、外資系コンサルタント会社、起業等を経て現職。

 

こんな方におすすめ

仮想通貨について書かれた本を、すでに何冊か読んだ方

主要な仮想通貨の仕組みについて知りたい方

仮想通貨の将来性について知りたい方

 

「ホリエモンらしい、的確でわかりやすい文章」
「もちろん仮想通貨の勉強にもなるが、単純に読み物としてもおもしろい」
という声がありました!

関連記事:イーサリアムは注目の仮想通貨!クリプトがポイントを解説!

 

億万長者専門学校 仮想通貨編

著者

クリス岡崎

出版社

あさ出版

ページ数

324ページ

初版発行

2018/9/14

価格

1,836円

どんな本?

「3年間で資産を増やす」ことも目標に、仮想通貨投資の投資方法や心構えについて書かれた本です。

正しい仮想通貨のえらび方や、詐欺コインの見分け方など、実践的なテクニックも多く書かれているので、すでに仮想通貨取引をしている方にも参考にできます。

著者 クリス岡崎氏について
TOPコーチ、起業家、経営者、ベストセラー作家、日本語NLPトレーナー、国際的スピーカー。
世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズの日本の第一人者。
日本向け実践的成功哲学を確立。

 

103種類以上のセミナーを主催、創業以来のMOVEコーチング・スクールは600期に迫る超人気セミナー。
200以上のNLPスキルを開発した日本語NLPの研究開発実践者でもある。
5つの会社を創業し現在は会長職。
世界の富豪達との特別な関係から、日本では得られないような情報を得る事で多くのビジネスを成功させてきた。
数万人の受講生との独自のコミュニティーを持ち、コミュニティーを通して人を育てる達人と呼ばれる。

 

こんな方におすすめ!

投資の基本的な考え方を学びたい方

取引テクニックを学びたい方

 

「語り口調で書かれていて、読み進めやすい」
「本を読みながら投資を実践するのもおすすめ」
という声がありました!

 

だいたい3分でわかる 仮想通貨の税金の話

著者

大見光男

出版社

ぱる出版

ページ数

176ページ

初版発行

2018/10/4

価格

1,620円

どんな本?

仮想通貨取引で発生する税金について、わかりやすく解説している本です。

現役の税理士が書いていて、しかもご自身でも仮想通貨取引をされているので、安心感がありますよね。

「なんとなく仮想通貨取引をしていたら、税金がめちゃくちゃ高い!」「知らない間に脱税してた!」なんてことにならないためにも、事前に勉強することが大切です。

著者 大見光男氏について
税理士、大見税理士事務所所長。
昭和57年2月生まれ。
東京都大田区六郷土手出身。
大田区の会計事務所で主に中小の法人と医業、不動産所得がある方を担当し節税対策や申告書の作成に従事。
会計事務所にて働きながら税理士資格を取得し平成29年10月に大見光男税理士事務所を開業。

 

こんな方におすすめ

これから仮想通貨で利益を出したい!と思っている方

すでに仮想通貨で利益を出している方

税金の計算や、確定申告のやり方に不安がある方

 

「素人にもわかりやすい」
「脱税のリスクや税金を計算する大切さがよくわかった」
などの声がありました。

仮想通貨投資を始めるなら、税金のこともしっかり理解する必要があります。

そのために以下の記事は役に立つはず。

関連記事:仮想通貨の税金対策!2019年の確定申告を完全攻略!

 

正しい知識で、賢く稼ぐ。仮想通貨「ICO投資」入門

著者

坂元康宏

出版社

幻冬舎

ページ数

216ページ

初版発行

2018/4/12

価格

1,296円

どんな本?

ICO投資の入門書としても、実用書としても活用できる本です。

著者の「コンサルタントとして培われた視点」から、多くのデータと事例をもとに、ICO投資について具体的に解説されています。

著者 坂元康宏氏について
株式会社myコンサルティング代表取締役。
1972年生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒。
内装施工会社の本社経理勤務を経て大手投資顧問会社の役員を歴任、2014年4月に独立。
日本をベースとして、韓国、ニュージーランド、モンゴル、フィリピンなどでビジネスを展開している。

 

韓国国内外の有望なベンチャー企業に投融資を行なう韓国法人をビジネスパートナーと共同で設立。
IPO及びICO案件の発掘、デューデリジェンスを手掛ける。
資産家、企業経営者、サラリーマン、主婦に至るまで幅広い層の顧客を持っており、投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングには定評がある。
将来の夢は、「自分が関わる企業や人を通じて、ICOまたはIPOを実現し、雇用の創出をすること」である。

 

こんな方におすすめ!

ICO投資に興味がある方

仮想通貨についてある程度知識がある方

 

「解説のテンポがよくてよみやすい」
「データと事例をもとにしているから、信頼性があっていい」
という声がありました!

関連記事:仮想通貨のICOとは?メリットや詐欺に合わないための注意点を解説!

 

決済インフラ入門[2020年版]仮想通貨、ブロックチェーンから新日銀ネット、次なる改革まで

著者

宿輪純一

出版社

東洋経済新報社

ページ数

288ページ

初版発行

2018/7/20

価格

1,944円

どんな本?

「仮想通貨」や「フィンテック(金融テクノロジー)」など、話題のワードについて解説しています。

タイトルでは「入門」と書いていますが、初心者向けのものより内容が深くて高度なので、中級者以上の方にも役立つでしょう。

著者 宿輪純一氏について
博士(経済学)。
帝京大学経済学部教授。
公開講義「宿輪ゼミ」代表。
1963年生まれ、麻布高校、慶應義塾大学経済学部卒業。
87年富士銀行入行、98年三和銀行に転職。
2006年合併で三菱東京UFJ銀行(企画部経済調査室等)。
15年より現職。
03年から兼務で東京大学大学院、早稲田大学、慶應義塾大学等で非常勤講師を務める。
財務省、金融庁、経済産業省、外務省、全国銀行協会等の委員会参加。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨だけでなく、経済のことを勉強したい方

仮想通貨をはじめ、決済インフラに興味がある方

 

「経済の専門家なので、解説に説得力がある」
「いままで経済新聞を読んでも理解できなかったことが、ようやく理解できた」
という声がありました!

 

マンガで学ぶ仮想通貨の本3選

マンガで学ぶ仮想通貨の本3選

仮想通貨初心者の方には、マンガ本もおすすめです。

初心者のかたは、本を読む前にマンガでざっくりと概要をつかんで、そのあとに本を読むといっそう理解が深まるかもしれません。

 

マンガでわかる ビットコイン&仮想通貨投資の基本

著者

三原弘之(監修)、立野新治(監修)、サイドランチ(マンガ)

出版社

池田書店

ページ数

160ページ

初版発行

2018/4/26

価格

1,080円

どんな本?

「マンガでわかるビットコインと仮想通貨」の続編です。

前作はビットコインと仮想通貨の基本的なことが書かれていますが、この本では「具体的にどのように投資すれば良いか」について書かれています。

監修 三原弘之氏について
エンジニアとして入社した楽天などを経て、国を超えた送金手段としてビットコインに注目しビットバンクに参画。
現在はCOOとして取引所のシステム構築・運営のマネジメント業務を担当し、円滑な仮想通貨取引を支える。

 

監修 立野新治氏について
早稲田大学社会科学部卒業。
在学中から個人投資家として生計を立てながら世界各地を旅する。
近年は仮想通貨投資に本格的に参入。
株や仮想通貨のトレード以外にも、世界中の起業家に会って事業投資のチャンスをさがしている。

 

こんな方におすすめ!

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方

短時間でざっくり仮想通貨のことを知りたい方

 

「前作よりも、実際どのように投資をすればいいかよく分かった」
「マンガなのでぱぱっと読める」
という声がありました!

 

マンガで納得!よくわかるビットコイン&仮想通貨

著者

田代昌之、此林ミサ(作画)、方喰正彰(シナリオ)

出版社

実業之日本社

ページ数

176ページ

初版発行

2018/4/27

価格

1,296円

どんな本?

ビットコインやブロックチェーンの仕組みを、マンガと文章で書かれています。

仮想通貨の仕組みから、口座開設までを解説しているので、これから仮想通貨を始めようと思っている方にもおすすめです。

著者 田代昌之氏について
株式会社フィスコデジタルアセットグループ代表取締役。
中央大学文学部卒業。
新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経て、フィスコに入社、2017年から現職。
先物・オプション・現物・為替・仮想通貨などを担当し、全体相場や指数の動向も分析する。
テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)保有。

 

こんな方におすすめ

仮想通貨のことがまったくわからない方

短時間でざっくり仮想通貨のことを知りたい方

 

「マンガなのでサクサク読める」
「仮想通貨を知るとっかかりには良い本」
という声がありました!

 

超入門!マンガでよくわかる仮想通貨

著者

高橋諒哲(監修)

出版社

二見書房

ページ数

128ページ

初版発行

2018/6/26

価格

1,404円

どんな本?

発売されたのが2018年6月と、漫画の中では比較的新しい本です。

仮想通貨投資の仕組みや投資の始め方を、初心者にもわかりやすくマンガと文章でまとめています。

監修 高橋諒哲氏について
1990年生まれ、早稲田大学商学部卒業。
大学在学中に芸能事務所「人力舎」に所属。
漫才コンビのツッコミとして、「THE MANZAI 2013」のワイルドカードに進出する。
その後、世界一周を経て不動産会社に就職。在職中にビットコインと仮想通貨に強く興味を持ち、超初心者向けのサイト「とってもやさしいビットコイン」を開設。
サイト運営や執筆に加えて、FinTechサービスの研究・FinTechを活用した資産運用の研究も精力的におこなっている。
著作に「ビットコインのすべてがわかる本」「仮想通貨のすべてがわかる本」などがある。

 

こんな方におすすめ

仮想通貨のことがまったくわからない方

短時間でざっくり仮想通貨のことを知りたい方

 

「文章だと分かりにくいことが、イラストだと理解しやすい」
「あっという間に読み終わった」
という声がありました!

 

これから発売予定の仮想通貨の本5選

これから発売予定の仮想通貨の本5選

2018年10月30日以降に発売される本をまとめました。

2018年後半~2019年に役立つ情報をあつめて、これからの仮想通貨投資に役立ててください。

 

未来 IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

著者

森川夢佑斗

出版社

エムディエヌコーポレーション

ページ数

160ページ

初版発行

2018/10/30

価格

1,620円

どんな本?

ブロックチェーンの考え方と仕組み、基本的な技術とその進化、どのようなビジネスで活用されるかなど、ブロックチェーンのこれまで~未来までをまとめた一冊です。

著者 森川夢佑斗氏について
1993年生まれ、大阪府出身。
株式会社Ginco 代表取締役CEO。
2014年にビットコインと出会って以来、ブロックチェーン領域で事業を行う。
現在は、株式会社Gincoの代表として、仮想通貨を安全に一括管理できるウォレットアプリを提供するほか、ブロックチェーン実用化のための各種コンサルティング事業や、マイニング事業を行う。
著書に『ブロックチェーン入門』『ブロックチェーンの描く未来』(KKベストセラーズ)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)などがある。

 

近未来のコア・テクノロジー ニューラルネットワーク、データマイニング、ブロックチェーン~

著者

三津村直貴

出版社

翔泳社 

ページ数

304ページ

初版発行

2018/10/31

価格

2,376円

どんな本?

これからのITを発展させる技術について紹介しています。

仮想通貨のブロックチェーンについても解説されていますが、それ以外のAI、IoT(もののインターネット化)などについても興味がある方におすすめです。

著者 三津村直貴氏について
合同会社Noteip代表、ライター。
米国アーカンソー大学コンピューターサイエンス科卒業。
国内の一部上場企業でIT関連製品の企画・マーケティングなどに従事し、退職後はライターとして書籍や記事の執筆、WEBコンテンツの制作に関わっている。
扱えるジャンルは人工知能の他に科学・IT・軍事・医療と幅広く、国の研究機関の下で調査員として研究活動に関わった経験もある。

 

これから仮想通貨の大躍進が始まる!

著者

北尾吉孝

出版社

SBクリエイティブ

ページ数

232ページ

初版発行

2018/11/7

価格

1,620円

どんな本?

SBIホールディングスの代表取締役社長である北尾氏が、「ブロックチェーン革命によって世界や日本の経済はどう変わるのか」を語ります。

ブロックチェーンによって、私たちの日常がどのようにかわるかに興味がある方におすすめです。

著者 北尾 吉孝氏について
1951年、兵庫県生まれ。
74年慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券入社。
78年、英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。
89年ワッサースタイン・ペレラ・インターナショナル社(ロンドン)常務取締役。
91年、野村企業情報取締役。
92 年、野村證券事業法人三部長。
95年、孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。
99年より現職。

 

現在、証券・銀行・保険等の金融サービス事業や新産業育成に向けた投資事業、医薬品開発等のバイオ関連事業などを幅広く展開する総合企業グループ、SBIホールディングス代表取締役社長。 公益財団法人SBI子ども希望財団理事及びSBI大学院大学の学長も兼務。
主な著書に『何のために働くのか』(致知出版社)、『進化し続ける経営』(東洋経済新報社)、『実践版 安岡正篤』(プレジデント社)、『成功企業に学ぶ実践フィンテック』『実践FinTech』(以上、日本経済新聞出版社)など多数。

 

仮想通貨法の仕組みと実務 -逐条解説/自主規制団体・海外法制/会計・監査・財務-

著者

横田清典、後藤出、金子得栄、濱本明

前田浩一、畠山久志(編集)

出版社

日本加除出版

ページ数

368ページ

初版発行

2018/11/8

価格

3,780円

どんな本?

仮想通貨出現の背景から、思想・テクノロジーに始まり、仮想通貨に関わる法律・会計・税制などをそれぞれの分野の専門家が解説した本です。

ブロックチェーン技術や仮想通貨が、社会の仕組みにどのように関わっていくかに関心がある方におすすめです。

著者について
畠山久志氏
中部学院大学経営学部教授 博士(経営法)。
横田清典氏
株式会社マネーパートナーズグループ。
後藤 出氏
シティユーワ法律事務所パートナー弁護士・米ニューヨーク州弁護士。
金子得栄氏
公益財団法人 日本証券研究所 図書館部長。
濱本 明氏
日本大学商学部教授。
前田浩一氏
EUビジネス業務コンサルタント(ロンドン在住)

 

トコトンやさしいブロックチェーンの本(今日からモノ知りシリーズ)

著者

上野仁

出版社

日刊工業新聞社

ページ数

160ページ

初版発行

2018/11/23

価格

1,620円

どんな本?

仮想通貨やブロックチェーンの仕組み・技術・セキュリティなどについて書かれています。

「今日からモノ知りシリーズ」にはいろいろな分野の本がありますが、どれも「子供にも読みやすい」と評判です。

 

 

仮想通貨の雑誌

仮想通貨の雑誌

仮想通貨についていろいろな情報を知りたい方は、毎月発売される雑誌を読んでみるのもいいかもしれません。

仮想通貨が注目されるのにともなって、月刊誌がぞくぞくと創刊されています。

 

月間仮想通貨

出版社

プレジャー・パブリッシング

創刊日

2018年2月19日

ページ数

約100ページ

発売日

毎月19日頃

価格

980円

どんな雑誌?

初心者向けの情報から、すでに仮想通貨取引をしている人まで、幅広い情報を扱っています。

公式サイト:月間仮想通貨

 

こんな方におすすめ!

幅広く仮想通貨のことを知りたい方

 

ICO CROWD

出版社

ICO CROWD合同会社

創刊日

2018年3月

ページ数

約100ページ

発売日

不明

価格

1,000円

どんな雑誌?

名前の通り、「仮想通貨」というより「ICO」のこと扱う雑誌です。

海外の魅力的なICOの情報が多いですが、ある程度仮想通貨やICOの知識がある人の方でないと内容が難しいかもしれません。

公式サイト:ICO CROWD

 

こんな方におすすめ!

ICOについて勉強したい方

仮想通貨についてある程度知識がある方

 

ICO MAGAZINE

出版社

マガジンランド

創刊日

2018年7月5日

ページ数

約80ページ

発売日

毎月5日頃

価格

980円

どんな雑誌?

こちらもICOに特化した内容です。

日本人になじみのある仮想通貨の情報も、多く取り扱われています。

 

こんな方におすすめ!

ICOについて勉強したい方

 

デジタル通貨通信(デジ通)

出版社

マガジンランド

創刊日

2018年4月20日

ページ数

約100ページ

発売日

毎月20日

価格

1,000円

どんな雑誌?

初心者向けの情報から、すでに仮想通貨取引をしている人まで、幅広い情報を扱っています。

公式サイト:デジタル通貨通信(デジ通)

 

こんな方におすすめ!

幅広く仮想通貨について勉強したい方

 

まとめ

さまざまな仮想通貨の本をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

仮想通貨を勉強するには

「本で仮想通貨の大本を学ぶ」

「インターネットで最新の情報を集める」

「雑誌でトレンドを知る」

など、いろいろな角度から学ぶと効率がいいかもしれません。

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識