トークンってなに?仮想通貨との違いやメリットも丁寧に解説!


みなさんこんにちは!クリプトです。
仮想通貨って今やだれでもはじめやすいものとなっていますが、何やら難しい言葉がたくさん出てきますよね。
マイニングやトランザクションなど、いろんな専門用語が多くて、いまいち仕組みも理解しづらいと思います。
わたしの授業では仮想通貨に関するいろんなことを教えていますので、ほかの授業も見てみて下さいね!
さて今回の授業では、「トークン」について説明していきます!

仮想通貨をはじめたての人でも、トークンって言葉を聞いたことがあるかもしれません。
ただ、聞いたことがあるだけで「トークン?なんじゃそりゃ?」という感じでしょう・・・。
でも大丈夫!初心者の方でもすぐにわかるように、トークンの基礎的な部分を中心にご説明させていただきます!
ではさっそくはじめましょう~。

 

まずはトークンとはなにかをご説明していきます。

 

仮想通貨と違う通貨

トークンにはいろいろな意味がありますが、仮想通貨で使われるトークンとは、簡単にいうと「仮想通貨に似た通貨」で、個人や企業が発行しているもの。

仮想通貨のブロックチェーン技術を利用して発行されて、仮想通貨と同じように取引ができます。

 ここで「ブロックチェーン」っていう意味の分からない横文字が出てきましたが、トークンを理解するために大事なこと。

 

ブロックチェーンは、仮想通貨の取引情報を管理する技術のことです。

システム障害に強く低コストで運用できる革命的な技術といわれています。

 

このように仮想通貨には複雑な仕組みが絡んできます。

まずブロックチェーンをよく知らない方は、しっかり理解してから今回の授業を聞いてもらうと、より理解しやすくなるはずです。

関連記事:【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた

 

仮想通貨とどう違うのか?

トークンも仮想通貨も、インターネット上で取引する通貨ですが、一応は別物です。
正直どちちも似ていますが、違いを整理しておくとこんな感じです!

仮想通貨とトークンの違い

有名企業のSBI証券や三菱UFJ銀行などが会社独自のトークンを作って発行しています。

一方仮想通貨は不特定多数の人が「マイニング」を行って新しく作られるわけです。

ここでマイニングという言葉が出てきてしまったので混乱してしまうかもしれませんね。

マイニングについても、べつの授業で詳しくご説明させていただいてますが、簡単にいうなら「仮想通貨の取引データを作成する作業のこと」です。

まずはトークンというものの存在を知ってもらって、仮想通貨と同じようで違うと思ってもらえたら大丈夫です!

 

では次に、「トークンっていったい何がいいのか?」についてご説明いたします。
仮想通貨にもいえることですが、トークンを手に入れるメリットがなければだれも買おうと思いません!

関連記事:仮想通貨のマイニングをやさしく説明!仕組みからマイニング方法まで!

トークンのメリット

コインが積み重なっている画像

トークンのメリットは、一言でまとめると「将来性がある」ことです。

もちろんあくまで可能性の話ではあるのですが・・・。

 

トークンの価値は仮想通貨と同じく「時価

時価というのは買う人と売りたい人の関係で価値が変わること。

欲しい人が多ければ多いほど価値が高くなるし、買いたいと思う人が少なければ価値が低くなる。

なのでトークンの価値が細かく変わります。

 

しかしそれなら「仮想通貨だけ持ってればいいんじゃない?」って思うでしょう。

わざわざ価値がいつ変わるかも分からないものを持っていてもしょうがないです。

ただ、トークンの価値が仮想通貨を上回る可能性だってあります。

そうなると、トークンを持ってる人のほうが得をするかもしれません。

 

仮想通貨もトークンも「投資」なので、価値が高いに越したことはありません。

ちょっとふわふわしていますが、トークンを持っておくほうが、後々メリットに変わるかもしれないという感じです。

 

「トークンでうちの商品が買えるよ!」といった、独自のサービスを提供している会社も、今後増えてくる可能性があります。

そのため「今後トークンの人気はもっと上がるんじゃないか?」といわれています。

 

トークンにはメリットもありますが、もちろんデメリットというかリスクもあります。もしトークンが気になっているなら、しっかりリスクも理解したうえで購入する必要があります
では改めてトークンのメリットを整理しておいて、今度はデメリットを説明していきます。

 

  • トークンの価値が爆発的に上がる可能性がある
  • トークンを活用した独自のサービスが広まる可能性がある

 

トークンのデメリット

トークンのデメリットを一言でいうなら、「価値が上がりにくい」というところです。

「え?さっき価値が上がるようなこと言ってなかった?」と思った方はまずは落ち着いてください。

 

価値が上がるときはトークンの価値は爆発的に上がります。

反対に上がらないときは、いつまで経っても全然上がらないかもしれないということです。

 

トークンの価値を今後上げるためには、大きな影響力のある人が必要です。
たとえばAmazonや楽天などの超有名企業が、トークンで購入できるお得なサービスを始めました!となれば、一気にトークンが広まる可能性があります。
ただしトークンは基本的に個人や企業が発行しているものなので、もし企業が倒産してしまうと手持ちのトークンの価値が全くなくなってしまうというリスクも……。
だからトークンは投資の1つであり、必ず得をするとは限らない、ということをしっかり覚えておきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?
では本日の授業のまとめをしていきましょう!

  • トークンは仮想通貨と同じように取引できる
  • トークンは個人や企業が発行している
  • 今後サービスが充実してくる可能性がある
合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識