仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?


未来人

 

「私はタイムトラベラーです。」

 

この言葉から始まる文章が、2013年にアメリカの仮想通貨の掲示板、「reddit」に投稿されました。

2025年から来た未来人を名乗る投稿者は、仮想通貨、とくにビットコインの影響で未来がどうなっているのかを書き込んでいます。

 

この書き込みがされた2013年当初、ほとんどの人はこの投稿に書かれた内容を信じていませんでした。

しかし、あることをきっかけにこの投稿が注目を浴び、話題になっています。

 

この投稿には一体どんなことが書いているというのでしょうか?

今回は仮想通貨をめぐったミステリーに迫っていきます。

 

なんだか背筋が凍ってきました… 仮想通貨にこんな不思議な話があったんですね…

この未来人からの投稿は、仮想通貨の知識を深めたり、仮想通貨の未来を考えさせられたりするような内容になっています。 この機会に面白い知識として知っておくといいかもしれませんね。

未来人が指摘した仮想通貨の未来

ロボット

未来人の投稿を要約すると、このようなことが書いてあります。

  • 近い将来、銀行の発行する通貨が使われなくなり、仮想通貨が現実世界の通貨になる
  • ビットコインの存在によって、貧富の差がより激しくなり、富裕層と貧困層の差がとても激しくなる
  • 富裕層は、「城塞」と呼ばれるビットコインにより多大な富を得た人のための住居に入り、財産を盗まれないように必死になる
  • ビットコインは匿名なので、税金を徴収できず政府がなくなる
  • ビットコインの匿名性を利用して財産を隠す人が増え、脱税が横行し不正を追及できなくなる
  • ビットコインの発展に貢献した人は、社会に不満を持った人々からテロの標的にされる
  • ビットコインにより人々の欲望が暴走し、結果一部の国では戦争が起こる

 

かいつまんでいうと、ビットコインが匿名なことを利用して、人々が不正を働いた結果世界が狂ってしまった、ということを伝えています。

 

未来人といわれても、信じられないという人がほとんどでしょう。

また、2013年から数えて2025年までのたった12年の間にタイムトラベルが実現するというのも信じがたい話です。

しかし、あることをきっかけに人々はこの投稿に信憑性があるのではないか、と考え始めました。

 

未来人の言葉は的中した

ロボット

未来人の投稿に人々が注目し、信憑性があるではないのかと感じ始めたのは、実際に未来人の言葉が現実となったからです。

 

未来人の言葉のなかに、ビットコインの価格に関する記述がありました。

  • 2010年には0.1ドル(約10円)
  • 2011年には1ドル
  • 2012年には10ドル
  • 2013年には100ドル
  • 2015年に1,000ドル。
  • 2017年に10,000ドル
  • 2019年に100,000ドル
  • 2021年に1,000,000ドル(約1億円)

1BTC当たり)

2019年1月現在、2017年までの価格に関しては答え合わせができていますが、今のところすべての数値がある程度一致 していたのです。

この数値の一致に気づいた人々は、少しずつこの未来人からの投稿に書かれていることが事実なのではないか?と感じ始めました。

 

しかし、金額の予想が2013年時点で不可能だったかといわれればそうでもありません。

実際、仮想通貨にくわしい専門家も価格予想はよくしています。

 

それに加えて、ビットコインの金額以外の記述、たとえば銀行が発行している通貨がなくなる、ビットコインの影響で戦争が起こる、などといったことは実際に2025年になってみないと分かりません。

また、仮想通貨でここまで世界が荒れてしまうという記述は少々規模が大きすぎて現実味がなさすぎる、とも感じます。

 

金額を言い当てただけでは、まだ未来人が本当に未来から来たのかは判断がつかないでしょう。

仮想通貨が本当の通貨になる?

本物通貨

未来人の投稿のなかで起こるよくない出来事は、「ビットコインが通貨になる」ことが原因なものがほとんどです。

では、仮想通貨が実際の通貨になるということはどういうことなのでしょうか?

 

すべての金銭取引が電子化される

仮想通貨は、ウェブ上で管理されていることが大前提です。

そのため、現行の通貨が仮想通貨になるということは、地球上のすべての金銭取引が電子化されるということになります。

 

口座に振り込まれる給料なども、当然口座から現金で出金することはできません。

口座に入っているお金をカードやスマートフォン、スマートウォッチなどにチャージして使用することになるでしょう。

 

この流れは、仮想通貨に限ったものではありません。

将来的には、現金での決済が今よりもっと少なくなりほとんどの決済が電子化される可能性は十分にあります。

 

ただ、それが仮想通貨になると話は別です。

仮想通貨がしっかりと管理されるようになる必要があります。

 

仮想通貨が現行の通貨同様の管理をされることが大前提

仮想通貨は今の時点では匿名なため、もし通貨になったときにも匿名であり続ければ、当然管理ができなくなります。

誰がどのぐらいの資産を持っているのかが管理できなくなれば脱税などの不正行為は横行するでしょう。

そもそも、税金を徴収すること自体難しくなります。

そのため、万が一通貨として採用するのであれば現行の通貨のようにしっかりと管理し、匿名性を排除するべきです。

それが難しいのであれば、通貨としての採用は実現できないでしょう。

私たちはどう生きるか

疑問

未来人の投稿は、少々大げさすぎる気もします。

そのため、未来人の投稿に書かれていることがすべて真実になるとは考えにくいでしょう。

しかし、大切なのは未来人の投稿を受けて、ビットコインを主とした仮想通貨のあり方を考えていくべきだということです。

 

未来人の投稿が実際の体験談なのか、未来人を装った現代人が書いたただの未来予想図なのかは分かりません。

 

この投稿は、仮想通貨、とくにビットコインの未来に警鐘を鳴らす、仮想通貨の扱い方やあり方を考えるために投稿されたのではないでしょうか。

 

未来人の投稿が現実になるかならないかは、私たちが仮想通貨をどう扱っていくかにかかっています。

 

未来人の投稿に書いてあるような最悪の事態とならないように、仮想通貨のあり方をしっかりと考えていく必要があるといえるでしょう。

まとめ

まとめ

 

  • 2025年から来たという未来人が2013年に、アメリカの掲示板「reddit」に投稿をした
  • 主な内容は、ビットコインの価格が何年後にいくらになっているのかと、ビットコインが正式な通貨になることにより起こる世界恐慌について
  • 仮想通貨が本当の通貨になったら、すべての金銭取引は電子化される
  • 仮想通貨の匿名性を排除し、しっかりと管理できなければ通貨には採用できない
  • 未来人の投稿は信ぴょう性に欠ける部分や、実際に現実になる可能性が低いことが多い
  • 未来人の投稿が現実になる可能性はかなり低いと思われるが、大切なのは仮想通貨のあり方をしっかりと考え、悪用する隙を与えない通貨にすること

 

仮想通貨はただでさえ実態がつかめないものですもんね。 しっかりと管理して安心できるものになればよりよい通貨になりますよね。

仮想通貨をどうしていくかは、現代を生きる私たちにかかっています。 それに気づかせるために未来人はメッセージを残したのかもしれませんね。

合わせて読みたい
仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

仮想通貨 アプリ

仮想通貨のアプリを徹底解剖!必須の定番アプリを用途別に紹介!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識