ビットコインキャッシュの今後について解説!幅広い情報から将来性を探ろう


ビットコインキャッシュは進化したビットコイン!?

仮想通貨元年といわれた2017年には、「億り人」と呼ばれるトレーダーがぞくぞくと誕生しました。

仮想通貨はまだまだ成長途中の分野ですが、その種類はすでに1700種類以上もあります。

 

そのなかでも、注目されている仮想通貨のひとつが「ビットコインキャッシュ(BCH)」です。

ビットコインキャッシュは国内外での知名度も高く、不動の地位を築いている仮想通貨だといえるでしょう。

しかし、ビットコインキャッシュの特徴を知らずに買うと、おそろしいことになる場合も・・・

 

そこで今回の記事では、ビットコインキャッシュが誕生した経緯や、ビットコインとの関係性、ビットコインキャッシュの将来性などをご紹介します。

ビットコインキャッシュに投資するメリットやデメリットについても説明していますので、投資するかどうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください!

 

みなさんは、「ビットコインキャッシュ」と「ビットコイン」の違いを知っていますか?
知らないというかたは、私・カナと一緒に、仮想通貨のプロフェッショナル・クリプト先生のお話を聞きましょう!

 

GMOコイン

 

ビットコインキャッシュができるまで

ビットコインキャッシュができるまで

先生、ビットコインキャッシュは、そもそもどのようにしてできた仮想通貨なんですか?

ビットコインキャッシュは、ビットコインの「ハードフォーク」によって生まれました。

2017年8月1日に、ビットコインを元にして、新たな仮想通貨・ビットコインキャッシュが作られました。

このように、ある仮想通貨から別の仮想通貨が分岐することを、「フォーク」といいます。

 

フォークには、「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」の2種類があります。

ソフトフォークとは、分岐前の仮想通貨との互換性がある分岐のことです。

ハードフォークとは、分岐前の仮想通貨との互換性がない分岐のことです。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

そのため、基本的な機能は変わらない部分もありますが、「ブロックサイズ」と呼ばれるビットコインの取引台帳のデータ容量は、ビットコインキャッシュの方が大きいです。

ビットコインとビットコインキャッシュは全くの別物であると考えた方がいいでしょう。 

 

【ハードフォークについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

もはや常識?仮想通貨のハードフォークに詳しくなろう!

 

ビットコインとビットコインキャッシュが分岐することになったのは、「Segwit(セグウィット)」を導入するかどうかで意見がわかれたためです。

Segwitというのは、取引の容量を圧縮して、記録できる情報の量を増やす機能のことです。

そのため、Segwitを導入すると、「取引承認の待ち時間が改善される」「取引手数料が安くなる」などのメリットがあります。

 

しかし、のちにビットコインキャッシュをつくることになるグループは、Segwitの導入に反対していました。

Segwitを導入すると、「マイニング(=仮想通貨の取引の手伝い)したときの報酬が減る」などのデメリットもあるためです。

こうした方向性の違いから、ビットコインとビットコインキャッシュは分岐することになりました。

 

【Segwitについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

【すぐに理解!】segwitとは?仕組み・価格への影響をご紹介します!

 

先ほど説明したように、ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもブロックサイズが大きいです。

これは、Segwitを導入する代わりに、ブロックサイズを大きくすることで、取引承認の時間を短くするためです。

 

このように、ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた問題を解決するために生まれた仮想通貨だといえます。

そのため、今後のさらなる成長に期待できると考えられるでしょう。

 

ビットコインとの相違点・共通点について

ビットコインキャッシュ相違点・共通点

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐して生まれた仮想通貨で、共通点があれば相違点もあります。

 

そもそもビットコインの「ソースコード」、つまりビットコインを作るための「レシピのようなもの」は、世界中に公開されています。

そのため、世界中の人が、ビットコインのレプリカを作成することができるのです。

 

ビットコインキャッシュも、ビットコインとは開発者や参加者が違います。

そのため、ビットコインキャッシュも、ビットコインのレプリカであるといえるでしょう。

 

初めてビットコインキャッシュに投資するというかたには、上記のようなビットコインとの共通点や相違点を、事前に理解しておくことをオススメします。

なぜなら、ビットコインとの共通点や相違点は、ビットコインキャッシュを取引するうえでのメリットやデメリットともいえるからです。

 

ビットコインとの相違点

ビットコインキャッシュとビットコインの違いは、まず開発者にあります。

ビットコインは、サトシ・ナカモト氏の論文をもとに、世界中の技術者たちが開発をおこないました。

それに対して、ビットコインキャッシュは全く違う人が開発をおこなっています
 

開発者以外にも、 ビットコインキャッシュとビットコインは、台帳の大きさや最大ブロックサイズが違います

ビットコインは10分に1回取引台帳が更新されますが、10分間で1MB以上の取引データの処理能力はありません。

 

しかし、ビットコインキャッシュはブロックサイズを大きくしたことで、ビットコインを上回る量の8MBもの取引データの処理を可能にしています

取引データが大きくなったことで、取引速度も速くなったことがビットコインキャッシュの特徴です。

 

また、1章でも述べたように、ビットコインにはある「Segwit」という機能が、ビットコインキャッシュにはないという点も大きな違いです。

 

ほかにも、ビットコインキャッシュはビットコインより手数料が安いというメリットがあります。

さらに、ビットコインキャッシュには、セキュリティを強固にするために、ハードウェアウォレットなどの施策があるというメリットもあります。 

ハードウェアウォレットとは、簡単にいえば、安全性の高い仮想通貨の保管場所のことです。

 

【ハードウェアウォレットについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨は自分で守る!仮想通貨ウォレットの種類と長所・短所を解説

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

ビットコインとの共通点

ビットコインから分岐したビットコインキャッシュは、基本的な機能や用途はビットコインと共通しています

ビットコインとビットコインキャッシュの主な用途は決済です。

また、管理者が不在であることも、2つの共通点として挙げられます。

 

ビットコインとビットコインキャッシュは、どちらも取引に使うブロックの作成時間が約10分です。

また、ブロック作成に使用するアルゴリズムが、「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work:PoW)」だという点も共通しています。

 

プルーフ・オブ・ワークとは、仮想通貨の取引の管理を手伝ってくれた人に対して、報酬をあげるシステムのことです。

このようなシステムがあるのは、世界中の人に手分けして管理してもらうことで、特定の管理者が不正をおこなうのを防ぐためです

こうして、できるかぎり取引の安全性を高めようとしているという点で、ビットコインとビットコインキャッシュの理念は同じだといえるでしょう。

 

今後、ビットコインとビットコインキャッシュが、仮想通貨としてどのように成長するのかは未知数です。

しかし、どちらも日本国内の大手の仮想通貨取引所で取引されている仮想通貨ですから、将来性があると考えてもいいのではないでしょうか。

 

ビットコインキャッシュのこれまでの動き

ビットコインキャッシュこれまで


2017年8月に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)は、発行されたばかりの時期は穏やかな価格推移を保っていました。

しかし、2017年10月1日には1BCH=約3万8000円だったにもかかわらず、1カ月後の11月には1BCH=約19万円まで高騰しました。 
 

この高騰は、ビットコインへの信頼度が下がったことが原因だと考えられています。

ビットコインは、この時期にハードフォークを繰り返して、5種類もの仮想通貨を生み出しました。

そのため、ビットコインへの信頼度が下がる一方で、ビットコインキャッシュへの期待が高まったのです。

 

また、2017年11月9月には、ビットコインへの「Segwit2x(セグウィットツーエックス)」の導入が、無期限中止になってしまいました。

さらに、2017年12月に、アメリカ最大手の仮想通貨取引所である「Coinbase」に上場したこともあって、ビットコインキャッシュの価格は1BCH=50万円台まで上昇します

ここまで価格が上昇したのは、Coinbaseは全世界でも信頼度の高い取引所であるため、上場をきっかけに世界中のトレーダーがビットコインキャッシュに注目したことが理由だといわれています。

 

【segwit2x​についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

【最新版】ついに到着!segwit2xの特徴や最新情報をお届けします

 

このように1BCH=50万円台と、一時は大きく値上がりしたビットコインキャッシュですが、2018年1月には1BCH=約16万円まで暴落してしまいます。

暴落の原因は、中国で仮想通貨規制が強化されたためと考えられています。

このニュースをきっかけに、仮想通貨市場全体が冷え込み、ビットコインキャッシュだけではなく、さまざまな種類の仮想通貨が暴落してしまったのです。
 

【中国の仮想通貨規制についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

中国が仮想通貨取引の規制強化を続けるのはなぜ?規制の実態を解説

 

仮想通貨は、誕生して間もない技術です。

そのため、仮想通貨の価値は、まだまだ不安定です。

ですから、見ていただいたように、ふとしたきっかけで大幅な値動きがあることも珍しくありません。


ただ、ビットコインキャッシュは、実際の店舗の決済にも導入され始めるなど、通貨としての価値が認められつつあります。

なので、世間からの期待を集めており、今後も値上がりを見込めるのではないでしょうか。

 

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュ今後

ビットコインキャッシュは、今後どうなると思いますか?

まず、ビットコインキャッシュは、2018年5月15日にハードフォーク(分岐)が完了しています。
分岐後は価値が下落傾向にありますが、ハードウォークによってメリットが増えたため、上昇傾向に転じる可能性もあるでしょう。

ハードフォークについて

ビットコインキャッシュは、2017年11月に初めてハードフォークがおこなわれました。

このハードフォークの目的は、アルゴリズムの変更とマイニングの難易度を調整するためです。

マイニングとは、簡単にいえば、仮想通貨の取引の計算・認証を手伝うことです。

 

【マイニングについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨のマイニングをやさしく説明!仕組みからマイニング方法まで!

 

ビットコインキャッシュが、アルゴリズムの変更とマイニングの難易度の調整をおこなったのは、仮想通貨取引の処理速度を速くするためです。

アルゴリズムの変更は、マイニングの速度を変更するためにおこなわれました。

また、マイニングの難易度の調整は、マイナー(マイニングしてくれる人)を増やすためにおこなわれました。

 

ビットコインは、「NDA」と呼ばれる約2週間に1度の難易度調整をおこなっています。

それに対して、ビットコインキャッシュでは、「DAA」と呼ばれる10分に1度の難易度調整がおこなわれています。

 

しかし、従来のビットコインキャッシュは、マイナーが集まるほど、マイニングの難易度が高くなる仕組みでした。

この仕組みは「EDA」と呼ばれています。

 

マイナーが難易度の高さでビットコインキャッシュから離れてしまうと、取引認証はおこなわれなくなります。

その結果、送金が遅れるという問題が発生してしまいました。

そこで、EDAによってマイナーが離れてしまうことのないように、ハードフォークでマイニングの難易度の変更をしたのだといわれています。

 

このマイニングの難易度の変更によって、ビットコインキャッシュは実際にマイナーを増やすことに成功しました。

たとえば、国内の大手企業である「GMOインターネット株式会社」は、2017年12月よりビットコインキャッシュのマイニング事業を開始しています。

 

GMOコイン

 

さらに、2018年5月のハードフォークでは、ブロックサイズが32MBまで拡大され、スマートコントラクトを導入するためのコードが追加されました。

スマートコントラクトとは、第三者機関が介入することなく、契約の履行が自動でおこなわれることです。

スマートコントラクトが導入されれば、手数料を安くおさえつつ、安全な取引ができるようになるといわれています。

 

【スマートコントラクトについてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

そもそもスマートコントラクトとは?今注目されているわけとは?

 

ビットコインキャッシュのハードフォークは、2018年の11月にも予定されています。

こうしてハードフォークを繰り返すことで、バージョンアップが進んでセキュリティ面が向上し、ハッキングなどを無効化することが期待されています。

 

また、ビットコインキャッシュがバージョンアップを繰り返しているということは、それだけトレーダーが取引をおこなっている仮想通貨の証明であるともいえるでしょう。

しかも、トレーダーが増えることでシステムは重くなるため、取引速度は遅くなる傾向にありますが、ビットコインキャッシュはハードフォークによってそのようなトラブルを解消しています。

 

2018年11月のハードフォーク完了後には、ビットコインキャッシュはさらに利便性が高まるでしょう。

ハードフォークによってトレーダーや企業にとって利便性が高まれば、今後の価格高騰も見込めると考えられています。

 

ビットコインキャッシュが今後値上がりする可能性は?

結論からいえば、ビットコインキャッシュが今後値上がりする可能性は、十分あると考えられます

 

2018年5月15日にハードフォークがおこなわれたことにより、8MBだったブロックサイズが32MBまでアップしました

さらに「Satoshi OP_codes」を追加したことで、スマートコントラクトも導入されました

これらにより、取引の利便性が上がるため、ビットコインキャッシュの価格が上昇することが考えられるのです。

 

ハードフォークをおこなった仮想通貨は、「リプレイアタック」に遭うリスクがあります。

リプレイアタックとは、ハードフォークでブロックが分岐前と分岐後の2つに分かれることを利用して、ユーザーが意図しない送金をさせることです。

片方のブロックでおこなわれた送金を、もう片方のブロックで再現(リプレイ)させ、クラッカーの口座に送金させる、というのがリプレイアタックの典型的な手口です。

 

しかし、ビットコインキャッシュは、リプレイアタックへの対策をおこなっています

そのため、ビットコインキャッシュは、多くのトレーダーにとって安心して利用することができる仮想通貨だといえるでしょう。

 

世界各国から注目されている点も、ビットコインキャッシュが値上がりするといわれる根拠の1つです。

たとえば「ViaBTC」と呼ばれる大手マイナーは、ビットコインキャッシュを基軸とした仮想通貨取引所を、2017年12月にイギリスに設立しました。

そのほかにも、中国で大手仮想通貨取引所として名高い「OKEx」では、ビットコインキャッシュを基軸とした取引板が追加されています。

 

さらに、仮想通貨関連のサービスをおこなうウェブサイト「Bitcoin.com」からは、ビットコインキャッシュのデビットカードが発行されました

デビットカードを利用することによって、日常生活のなかでビットコインキャッシュが利用できるようになります。

このように投資以外に通貨としての使い道もあるという点で、ビットコインキャッシュは今後ますます需要が高まる仮想通貨だといえるのではないでしょうか。

 

ビットコインキャッシュが今後値下がりする可能性は?

仮想通貨市場は成長途中であるため、ビットコインキャッシュは今後も値上がりする可能性を秘めています。

しかし、市場が未熟なために、ビットコインキャッシュは値下がりする可能性もあるということを忘れてはいけません。

 

仮想通貨として高度な機能を持つビットコインキャッシュですが、2018年5月15日のハードフォーク以降は、価格が下落傾向にあります。

これは、短期取引としてビットコインキャッシュの期待買いをしていたトレーダーが、15日のハードフォークのあとに決済したのが原因だといわれています。

ハードフォーク以降に値下がりしてからは大きな下落はありませんが、まだ決済していないトレーダーが残っていることも考えられるため、さらに値下がりする可能性もあるでしょう。 

 

ハードフォーク以外にも、ビットコインキャッシュが値下がりする要因はあります。

ビットコインが仮想通貨市場において非常に人気があるため、ビットコインキャッシュの存在がかすんでしまうことです。

ビットコインに対抗できるような利便性を生み出せなければ、今後ビットコインキャッシュが値下がりすることも否定できません。

 

また、仮想通貨全体への規制がおこなわれる可能性があるということも、ビットコインキャッシュの値下がりが懸念される要因だといえるでしょう。

仮想通貨はまだ未成熟な分野のため、中国での規制の例のように、今後は国内外でいろいろな法規制がおこなわれることが予想されています。

 

ビットコインキャッシュ以外の注目通貨

仮想通貨の種類

世界中でさまざまな新しい仮想通貨が誕生しているため、ビットコインキャッシュ以外にも、今後が期待されている仮想通貨はあります。

たとえば、スマートコントラクトを導入している「イーサリアム(ETH)」や、取引の処理速度の速い「リップル(XRP)」は、仮想通貨のなかでもとくに注目を集めています。

 

また、「ウェーブス(WAVES)」も、今後期待できる仮想通貨のひとつです。

ウェーブスが期待される理由は、「分散型取引所(DEX)」の基軸通貨として使われているためです。

 

従来の中央集権型の取引所では、ユーザーの資産や情報は取引所(管理者)の管理を受けていたのに対し、分散型取引所ではユーザー同士でお互いの資産や情報を管理しあいます。

ですから、分散型取引所には、「ユーザー同士で管理しあうので安全性が高い」「取引所の管理を受けないので、取引所がつぶれるリスクがない」といったメリットがあります

そのため、分散型取引所の基軸通貨に使われているウェーブスは、今後値上がりする可能性があるといわれているのです。

 

今後に期待できる仮想通貨なら、「クアンタム(QTUM)」も挙げられるでしょう。

クアンタムは、ビットコインの安定した取引性能と、イーサリアムのスマートコントラクトの、いいとこどりをした仮想通貨だといわれています。

今後クアンタムによって仮想通貨技術の底上げがされると考えられ、それがクアンタムの人気につながっています。

 

成功するトレーダーになるためには、常にアンテナを高く張って、さまざまな仮想通貨のことを知ろうとする姿勢が大切です。

ビットコインキャッシュ以外にも仮想通貨は数多くあるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、仮想通貨を利用した詐欺もあるので、その意味でもシステムや運営元についてしっかりと情報収集をすることは欠かせません。

 

【仮想通貨の詐欺についてもっと詳しく知りたい方はこちら!】↓

仮想通貨で被害に遭わないために!知っておくべき詐欺的行為と対処法​

 

まとめ 

  • ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐する形で誕生した仮想通貨である。
  • ビットコインキャッシュは、ビットコインに比べて取引の処理速度が速く、取引にかかる手数料も安い。
  • スマートコントラクトや、リプレイアタック対策の導入などによって、ビットコインキャッシュは今後価格が上がる可能性を秘めている。
  • ビットコインキャッシュ以外に、今後に期待が持てる仮想通貨には、イーサリアムやウェーブスなどがある。
  •  

    ビットコインキャッシュは、機能性が高く、将来性のある仮想通貨です。

    そのため、仮想通貨初心者でも投資のしやすい、おすすめの仮想通貨だといえます。

     

    ビットコインキャッシュの特徴を理解し、どのようなポイントが値上がりや値下がりのきっかけとなるのかを知っておけば、投資で利益を出しやすくなります。

    ビットコインキャッシュの特徴を把握して、かしこく投資をおこないましょう。

     

    GMOコイン

     

    合わせて読みたい
    エターナル

    エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

    ビットコインゴールド

    ビットコインゴールドはBTCより高性能!価格上昇のカギは取引所にある

    仮想通貨コムサ

    仮想通貨Comsa(CMS)の2019年最新情報。今後成長する可能性大です!

    最新仮想通貨記事一覧

    特徴から仮想通貨取引所を探す

    あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
    あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識