【すぐに理解!】segwitとは?仕組み・価格への影響をご紹介します!


segwitとは?

みなさん、こんにちは! 見習い投資家のカナです! 仮想通貨について調べると、否が応でも聞いたこともない言葉に出くわしますよね。 (出くわさない人はヤバいかも!) そこで今回出くわした言葉は『segwit』 もう私にはうさんくさいダイエット器具にしか聞こえません。 でも、segwitってなにやらユーザーにとってメリットが多い機能のようです!

segwitについて理解を深めるため、仮想通貨についてやさしく教えてくださるクリプト先生に『segwit』とはなにか、segwitのメリット・デメリット、仕組みを聞こうと思います。 それではクリプト先生、今日もよろしくお願いします!

 

segwitとは?

 セグウィットとはなんだろう?

こんにちは、クリプトです! 早速ですが、segwit(セグウィット)のご紹介をいたします!


segwitというのは、トランザクション(取引)のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できるトランザクションの容量を増やす機能のことです。

ブロックというのは、取引の承認や保管の役割を担っている場所です。

セグウィット根本的な理解

上にある画像の通り、トランザクションの容量を減らすことで、実質的にブロックに記録できる容量を増やすことができます。

 

勘の良い人はトランザクションの容量を減らすのではなく、「ブロック容量を増やせばいいのでは?」と思っているはずです。

しかし、単純にブロックの容量を増やすと、その前に含まれていたブロックの情報と辻褄が合わなくなり、ネットワークに障害を引き起こす原因となりえます。

また、二重使用や不正の可能性が浮上して、仮想通貨自体がブラックリスト入りする場合もあるかもしれません。


 

なるほど! だから、トランザクションの容量を減らすことにしたんですね!

 

けど、このsegwitを導入して何が変わるんですか? 投資する人にとって、あまり関係ない気がします・・・。

 

ハハハ、関係大ありですよ! 理由は後ほどご説明いたします。まずは次の章で、取引容量を減らすことのメリット・デメリットをご紹介しましょう!

 

segwitを導入するとどうなるのか?

segwitを導入するとどうなるのでしょうか。 まずはsegwit導入のメリットを見ていきましょう!

 

segwit導入のメリット

セグウィットで喜ぶ男の子と女の子

  • 取引手数料が安くなる
  • 取引の承認時間が速くなる
  • ライトニングネットワーク(少額取引を身近にする機能)を導入する上で必要な工程

 

仮想通貨の取引手数料が安くなる

取引手数料というのはブロックが作られる際に支払う必要のある手数料です。

segwitを導入することで、トランザクションの容量が減り、単純にブロック生成の個数が通常よりも少なくなります。

 

こちらは「segwitなし」のブロック生成のイメージです。

segwitなし

セグウィット取引手数料メリット

こちらがsegwitを導入したイメージです。

segwit導入

セグウィット取引手数料メリット2

segwitを導入することで、ブロック生成が実質的に少なくなります。

つまり、マイナーに支払う分の取引手数料が安くなります。

関連記事:マイナーについて

 

取引の承認時間が速くなる

取引の承認は、ブロックが作られたときに成立となります。

(不正防止の観点から6回とする人もいます)

例えば、ビットコインは10分でひとつのブロックが生成されます。

つまり、ビットコインでは10分で取引が成立することになります。

 

しかし、ブロックの生成が10分より長い時間がかかる場合もあります。

ブロック生成が10分より長い時間の場合は、トランザクションが積み重なっており、取引が立て続けに起きていることを意味しています。

 

ブロックの容量は決まっているため、取引がブロックの中に組み込まれず、次のブロック生成まで取引成立を待つ必要があります。

segwitなし

セグウィット取引メリット

しかし、segwit導入した場合はトランザクション容量が減るため、順番待ち状況に陥ることが少なくなります。

 

segwit導入

セグウィット取引メリット2

segwitを導入することで、順番待ちするトランザクションが少なくなります。

結果として取引承認時間が速くなります。

 

ライトニングネットワークを導入する上で必要な工程

ライトニングネットワーク画像

 

さきほど軽く説明しましたが、ライトニングネットワークというのは少額の支払いを可能にして、仮想通貨の支払いを身近にする機能です。

少額の支払いを立て続けに行うと、当然取引データが膨大になっていき、トランザクション混雑が予想されます。

 

しかし、segwitを導入することで、取引データを削減して、取引がより多く行われる少額支払いを身近なものとします!

後ほどご紹介しますが、segwitを導入することでライトニングネットワークの懸念点である、取引データを改ざんされ二重取引を引き起こす『マリアビリティ問題』を防ぐことができます!

 

segwit導入のメリット

  • 取引手数料が安くなる
  • 取引承認を速くする
  • 少額支払いの足掛かり

 

segwit導入のデメリット

セグウィットのデメリットでうつむく女の子

segwitのデメリットには、マイナーにとってのデメリットが多いことが挙げられます! マイナーにとってのデメリットとは、マイニング報酬の減額です。

セグウィット手数料メリット3

上の画像のように、トランザクションの容量が減りブロック生成が少なくなるため、マイナーの報酬が減ることになります。 また、マイナーが使用しているマイニングマシンを変更しなければならない場合もあるため、マイナーにとって膨大な費用がかかることもあります。

 

ユーザーにとってはメリットが多いですが、マイナーにとってはデメリットが多いんですね・・・。 segwitの特徴をだいぶ理解できてきましたけど、segwitの根本的な仕組みはどうなっているのでしょうか? Segwitの仕組みを教えていただきたいです!

 

ハハハ、わかりました! では、次の章でsegwitの仕組みを見ていきましょう!

 

segwitの仕組みとは?

 

セグウィットプログラム仕組み

 

簡単にまとめると、segwitの仕組みはトランザクション内にある容量が大きい情報Witness(署名)を取り除くことです。

※segwit のsegはsegragated(分別)の略で、segwitは署名を分別するという意味

 


witnessには、トランザクションIDが含まれています。

悪意のあるものはトランザクションIDを変更することで、送金相手や金額を変更することができます。

セグウィットトランザクションID画像

 

しかし、segwitを導入することで、トランザクションIDがあるwitnessを別のデータベースに保管することで、トランザクションIDの変更・改ざん耐性を持つことができます。

セグウィットwitness画像

 

segwitとライトニングネットワークの関係

segwitはライトニングネットワークにも有効です。

ライトニングネットワークの仕組みを簡単に説明すると、第三者を通して少額の取引を成立させる機能です。

しかし、第三者を通すことでブロックチェーン特有の効果が発揮されません。

というのも、ブロックチェーンは分散型で第三者に依存しないことが強みだからです。

 

しかし、segwitを導入することでトランザクションIDが書かれた署名が別のデータベースで保存されるため、トランザクションIDを変更することができなくなります。

これにより、第三者を通してもトランザクションIDを変更・改ざんされることを防ぎ、マリアビリティ問題(トランザクション問題)を解決することができます。

 

segwitが与える価格への影響

セグウィットが与える価格への影響

以上がsegwitの仕組みでしたが、segwitが与える価格への影響も見ていきましょう! ここでは、ビットコインとライトコインの2つのコインをご紹介していきます。

 

ビットコイン

ビットコイン球体画像

ビットコインチャート

 

2017年8/24にsegwitが導入され、同年の8/30にビットコイン価格を計測すると48,000円上向きとなっています。

 

ライトコイン

ライトコイン球体画像

ライトコインチャート

2018年4/19にsegwitが導入され、同年の4/25にライトコイン価格を計測すると3,300円上向きとなっています。

関連記事:ライトコインとは?人気の秘密をお届けします!

 

一概に、segwitのみが価格変動に影響を及ぼしたとはいえませんが、上の表を見る限り、segwit導入後は、価格上昇する傾向にあるのではないでしょうか。 segwitを導入している仮想通貨はビットコインとライトコインだけではないのでご紹介しておきます!

 

segwitを導入している仮想通貨

  • ビットコイン
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン

 

 

今後、segwit実装予定のある仮想通貨があればチェックすることにします!

まとめ

今回の記事ではsegwitについて学ぶことができました。 segwitというのは、トランザクションの容量を減らすことで、実質的なブロックサイズを上げることです。 segwitを導入することで、手数料が安くなることや取引の混雑の回避、日常レベルの取引を可能にする土台ともなります。 segwit導入が決定されると価格が上昇傾向にあるため、私も投資をするときの参考にしてみます! では本日はこのへんで失礼します!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識