今が買い時?国産の仮想通貨モナコインって将来期待できるの?


モナコインは今が買い時?

「モナコインってなに?」

「モナコインの特徴は?」

「モナコインって儲かるの?」

こんにちは、仮想通貨初心者のカナです。
仮想通貨というと外国生まれのイメージがあったので、日本産の仮想通貨「モナコイン」ってものがあるって聞いて驚きました!

みなさんこんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
たしかに、日本産の仮想通貨といわれると、どんなものか気になりますよね。

というわけで、今回はモナコインの特徴や将来性などについて、先生に教えていただきたいと思います!

 

bitbank

 

仮想通貨モナコインとは?

モナコインは、日本で初めて作られた仮想通貨です。
モナコインの発祥はインターネット掲示板です。

モナコインって、ちょっと不思議な名前ですね。
ビットコインなんかに比べると、ちょっとゆるい感じがします。

なかなか鋭いですね!
じつはモナコインの名前の由来には、掲示板で生まれたキャラクターの名前が関わっています。

 

モナコインの概要

モナコインは、「オマエモナー」というキャラクターをモチーフに、2014年1月1日に誕生しました。

発端はインターネット掲示板「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」内のチャットで、Mr. Watanabeと名乗る匿名の人物が開発しました。

このように誕生当初から掲示板というコミュニティに根ざしていたために、モナコインには熱心な愛好家やファンが多いという特徴があります。

 

モナコインが作られた当初の使用目的は、いわゆる「投げ銭」でした。

つまり、掲示板上でおもしろい発言をしたり、イラストや動画といった作品をアップロードしたりした人に対して、応援の意味を込めてモナコインを送るという使われ方を想定していたのです。

このようなオタク文化との結びつきの強さから、現在では投げ銭以外の利用法も出てきています。

たとえば、秋葉原などでは、モナコインでの決済を受け付けてくれるメイド喫茶や美容院もあるようです。

 

モナコインの特徴① SegWitの導入

モナコインに注目が集まっているのは、単に日本初の仮想通貨だからという理由だけではありません。

実は、モナコインは先進的な技術を取り入れることに積極的な通貨なのです。

そのひとつの例が、「SegWit」の導入でしょう。

 

SegWitとは、ブロックチェーン(仮想通貨の取引に使われる台帳)に記録されるデータ容量を小さくすることで、送金速度を高める技術のことです。

ビットコインでは、取引量の増加によって送金時間が遅くなる、「スケーラビリティ問題」が起こっていました。

この問題を解決する方法について、複数の提案がなされ、なかでも最有力とされていたのがSegWitの導入だったのです。

送金の遅れは利用者からの不満にもつながっていたため、ビットコインは問題解決の手段として、2017年7月にSegWitを取り入れることを決めました。

 

ところが、モナコインはビットコインよりも3ヶ月早い、2017年4月の段階でSegWitの導入をおこなっていたのです。

そのため、モナコインは「世界で初めてSegWitを実装した仮想通貨」として注目を集めました。

 

モナコインの特徴② アトミックスワップの導入

モナコインの技術的なもうひとつの強みとして、アトミックスワップが導入されている点があげられます。

アトミックスワップとは、ユーザー個人の間での取引を円滑に進めるための技術です。

 

仮想通貨取引には、取引所を利用するのが一般的です。

個人間での取引も可能ですが、遠く離れた相手と直接取引するのには高いリスクがともないます。

先にこちらが送金を行うと一方的に持ち逃げされてしまう危険性があるためです。

 

しかし、取引所を通じた取引が万全であるというわけではありません。

そもそも通常でも取引所の利用には手数料がかかりますし、取引所そのものがなにかのトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

 

アトミックスワップは、そうした問題を技術的に解決するもので、取引所などの第三者を仲介しなくても安全に通貨の交換が可能になります。

今後、仮想通貨の普及が進んでいくなかで、個人間の取引が安心かつスムーズにおこなえるようになるのは重要なことでしょう。

 

ちなみに、アトミックスワップを導入しているのはビットコインやライトコインといった一部の仮想通貨だけであり、モナコインの技術面はそうした通貨と十分に張り合えるものとなっています。

 

モナコインの特徴③ 根強いコミュニティが基盤にある

モナコインは、発祥地の2ちゃんねるが抱える「匿名の掲示板のために、おもしろいコンテンツの提供者を支援できない」という問題を解決するものとして生まれました。

仮想通貨であれば、匿名性を守りつつ、コンテンツ制作者への投げ銭として利用できるからです。

このように「インターネット掲示板から生まれた」という経緯があるため、モナコインには多くの熱心なファンがいるという特徴があります。

さらに、投げ銭という明確な目的を持って作られた点も、利用者の間にある種の共感を生む理由になっていると考えられます。

 

ネット掲示板発祥ということで、モナコインの大きな支持層となっているのは、やはりオタク文化に馴染みのある人々です。

現在では投げ銭だけでなく、モナコインを支払うことでサービスの提供を受けられるサイトなどがあり、愛好家たちによるやりとりが活発になっています。

また、ネット上だけでなく、同人誌即売会の「コミケ(コミックマーケット)」や秋葉原といったリアルな場所でも、モナコインによる決済が可能になってきているようです。

さらに、モナコインを象徴する少女キャラクター「モナコインちゃん」まで作られ、モナコイン界隈で人気となっています。

 

モナコインのメリットとデメリット

モナコインのメリット・デメリット

日本で最初に生まれた仮想通貨であるモナコインには、他の仮想通貨にはない特徴やメリットがあります。

しかし、良い面ばかりではなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

モナコインを購入する前に、まずメリットとデメリットについて知識を深めましょう。

 

モナコインのメリット

モナコインのメリットは、実際の決済に利用できる点です。

コミックマーケットなどの同人誌即売会だけではなく、メイド喫茶や美容院、PCショップなど実店舗での利用も拡大しています。

普段の生活に仮想通貨が使えたら、財布を持ち歩いたり、小銭をやりとりしたりする必要がなくなって、より生活が便利になるでしょう。

 

現在、仮想通貨の多くは投資のために取引されることがほとんどで、通貨としての利用方法が整っているものは多くありません。

それに対して、モナコインは開発当初から投げ銭という利用目的が決まっていたので、Twitterを使ってモナコインを送金できる「tipmona」や、イラスト・漫画といったデジタルコンテンツが購入できる「Monappy」など、実際の決済以外にウェブ上のサービスも充実しています。

そのため、モナコインの購入者には、通貨として使用することを意識している人も多いのです。

 

モナコインのデメリット

モナコインにとくに目立ったデメリットはありませんが、あえて挙げるなら少し知名度が足りていないという点でしょう。

オタク文化とは縁が深いものの、日本国内での人気はごく一部であり、海外においてはほとんど知られていません。

モナコインで決済できるお店も、秋葉原など一部に集中しているなど、普及が進んでいるとはいえない状況です。

 

SegWitを初めて導入した仮想通貨として、一時的に注目を集めたり価格が高騰したりした場面もありました。

しかし、2018年現在では、ビットコインを含め複数の仮想通貨が実装しているため、モナコインだけの特徴になっていません。

機能性という点では、他の仮想通貨に負けるものではないものの、モナコインだけが持つ特徴というのも挙げられない状況です。

 

ただ、それでもモナコインには根強いファンがたくさんいます。

それは、単にネット掲示板発祥だからというだけでなく、モナコインの今後に期待しているからでしょう。

 

モナコインを利用できる独自のサービス

他の仮想通貨に比べて、モナコイン自体に独自の機能があるとはいえません。

しかし、インターネット上では、モナコインを通貨として利用するための独自のシステムが構築されています。

 

たとえば、そのひとつは「tipmona」というサービスです。

tipmonaを使うと、Twitter上で手軽にモナコインの送金をおこなうことができます。

モナコインを送受信する両者がTwitterのアカウントを持っているだけで、モナコインをやりとりできるようになるからです。

tipmonaを使った送金は、タイムライン上でのコミュニケーションに対するお礼や、おもしろい企画が立ち上がったときの募金などに利用されています。

 

tipmonaのほかに、「Monappy」というサービスもあります。

Monappyは、モナコイン用のオンラインウォレット(ネット上で仮想通貨を保管するための財布のようなもの)を提供するサイトです。

Monappyのオンラインウォレットを使えば、ユーザー同士ならモナコインの送受信が一瞬で完了し、送金手数料がかかりません。

 

しかも、Monappyには投げ銭としての機能もあり、SNSのように記事や写真、イラストなどを投稿すると、気に入ってくれた人からモナコインがもらえるという機能も備えています。

さらに、モナコイン決済でデジタルコンテンツ制作の依頼を受けたり、グッズなどの販売をしていたり、Monappyではほかにもさまざまなサービスを提供しています。

 

このように、モナコインを単なる投資対象としてではなく、実際に利用してコミュニケーションの輪を広げようとする活動が続けられています。

ビットコインのように爆発的に普及はしていないものの、少しずつ着実にモナコインのファンが増えているのは間違いないでしょう。

 

モナコインのチャートに大きな動きを与えたニュース

モナコインのニュース

モナコインが市場からどのように評価されているのかを知るには、実際のチャートを見てみるのが一番でしょう。

モナコインは市場での取引が始まってから2017年まで、あまり大きな値動きを見せることはありませんでした。

状況が変わったのは、2017年4月に、世界で初めてSegWitの導入が決まったタイミングです。

 

決済速度の改善案として最有力とされていたSegWit実装のニュースが注目を浴び、それまで1MONA=5円前後で推移していた価格が、一気に24円まで跳ね上がりました。

一時的な高騰だったため、すぐに値下げしましたが、その後は15円程度の価格が続いていきます。

 

また、2017年7月にはモナコインが「半減期」を迎えたことが影響して1MONA=90円まで上昇しました。

半減期とは、マイニングによる報酬が半分になるタイミングのことです。

半減期を迎えると、新たに供給される仮想通貨が減少するため、モナコインのように価格が上昇する傾向があるのです。

 

【マイニングについてくわしく知りたいかたはこちら!】↓

仮想通貨のマイニングをやさしく説明!仕組みからマイニング方法まで!

 

その後、2017年12月には国内最大級の仮想通貨取引所であるビットフライヤーへ上場し、モナコインの取り扱いが始まりました。

この時点で価格が急騰して280円に至りますが、さらに仮想通貨市場全体の活況が重なったことで、最終的には1MONA=1800円を超える大暴騰へとつながっていきました。

 

それからは、市場全体が低調になり、2018年6月現在は1MONA=300円前後の価格が続いています。

 

モナコインの今後

モナコインの今後

投資で損をしないように、購入する前にモナコインが持つ特徴やメリット・デメリットなどを理解するのは大切です。

ただ、現在の状況だけではなく、今後の展望についてもきちんと考える必要があるでしょう。

 

モナコインには、機能面やコミュニティとの結びつきなど期待を持てる面がある一方で、支持層にかたよりがあって普及がなかなか進まないという面もあります。

この先モナコインが大きく人気を集め、多くの人が利用する仮想通貨になる可能性はあるのでしょうか。

現状から見えてくるモナコインの将来像について解説していきます。

 

モナコインの将来性

モナコインはネット掲示板から誕生したため、オタク文化との結びつきが強い仮想通貨です。

日本が発信する漫画やアニメといったデジタルコンテンツと関わっている以上、そうした市場が広がることでモナコインへの注目が集まる可能性はあります。

クールジャパンに代表されるように、日本のコンテンツの質は海外でも評価され始めているため、モナコインがそうした波に乗って普及するという将来性は否定できません。

 

また、2017年末に国内最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーで取り扱いが始まったように、これから国内外問わず取引所への上場が進むことも考えられます。

そうなれば、モナコインが取引される量が増えるため、再び価格が高騰する可能性もあるでしょう。

 

モナコインは熱烈に支持する人たちがいて、独自の利用方法も確立された仮想通貨ですから、少なくとも簡単に消えてしまうということはないはずです。

仮想通貨全体の存在感が高まるなかで、モナコインが大きく注目を集めるチャンスもあるでしょう。

今後の動向について注目するだけの価値はあります。

 

具体的な価格予測

特別なイベントが予定されているわけではないので、2018年6月現在では、モナコインの価格が大きく上昇する可能性は少ないでしょう。

むしろ、仮想通貨全体の価格が停滞あるいは低調な状況からすれば、しばらくは価格を維持できるかがポイントになりそうです。

もともと一気に普及させるというよりも、同じような趣味や活動領域を持つ人々の間で流通していた仮想通貨ですから、動きが小さいこと自体は問題ではないでしょう。

 

また、モナコインは取り扱われている仮想通貨取引所の数がそれほど多くない点も重要です。

それも価格低調の原因のひとつだといえますが、逆に大手取引所や有名取引所などへの上場が決まれば、価格が上昇することも期待できます。

 

2017年末には、1,800円を超える値をつけたという実績もありますから、新たな取引所での取り扱いが始まれば、それをきっかけに価格が2,000円程度まで上がっていく可能性もあるでしょう。

少なくとも、モナコインに興味がある人は、しっかりと情報を集めておくことをおすすめします。

 

モナコインの入手方法

モナコインを手に入れる方法はいくつかあります。

おもに、「マイニング」「投げ銭」「購入」の3つです。

 

1つ目は、マイニングの報酬として入手するというものです。

モナコインは一般的なパソコンでもマイニングが可能ですから、マイニングに参加すること自体はそれほど難しくはありません。

ただ、きちんとした設備などを整えないままマイニングを始めても利益が出ないか、あるいは赤字になってしまう可能性もあります。

 

2つ目は、Monappyやtipmonaを利用して、すでにモナコインを持っている人から投げ銭(送金)してもらうというものです。

しかし、イラストや文章が書けたり、おもしろい写真や動画が撮れたりするといった技術がないと、なかなかモナコインを送ってもらうのは難しいはずです。

 

3つ目は、取引所を利用して購入するというものです。

この方法なら、取引所のアカウントを作ってしまえば、好きな時に好きな量のモナコインを手に入れられます。

マイニングや投げ銭で手に入れるのとは違い、購入するための現金を用意しなければならないものの、それ以外の手間がほとんど必要ないのは利点でしょう。

「とりあえずモナコインを持っておきたい」という人なら、取引所の利用がおすすめです。

 

モナコインを購入できるおすすめの取引所

パソコンと紙

モナコインが購入できる国内の取引所としては、ビットバンク、ビットフライヤー、ザイフなどがあります。
一部業務改善命令を受けているので、今回は2018年7月時点で登録することが可能な取引所をご紹介していきますね。

 

ザイフ

Zaif(ザイフ)は、モナコインが最初に上場を果たした国内仮想通貨取引所です。

もっとも大きな特徴は各種トークンの取引をおこなっている点でしょう。

トークンとはビットコインのブロックチェーンを利用して作られた独自の仮想通貨です。

イーサリアムなどのアルトコインとは違い、独自のブロックチェーンを持っていないものの、代わりにビットコインの特性を受け継いだ仮想通貨として流通しています。

 

ザイフ自身が発行しているトークンを含め、複数銘柄を取り扱っていて、ほかの取引所ではほとんど取引できません。

これらのトークンを売買できるのはザイフを利用するメリットでしょう。

 

また、モナコインを含めた仮想通貨については5銘柄が上場しています。

モナコイン・ビットコイン・ネム・ビットコインキャッシュ・イーサリアムの取引に対応していて、それぞれ日本円との交換ペアがあるのは魅力でしょう。

 

手数料の安い取引所形式で取引ができるため、初心者から経験者まで人気の高い取引所です。

 

※1

2018年10月、ザイフはフィスコに事業譲渡をおこないました。

そのため、新しくザイフの口座を開設することはできません。

 

※2

ビットバンク、ビットフライヤーは7月に業務改善計画を提出し、口座の新規登録を再開しています。

ビットバンクやビットフライヤーの特徴について知りたい方は、詳しくは以下の記事をご覧ください。

今が買い時?国産の仮想通貨モナコインの今後は?#8.モナコインを購入できるおすすめの取引所

 

bitbank

 

 

モナコインの保管におすすめのウォレット

パソコンと鍵

仮想通貨を手に入れるにあたっては、仮想通貨を保管するためのウォレットを用意する必要があります。

ウォレットとは個人の財布のようなもので、取引所の口座でそのまま保管するよりも安全に仮想通貨を保管できるといわれています。

 

仮想通貨取引所を利用する場合、ウェブウォレットといって取引所内にウォレットの機能が含まれることもあるようです。

モナコインを保管できるウォレットであれば、ビットフライヤーのウェブウォレットは安全性が高く、安心して預けておけるでしょう。

 

また、モナコイン公式が推奨しているソフトウェアウォレット(パソコンにアプリとしてインストールするウォレット)には「Monacoin core」があげられます。

ソフトウェアウォレットはウェブウォレットよりもセキュリティが高いとされているため、安全面を重視するならこのアプリで満足できるはずです。

 

さらにソフトウェアウォレット以上の安全性を求めるなら、ハッキングやウイルスの心配がないハードウェアウォレットを手に入れるという方法もあります。

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するための電子機器であり、ネット回線から完全に遮断された状態で仮想通貨を管理できるウォレットです。

頻繁に取引するのではなく、長期的な所有を考えている人にも向いていて、モナコインに対応したハードウェアウォレットのなかでは「TREZOR」が有名です。

 

TREZOR(トレザー)

 

ウォレットの種類にはそれぞれの利点がありますから、仮想通貨取引に対するスタンスなどを考慮して選ぶようにしましょう。

 

【ウォレットについてもっとくわしく知りたいかたはこちら!】↓

仮想通貨はウォレットのおすすめとは?最適なウォレット選びが大切!

 

まとめ

  • モナコインは、ネット掲示板から生まれた、日本初の仮想通貨。
  • モナコインの特徴は、新しい技術を積極的に取り入れていることと、根強いコミュニティが基盤にあること。
  • モナコインのメリットは、投資だけでなく通貨として利用できること。
  • モナコインのデメリットは、知名度が低いこと。
  • 結びつきの強いオタク界隈での普及や、今後取り扱う取引所が増えることで、モナコインの価格が上がる可能性がある。

今日はモナコインについて勉強してきましたが、いかがでしたか?

モナコインが今後どう世の中の役に立つのか、そのときにどれだけ価値が上がってるのかがすごく楽しみです!
今のうちに購入しておこうかなって思いました!

でも、投資に絶対はありませんからね。
必ず予想通り価格が上がるとはかぎらないので注意ですよ!

あ、そうですよね。
気を付けなきゃ。
先生、今日はどうもありがとうございました!

合わせて読みたい
エターナル

エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドはBTCより高性能!価格上昇のカギは取引所にある

仮想通貨コムサ

仮想通貨Comsa(CMS)の2019年最新情報。今後成長する可能性大です!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識