ライトコインの人気はなぜ上がっているのか?秘密を徹底解明


ライトコイン

みなさん、こんにちは! 仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです ! 「ライトコインは実用的に使えるの?」 「将来性はある?」 といった疑問を解消するため、本日はライトコインの特徴、実用性、将来性などを取り上げました!

 

現状のライトコインの使用使途や、ライトコインを購入して大丈夫なのか詳しくご紹介します。

みなさんがライトコインを購入するかどうかの判断材料にしていただければと思います!

 

それでは、まいりましょう~

 

ライトコインとは?

ではライトコインとはいったいどんなものなのか?

まずは基本情報から見ていきましょう。

 


■ライトコイン基本情報

通貨名 LTC
ライトコイン時価総額 ¥397,546,382,657 第6位
取引高 ¥40,137,225,871
運営開始時期 2011年10月8日
ブロック生成速度 2.5分
送金手数料 30円

※2018年8月現在


ライトコインとは、元Googleエンジニアのチャーリー・リーが開発した仮想通貨です。 基本的な技術仕様は、ビットコインと同じで、非中央集権型の仮想通貨です。

 

開発者のチャーリー・リーは、ビットコインの欠点を補足する目的でライトコインを開発したと述べています。 ビットコインの欠点には、取引の承認速度に関わるスケーラビリティ問題などがあります。

 

ビットコインの欠点を補足するコインということで、ライトコインは、ビットコイン保持者からの人気が高いそうです。

 

また、ライトコインとビットコインは関係性が深いため、ビットコインの値動きとライトコインの値動きは類似しています。

ビットコインを基に作られたライトコインですが、次の章では、ライトコインの特徴について見ていきましょう!

 

ライトコインの特徴

ライトコインの特徴イメージ

 

ライトコインの特徴は、以下の通りです。

ライトコイン 特徴

■ブロック生成速度の速さ

■セグウィット導入

■ライトニングネットワーク導入

■取引量が多い

 

ブロック生成速度の速さ

ブロック生成速度は、取引の承認速度を表します。

ライトコインは、1ブロック2.5分とビットコインの10分と比べ、4倍のブロック生成速度です。

ライトコインの開発者側は、ライトコインが日常生活に使われてほしいと言及しています。

 

セグウィット導入

セグウィットというのは、取引の容量を圧縮することです。

取引情報が収められるブロックチェーンには容量があります。

取引の容量が圧縮されると、ひとつのブロックに多くの取引を収めることができます。

セグウィットを導入することで、取引の滞りを減らし、取引をスムーズに行うことができます。

また、マイニングという取引承認の作業が少なくなるため、取引手数料が安くなります。

マイニングとは?

 

ライトニングネットワーク導入

ライトニングネットワークとは、本来のブロックチェーンとは別のチェーンで取引を格納し、その後、取引をまとめて本来のブロックチェーンに格納する仕組みです。

ライトニングネットワークを導入することで、少額で頻度の多い取引ができるようになります。

というのも、少額で頻度の多い取引を1回1回行うと、手数料が決済金額を上回り、金額が膨大になる場合があります。

ライトニングネットワークとは?

 

取引量が多い

取引量が多いことは、ライトコインのネットワークに多くの人が参加しているといえます。

取引量が多いほど、売買がスムーズに行え、取引が成立しやすくなります。

 

ビットコインとの違い

ライトコインとビットコインを比較した画像

 

ここで情報を整理しておきましょう。 ビットコインと、ライトコインの違いを表でまとめてみました。

 

  ライトコイン ビットコイン
発行上限 8,400万枚 2,100万枚
現在の発行枚数 約5,700万枚 約1,700万枚
ブロック生成速度 2.5分 10分
送金手数料 約30円 約2,000円
運用開始時期 2011年10月7日 2009年1月3日
時価総額 ¥397,546,382,657 ¥12,303,878,496,062
初期ブロック報酬 50LTC 50BTC
現在ブロック報酬 25LTC 12.5BTC
1コイン価格 約7,000円 約740,000円

※2018年8月現在

ビットコインと比較して見ると、ライトコインの特徴がよくわかるのではないでしょうか。
次に、ライトコインがわたしたちの生活にどのような影響を与えてくれるか見ていきましょう!

 

ライトコインの実用性

ライトコイン実用性

ライトコインの実用性は、以下の通りです。

ライトコイン 実用性

■LitePay(ライトペイ)

■LitePal(ライトパル)

■AliantPaymentSystemのライトコイン決済

 

LitePay ※運営終了

LitePayというのは、ライトコインを使った即時決済サービスです。

LitePayの導入は、ライトコインの実用性も高まり、ライトコインの価格上昇のきっかけとなりました。

しかし、ライトコイン財団は、2018年2月にLitePayの運営を開始してからまもなく、3月にLitePayの運営終了を発表しました。

原因としては、ライトペイのこれまでの資金の使途に関する説明がないことが理由と言われています。

ライトペイの終了は、ライトコインの値動きに影響し、大きな価格減少を招きました。

 

LitePal(ライトパル)※開発中

LitePalというのは、ライトコインの新しい決済導入サービスです。

基本的には、PayPal(ペイパル)と同じ仕組みで、お店側にカードの情報を伝えず、LitePalが代理で支払います。

LitePalが誕生することで、オンライン上で「受け取り」「支払い」が迅速に安全にできるようになります。

現在は開発段階ですが、開発側は、LitePalが完成に近づいていると言及しています。

 

AliantPaymentSystemのライトコイン決済

アメリカのクレジットカード処理業者のAliant Payment Systemが提供している仮想通貨の決済方法として、すでに導入しているBTC,ETHに加え、ライトコインを導入するとしました。

決済方法としてライトコインを導入することで、カフェやガソリンスタンドなど、日常的に使える範囲が広がります。

つまり、ライトコインの決済がより身近になるということです!

 

現状は、ライトコインの支払いを認可している店舗が少なく、実際に決済として利用するにはまだ時間がかかりそうです。
しかし裏を返せば、ライトコインの発展次第では、決済できる範囲がすぐに拡大するということでもあります。

次の章では、ライトコインが発展するかどうか将来性を見ていきましょう!

 

ライトコインの将来性

地球と宇宙のイメージ

ライトコインの将来性は、以下の通りです。

ライトコイン 将来性

■コミュニティ強い(海外)

■4大仮想通貨のひとつ

■開発にフルタイムでいそしんでいる

 

コミュニティが強い(海外)

Facebookや海外の投稿サイトRedditでは、ライトコインのコミュニティが活発です。

ライトコインのコミュニティは、日本より海外で人気が高く、海外ではライトコインのコミュニティが数多く存在します。

コミュニティが強いほど潜在的に高い成長力を持つため、今後に期待が持てる仮想通貨であると言えます。

モナコインやドージコインといった仮想通貨もコミュニティが強く、今日の発展に至ります。

 

4大仮想通貨のひと

日本へ進出を決定した海外大手取引所のCOINBASEが扱う4つの仮想通貨として、ライトコインはその位置を占めています。

大手の取引所が基軸通貨として扱うことで、仮想通貨投資を行う人にとっては、否が応でもライトコインの名前が目に留まります。

 

開発者がフルタイムで開発にいそしんでいる。

開発者のチャーリー・リーがフルタイムでライトコインの開発に時間を当てています。

また、ビットコインのコア開発者もライトコインの開発に関与しているため、ライトコインの将来性に期待が持てそうです。

 

上でご紹介した将来性のほかに、ライトコインの値動きを左右する半減期もあります。
半減期は2019年ごろ発生し、通貨供給が少なくなるため、理論上、ライトコインの価格は上昇します。
ライトコインに興味が出てきましたら、次の章へどうぞ!

 

ライトコインを購入できる取引所

取引所のビルの画像

 

ライトコインを購入できる取引所は、ビットフライヤーがオススメです!

 

ビットフライヤーの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

ビットフライヤー 特徴

■大手の損害保険会社と提携しており、資産保護対策がある

■ユーザー数・資本金ともに国内1位の規模

■不正ログインの保証サービスを導入している

■最先端のセキュリティ制度

 

登録がまだの方は、すぐに仮想通貨が購入できるよう、開設しておくのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

今回の記事で取り上げた、主要なポイントをまとめました。

 

ライトコイン ポイント

■ライトコインは、ビットコインを基に設計される!

■ライトコインは、取引承認速度がビットコインの4倍!

■ライトコインは、手数料が30円と安く、日常的に使用できる!

■ライトコインは、ライトニングネットワークを導入しており、少額で頻度の多い取引ができる!

 

ライトコインに魅力を感じたら、ライトコインを購入してみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読みたい
マナ

仮想通貨のマナはゲームで使う!楽しみながら投資できる仮想通貨!

おすすめの仮想通貨

仮想通貨を比較!おすすめの5選ピックアップ!【2019年最新版】

2019年仮想通貨はどう動く?

2019年こそ仮想通貨の年?期待の3通貨の来年を予想してみた!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識