ビットフライヤーの使い方を徹底解説!アプリやFXも把握しよう


bitflyerビットフライヤーの使い方

ビットフライヤーはTVCMでも流れていたため、仮想通貨の未経験者にもなじみのある仮想通貨取引所ではないでしょうか。

仮想通貨の取引を検討している人のなかには、「ビットフライヤーを利用してみたい!」と考えている人もいると思います。

中には、ビットフライヤーの使い方がわからない人もいらっしゃるでしょう。

そのような人に向けて、この記事ではビットフライヤーの登録方法から使い方までわかりやすく詳しくご紹介していきます。


 

みなさん、こんにちは!
仮想通貨投資大好き系の女子、カナです。

私もビットフライヤーの使い方がわかりませんので、仮想通貨のプロフェッショナルであるクリプト先生に聞いてみましょう!
それでは、本文へどうぞっ!

ビットフライヤーの概要と特徴

bitflyerビットフライヤー仮想通貨取引所

 

こんにちは!
仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。

先生!!
ビットフライヤーってどんな取引所なんですか?

ユーザー数と取引量が日本最大規模で、国内でも信頼性の高い仮想通貨取引所です。
大企業の株主からも多く出資を受けており資本金も日本一ですから、安心して取引ができる取引所といえます。

そんなにすごい取引所なんですね!
TVのCMでも大々的に流れていたので、気になっていました

ユーザー数も多く、ビットフライヤーは利用しやすい取引所と評判です!
カナさんのような初心者向けの取引所といえるでしょう。

へぇ~!
ますます興味が沸いてきました!
ビットフライヤーは、取引をするときの手数料はかかるんですか?

アカウント作成やビットコイン・アルトコインの売買の手数料は無料です。
手数料がかかる仮想通貨でも、0.01~0.2%くらいなので比較的安い手数料で利用することができます

手数料ってそんなに安いものなんですね!!
取り扱いの仮想通貨の種類は多いんでしょうか?

2018年8月の時点で、ビットコインやイーサリアムをはじめ7種類の仮想通貨を取り扱っています。

ふむふむ。
チャートの使い方や見方に自信がないのですが、どうすればいいでしょうか?

ビットフライヤーは、チャートが見やすいことでも人気です!

そうなんですか!?
それなら、私にも始められそうですね。

 

ビットフライヤーの使い方

ビットフライヤー使い方

 

ビットフライヤーは日本国内でも多くのトレーダーが利用している信頼性の高い取引所ですから、仮想通貨初心者にもおすすめです。

アカウントの登録方法や入金方法なども手順通りに行えば、時間をかけずに簡単に行うことができるでしょう。

まずはアカウントを登録して少額から取引を開始してみることもおすすめです。

ここでは、ビットフライヤーの使い方や入金・出金方法などをわかりやすくご説明します。

 

2-1.登録の方法

 

  1. ビットフライヤー公式サイトにアクセス
  2. トップページのメールアドレス記載欄に自分のメールアドレスを入力して「アカウント作成」をクリック 
  3. 届いたメールに記載されているキーワードを入力し、再度公式サイトから「アカウント作成」をクリック
  4. 利用規約やプライバシーポリシーについての確認事項のページの項目を確認し、4項目にチェックを入れてから「bitFlyerをはじめる」をクリック
  5. 「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックし、氏名や生年月日などの個人情報を入力 
  6. 個人情報を入力完了後、「続けてご本人確認資料を提出する」をクリック
  7. 本人確認書類で使用する身分証明書は、運転免許証や健康保険証などのなかから選び写真撮影する。 

 


◆アカウント登録時のポイント

※セキュリティ面を強化するために「Facebookでアカウント作成」は使用しない

※入力する情報は、本人確認書類の提出に使用する免許証やマイナンバーカード、パスポートなどと内容が相違ないか確認する

(入力する個人情報と書類の内容が異なる場合、登録が完了できないケースも発生するため)

※写真を撮るときは、明るいところで鮮明に書類が写るように注意する

(本人確認書類の画像が鮮明でない場合、再提出を求められるケースもあります)


 

ふむふむなるほど。
登録が完了出来たら、次は入金ですね!

はい!
早速、入金方法を見ていきましょう!

 

2-2.入金の方法

 

  1. ホーム画面の左側のバナーにある「入出金」をクリック
  2. 入金方法を選ぶ画面が出てきたら、入金方法を自分で選択
  3. インターネットバンキング・銀行ATM・コンビニ入金のいずれかを選択する。
  4. 「お客様用日本円振込先」を確認後、入金したい金額を入力する。

 


◆入金時のポイント

コンビニ入金やインターネットバンキングなどを利用して最速で入金したい人は、「クイック入金」を選択

( 24時間365日入金可能で、1件あたりの手数料は、324円)

銀行振込で入金したい人は、「日本円ご入金」をクリックし銀行口座の登録を行ってから入金する


 

登録した口座名義や口座番号と実際の銀行口座情報に間違いがなければ、最短で当日中に入金は完了します。

最長でも翌営業日のうちに銀行口座情報の確認が完了してから入金されますが、入金が反映されない場合は公式サイトから早めに問い合わせるようにしましょう。

本人ではない第三者名義では、入金することができません。

 

2-3.出金の方法

 

  1. 公式サイト左側のバナーにある「入出金」を選択
  2. 「日本円ご出金」をクリック
  3. すでに銀行口座の登録が済んでいる人は「この銀行口座にご出金」をチェック
  4. 「ご出金額」に金額を入力したうえで「日本円を出金する(取消不可)」を選択する

 

銀行口座の登録が済んでいない人は「銀行口座情報を追加する」から口座情報を登録し、登録後に出金ができるようになります。

 


◆出金時のポイント

二段階認証をしておくことでセキュリティはより強固となるため、出金前に設定しておくようにしましょう。

 

出金の際は三井住友銀行を利用すると手数料を抑えられます。

出金先銀行が三井住友銀行の場合は3万円未満の出金をすると手数料が216円、3万円以上の出金をすると手数料が432円かかります。

出金先銀行が三井住友銀行以外の場合は3万円未満の出金で手数料が540円、3万円以上の出金で手数料が756円かかります。

 

銀行営業日の午前11時30分までに日本円で出金依頼をした場合は、原則として当日中に着金します。

それ以降に出金した場合は、翌銀行営業日となるので覚えておきましょう。


 

入金と出金方法がわかれば、あとは取引の方法ですね!
先生!!
教えてください!

お任せください。

 

2-4.取引の方法

 

ビットフライヤーで仮想通貨の取引をする場合、販売所か取引所のページにアクセスします。

ビットフライヤーには「簡単取引所」「bitFlyer Lightning」があります。

 

簡単取引所では通常の取引を行うことができます!

 

bitFlyer Lightningは通常の取引とレバレッジを効かせた取引の両方が可能です。

初心者は、レバレッジ取引ではなく通常の取引から始めることをおすすめします。

また、取引所と販売所では取り扱い仮想通貨が異なるため、利用する前に確認するようにしましょう。

販売所ではビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュを取引することができ、取引所ではビットコインのみの取引が可能です。

 

取引所では、トレーダー同士の売却希望額と購入希望額が一致することで取引は成立します。

売り買いの注文が記載された板を参考にしながら、価格設定をしましょう。

取引所は必ず希望額で取引ができるとは限りませんが、販売所よりも安い価格で仮想通貨を購入することが可能です。

 

販売所から取引をする際は、「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」のどちらかを選択します。

購入したい仮想通貨の数量を入力すると、自動で日本円の参考総額が表示されます。

入力内容に問題がなければ「コインを買う」をクリックし、注文実行画面で「注文実行」を6秒以内にクリックしましょう。

 

だんだん取引所と販売所の違いがわかってきましたっ!

ハハハ!
それはよかったです。
お次は送金方法です。

 

2-5.送金の方法

 

  1. まず送金先アドレスを取得する
  2. 送金先アドレスを取得後、ホーム画面の左側にある「設定」のタブをクリック
  3. 「外部ビットコインアドレスの編集」を選択し、外部ビットコインアドレスを入力する欄に送金先のアドレスを入力
  4. 「送付数量」に送金したいビットコインの数量を入力し、「ビットコイン外部送付」をクリック

 


◆送金時のポイント

「ビットコイン外部送付」をクリックする前に、送金先アドレスなどの入力内容に間違いがないか、再度確認するようにしましょう。

この操作まで進んだ場合、基本的に取引を取り消すことはできません。


 

送金手数料はビットコインの場合は0.0004BTC、イーサリアムの場合は0.005ETHと、仮想通貨の種類によって異なります。

ビットフライヤーは送金をする際に支払う手数料が多くなるほど、早く仮想通貨が送金されるシステムになっています。

 

通常の取引であれば、「優先度」は追加手数料がかからない「普通」を選択するようにしましょう。

送金が承認待ちのまま1日以上経過している場合は、ビットフライヤーのサポートセンターへ問い合わせることをおすすめします。

 

2-6.チャートの見方や使い方

 

先生
チャートの見方が難しくて全然わかりません。
チャートの見方と使い方を教えてください。

まずビットフライヤーにログインして、左側にある『売買』カテゴリーのなかの『ビットコイン・アルトコイン販売所』か『ビットコイン取引所』を選択しましょう。
次に表示される山のようなグラフがチャートです。

チャートが表示されました!

チャートが表示できたら、チャートの左上にある『日』『週』『月』『All』をクリックしてチャートを見てみましょう。
マウスでチャートをなぞることで『仮想通貨の価格(曜日つき)』も表示されます。
投資方法が短期か長期かによって、チャートの見方に違いもあります。

長期か短期かで変わるんですか?

はい!
短期の投資なら『日』などの短い期間のチャートに注目し、長期の投資なら『週』や『月』単位のチャートに注目してみるようにしましょう。

 

ビットフライヤーを使ってみよう

ビットフライヤーを使ってみよう

早速ビットフライヤーを使って取引を始めようと思います!

ちょっと待ってください。
取引を始める前に、カナさんは販売所と取引所の違いを理解していますか?

ぶっちゃけ、はっきり理解してません。
仮想通貨の取引をできるなら同じでしょう?

仮想通貨の取引ができるのは正解ですが、販売所と取引所には違いがありメリットも異なります。
ビットコインを安く購入したい場合には、取引所がおすすめです!

取引所では、なぜ安くビットコインを購入できるんですか?

それは、取引をする相手がトレーダー同士で、購入希望価格や売却希望価格を自分で決められるからです。
少しでも安く仮想通貨を購入したい人には取引所を利用することがおすすめです!

それでは、取引所でビットコインを購入してみようと思います。
どうすれば取引所でビットコインを購入できますか?

ビットコイン売買画面から残高を確認して、購入したいビットコインの数量を入力して『コインを買う』ボタンをクリックするだけなので簡単に購入することができますよ

 

3-1.販売所と取引所がある

 

ビットフライヤーには、販売所と取引所があります。

 

販売所とはビットフライヤーと日本円で直接取引できる場所、取引所はユーザー同士で仮想通貨の売買ができる場所です。

販売所では、取引所の最低価格よりも3~5%ほど高い価格で仮想通貨が販売されていますが、確実に売買することが可能なので売り切れてしまう心配がありません。

売買のタイミングを逃さず素早く取引をしたいトレーダーは販売所を利用すると良いでしょう。

 

手数料は販売所ではかかりませんが、取引所ではビットコインで0.01〜0.15%、アルトコインで0.2%の手数料がかかります。

取引所も販売所も使い方に大きな違いはありません。

 

取引所では、ユーザーの「売りたい額」と「買いたい額」が一致することで取引が成立します。

そのため、販売所よりも安く仮想通貨を取引することが可能ですが、売買希望額が一致しない場合は取引ができず取引のタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。

 

ビットコインを安く購入したい場合は取引所を利用し、イーサリアムやライトコインなどのアルトコインを購入したい場合は販売所で購入することがおすすめです。

取引が早く確実である販売所は、多くの量の仮想通貨を一定の価格で一気に売買したいトレーダーがよく利用します。

反対に、取引所では売買できる数量に上限があるため、少量の仮想通貨を安く売買したいトレーダーから人気を集めています。

 

購入価格と売却価格との差のことを「スプレッド」といいますが、取引所と比べると販売所ではスプレッドが広いことが特徴といえるでしょう。

 

3-2.販売所での取引方法

 

  1. ビットフライヤーのトップページで「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログイン
  2. トップページの左側にある「ビットコイン販売所」をクリック
  3. 画面のほぼ中央にあるのが、ビットコインの購入・売却数量の入力欄です。希望する数量を入力します
  4. 入力内容に間違いがないかを確認して、「コインを買う」または「コインを売る」をクリック
  5. 注文実行画面に移行しますが「注文実行」を6秒以内にクリックしなければ注文は完了しません。

 

◆販売所での取引ポイント

取引後は資産状況と残高に取引内容が反映されているか確認することが大切です。

ビットコイン販売所の最小購入単位は0.00000001BTC(約0.0068円)であるため、少額から取引を始めることができます。

 

購入価格と売却価格には差がありますが、取引所よりも販売所のほうが差の大きいことに気づくでしょう。

つまり、販売所で少額を何度も取引していると、購入価格と売却価格の差額を何度も支払うことになります。

そのため、販売所ではまとまった額を一度に取引したほうが得策です。

 

3-3.取引所での取引方法

 

  1. トップ画面からログインして、「ビットコイン取引所」をクリック
  2. 取引したいビットコインの数量と価格を設定する

 

取引所では、板に表示されるAsk項目とBid項目を参考にして、仮想通貨の金額を決定します。

左のAsk項目がビットコインを「売りたい」人の金額。

右のBid項目がビットコインを「買いたい」人の金額です。

ビットコイン取引所では、売却・購入価格を自分で決定できること、売却・購入数量が0.001BTC以上であれば取引できることを覚えておきましょう。

最小発注数量の0.001BTC=約680円なので、少額の投資から始めたい初心者でも安心して取引できます。

 

売却・購入の手続きの際、ビットコインの「最終取引価格」より安すぎる金額で買い注文を出さないこと。

「最終取引価格」より高すぎる金額で売り注文を出さないことが取引をするうえでのポイントです。

たとえば、「最終取引価格」より高すぎる金額を設定して売り注文を出した場合、買い手がつかず長期間取引ができない可能性もあります。

なお、以前は取引所の取引はパソコンのみで行うことができましたが、2017年5月からはスマホアプリからも取引が行えるようになっています。

 

ビットフライヤーアプリの使い方

アプリ 使い方

ビットフライヤーのスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」は、見やすくてわかりやすいと評判です。
直観的に操作できるという点でも初心者におすすめしたいアプリです。

私のスマートフォンにも対応していますか?

iOSとAndroidの両方に対応しています!
この章では、ビットフライヤーアプリを使って入金・出金・取引・送金をする方法についてわかりやすくご紹介します。

 

4-1.入金の方法

 

スマホアプリから入金する方法には、通常入金とクイック入金の2種類があります。

  1. ホーム画面左上のメニューボタンをタップします。
  2. 「入出金」を選択し、「日本円」をタップして「入金」ボタンを選択
  3. 「銀行口座からお振込み」を選択すると通常入金ができ、「クイック入金」を選択するとクイック入金が可能です。
  4. 通常入金の場合は、「お客様用日本円振込先を確認する」をタップします

 

通常入金では、手数料はかかりません。

クイック入金は324円の手数料がかかるため、一度に多額の入金をしたいトレーダーにおすすめです。

クイック入金をする際は、インターネットバンキングやコンビニ入金などから入金方法を選びます。

身近なコンビニから24時間クイック入金ができるのは、便利でありがたい機能です。

 

4-2.出金の方法

 

  1. ホーム画面左上のメニューボタンをタップ
  2. 「入出金」ボタンを選択
  3. 「日本円」をタップしてから、「出金」を選択
  4. 「ご出金額」をタップして出金額を入力
  5. 出金額に間違いがないことを確認してから「出金する」を選択

 


◆出金時のポイント

以前にパソコンから銀行口座情報を入力していた場合、その情報はスマホアプリにも反映されます。

ただし、スマホアプリから別の銀行口座へ変更することはできないため、口座を変更する際はパソコンから行うようにしましょう。

 

セキュリティを強化するために、出金する前に必ず二段階認証を行うようにしましょう。

3万円未満を三井住友銀行から出金する場合の手数料は216円、三井住友銀行以外なら540円です。

3万円以上を三井住友銀行から出金する場合の手数料は432円、三井住友銀行以外なら756円かかります。


 

4-3.取引の方法

 

  1. ホーム画面から「販売所」か「取引所」のどちらかを選択
  2. 「販売所」の場合仮想通貨の価格は決まっているので、取引したい仮想通貨をタップ
  3. 続けて取引したい数量を指定し、赤の「買う」ボタンか緑の「売る」ボタンをタップ
  4. 「取引所」の場合、ホーム画面で「取引所」をタップして「BTC/JPY」を選択
  5. 売却または購入したい価格と数量を指定して「売る」か「買う」のボタンをタップ
  6. 最終確認画面が表示されるので、問題がなければ「OK」をタップして注文を確定させる

 

画面をスワイプさせることで、注文画面や取引履歴などもチェックできます。

取引する前に見ることで、取引の参考にしてみましょう。

 

仮想通貨の売買後は、トップ画面上にある「総資産」をタップして自分の資産状況を確認することが大切です。

総資産画面を見ることで、仮想通貨ごとの保有数量と日本円の残高を確認することができます。

 

4-4.送金の方法

 

  1. ホーム画面の「入出金」を選択
  2. 「BTCご送付」をタップ
  3. ビットコインアドレスと送金したい数量などを入力
  4. 「日本円参考総額」を確認して問題がなければ、「ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)」ボタンをタップ

 

これで送金手続きは完了します。
またホーム画面右上のQRコードをタップすると、QRコードでの送金も可能です。

送金をする際の注意点として、送付手数料(マイナーフィー)がかかることが挙げられます。

  • ビットコイン:0.0004BTC
  • イーサリアム:0.005ETH
  • ライトコイン:0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
  • リスク:0.1LSK
  • モナコイン:無料

 

送金者は送付手数料を支払わなくても送金することは可能ですが、マイナーフィーが少ないことでその送金情報がマイニングされないというケースも発生します。

マイニングされないとはどういう意味でしょうか?

つまり、支払う手数料を多くすると、それだけ早く送金できるということです。
そのため、追加で手数料を支払う送金者もいます。

 

関連記事:マイニングとは?

 

ビットフライヤーライトニングの使い方

アプリ 使い方2

 

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)とは、FXのトレードができる取引所のことです。

ビットフライヤー内に所持しているビットコインや日本円を証拠金にして、最大15倍までのレバレッジを効かせた取引ができます。

 

FXは投資の初心者にとっては少しだけハードルが高い取引方法かもしれません。

しかし、正しい使い方を理解することで、気軽に始められます。

 

ビットフライヤーライトニングで取引をするメリットとしては、少額の投資で大きな金額の取引ができることが挙げられます。

デメリットとしては、価格が変動するため投資者にとってのリスクが大きくなり、スワップポイントと呼ばれる金利が必要になる点です。

 

FXのトレードは成功すれば大きな利益を生み出せますが、失敗したときには大きなリスクを負うということを忘れてはいけません。

通常の取引に慣れてから、ビットフライヤーライトニングに挑戦してみるといいでしょう。

 

ビットフライヤーのデメリット

デメリット

 

6-1.販売所ではスプレッド(売買価格の差)が大きい

 

スプレッドが大きいと、少額で短期トレードを行うトレーダーは手数料を多く支払う必要があります。

そのため、仮想通貨をビットフライヤーの販売所ではなく取引所で取引したいと考える人もいます。

しかし、取引所ではビットコインしか取り扱いがありません。

アルトコインを取引したい人やスプレッドの大きさが気になる人は、他の取引所を検討してみても良いでしょう。

 

6-2.定期購入積立の最低購入金額は一日1000円から

 

1カ月積立をすると3万円ほどかかる計算になります。

そのため、最低購入金額がやや高いと感じるトレーダーもいます。

 

まとめ

 

国内最大手でもあるビットフライヤーは、仮想通貨初心者にとって安心して取引ができる取引所です。

パソコン画面やスマホ画面は見やすく直観的に操作できるため、取引がしたいタイミングを逃さずに仮想通貨を売買することができるでしょう。

 

ビットフライヤーを利用するうえでの注意点を理解したうえで、上手に活用してみましょう。

取引所のアカウント登録は、無料で時間をかけずに行うことが可能です。

 

投資初心者は取引に慣れるまでは高額の投資を避け、少額から仮想通貨の売買を始めることをおすすめします。
売買の経験を積むことで、仮想通貨や取引所に関する知識を習得することができます!

合わせて読みたい
おすすめチャートアプリ

仮想通貨のチャートアプリ7選!取引歴に応じたオススメをご紹介!

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨は今後も値上がりする可能性あり

仮想通貨って今から始めても儲かるの?仮想通貨投資の疑問にお答えします!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識