危険というには早計!便利なホットウォレット


 

仮想通貨では一度のクラッキングなどの事件によって、自分の資産がすべて失われることが少なくありません。

 

ウォレットは取引所よりも狙われるリスクが低く、資産を守るためにはウォレットを使うことが必須だといっても過言ではないのです。

 

その中でも「ホットウォレット」を使うことで、仮想通貨取引を快適におこなうことができます。

 

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。 先生、仮想通貨を管理するオススメの方法なんですか?

みなさんこんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
そうですね、よくトレードするカナさんならホットウォレットがオススメですよ!

ホットウォレットは快適な仮想通貨取引には必要不可欠!

アプリウォレット

仮想通貨を扱う際、取引所では多額の仮想通貨を取り扱っているために、クラッカーの攻撃対象になることが非常に多いです。

そのため、取引所にいつまでも置いておくと仮想通貨が盗まれてしまうこともあります。

 

自分の資産を守るためにも、ウォレットの使用は必須だといえるでしょう。

ウォレットとは、英語で「財布」という意味があり、基本的には仮想通貨を管理しておくものです。

 

ですが、仮想通貨を管理するだけでなく、残高の管理や送金の機能も持っており、重要な役割があります。

ウォレットの種類は大きく分けて2種類あり、ホットウォレットとコールドウォレットに分別されます

 

ホットというのはオンラインであることを指しており、反対にコールドとはオフラインであることを指しています。

ホットウォレットとは、オンラインの財布ってことなんですね!

ホットウォレットのメリット・デメリット

 

◆ホットウォレットのメリット◆

  • 送金が楽!
  • 見やすくて、使いやすい!

 

◆ホットウォレットのデメリット◆

  • セキュリティは完全ではないため、クラッキングリスクが残る。

 

ホットウォレットは1つの端末だけで送金をおこなうことができます。

よく使われるのは、スマホのウォレットアプリですが、スマホ1台あるだけで、いつでもどこでも送金ができるのです。

 

これに対して、コールドウォレットの送金にはPCなど別の端末が必要になります。

コールドウォレット自体はインターネットに接続ができないので、インターネットに接続できる端末が必要です。

ほかの端末につなげる手間がない分、ホットウォレットのほうが送金は楽といえます。

また、多くのホットウォレットにはウォレット以外の機能が搭載されています。

チャートや最新情報が確認できたり、UIも見やすいように工夫がされているのです。

 

コールドウォレットには基本的にウォレット機能しか搭載されていません

仮想通貨取引をするときは、UIが見やすく機能が豊富なホットウォレットのほうが使いやすいでしょう。

 

楽で使いやすいホットウォレットですが、クラッキングの危険性はあります!

つねにオンライン状態になっているため、クラッカーの標的になりやすいのです。

 

大金を持っているのがクラッカーに知られてしまった場合は、より狙われやすくなります。

そのため、ホットウォレットは大金の管理には向きません

 

取引所よりはホットウォレットのほうが、セキュリティが高いといわれていますが、クラッキングされる可能性があることは覚えておきましょう!

 

私はそこまで大金を持っていないので、ホットウォレットはとても有用な気がしてきました!

ホットウォレットは大きく分けて2種類!

ホットウォレットには「ウェブウォレット」「ソフトウェアウォレット」という2種類があります。

 

ソフトウェアウォレットは「アプリウォレット」や「モバイルウォレット」など別の呼ばれ方をすることもあるので、そちらのほうが、聞き覚えがあるかもしれません。

 

ウェブウォレットとソフトウェアウォレットについて解説していきます!

 

どんなところからでも使えるウェブウォレット

ウェブウォレットは、アカウント登録をしてネット環境さえ整えれば、どんな端末でも使うことができ、ダウンロードなどの手間は必要ありません

そのため、ウェブウォレットは最も手ごろなウォレットとも言えます。

 

ウェブウォレットでは、1つのサーバーにみんなの仮想通貨をまとめて保管しています。

1カ所に仮想通貨を集めておくと、「取引所と変わらないのでは?」と思うかもしれませんね。

 

たしかに安全とは言いにくいですが、取引所よりもセキュリティが高いところが多く、取引所のクラッキング事件と比べると、ウェブウォレットのクラッキング事件はとても少ないです。

 

また、セキュリティは運営に一任され、個人で対策することが少なく楽だとも言えます。

 

ウェブウォレットはセキュリティについて過信はできませんが、資産の分散先として使われることが多いです。

 

個人で管理!ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとウェブウォレットの違いは大きく2つです。

その1つは、アクセスできる端末が決まっていることです。

 

ソフトウェアウォレットはパソコンやスマホなどの端末にダウンロードして使うのですが、ダウンロードされた端末でしか扱うことができません。

そのため、多くの人は持ち歩くことの多いスマホに入っていることが多いです。

 

もう1つの違いは、外部からの影響を受けにくいことです。

ソフトウェアウォレットは端末にデータを保存するので、ウェブウォレットのように「サーバーを攻撃される」という心配はありません。

 

しかし、その分大掛かりなセキュリティは期待できません。

またソフトウェアウォレットは、個人をターゲットにしたクラッキングには弱いです。

 

なので、端末を狙ったクラッキングやマルウェアなどの対策は必須だといえます。

身近なクラッキング対策は、パスワードをわかりにくいものに設定しておくことや、2重にかけておくことですよ!

 

仮想通貨界の「金庫」コールドウォレット

金庫

コールドウォレットは、オフラインで仮想通貨を管理されているウォレットです。

クラッカーは、オンラインで管理されていないものに関しては、手を出すことができません。

 

ホットウォレットのように、オンラインに接続されているものは、クラッキングに対して完全な対策をするのはとても難しいのです。

 

そのため、大金を安全に保管したい場合には、オフラインであるコールドウォレットがオススメです。

 

現在、コールドウォレットにはハードウェアウォレットとペーパーウォレットの2種類があります。

 

安全ではありますが、入出金に手間暇がかかってしまったり、管理するものが増えてしまったりするため、普段使いでは不便になってしまいます

長期保存するならハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、専用の端末で仮想通貨を保管するものです。

 

普段はオフラインになっていますが、送金するときだけオンラインになります。

完全なオフラインではありませんが、ネットへの接続時間は極端に短いので、電子的な端末では最も安全なものになります。

 

ハードウェアウォレットは端末をパソコンなどに接続した後、PINコードと呼ばれる自分で設定したパスワードのようなものを入力してから出金できます。

 

またPINコードは忘れてしまっても、初期設定時のリカバリーフレーズで復元できます。

 

しかし、だれかにこのリカバリーフレーズを覚えられてしまえば、簡単に盗まれますし、紛失してしまえば、出金することができなくなってしまうのです。

 

このことからリカバリーフレーズはハードウェアウォレットの本体とも言われることがあります。

 

また、ハードウェアウォレットそのものを紛失や破損しても、リカバリーフレーズさえ、覚えてあれば、新しく端末を買い替えても問題なく使えます

 

このような特徴から、長期の保存に向いています!

 

ハードウェアウォレットの欠点としては、4つあります。

  • パスコードを管理しなければいけない
  • 端末自体にそれなりの金額がかかってしまう
  • 入出金するたびに手間がかかってしまう
  • 出金するときにマルウェアなどの影響を受けてしまう

マルウェアの対策は接続先のパソコンのセキュリティソフトなどで対策できますよ!
セキュリティソフトは必ず最新のものを使いましょう!

仮想通貨が紙幣に?ペーパーウォレット

仮想通貨をQRコードにして、印刷保存しておくものをペーパーウォレットと言います。

ペーパーウォレットは、専用のサイトでだれでも簡単に印刷することができます。

 

じつは、紙でなくともQRコードさえ作れればなんでもよいのですが、だれにでもでき、最も手軽であることから紙で印刷することが多いです。

 

また、ペーパーウォレットは店舗でそのまま使うことや他人に譲渡することもできるのです。

 

ペーパーウォレットは他のウォレットと違い、電子的な要素が存在せず、電子的な視点で見れば、最も強固なセキュリティといえるでしょう。

 

ですが、劣化や汚れなどでQRコードが読み込めなくなったり、紛失したりしてしまうと、その仮想通貨を取り戻すことができなくなってしまうので、管理方法が非常に重要になってきます。

 

このことから、あまりにも長期の保管には向いていません

結局、ウォレットは使い分けが大切!

結局のところ、ホットウォレットとコールドウォレットどっちを使えばいいんですか?

どちらか片方でなく、使い分けが大事ですよ!
普段使うほうはホットウォレット、大金の管理はコールドウォレットでするのがオススメです!

ホットウォレットにもコールドウォレットにも明確なメリットがあり、安全第一でコールドウォレットだけを使うのは、もったいないです。

例えば、短期トレードでは頻繁に仮想通貨を動かします。

 

頻繁に取引するためには、取引速度が重要です。

取引速度が速ければ、より多くの取引機会を作り出すことができます

 

そのため、短期トレードをするには、仮想通貨をすぐに出金できるホットウォレットのほうがよいのです。

 

ですが、反対に長期保有では、より安全に仮想通貨を守る必要があるために、コールドウォレットのほうがよいです。

そもそもウォレットとは?暗号化って必要なの?

セキュリティ

ウォレットが有用なのはわかったけど、ウォレットってどうやって仮想通貨を守ってるんだろう?

ウォレットは「仮想通貨を入れる財布」といいましたが、じつは仮想通貨そのものをこのウォレットにしまっているのではありません。

ウォレットにしまっているのは「秘密鍵」と呼ばれる文字列です

 

秘密鍵は仮想通貨を「暗号化」するために使われます。

なぜ仮想通貨が暗号化されているかというと、暗号化をしないと簡単に改ざん、閲覧、なりすましなどができてしまうからです。

 

改ざんや閲覧などが簡単にできてしまうと、仮想通貨の信用はなくなります。

いくらでも作り出せる通貨に価値はないですもんね!

 

つまり、仮想通貨が信用のある通貨であるために、暗号化をするわけです。

仮想通貨を暗号化するのは秘密鍵なので、「秘密鍵がバレる=仮想通貨が盗まれる」といえます。

 

逆にいえば、秘密鍵さえバレなければ仮想通貨が盗まれることは基本的にはありません。

そのため、ウォレットは厳重に秘密鍵を保管しているのです。

 

まとめ

 

  • 資産を守るために、ウォレットは必須
  • ホットウォレットは送金がはやくて便利
  • ホットウォレットではリスクがあるので過信は禁物
  • 安全に仮想通貨を保管するならコールドウォレット
  • ウォレットは使い分けが大切!
  • ウォレットは秘密鍵を守るもの

 

危ないものって聞いていたけど、実際には取引所に置きっぱなしにしてあるよりもずっと安全なんですね!

取引所に仮想通貨を置きっぱなしであることが一番危ないので、短期トレードなどを頻繁に行ったり、決済によく使う人は、ホットウォレットはとても有用なんですよ!

 

合わせて読みたい

仮想通貨と破綻の関係 とは?人生最大の危機に陥らないために!

ゲーマーに朗報!賞金総額300万円相当のBTCを手にする方法教えます!

仮想通貨ってどうやって始めるの?初心者向けに解説します!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識