イーサリアムは注目の仮想通貨!クリプトがポイントを解説!


「イーサリアムって実際どうなの?」

「イーサリアムって仮想通貨に投資してみようかな?」

 

どうもこんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです!

ビットコインを購入した人が次に購入する通貨として有名なのが「イーサリアム」というコインです。

イーサリアムは、ビットコインの代替通貨である「アルトコイン」の一種。

 

今回は、そんなアルトコインの中でもイーサリアムに興味がある人を対象に、イーサリアムの基礎から徹底的に解説していきます!

また、イーサリアムには「スマートコントラクト」というものが深くかかわってくるので、そこもしっかり説明いたしますよ。

それではまいりましょう!

 

イーサリアムとは何か?仕組みを理解しよう!

イーサリアムとUSB端子

はじめにイーサリアムとは何かを理解するためにその仕組みや特徴を紹介していきます。

イーサリアムとはどんな仮想通貨で、ビットコインはどのように違うのでしょうか。

また、スマートコントラクトという機能がなぜ注目されているのか、その理由もみていきましょう。

 

イーサリアムとは

2018年5月現在、イーサリアムの時価総額は6兆2千億円です。

ビットコインの時価総額と比べると半分ほどではありますが、この通貨はビットコインに次ぐ高い人気があることで有名です。

 

暗号通貨とよばれるビットコインなどの仮想通貨は、ブロックチェーンという分散型台帳に仮想通貨の取引履歴を記録していることが特徴です。

新しいブロックを追加するには、ブロックをつなぐための暗号を解読しなければなりません。

 

ブロックチェーンのブロックのつながり方には規則性があり、ハッシュという暗号で守られています。

入力データからハッシュを作るのは簡単でも、ハッシュから入力データを割り出すことはできないため、ブロックチェーンは不可逆的で不正や改ざんができない技術だといわれています。

分散型台帳のメリットは、国や銀行などの主体なしでこの取引履歴を管理できるということです。

ブロックチェーンの仕組みについて詳しく!

 

イーサリアムは取引履歴のほか、スマートコントラクトという機能がついた仮想通貨で単位はETH(イーサ)となっています。

 

便利な機能スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは日本語にすると「賢い契約」となります。

この機能を搭載することで、取引内容だけでなく契約内容も記録できるようになり、さらに自動で処理することができるようになります。

 

ビットコインの場合は「誰が誰にいくら渡した」という取引内容だけが記録されます。

これに対して、スマートコントラクトの場合は「いつ渡す、どうやって渡す、渡さなかったらどうする」などいろんな条件も記録し自動で処理します。

たとえば、自動販売機を想像してください。

 

自動販売機にお金を入れると、その金額で買える飲み物のランプが光りますね。

そして、ボタンを押すとその飲み物がでてきます。

さらに、おつりが出てきます。

 

このように「〇〇したら△△する」という条件を記録して自動で実行するのがスマートコントラクトです。

この機能があると「相手が本当に約束事を守ってくれるのか」という心配をなくすことができ、契約書を作る手間もはぶくことができます。

スマートコントラクトについてもっと詳しく!

 

マイニングの特徴

ブロックチェーン技術を採用しているイーサリアムも新しい通貨はマイニングで発行されています。

ただし、ビットコインは上限発行数が2100万枚と決まっているのに対してイーサリアムは上限を決めていません。

イーサリアムのマイニング方式は、現段階ではビットコインと同じProof of Workが採用されています。

近い将来、Proof of Workより効率的なシステムに変更予定です。

マイニングについてもっと詳しく知りたい!

 

採用している仕組みはビットコインとイーサリアムは非常によく似ていますが、先に開発されたビットコインの課題を解決する特徴も持っています。

それが、ブロック生成時間です。

ビットコインは1つのトランザクションを承認するのに約10分かかるといわれていますが、イーサリアムは15~17秒くらいで完了します。

 

ブロック生成時間は短い方がユーザーの利便性が高まります。

コインを決済や送金の手段として使ったときに、必要な時間を短縮できるからです。

分散型台帳の仕組みを利用して世界中でマイニングをしていると不要になるブロックが作られることがあります。

 

ビットコインの場合、早く、そして複数の人が承認したブロックを採用するので短いブロックは捨てられます。

ところがイーサリアムの場合は、この使われなかったブロックを再利用して、ムダな作業を減らしつつセキュリティを高めるという独自のルールが存在しているのです。

 

トークンの作りやすさ

イーサリアムは拡張性が高いことでも知られています。

拡張性が高い=トークンを作りやすいということです。

トークン」とは、仮想通貨のプラットフォームを使って作られた独自の通貨のようなものです。

 

流通しなければ、まったく価値がありませんがICOなどで独自の工夫をすることで価値をつけることもできます。

トークンは株のようなものと考えれば分かりやすいかもしれません。

 

イーサリアムを基礎にした通貨を調べてみると、イオス、トロン、オミセゴーなどはイーサリアムのプラットフォームをベースとしていることが分かります。

 

まずはイーサリアムを理解するためには、いろんなシステムがあるということを理解しなければいけないということですね。
他の授業でとても分かりやすく説明していますので、いまいち難しい用語が理解できないという方は、参考にしてみて下さい。
さて、それを踏まえて次からは、イーサリアムの現状について解説したいと思います。

イーサリアムの現状

複数のコイン

イーサリアムの将来性についてみてみましょう。

イーサリアムは4段階のアップデートが予定されており、すでに3段階まで終了しています。

最終段階では、PoWからPoSへ移行するようです。

 

PoWは、より多くの計算作業をした人が新しいブロックを追加する権利と報酬を得るシステムです。

先にムダなブロックが生まれるという話をしましたが、全員が同じスタートラインに立つPoWでは2番手以下のマイナーにとってはムダな作業とムダな電力が発生していることになります。

 

PoSに移行すれば、多くの仮想通貨を持っている人や保有している期間が長い人ほどマイニングに成功しやすくなります。

これにより、ムダな作業と電力を減らし、持続可能な通貨になろうとしているのです。

 

また、イーサリアムはライデンネットワークを実装するという話題でも注目を集めています。

先に紹介したように、イーサリアムには拡張性があるのでイーサリアムのプラットフォームを使った通貨は多数発行されています。

 

しかし、処理速度が遅いことが課題でした。

次のアップデートでライデンネットワークが実装されることにより、処理を迅速におこなえるようになることが期待されているのです。

 

イーサリアムが上昇する予想の根拠は?

イーサリアムとウォレット

イーサリアムはビットコインよりも有望な通貨と見られています。

なぜイーサリアムは価格の高騰が見込まれているのでしょうか。

1つ目の理由は、イーサリアムは未完成の通貨であるということがあげられます。

 

アップデートが第4段階まですべて完了すれば、ユーザーにとっての利便性は格段に高まります。

とくにスマートコントラクトの可能性については、トヨタ、三菱東京UFJ、JPモルガンなどの大手企業も注目しており、すでに導入しています。

インテルやマイクロソフトでも、導入のための研究が行われているのです。

 

2つ目に、ICOが増加していることがあげられます。

ICOで発行されるトークンには、イーサリアムのプラットフォームが利用されているものが多くなっています。

ICOの手段としてイーサリアムが使われるとイーサリアムの買い注文が増えて、価格が高騰するという循環に入っていくと考えられています。

 

3つ目が、ライデンネットワークの実装です。

このネットワークが実装されると、送金スピードはこれまで以上に速くなり、送金手数料も安くなることが期待されています。

処理能力のスピードはクレジットカードよりも優れているとされ、ビットコインに対して不満を持っているユーザーのニーズを取り込んでいくと考えられています。

 

4つ目はウェブポットの価格高騰予想です。

ウェブポットとは仮想通貨の価格を予想するAIで、この予想はとてもよく当たると注目されています。

 

あくまで予想でしかありませんが、これまでの値動きを予想してきたAIの分析より優れているかもしれません。

さて、そんなイーサリアムですが、いったいどこで取引することができるのか。
次の章でおすすめの取引所をご紹介していきます。

 

イーサリアムの取引ができるのは?おすすめの取引所4選

ビットコインと電子回路

次にイーサリアムを購入できる取引所とその特徴、どのような人に向いている取引所かを紹介します。

イーサリアムはほとんどの取引所で購入することができますが、取引所のセキュリティ対策や手数料などには差があります。

 

また、パソコンだけでなくスマートフォン用アプリでの取引もできるのかをチェックしてみましょう。

 

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーは、国内取引高・ユーザー数ともに日本No.1の仮想通貨取引所です。

ヨーロッパへの進出や、仮想通貨リスクの取り扱い開始などで勢いがあります。

 

1つ目の特徴は、企業として信頼性が高いことです。

大手金融機関から融資を受けており資本金が豊富なため、セキュリティ対策の費用も十分にあると考えられます。

 

2つ目の特徴は手数料が安いことです。

取引量に応じて安くなる仕組みになっており、ビットコインの現物取引にかかる手数料の最安値は0.01%となっています。

 

手数料は収益を圧迫する要因になるので、低ければ低いほどよいということになります。

 

3つ目の特徴は、スマ―トフォンへの対応がしっかりしていることです。

スマートフォンでブラウザを開いても見やすいデザインです。

アプリも、パソコンの機能がほぼ網羅されていて操作性が良いと評判です。

初心者や長期保有したい人におすすめの取引所といえます。

ただし2018年6月時点で、業務改善命令を受け、新規顧客の受け入れを一時的に停止している点に注意しましょう。

 

ザイフの特徴

ザイフは通貨の現物とレバレッジ取引ができるほか、コインの積み立て購入やハードウェアウォレットの販売、トークンエコノミーを使ったエンタメ的な実験企画を行うなど一風変わった取り組みをしている仮想通貨取引所です。

ザイフの1つ目の特徴はレバレッジが最大25倍という高倍率で取引ができることです。

 

2つ目の特徴はトークンを販売している国内で唯一の取引所であることがあげられます。

2017年11月にICOで109億円を調達したICOプラットフォームの基軸トークン・CMSの取り扱いがあります。

 

3つ目の特徴は他の取引所にはないモナコインという通貨の取り扱いもあることです。

モナコインは仮想通貨の中では時価総額が低く海外取引所の中でも取り扱いのあるところは多くありません。

これから大きな値上がりが期待できるアルトコインを探している人にとっては、魅力的かもしれません。

 

4つ目の特徴は現物取引手数料が国内で最安値だということです。

1回あたりの手数料は-0.01%となっており、取引をしたのにお小遣いがもらえます。

そのほかのザイフのよい点は、セキュリティがしっかりしていることです。

 

ログイン時の二段階認証はもちろんのこと、送金時にも設定が可能です。

さらにコールドウォレットやマルチシグネチャなどの技術も取り入れています。

このようなセキュリティに対する高い意識は、ザイフの姿勢を表しているといえるでしょう。

 

スマートフォンアプリの評価については、可もなく不可もなくといったところです。

スマートフォンからザイフを利用したいときはブラウザからの利用を勧めている人もいます。

 

GMOコインの特徴

GMOはもともとFXや株式の取引会社なので、通貨の取引やセキュリティの管理体制についてはノウハウを持っている業者だといわれています。

GMOコインは取引所ではなく販売所なので、手数料は割高に感じるかもしれませんが、取引所で売買が成立しないような通貨でも売買ができるのはメリットでしょう。

 

GMOコインが他社と比べてよい点は日本円の入金手数料と出金手数料がかからない点です。

スプレッドに関しても他社より低くなっています。

スマートフォンアプリはFXや株チャートを参考に作成されているので見やすいものになっています。

 

これまで株式やFXを取引してきた人にとっては非常に使いやすいアプリです。

 

ビットバンクの特徴

ビットバンクは国内取引所の中で取り扱い仮想通貨の種類が多い部類に入ります。

アルトコインの取引をしたい人にとって、国内取引所の中でもっとも多くのアルトコインを指値で注文できるというのも評価点でしょう。

 

ビットバンクは取扱通貨のすべてで指値注文が可能な取引所なので、販売所でアルトコインを購入するよりも安くアルトコインを入手できる傾向にあります。

ビットバンクもセキュリティがしっかりしているとして定評のある取引所です。

ログイン時だけでなく、送金時にも2段階認証とSMS認証の両方を設定することができます。

 

コールドウォレットやマルチシグネチャも導入済みなので、安全性に関しては文句のつけようがないといえます。

ビットバンクのアプリは、2018年4月にリリースされました。

 

非常に使いやすく、移動しながらの取引もスムーズだという声があります。

 

イーサリアム取引の注意点やポイント

メモを取る女性

イーサリアム取引をする際の注意点やポイントをまとめます。

まず、取引所の選び方について、短期売買を考えている人は手数料の安いところを選ぶようにしましょう。

 

取扱通貨の数も大切ですが、セキュリティ体制のしっかりした取引所を選ぶのをおすすめします。

イーサリアムという通貨に関しては、ビットコインよりも実験的な要素が強く仮想通貨として発行されてからの年月も浅いということを覚えておくとよいかもしれません。

 

まとめ

仮想通貨はまだまだ歴史の浅い投資分野なので、分からないことが多いのは事実です。

しかし、仮想通貨について理解を深めたいなら自分で取引をはじめるのが一番。

イーサリアムについてしっかり理解したら、取引所に口座を開設してみてください。

 

取扱通貨の異なる複数の取引所に登録すれば、イーサリアムのメリットを存分に感じられるでしょう。

合わせて読みたい
エターナル

エターナルコインが日本撤退!凍結した仮想通貨は今後どうなる?

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドはBTCより高性能!価格上昇のカギは取引所にある

仮想通貨コムサ

仮想通貨Comsa(CMS)の2019年最新情報。今後成長する可能性大です!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識