イーサリアムマイニングで稼ぐための実用的な3つの方法とは?


「イーサリアム(ETH)のマイニングって儲かるの?」

「マイニングって誰にでもできるの?」

「どうすればイーサリアム(ETH)のマイニングを始められるの?」

 

イーサリアムのマイニングで稼げると噂をお聞きになった方は、その方法が気になるところですよね!

 

みなさんこんにちは。仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。 今回は、イーサリアムのマイニングをする実用的な方法を3つご紹介します。

 

ETHのマイニングの仕組みとは?BTCのマイニングとの違いを解説

砂浜のイーサリアム

そして『マイニング』というのは『ブロックチェーン』のブロックをつなげるための暗号鍵を解く計算作業のことですが、そもそもなぜそんな計算作業が人気なのか?

その理由は、マイニングをするには膨大な量の計算が必要で、最も早く正確に計算をした人には報酬として仮想通貨(ETH)が支払われるという仕組みがあるからです。

 

ただマイニングに参加したから儲かるというわけではなく、厳密にいうと「マイニングに成功したら、儲かる」といったほうがいいかもしれないです。

 

しかも、人気が出ているということはマイニングを行って儲けようとする人は世界中に居るということ。

ライバルが多いなかで報酬を得るためには、誰よりも早く正確に計算しなければなりません。

 

そのため高額な報酬を得ている人の多くは、高性能のコンピュータを導入しているんですよ。

また、マイニングの報酬額はコインの種類や状況によって異なるので一概に「いくら」とは言い切れないんですが、参考までに『ビットコイン(BTC)』と『イーサリアム(ETH)』における報酬額の例を見てみましょう。

 

マイニング一回あたりの報酬額(※2018年6月時点)

  • BTCのマイニングに成功して得られる報酬額は12.5BTC/1回(1ブロック生成)
  • 12.5BTC=仮に1BTCが80万円とした場合の報酬金額は1,000万円

 

  • ETHのマイニング報酬額は5ETH/1回(1ブロック生成)
  • 5ETH=仮に1ETHが4万円とした場合の報酬金額は20万円

 

こうしてみるとETHはBTCに比べると金額が小さいけど、それでも1回のマイニングで20万円もの報酬がもらえるということになります。

 

もう少し詳しくETHのマイニングについて説明していきましょう。

まず仮想通貨の送金速度は、ブロックチェーンにおけるブロックの生成時間と密接な関係にあって、BTCの場合は1ブロックの生成に約10分かかるといわれているんです!

 

しかしBTCのユーザー数と取引量が増加するにしたがって、取引の承認の遅れが目立つようになってきました。

今後BTCがますます普及して、日常的な買い物の決済手段として利用されるようになった場合、もっと承認時間が長くなる可能性があります。

 

こうしたBTCの問題を解決するために生まれたのが、ETHをはじめとする『アルトコイン』なんです。

ETHの場合ははブロックの生成に平均で12秒~15秒ほどしかかからないため、取引発生から承認までのタイムラグがほとんどないといわれています。

 

BTCの場合は世界中で同時発生的にマイニングが行われていきますが、採用されるチェーンは1本だけと決まっていて1番早く正確な計算を行った人のブロックだけがチェーンに追加されるので、その他のブロックは捨てられていく仕組みです。

このように『仕事量に応じてマイニングの報酬が受けられる仕組み』のことをProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)といいます。

 

ところがETHの場合は今後3~5年かけてProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)という『仮想通貨を持っている量に応じてマイニングの承認率が高くなる仕組み』に切り替わる予定なんです。

 

この仕組みはマイニングを一部のマイナーに絞ることで、エネルギーを有効利用できる点ではメリットが大きいですが『マイニングの独占』が可能になってしまうという問題があります。

人形が会談している様子

仮想通貨には管理するための政府や特定の企業が存在しない『分散型台帳』の仕組みがあるおかげで、ユーザー同士は取引の公正さを監視し合うことができるのです。

ところが一部のマイナーがマイニングを独占できるようになると、結果として取引の公正性や透明性が失われる可能性があり、二重支払いなどの不正な取引ができるようになってしまいます。

 

Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)の特徴

  • 仕事をした人にブロックチェーンのブロックの承認権を与えるという仕組み
  • マイニングの仕事とは、取引の承認に必要な多くの計算をするということで、計算を早く大量に行うことができる人ほど結果的にブロックを長くつなげることができる

 

<問題点>

・1番にならなければ報酬をもらえないためコンピュータへの投資が過熱する

・高性能のコンピュータは大量の電気を必要とするのでエネルギーの無駄使い

 

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)の特徴

  • コインの保有量に応じてマイニングのしやすさが変わるという仕組み
  • 保有量に加えて仮想通貨を保有している期間(=CoinAge)も指標になる
  • 長期間、大量に仮想通貨を保有している人ほどマイニングへの参加が有利になる
  • 行き過ぎた投資やエネルギーの無駄使いはなくなる

 

<問題点>

・一部のマイナーがマイニングを独占する可能性がある

・マイニングの成功率を上げるため仮想通貨を貯め込む人が多くなり流動性が低くなる可能性がある

 

<対策>

マイニングに成功したらCoin Age(=仮想通貨を保有している期間)を減らす仕組みでマイニングの独占状態を避けるという対策をとる

 

こうした問題を解消するためにETHでは不採用になったブロックもマイニングに再利用しているようです。

いったん不採用になったブロックを『uncle』といいuncleにも採用されたブロックのマイナーよりは少ない金額の報酬が支払われています。

 

ETHのマイニング方法を3つ紹介!

砂浜でコインが掘り起こされたところ

ETHのマイニング方法には①ソロマイニング②プールマイニング③クラウドマイニング」の3種類があります。

 

それぞれのマイニングにはどのような特徴があるかをまとめました。

 

ソロマイニング

ソロマイニングは、文字通り個人で行うマイニングになります。

  • ソロマイニングは個人でマイニング作業を行う方法
  • 自分の持っているパソコンにソフトウェアをインストールする
  • マイニング用の専用マシンを購入したりしてマイニングに参加する

 

自分の持っているパソコンでもマイニングに参加することができるのか気になっている人もいることでしょう。

結論からいえば一般的なパソコンでもマイニングに参加することはできます。

 

ただし一般のパソコンは演算能力が低いためパソコンの電源をつけっぱなしの状態にしてマイニングを行うことになるでしょう。

その場合の電気代や、電源をつけっぱなしにした際パソコンが受けるダメージを考えれば、収益を上げることは難しいかもしれません。

 

そこで『マイニング専用のICチップ』や『高性能のグラフィックボード』などをそろえてマイニングの作業効率をUPさせる必要があります。

 

『ソロマイニング』よりも個人が参入しやすい方法として人気の『プールマイニング』の影響で、ソロマイニングでは報酬が得にくい状態です。

 

プールマイニング

まずはプールマイニングの特徴から見ていきます。

  • プールマイニングは、複数人のコミュニティで協力してマイニングする方法
  • 自分のパソコンの演算能力をネット経由で提供すると、マイニングの貢献度に応じて報酬を得ることができる
  • プールマイニングするコミュニティのことを「マイニングプール」という

 

どのようなパソコンでも、パソコンが一台あれば誰でもプールマイニングに参加することは可能です。

参加方法はサービスが提供している専用ソフトをインストールし、報酬を入金してもらうためのウォレットアドレスを登録するだけです。

 

ただしプールマイニングの場合は、参加者の貢献度によって報酬を分配するため、処理能力が高いツールを使った人のほうがマイニング報酬は多く得られるようになっています。

 

プールマイニングなら複数のパソコンの演算能力を集約できるので、ソロマイニングに比べて報酬を得られる確率は高くなります。

しかしソロマイニングに比べると成功したときに得られる報酬は少ないというデメリットもあるのです。

 

また、プールマイニングにはスマートフォンのアプリでも参加できるサービスがあるんです。

手軽にどこでもマイニングに参加することができるのは魅力ですが、スマートフォンはパソコンに比べるとさらに演算能力が低いですから、スマートフォンのアプリではほとんど報酬は期待できないでしょう。

 

クラウドマイニング

3つ目のマイニング、クラウドマイニングについて見ていきましょう。

  • クラウドマイニングはマイニングを行う企業や団体に投資をすることでマイニングに参加する方法
  • マイニングを行う企業や団体は、投資家から集めた資金で高性能のマイニングマンションを購入し、投資家は自分の投じた資金の割合に応じて報酬を得る仕組み

 

仮想通貨関連事業は仮想通貨の価格が上昇するに伴って、大手企業が続々と参入を始めています。

仮想通貨事業は製造業や小売業などと違って人手がほとんど必要ないので、原価や固定費が少なくて済むというメリットがあります。

 

そのため経営状態の芳しくない証券会社や銀行などの金融機関も、参入のタイミングを見計らっているといわれているんですよ。

 

クラウドマイニングならマイニング専用マシンを購入する必要はありませんし、マシンを冷却するための設備や電気代も不要なので手間がかからないのが最大のメリットともいえるでしょう。

 

ただしクラウドマイニングには、元本が保証されないことや、契約する企業や団体が破綻したときの補償は何もないという注意点もあります。

 

さらにいうと、投資した資金が本当にマイニングに使われるかどうかを確認することは難しいので、全く違う用途で資金を使われてしまう可能性もあります。

だからこそそれぞれのマイニング方法について特徴を理解し、長所や短所を見比べたうえで自分に合った方法を選ぶことが大事ですよ。

 

ETHのマイニングに参加するために必要なものを解説!

イーサリアムの画像

この章ではマイニングに必要なものをまとめました!

主に必要になるものはこちらです。

  • パソコン
  • 電力
  • グラフィックボード
  • マイニングソフト

 

しかし実際はもっと細かく分けることができるので、それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

マイニングに必要な物①パソコン

一般のパソコンは演算処理能力が低いためマイニングには不向きとされているため、一定のスペックが求められます。

■OS

Widnows7以降の64bit版・Windows10 64bit版が一般的に推奨されている

■CPU/複雑な処理に優れている

Celeron G3930・Celeron G3900などが目安

■GPU/大量の単純な計算に優れている

Radeon RX系(RX Vega 56・Radeon RX 580)などが目安

■メモリ

DDR4・4GB程度

HDD・SSDなら30GB~120GBが目安

 

マイニングに必要な物②多くの電力

スペックの高いパソコンを用意するだけではいけません。

パソコンが正常に稼働するためには多くの電力が必要となります。

 

そのためにパソコンのパーツ選びも重要になってくるでしょう。

 

  • 電力を安定供給できるよう電源パーツは80 PLUSのGOLD以上の規格を選ぶ
  • (数字は電力変換効率の性能を表したもので『80PLUS』とは80%以上の電気変換効率があるということを意味している)
  • 上記の規格であればパソコンの各部分の負担が軽くなり、静音で省エネも見込むことができる
  • 使用する機材の構成によるものの、マイニング用に24時間パソコンを稼働させていると年間の電気代が年間20万円ほどかかる可能性もある

 

マイニングにかかる電気代はかなり高額になると予想されるので、いかに電気代を節約するかがマイニングで収益を上げられるかどうかの重要な要素でもあるのです!

 

マイニングに必要な物③グラフィックボード(GPU)

グラフィックボードとは、画像関連の処理をする半導体チップGPUが付いたボードのことです。

映像をきれいに映すために進化した演算能力がマイニングの計算に適しています。

また、GPUのなかでも、仮想通貨によって得意・不得意が存在し、ETHのみのマイニングならRadeonが適しているでしょう。

 

もしETH以外の仮想通貨のマイニングも視野に入れるならGeForceを使用するほうが適しています。

Radeonは一枚4万~5万円程度の価格で、比較的購入しやすい価格帯です。

 

しかしRadeon1枚だけを用意しただけでは、マイニング効率が悪くライバルに勝つことが難しいかもしれません。

 

マイニングに必要な物④マイニングソフト

マイニングソフトにはいくつかの種類がありますが、代表的なマイニングソフトはClaymore’s Dual GPUMinerです。

Claymore’s Dual GPU Miner は、ETHのマイニングをしつつ他の通貨のマイニングが可能でマイニング効率が良い。

・Claymore’s Dual GPU MinerのソフトはGPUのRadeonのRX470/480/570/580シリーズとGeForceの10×0シリーズとの相性がよいため、この組み合わせであればさらに効率よくマイニングを行うことができる

・ソフトの利用に関しては料金はかからない

・マイニングした分の1%~2%が開発者への寄付として支払われる仕組みとなっている

 

マイニングに必要な物⑤ETH専用マイニングOS「ethOS」

ETHのマイニングはWindowsやMacでも可能ですが、マイニング専用のOSも販売されているので活用するのも有効です。

しかしGPUを多く使えば使うほどコンピュータを安定して稼働させることが難しくなるので、安定的にパソコンを動作させるために開発されマイニング専用にカスタマイズされた「ethOS」を使用するのがいいでしょう。

ウォレットコードを自分ものに書き換えるだけですぐにマイニングを始められ、動作の安定性が高く、導入が簡単である点がこのOSを使用するメリットです。

 

また、そのほかにはパソコンの熱を逃がすためにエアコンと扇風機なども用意する必要があるでしょう。

ここまでに紹介してきた表で「ソロマイニング」や「プールマイニング」といった方法でマイニングに参入するには、ある程度の投資が必要であることがわかってもらえたでしょうか?

しかもマイニングで得た報酬を保管するためのウォレットも必要になります。

ということで次の章ではマイニングに使用できるウォレットをいくつかご紹介しますね。

 

ETHのマイニングに使用できるおすすめウォレット

お金をもらおうとしている様子

さてここまでETHのマイニングに必要な物について解説してきましたが、実際にETHのマイニングをやる場合、報酬を受け取るための『ウォレット』をご紹介します。

 

関連記事:「仮想通貨は自分で守る!仮想通貨ウォレットの種類と長所・短所を解説

 

ここでは仮想通貨を保管するウォレットとして選ぶ際に重視する一般的なポイントと、ETHを保管するのに適しているかどうかという観点からいくつかのウォレットを紹介していきます。

仮想通貨のウォレットにはいくつかの種類がありますが、安全性の面ではインターネット接続から切り離した状態で仮想通貨を保管する『コールドウォレット』の使用が安心でしょう。

 

なぜならハードウェアウォレットの場合は万が一壊れても復元することができるからです。

ちなみにハードウェアウォレットのなかには、ETHのアドレスにアクセスするための『秘密鍵』が設定されています。

 

『秘密鍵』は仮想通貨を送金するときに必ず必要となる物なので『秘密鍵』のパスワードなどを盗まれないように気を付けることも大切ですよ。

それではETHのマイニングにオススメの『ウォレット』を表にまとめたので見ていきましょう。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

一つ目にご紹介したいハードウェアウォレット>Ledger Nano Sの特徴をまとめました!

  • 長期保存にはLedger Nano Sがオススメ
  • USB形式のハードウエアウォレット
  • USBメモリほどのサイズなのでLedger Nano S本体を盗まれる危険があるがPINコードが分からない限り秘密鍵にアクセスできないという利点がある
  • PINコードはLedger Nano Sの購入後、最初に設定する4~8桁のコード
  • 仮に本体が壊れても復元できるリカバリーフレーズがある
  • リカバリーフレーズとはウォレットのバックアップに必要な単語のこと
  • PINコード設定後24個の単語を書き留めるようにと画面に表示される
  • どの単語が何番目に表示されたかが重要となるため必ず紙に書き留めておく
  • リカバリーフレーズさえあれば故障や紛失時でも復元可能

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Trezor(トレザー)

続いてハードウェアウォレットのなかでも人気が高い傾向があるTrezorは、またべつの魅力がありますよ。 自分のネットワーク環境などと照らし合わせて最適なウォレットを選びましょう。

  • TrezorはLedger Nano Sと並んで人気のハードウェアウォレット
  • 初期設定時に10桁の暗証番号(PINコード)を設定する必要がある
  • 4桁~8桁のLedger Nano S よりもセキュリティが高い
  • PINコード入力時はパソコンのキーボードからではなく画面に表示されるテンキーのようなマス目状のもので入力する
  • 画面に表示されるテンキーでの入力はパソコンのキーボード入力よりも安全性は高い (しかし接続するパソコンが『キーロガー』などの個人情報を盗み出すウイルスに感染している場合はPINコードを盗み見られてしまう可能性がある)
  • 『キーロガー』などのウイルス感染を防ぐには性能のよいセキュリティソフトをパソコンにインストールしておくことが必要

 

TREZOR

Claymore's Dual MinerでETHのプールマイニングを始める手順を紹介!

それではマイニングの成功率が比較的高く報酬を得やすいといわれる『プールマイニング』を始めるための方法をご紹介していきます。

プールマイニングはウォレットを設定し、パソコンにマイニング用のソフトをインストールすれば参加することができます。

 

先に説明したマイニングソフト『Claymore's Dual Miner』のインストール方法をまとめました!

 

Claymore's Dual Minerのインストール方法

Claymore's Dual Minerを配布するプールマイニングのサイトNanopoolにアクセス

Ethereumの【Quick Start】をクリック

How to connectの【1. Download Claymore DulaMiner】をクリック

ZIPファイルをダウンロード

(※必要に応じてPCのウィルス対策ソフトを一時停止にしてダウンロードを行う)

ZIPファイルを解凍

解凍後にあらわれる『epools.txt』・『start.bat』の2つのファイルをClaymore's Dual Miner本体が入っているフォルダに上書きコピーする

【3.Generate your config】をクリック

config generator画面に切り替わる

config generator画面に切り替わったら、次のように設定しましょう。

 

config generatorの設定方法

  1. OS➡〇Windows/〇Linuxのいずれかを自身の環境に合わせて選択
  2. GPU vendor➡〇NVIDIA/〇AMDのいずれかを自身の環境に合わせて選択
  3. Worker name➡複数でマイニングをおこなう場合は任意で名前を設定
  4. Email➡自身のメールアドレスを入力
  5. Main server➡JapanもしくはAsiaを選択
  6. First algorithm➡Ethereumを選択
  7. First algorithm address➡自身が使用するETHウォレットのアドレスを入力
  8. Second algorithm➡基本的には【None】を選択

 

(※ETHのマイニングと並行し他のコインをマイニングする場合はコイン名選択)

※設定の際にはETH保管用のウォレットアドレスの入力を求められますので、あらかじめウォレットを作成しておくことをおすすめします。

 

複雑な操作に思えるかもしれませんが、手順に沿って一つずつ行っていけば大丈夫です。

そして次は獲得した報酬を確認する方法を見ていきましょう。

 

ETHのプールマイニングで得た報酬を確認する方法を紹介!

ここまでETHのマイニングについて説明してきましたが、実際のところマイニングの計算を行うのはパソコンです。

そのため自分自身ではマイニングによってどれくらいの報酬を得ることができたか、実感がわきにくいと思います。

 

そこでプールマイニングで得た報酬を確認する方法を確認していきましょう。

 

ETHのプールマイニングで得た報酬を確認する方法

  1. https://ethermine.org/にアクセス
  2. サイト右上の【Address】欄にウォレットのアドレスをペーストして検索する

 

<画面の見方>

  • 【Hashrates】=自分のハッシュレート
  • 【Unpaid Balance】=マイニングで取得したETH
  • 【Unpaid Balance】があらかじめ設定した量に達すると自分のETHアドレスにETHが自動送金される
  • 【setting】の【Payment threshold in Ether】で送金するETHの量を0.05~10イーサリアムの間で変更可能

 

<注意点>

  • 送金する際は0.001 ETHの手数料がかかる
  • 設定変更時は「To save, validate your account by completing the IP given below」に使用しているIPアドレスの入力が必要

 

まとめ

今回はETHのマイニングについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

マイニングはたしかに儲かるために副業として行う方も増えてきていますが、向き不向きがあります。

最後に『マイニングに向いている人』と『マイニングに向いていない人』のタイプをご紹介して今日の授業を終わりたいと思います。

 

マイニングに向いている人

    • パソコンの自作やプログラミングなどの知識や経験に長けている人
    • 知識や技術をこれから習得しようと思っている人
    • イーサリアムの仕組みが変わっても他の仮想通貨のマイニングをしようと思える人
    • 仮想通貨の取引が下手な人
    • 本業を持っている人
    • 働かないで収入を得たい人

 

マイニングに向いていない人

  • マイニングの知識や技術に自信がない人 マイニングの知識や技術に興味がない人
  • 取引で収益を上げるのが得意で、それがおもしろいと感じている人
合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

暗号通貨 アイキャッチ

暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識