暗号通貨と仮想通貨、正しいのはどっち?それは呼び方の違いにあった


暗号通貨 アイキャッチ

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を「暗号通貨」と呼ぶことがあります。

「仮想通貨と暗号通貨の違いはあるのか?」また「正しい呼び方はどれなのか?」、困惑する方もいるのではないでしょうか。

 

本記事では、「暗号通貨の呼び方の違い」「暗号通貨とは?」ということから「暗号通貨の始め方」をまとめています。

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。
最近、暗号通貨とは何者なのか気になって夜も眠れません…。

みなさんこんにちは、仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
カナさんは暗号通貨が気になっているようですね。
今回は暗号通貨について詳しく解説していきますよ!

 

暗号通貨は仮想通貨と呼び方が違うだけ!

暗号通貨暗号通貨とは、仮想通貨の別称です。

ただし、仮想通貨の方が正しい呼び方かというと違います。

 

じつは仮想通貨と呼んでいるのは日本だけなんです。

米国では「Crypto=暗号」と「currency=通貨」を合わせて「Cryptocurrency」(クリプトカレンシー)、つまり「暗号通貨」と呼ばれるのが一般的です。

 

私たちは普段、仮想通貨と呼ぶことが多いですが、仮想通貨というのは広義的には電子マネーやオンラインゲームなどのゲーム内通貨も含んでいます。

厳密にいうと、暗号通貨を表す言葉として仮想通貨という言葉は、正しいものではないのです。

 

また、暗号通貨という呼称には、暗号技術によって価値を得る通貨という意味合いがあります。

 

電子マネーは取引の際に暗号を用いることがありますが、暗号技術によって価値を得ているわけではないので、明確に暗号通貨ではないということがいえます。

 

普段使っている仮想通貨の方が、日本独自の呼び方だったんですね……。

そうですね。日本では既に「仮想通貨」で意味が通じます。
ですが、国外で使うことがあれば「暗号通貨」といった方が伝わりやすいでしょう。

 

日本ではなぜ仮想通貨と呼ばれるの?

わざわざ呼び方を変える必要があったんですかね…?

暗号通貨が仮想通貨と呼ばれるようになったのは、日本人にとって暗号通貨よりも仮想通貨の方が受けが良かったからです。

 

どういうことかというと、ことの発端は2014年のマウントゴックス事件でした。

この時はまだ暗号通貨が大きく知られておらず、事件の報道をするときに当時のメディアは仮想通貨という言葉で報道しました。

しかし、大きな事件であったために多くの人に仮想通貨という呼び方がそのまま定着してしまったのです。

 

また、暗号通貨よりも仮想通貨の方がイメージしやすく、世間に定着しやすかったという理由もあります。

ともあれ、一度多くの人に浸透してしまったので日本ではそのまま仮想通貨と呼び続けているのです。

暗号通貨と聞くより、仮想通貨のほうが、イメージしやすいと私も思います!

暗号通貨でできること!

 

暗号通貨でできることは以下の3つです。

  1. ・国際送金などの送金が快適
  2. ・日々の決済できるところが増えてきている。
  3. ・投資対象として、大きく注目されている。

 

1つ目は送金が快適にできるということです。

暗号通貨は送金処理がとても速く、尚且つ手数料も格安であることが多いです。

 

国際送金を例にすると、銀行で国際送金するためには身分証、判子などを銀行まで持っていき、書類を書き、2000~5000円の手数料を支払わなければいけません。

さらに、着金には数日かかることがほとんどで、すぐに着金することはほとんどありません。

 

ですが、暗号通貨ならば画面からアドレスを入力し、送金ボタンを押すだけで送金が可能です

また、手数料、着金時間は暗号通貨の種類にもよりますが、手数料は数十円、着金時間は数分で済むものもあります。

 

2つ目は、日々の決済に使用できる店舗がある

暗号通貨を日々の買い物などの決済で取扱いできる店舗も増えてきています。

暗号通貨での決済に、財布などは必要にならず、ウォレット(財布)と呼ばれるものが入っているスマートフォンのみで、決済が可能です。

 

また、店側も決済するのに高額な機材は必要ないです。

ビットコイン決済サービスというものがあり、ビットコインでの決済はスマートフォン1つで支払いに応じることが可能となっています。

 

そして、クレジットカードはお店側にとって売上金が入金されるまで時間がかかりますが、暗号通貨は現金化に必要な時間がとても短く、数日で現金化が可能です。

このように暗号通貨決済を採用することによって、買い物する私たちも、お店側にとっても大きなメリットがあります。

 

しかし、ボラティリティーという問題があるのはご存知でしょうか。

ボラティリティーとは価格変動の度合いのことをいいます

 

価格が大きく変動し続けててしまうと価値が安定しないため、日々の支払いには向かないという人もいるのですね。

また、現在は残念ながら暗号通貨を取扱いしている店舗はそれほど多くはないです。

 

3つ目は、投資に使用できるということです。

投資は現在一番メジャーな暗号通貨の使われ方です。

ボラティリティー問題によりハイリスクハイリターンな環境になっていて、現在の環境ではリスクは大きいですが大きく儲けることが可能になっています。

一億円以上の利益を出せた人もいるぐらい利益が出せる人もいるんですよ!

送金や決済などの利用価値から今後に大きく期待されているため、価値が大きくなると期待している人が多いのですね。

ですが、まだ暗号通貨は発達途中で様々な問題を抱えているので、2019年1月現在での値段は下降気味になっています。

 

 

暗号通貨に価値が生まれるほどの技術力!

暗号通貨2

かそ…暗号通貨にどうして価値が生まれるんでしたっけ?

それは、暗号通貨を支える暗号技術について、世界中の多くの人々が通貨として価値を見出しているからです。

また、暗号によって価値が保たれることから暗号通貨と呼ばれているのです。

 

通貨として価値を出すには、多くの人が暗号通貨のセキュリティを信頼する必要があります。

 

そのため、通貨の改ざんや偽造などの不正を防ぐため、高度な暗号を用い安全に取引できなくてはいけません。

 

暗号通貨のセキュリティは、革命的だといわれています

なぜなら、暗号化に共通鍵暗号方式を採用していて、P2Pを用いたブロックチェーン技術によって、改ざんが現実的ではないとされているからです。

 

暗号通貨はマウントゴックス事件の際、危険だという認識が強まりましたが、実際は安全性を保てているからこそ、価値がつくのです。

 

暗号通貨のセキュリティについてより詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

関連記事:【図解あり】ブロックチェーンの仕組みを超わかりやすく解説してみた

 

 

また、多くの仮想通貨は発行上限が決まっているものが多く、法定通貨のようにハイパーインフレが起きて突然価値がなくなることはないといわれています。

 

先ほども説明しましたが、暗号通貨の価値は信頼度によって価格が変動することから価値が不安定です。

そして、ボラティリティー問題が発生しているのが、現状の課題の1つになっています。

 

暗号通貨ならではの多様性!

謎の人物サトシ・ナカモトが考案したビットコインが最初の暗号通貨ですが、今ではビットコインをはじめとする数多くの種類が存在します。

 

ビットコイン以外の暗号通貨はアルトコインなど呼ばれています。

アルトコインには、ビットコインに対する問題を改善したものや、決済に使用するだけでなく様々な機能があるものも存在します。

 

様々な機能の一例としてあげると、アルトコインであるイーサリアムは、ブロックチェーンを利用したアプリケーション作成のプラットフォームです。

※プラットフォーム=アプリケーションを作成する環境

 

取引する際にただ払うだけでなく、通貨自体に契約書のようなものを埋め込むことができるのです。

 

例えると、イーサリアム自体に「1万円分のイーサリアムを貸し出すから、1年後には、全額返してくれ」ということを、改ざんできないブロックチェーン上に記載することが可能です。

こうなると契約情報は必ず残るので、忘れることなく契約を履行することができます。

 

このように、法定通貨や電子マネーではできない、電子上だからこそできる、暗号通貨ならではの可能性を秘めているということですね!

 

 

暗号通貨を始めるのは簡単!

 

暗号通貨を始めるのは、とっても簡単です。
その手順を説明していきますね。

  1. 文章・まずは取引所でアカウント登録し、口座を開設する。
  2. 本人確認書類の入力、提出をする。
  3. 口座に入金して仮想通貨を購入する

 

この3ステップで買うことができます。

 

また、気になる金額なのですが、ビットコインは2019年1月現在40万円ほどします。

しかし、取引所にもよりますが、じつは0.00000001BC(小数点8桁)まで分割して、購入することができます。

そのため1000円のような小額からでも暗号通貨を始めることが可能です。

 

また、暗号通貨自体はセキュリティが高いのですが、取り扱う取引所にはまだまだ問題があるので、仮想通貨の管理にはウォレット(財布)がオススメです。

暗号通貨について気になった方は、暗号通貨を小額からでも始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・暗号通貨は仮想通貨の別称

・正しい呼び方は暗号通貨

・暗号通貨は送金、決済が便利になる

・暗号通貨の技術は、多くの人が認めている

・暗号通貨にしかできないようなこともある

・暗号通貨は簡単に始めれる

暗号通貨が何者かはっきりして、これで夜もぐっすりです!

繰り返しになりますが仮想通貨と呼ばれているのは日本だけなので、海外のニュースでは「暗号通貨」で検索した方がよい情報に巡り合えるかもしれません!

合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

仮想通貨 アプリ

仮想通貨のアプリを徹底解剖!必須の定番アプリを用途別に紹介!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識