ドージコインって仮想通貨なの?特徴・将来性すべて詰め込みました!


ドージコイン

みなさん、こんにちは! 仮想通貨を猛勉強中のカナです!
突然ですが「ドージコインって一体どんな仮想通貨なの?」と思ってる方も多いですよね?
愛着のわく柴犬をマスコットキャラクターに使用していますが、どんな仮想通貨なのか不思議です!
海外ではドージコインの人気が高いそうで、熱烈なファンも多いのだとか!

そこで今回は、クリプト先生にドージコインがどんな仮想通貨なのか将来性・購入方法など教えてもらうことにしました!
クリプト先生、今回もわかりやすく楽しい授業をお願いします!

 

 

ドージコインとは?

動画を見てもらうとイメージしやすいと思いますが、ドージコインというのは、もともと冗談をもとに生まれた仮想通貨なんです。

冗談をもとに・・・ですか?

先生、冗談はやめてください!

本当です。
『ビリー・マルクス』と『ジャクソン・パーマー』という人が、インターネットで流行していた「日本の柴犬」をイメージに、DOGの砕けた表現「DOGE(ドージ)」を名前として遊び半分で仮想通貨を作り、2013年12月6日にドージコインを発表しました。

柴犬の画像

仮想通貨は誰でも作ることができますからね。

なるほど・・・!

そこからすぐにドージコインに興味を持った人が集まり、専用のコミュニティ(グループ)が作られ、翌月にはドージコインの時価総額が約60億円までに達しました。
これがドージコイン誕生の歴史です。

冗談で作られた通貨が一気に60億円まで発展するなんてすごいですね!

ドージコインが発展した理由は、感動するエピソードがあること。
そして、海外では日本の柴犬が人気なこと、ではないかといわれています。
肝心の感動するエピソードについては後でご紹介します!

 

次はドージコインの特徴を見ていきましょう!

 

ドージコインの特徴

まずは、ドージコインの基本情報を見てみましょう!

ドージコイン基本情報
通貨名 DOGE
運用開始時期 2013年12月8日
時価総額 ¥37,533,265,344 (42位)
1日の取引量 ¥972,926,765
ブロック作成時間 約1分
発行上限枚数 なし

※2018年8月現在

 

ドージコインの特徴は3点です。

  • ブロック作成時間が1分とかなり速く、ビットコインの1/10の時間で取引が成立すること
  • ドージコインはファンが多く、FacebookやTwitterなどを含めコミュニティが強いため、潜在的に高い成長力を持っていること
  • ドージコインに発行上限枚数がないこと

Twitterでいうと何人ぐらいのフォロワーがいるんですか?

ドージコインの公式アカウントをフォローしている人数は、約21万人です。

「かしこく始める仮想通貨塾」は、まだ2人ですが・・・。

……どちらもすごい人数のフォロワーですね笑

 

ドージコインに発行上限枚数がないということは、ドージコインをたくさんゲットできるってことですよね!

そうですね。
ただ、「発行上限枚数がない」ということは、つまりドージコインが永遠に発行され続けるということです。
そうなると、希少価値が薄れて、ドージコインの価値も薄くなってしまいます。

え~! なら、ドージコインを作った人は発行上限枚数を決めたほうがいいじゃないですか!

ハハハ、そうですね。
そこも交えて、次はドージコインの将来性について見てみましょう!

 

ドージコインの将来性

空を指さす画像

ドージコインは、話題性もあって将来性がある仮想通貨ですが、いくつか心配事があります。

心配事・・・ですか?

はい。
私が心配している点は3つです。

  • 発行上限枚数が決められていない
  • ドッジコインが流出がしたことがある
  • 技術的な特徴がない

どういうことなのか詳しく見ていきましょう!

 

  • 発行上限が決められていない

先ほどもいったように、発行上限枚数が決められていないことは、仮想通貨にとってあまり良いこととはいえません。

ドージコインが永遠に発行されてしまうと、道端の石のように、誰もがドージコインを手にすることができます。

そうなるとドージコインの価値がなくなってしまい、仮想通貨市場ドージコインはなくなるでしょう。

 

  • ドージコインが流出がしたことがある

2013年12月にDogewallet(ドージウォレット)がハッキングされ、12,000ドル相当の相当のドージコインが流出しました。

このときの被害額は、寄付によって賄われたようです。

しかし、流出した資産が戻ってくるとは限りません。

セキュリティー性能が高いウォレットに保管するなどして、自分の大切な資産を守りましょう。

 

  • 技術的な特徴が少ない

仮想通貨のほとんどは、ブロックチェーンシステムをもとに作られています。

そこで仮想通貨ごとに違いを出すため、さまざまな特徴を付け加えるわけです。

しかし、ドージコインの場合は技術的な特徴がブロック作成の速さだけで、ドージコインよりもブロック作成の速い仮想通貨はその他にも存在します。

 

そういわれると心配事が多いですね。

とはいえ、ドージコインにはそんな心配事を吹っ飛ばすプラス要素があります。
いくつか見ていきましょう!

 

プラス要素
  • コミュニティが強く潜在的に高い成長力を持つこと
  • ドージコインコミュニティが、井戸を作る資金(ドージコイン)をアフリカに寄付して水をもたらしたこと
  • 2014年冬季ソチオリンピックで、出場権利を持っていたがソチまで行く資金がないジャマイカのボブスレーチームへ、ドージコインコミュニティが5万ドルの募金活動を始め調達したこと

 

1章でご紹介した「感動するエピソード」というのは、ドージコインでボブスレーチームに多額の支援をしたことです。
ドージコインは、とにかくコミュニティが強く、社会活動に積極的です。
開発者が「発行上限枚数」「システムアップデート」「技術に何らかの特徴を付ける」などすれば市場でかなり良い位置を占めることができるでしょう。

社会活動にも積極的なんですね!
こういう仮想通貨は応援したくなります!

はい、ではドージコインがどういうものか理解できたところで、今日の授業はここまでにしましょう!

今日もありがとうございました!
ドージコインがどういうものかよくわかりました!

ただしカナさん、投資は自己責任ですからね。
よく考えてからはじめるのを忘れてはいけませんよ!

 

まとめ

今回はドージコインについて教えてもらいました。
ドージコインが今後の仮想通貨市場で生き残れるかわかりませんが、ぜひとも応援したくなる仮想通貨です!

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたい
マナ

仮想通貨のマナはゲームで使う!楽しみながら投資できる仮想通貨!

おすすめの仮想通貨

仮想通貨を比較!おすすめの5選ピックアップ!【2019年最新版】

2019年仮想通貨はどう動く?

2019年こそ仮想通貨の年?期待の3通貨の来年を予想してみた!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識