仮想通貨は自分で守る!仮想通貨ウォレットの種類と長所・短所を解説


 

「仮想通貨が取引所から流出したらしいけど、どうすれば防げるの?」

「仮想通貨を守るにはウォレットが必要って聞いたけど、どういうこと?」

「ウォレットで仮想通貨を守れるんだったら、種類や使い方を知りたい!」

 

仮想通貨を守るために欠かせないウォレット。

仮想通貨を盗まれないようにできる優れものですが、実際どのように選べばいいのか、どのように使えばいいのかがわからない方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は仮想通貨のプロフェッショナルである私、クリプトと一緒に「ウォレットの使い方」「ウォレットの選び方」を学んでいきましょう!

 

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

仮想通貨を盗む泥棒「クラッカー」たちから仮想通貨を守ろう!

 

仮想通貨はインターネット上で発行されるお金で、インターネット上で取引され、その取引の記録はデジタルデータとして管理されています。

ここで注意しなければいけないのが、「クラッカー」の存在です。
「クラッカー」とは、インターネットを悪用して個人のパソコンやスマホに入り込み、仮想通貨や取引の記録を盗もうとする人たちのこと。

このクラッカーから仮想通貨を守るためには、仮想通貨をウォレットへ保管する必要があります。

仮想通貨を狙うクラッカー集団

ウォレットを使用する理由は主に2つあります。

1つ目は今説明したクラッカーから仮想通貨を守るため

2つ目は取引所が経営破綻した場合でも仮想通貨を失わないようにするため

仮想通貨ウォレットは、クラッカーや取引所の経営破綻から仮想通貨を守るための保管場所だと考えてください。

 

ウォレットにはたくさん種類があり、ひとつずつ使い勝手が違います。

そのため、自分に合ったウォレットを使用することが大切です。(ウォレットの種類に関しては第3章でご紹介します!)

 

また、クラッカーは取引所のウェブウォレットを常に狙っている傾向があります。

理由は単純で、取引所のウェブウォレットにはたくさん仮想通貨が入っているからです。

仮想通貨は1,000円からでも始められますから、クラッカーとしては、より多くのお金が入っているウォレットを狙いたいのです。

泥棒の画像

「取引所のウェブウォレット」がやっぱり1番使えるウォレット!?

 

仮想通貨の魅力が世の中に広がり始めたときに起こった「コインチェック事件」は本当に残念な事件でした。

この事件により、コインチェックのウェブウォレットから580億円相当の仮想通貨が盗まれました。

「取引所は常に狙われている」ことを、仮想通貨を持つ人たちが知ったきっかけとなったのが、コインチェック事件です。

 

しかし、コインチェック事件が起きたことにより、利用者にとってうれしいこともありました。

利用者にとってよかったことは、取引所のセキュリティ対策への意識がグンと高まったことです。

取引所の中にはセキュリティ対策を強めるところが増え、顧客資産の安全を守るために、国内の大手損害保険会社と契約を結ぶ取引所も増えてきました。

 

つまり、取引所のウェブウォレットは必ずしも危険ではないということです。

また、取引所のウェブウォレットは誰にとっても使いやすく作られているのが特徴的です。

安全面もより充実しています。

 

しかし、取引所のセキュリティに頼るのではなく、自分の仮想通貨は自分で守るという意識を持つ必要があります。

なぜなら、クラッカーは常に抜け穴を探していて、どこを攻撃してくるかわかりません。

クラッカーに狙われにくい、自分だけで管理する仮想通貨のウォレットを使えば、仮想通貨にまつわる事件で冷や汗をかく必要がなくなり、安心して仮想通貨を持つことができます。

 

仮想通貨ウォレットの種類は主に6種類!長所短所早わかり一覧表

 

仮想通貨のウォレットは6種類あります。
ウォレット6種類の長所と短所の早見表を作ってみましたので、確認していきましょう!

仮想通貨のウォレットまとめ

 

【1】取引所のウェブウォレット(ホットウォレット)

 

取引所のウェブウォレットとは、取引所で仮想通貨を取引したときに自動で保管されるウォレットのこと

通常、仮想通貨を購入する・取引したあとは仮想通貨はこのウォレットに預けられます。

 

◆特徴

・取引所が管理するウォレット

・ウォレットをインストールする・購入する手続きがない

 

長所

・取引所サイトにアクセスすれば、スマホやタブレットから操作することもできる

・取引所で扱っているすべての仮想通貨を保管可能

・端末が故障したり、紛失してしまったりしても仮想通貨は取引所に保管されているので安全

 

短所

・取引所のセキュリティが緩い場合、自分の仮想通貨ごと失われてしまう

 

【2】ソフトウェアウォレット(ホットウォレット)

 

◆特徴

・ソフトウェアウォレットは、取引所とは別の会社が提供するウォレット

 

長所

・自分自身で管理しているので、取引所が経営破綻した場合でも影響を受けない

・自分専用のウェブウォレットは開設方法や設定方法が簡単である

・端末機が故障・紛失してもウェブウォレットの登録アカウントでログインできれば影響を受けない

 

短所

・対応している仮想通貨が少ない

・アルトコインを中心に投資している方には不向き

 

【3】モバイルウォレット(ホットウォレット)

 

モバイルウォレットとは、スマホにアプリをインストールして利用するウォレットのことです。

 

◆特徴

・インストールしたアプリに自分の秘密鍵を入力し管理を行うことができる

・モバイルウォレットからはマイニングすることは出来ない

・アルトコインに対応しているものが少ない

・日本語に対応しているものが少ない

 

長所

・取引所が経営破綻した場合でも影響を受けない

・PCに比べるとスマホはウィルスに感染する可能性が低い

・持ち運ぶことができるので外出先や店頭での支払いに利用可能

・モバイルウォレットのアプリは無料で利用できるものが多い

 

短所

・スマホのセキュリティが緩い場合はウィルス感染やクラッキング攻撃を受ける可能性アリ

・スマホを紛失した場合は仮想通貨を盗まれる可能性アリ

・復元するために任意で設定したパスワードを忘れると仮想通を取り出し不可

・初期化の際モバイルウォレットにアクセス不可で仮想通貨も取り出し不可の可能性アリ

 

【4】デスクトップウォレット(コールドウォレット)

 

◆特徴

・PCにソフトウェアをインストールして利用するウォレット

・最初のブロック~最新のブロックまで全取引記録確認可能な”フルノード版”はマイニング可能

 

長所

・取引所が経営破綻した場合でも影響を受けない

・PCがインターネットに接続されていない場合でも残高確認が可能

・PCが故障してデスクトップウォレットにアクセス不可でも、秘密鍵と代替えPCで復元可能

 

短所

・ソフトフェアをインストールしたPCでしか利用不可

・フルノード版デスクトップウォレットは重くPCのハードディスク容量が数十GB必要となる可能性アリ

・1つのデスクトップウォレットに対し1種類の仮想通貨しか対応していない

・PCの故障(ウィルス感染リスクがある)

・クラッキングを受けた場合は、仮想通貨を取り出せなくなる可能性アリ

 

【5】ハードウェアウォレット(コールドウォレット)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

◆特徴

・専用のデバイスに仮想通貨を保管して利用するウォレット

・デバイスそのものにはウォレット機能は無く、秘密鍵を内部に保存してある仕組み

・アプリがインストールされたPCならどのPCに接続してもハードウェアウォレットにアクセス可能

 

長所

・取引所が経営破綻した場合でも影響を受けない

・ハードウェアウォレット内部の秘密鍵はインターネットに接続していない間はクラッキングされない

・故障・紛失しても同じ機種のハードウェアウォレットを新規購入し”アクティベーションキー”入力で復元可能

・比較的小さいサイズなので持ち運ぶことができ利便性が高い

 

短所

・ハードウェアウォレット本体の値段が高い(約1万円~)

・第三者に”アクティベーションキー”を知られた場合は不正に仮想通貨を引き出される可能性がある

・悪意ある業者から購入した場合アクティベーションキーを盗み見られて不正に仮想通貨を引き出される能性アリ

 

【6】ペーパーウォレット(コールドウォレット)

 

◆特徴

・紙に仮想通貨のアドレスと秘密鍵を印刷して利用するウォレット

・オフラインの状態でペーパーウォレットを作成する

・入出金するには何らかのウォレットアプリを利用し紙に印刷したQRコードを読み取ってから行う必要アリ

 

長所

・取引所が経営破綻した場合でも影響を受けない

・紙媒体なのでインターネットに接続していない間はクラッキングを受けない

・出金時以外は利用にお金がかからない

 

短所

・仮想通貨のアドレスと秘密鍵を印刷したペーパーウォレットを紛失したら仮想通貨の取り出しは不可

・ペーパーウォレットの紙やインクが劣化しパスワードが読み取れなくなる可能性がある

・悪意ある者にペーパーウォレットを見られたり盗まれたりしたら仮想通貨を盗まれる可能性アリ

・残高確認するにも手間と時間がかかる

・パスワードを忘れると仮想通貨を取り出せなくなる

 

 

正直選び方としては、自分が使い慣れているデバイスに近いものを選択することのが一番でしょう。

しかし、仮想通貨の安全管理という面では、モバイルウォレット1本では危険です。

というのも、モバイルウォレットは「オンライン保管」にあたり、大金狙いのクラッカーから狙われる可能性が高くなります。

 

より安全性を保つためには、コールドウォレットが必要になります。

しかし、仮想通貨経験者の方は、コールドウォレットを使用するのを避ける傾向があります。

次の章では、なぜコールドウォレットを避ける傾向があるのか理由をお話していきます!

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

オフライン保管の『コールドウォレット』が何より安全!でもみんなが避けがちな理由とは

 

仮想通貨はインターネット上のお金。

だからといって、インターネットにつないだまま保管しておかなければならないわけではありません。

オンラインではなく、インターネット接続から切り離した状態で仮想通貨を保管する方法があります。

これを仮想通貨の『オフライン保管』といいます。

 

先ほどご紹介した6種類のウォレットが、オンライン保管・オフライン保管のどちらにあたるのか、すぐにわかる表を用意しました!

ウォレットの保管場所

ウォレットの保管場所2

 オンライン保管されるウォレットを「ホットウォレット」。 その反対に、オフラインで保管されるウォレットを「コールドウォレット」と呼んでいます!

 

ホットウォレットは冷蔵庫!コールドウォレットは冷凍庫?

 

ホットには「活気に満ちている状態」という意味があります。

インターネットに接続されていると、仮想通貨はいつでも取引できる状態になります。

インターネットに接続されている保管場所は、いつも仮想通貨取引が活発に行われています。

だから、ホットウォレットです。

 

ホットウォレットの反対は「コールドウォレット」と呼ばれます。

コールドウォレットはオフライン保管されるウォレットです。

クラッカーに仮想通貨が盗まれることを「クラッキング被害」といいますが、オフライン保管中はインターネットから完全に切り離された状態です。

だから、クラッキング被害に遭う危険はかなり低くなります。

 

安全性が高いのですが、オフライン状態では仮想通貨の取引はできないため寝かせたままの状態になります。

コールドには「凍る」という意味があります。

コールドウォレットのイメージとしては、冷凍庫のような感じです。

 

たとえば食品はカッチコチだと、菌が繁殖しないから腐りにくくなり、安全に長持ちさせられます。

しかし、料理をしたいときには温かいところに出して解凍してから使う必要があります。

コールドウォレットに入れた仮想通貨を使う場合、冷凍された食品を使う前と同じようにひと手間かける必要があるのです。

 

仮想通貨はオフライン(インターネットが使えない状態)からオンライン(インターネットが使える状態)に切り替えないことには取引できません。

コールドウォレットは盗まれる心配が最もありませんが、少し面倒といえます。

 

しかし、こうした手間を省いてしまったために、仮想通貨580億円相当が盗まれたコインチェック事件が起きました。

コインチェックは大手の取引所のなかでも使いやすさで人気でしたが、仮想通貨NEMをオンライン保管していたために、クラッキングされてしまったのです。

利用者の大切な仮想通貨を預かる取引所のセキュリティとして、オフライン保管を徹底していなかったことが批判されました。

 

コインチェック事件後、クラッキング被害を防ぐためにオフライン保管の大切さが広まったといえます。

 

反対にホットウォレットは、仮想通貨をすぐに使える冷蔵庫みたいなもの、としておきましょう!

すぐに料理をしたいか、長く保存したいかで仮想通貨をどこに保存するか決めればいいですよ。

取引を頻繁にしたい仮想通貨はホットウォレットへ。

寝かせて価値が上がるのを待ちたい仮想通貨はコールドウォレットへ入れておくのがベストです!

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

超重要!ウォレットの使い方を間違えるとコインが消えてしまう悲劇が・・・

 

仮想通貨を守るために重要な役割をはたすウォレットですが、使い方を間違えないように注意が必要です。
ここはとても重要なことなので丁寧に解説していきます!

 

たとえば、旅行のときは外国のお金を用意してお財布に入れていくと思います。

自分がいつも使っているお財布に、日本円とアメリカドルを入れておくこともできますが、これだと使いにくいでしょう。

 

レジで間違ったお金を出すと「使えません」と断られるだけではなく、「なんだ?このニセ金は!」とトラブルが起きる場合もあります。

こうしたトラブルを避けるために、異なる国のお金は別々のお財布に入れておくと安心です。

日本円専用の財布・アメリカドル専用の財布・イギリスポンド専用の財布、といった感じです。

仮想通貨も同じで、ひとつのウォレットには基本的に1種類の仮想通貨しか入れられません。

 

 目に見えるお金であれば、レジで「使えません」と断られるだけですが・・・ 仮想通貨を間違ったウォレットに入れてしまうと、とたんに全額消えてしまうことがあります!

 つまり“BTC専用の仮想通貨ウォレット”の中に間違って“NEM”を入れた場合、せっかく手に入れたNEMが全額消えてしまうということが起こり得ます。

だからウォレットの中に仮想通貨を入れるときは、くれぐれも慎重に行ってください!

 

ウォレットの操作ミスで仮想通貨がなくなる!防ぐためのウォレット知識

 

取引所のウェブウォレットから、自分が用意したウォレットへ仮想通貨を移動させるときは何よりも操作ミスに気を付けることが重要です。

仮想通貨のウォレットを選ぶときには、「使い慣れたスマホなどの端末で利用できるウォレットを選ぶ」のもいい方法というのはこの操作ミスを防ぐことにもつながります。

仮想通貨の安全な管理には、画面の見やすさや自分にとっての使いやすさが大切です。

1つのウォレットの中に数種類の仮想通貨を入れることができるものもあります。

 

しかし、仮想通貨に慣れるまでは1つのウォレットに入れる仮想通貨は1種類と決めておいたほうが分かりやすくて安全です。

仮想通貨のウォレットの種類

 

自分のウォレットを選ぶときは安さで選んではダメ!公式サイトから購入を

 

自分で仮想通貨のウォレットをダウンロードする・購入する場合は、信頼できる公式サイトから入手しましょう。

 インターネットの通販サイトやオークションサイト、フリマアプリを利用すれば新品や中古の仮想通貨ウォレットがたくさん売られてて、お得な値段で入手できます。

しかし、安全性を重視したいなら公式サイトから購入するのがよいでしょう。

 

値段の安さは大きな魅力ですが、公式サイト以外から安い仮想通貨ウォレットを入手した最悪の場合、保管したはずの仮想通貨を全て失う可能性があります

なぜこのような事態が起こるのかというと、仮想通貨ウォレットの中にあらかじめ情報を抜き取るためのウイルスが仕込まれていて、パスワードを盗まれてしまう危険性があるからです。

クラッキングされないためにウォレットに移したのに、これでは意味がありません。

大事な仮想通貨を守るためには、必ず公式サイトから入手すると肝に銘じておきましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

まとめ

それでは本日の授業のまとめをして今日はこのへんで失礼するとしましょう! 自分に合ったウォレットを探すために、ぜひ今日ご紹介した情報を役立ててみて下さい。

  • 仮想通貨を取引所で購入したまま放置した場合、仮想通貨は取引所のウェブウォレットに自動保管される。
  • 取引所のウェブウォレットは誰にとっても使いやすく作られているため利用し続けることもOK
  • 取引所のセキュリティ対策に不安があれば、個人のウォレットに保管する方がいい
  • 長く保管したい場合や金額が大きい場合はコールドウォレットを利用すると安全
  • 自分でウォレットを購入する場合は信頼できる公式サイトから手に入れることが必須
合わせて読みたい
未来人

仮想通貨を語る未来人の投稿の謎に迫る!仮想通貨が世界を滅ぼす?

仮想通貨手数料

仮想通貨の手数料を節約しよう!実践できるポイントをご紹介!

危険というには早計!便利なホットウォレット

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識