初心者でもできる!仮想通貨アービトラージの始め方


「アービトラージって何?」

「アービトラージって、私にもできるの?」

「初心者でも安定して利益を出せるって本当?」

 

みなさんは、「アービトラージ」をご存じですか?

アービトラージとは、取引所ごとに仮想通貨の価格に差があることを利用して、利益をあげる取引方法のことです。

 

アービトラージを利用すれば、投資の初心者でも安定して利益を出すことができます。

ただし、アービトラージにはいくつかの注意点があり、それを守らないと損をしてしまうこともあります。

実際にアービトラージを始める前に、この記事でアービトラージの注意点をチェックしてみてください。

 

今日は初心者にオススメだという「アービトラージ」について、仮想通貨のプロフェッショナル・クリプト先生にお話をうかがいたいと思います。
仮想通貨について猛勉強中の私・カナと一緒に、アービトラージの長所短所や、アービトラージのやり方について勉強していきましょう!

 

アービトラージとは?

アービトラージとは?

 

クリプト先生、そもそも「アービトラージ」ってなんですか?

アービトラージとは、複数の取引所の「価格差」を利用したトレードのことです。
「裁定取引」とも呼ばれています。

仮想通貨の価格は、買いたい人と売りたい人の希望額の一致によって決まります。

そのため、買いたい人の多い取引所では価格は上がり、売りたい人の多い取引所では価格は下がります。

アービトラージとは、この仮想通貨の価格の差を利用した取引方法のことです。

 

たとえばBTC(ビットコイン)の価格が、「A取引所:98万円」で「B取引所:100万円」だったとします。

この場合、A取引所で買ってB取引所で売れば2万円の利益が出ることになります。

アービトラージでは、このような取引を繰り返すことで、安定した利益を生み出すことができるのです

 

アービトラージには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

アービトラージのメリット

1:初心者でもルールどおりに売買すれば利益を出しやすい

2:難しい仮想通貨の仕組みや、チャート分析を理解できなくても実践できる

3:価格変動前に売却するため、価格変動のリスクを最小限に抑えることができる

4:相場環境に左右されることなく、価格差さえあれば利益を得ることができる

 

アービトラージのデメリット

1:複数の取引所へ資金を預ける必要があるため、多くの資金が必要になる

2:売買回数が増えるため、取引手数料の負担が大きい

3:他の取引所への送金手数料や、日本円で出金するための出金手数料も考慮しなければならない

4:確実に利益を出すためには、取引手数料以上の価格差が必要

5:常に各取引所の取引価格のチェックが必要なため、取引画面から離れられなくなる

 

仮想通貨の売買における最大のリスクは、価格変動です。

とくに相場が荒れているときは、数時間で大きく値を下げてしまうことも考えられます。

そのため、価格予測が難しく、初心者が投資をおこなおうとすると、どうしても運まかせになってしまうことがあります。

 

しかし、アービトラージなら相場環境に左右されることなく、価格差さえあれば利益を得ることができます

こうしたメリットがあることから、アービトラージは初心者にはおすすめの投資手法です

 

ただ、アービトラージでは通常の取引に比べると価格変動のリスクを抑えることができますが、それでも送金に時間がかかってしまうと、その間に価格が変わってしまう可能性もあります。

ですから、できるだけスムーズに資金移動することが重要なポイントだといえるでしょう。

 

アービトラージで利益を出すポイント

アービトラージで利益を出すポイント

 

アービトラージで利益を出すポイントは、おもに4つあります。

 

1つ目のポイントは、できるだけ多くの取引所で口座を開設し、BTCや日本円を入金しておくことです。

アービトラージは、取引所の価格差を利用して利益を出す方法だからです。

 

2つ目のポイントは、利益を出すために、早めに始めることになります。

アービトラージは、ライバルが多くなると価格差が小さくなってしまうためです。

口座開設には1週間ほど時間がかかるため、思い立ったらすぐに実行するようにしましょう。

 

3つ目のポイントは、口座へ入金したら複数の取引所の価格をチェックし、価格差が出た時点で高い方を売り安い方を買って利益を確定させることです。

価格変動が激しいときは各取引所で取引数が増え、価格差が生じやすくなるため、売買のチャンスだからです。

 

4つ目のポイントは、安定して利益を生むために、各取引所の価格をこまめにチェックすることになります。

とはいえ、仮想通貨は24時間365日取引が可能なので、「通勤時間・休憩時間・休日」などを利用すれば、取引の機会をつくることができるでしょう。

 

アービトラージのリスクと対処法

アービトラージを使って利益を出すためには、狙った価格で売買を成立させる(=約定・やくじょう)させることが重要です。

約定するまでに時間がかかると、価格が動いて不利な価格で取引することになりかねないからです。

 

しかし、注文の額が大きすぎると、どうしても約定するまでに時間がかかってしまいます。

すると、利益を得るために元手を大きくしても、かえって損をしてしまう危険性が出てくるのです。

このような危険性を、「約定リスク」といいます。

 

約定リスクに対処するためには、各取引所のチャートを見て値動きを確認することが重要です。

そのために、各取引所のビットコインの価格を、リアルタイムで確認できるツールがあります。

 

また、大きな資金を動かすときは、できるだけ約定しやすい大手取引所で取引することをおすすめします。

大手取引所であれば、大きな資金でも売買が成立しやすく、約定までにかかる時間を短縮できるからです。

 

そのほか、注文の出し方や送金方法なども事前に確認して、スムーズに資金を移動できるようにしておきましょう。

 

仮想通貨のアービトラージを始める方法

アービトラージを始める方法は、次の5つのステップを踏む必要があります。

 

①複数の仮想通貨取引所で口座開設する

②価格差情報を入手する

③価格が安い取引所で購入する

④価格が高い取引所に仮想通貨を送金する

⑤送金した仮想通貨を売る

 

続いて、以下の表で、5つのステップについて詳しくチェックしていきましょう。

 

アービトラージを始めるための5つのステップ

①複数の仮想通貨取引所で口座開設する

➡口座開設する取引所の数は、トレードのチャンスに直結するので、できるだけ多くの取引所で口座開設することが必要。

➡日本の大手取引所では、登録・口座開設・口座維持の手数料は無料なので、主要な取引所は一通り口座開設しておくと良い。

➡取引所で口座開設するには「メールアドレス」と「本人確認資料」が必要で、公式サイトからメールアドレスを登録し、アドレスに送られてきた画面から個人情報を登録。最後に本人確認資料を画面からアップロードすれば完了。

➡取引所から手続き完了のお知らせが郵送で自宅へ届くまでは、取引開始できないため、早めに手続きを済ませておくと良い。

 

②価格差情報を入手する

➡アービトラージでは、各取引所の価格差情報をうまく入手することが利益に直結する。

➡価格差情報を入手するためには、便利なツールを活用すると良い。

➡国内サイト「コインチョイス」のサイト画面には、国内外の主要な取引所のBTC売買価格が一覧で表示され、利益が見込める取引所も表示される。そのため、初心者でも簡単に価格差のある取引所ペアを見つけることが可能。

➡海外サイト「Cryptowatch」は、一度に多くのチャートを見ながら価格差を追うことができるサービスで、アービトラージ取引する人に人気がある。アカウントを作成し、取引所のIDやAPIを登録すれば、「Cryptowatch」から直接取引することも可能。

➡日本の主要取引所のみでアービトラージをおこなうなら、「ビットコイン アービトラージ アプリ」もおすすめ。BitFlyer・Zaif・Bitbankなど5つの国内取引所に対応した使いやすいアプリ。

 

③価格が安い取引所で購入する

➡利益が出そうな価格差が生じたら、まずは価格が安い取引所で仮想通貨を購入する。

※ここでは例として【Zaif】でBTCを購入する方法を解説。

 

①【Zaif】では、「簡単売買」と「取引」の2つの購入方法があるが、「簡単売買」は手数料が高いため「取引」を選択する。

②取引画面を開き、「BTC/JPY」を選択し、【現在価格】と【現物買い】になっているか確認する。

③取引画面から指値注文(価格を指定して注文すること)を入れる。

※成行注文(=価格を指定しないで注文すること)は、購入価格が想定よりも高くなってしまうことがあるため、アービトラージではおすすめできない。指値注文で購入希望価格を入力するか、板取引画面の気配値をクリックで、希望の購入価格を入力できる。

④「使用残高」のプルダウンから、いくら購入するか選択する。

⑤最後に「買い注文」をクリックすれば購入手続完了。

 

※注文が約定するまで待って、もし約定しなかった場合は再度注文を入れ直す。

約定が成立すると、注文一覧に注文内容が表示される。

 

④価格が高い取引所に仮想通貨を送金する

➡価格が安い取引所で購入した仮想通貨を、今度は価格が高い取引所へ送金する。

※例として【Zaif】で購入したBTCを【bitFlyer】へ送金する方法を解説。

 

①BTCを送金するには、【bitFlyer】の送金アドレスが必要。

②アドレスは【bitFlyer】の入出金画面から確認できる。

③【bitFlyer】にログインし、画面左側の「入出金」をクリックすると、送金アドレスが表示される。

④送金アドレスをコピーして、メモ帳などに保存する。

⑤次に【Zaif】にログインし、入出金と履歴ページの「ビットコインのマーク」をクリック。

⑥コピーしておいた【bitFlyer】のアドレスを入力する。

⑦送金するビットコインの数量を入力して、「出金」をクリックすれば送金手続き完了。

 

※送金手数料は、特に指定をしなければ0.0005BTCとなる。

 

ビットコインの送金にかかる所要時間は、20分~1時間半程度。

【bitFlyer】では入出金を通知する機能があるため、入金完了後すぐに確認できる。

 

⑤送金した仮想通貨を売る

➡送金した仮想通貨の着金が確認できたら、今度は価格が高い取引所で売却する。

ここでは例として、【bitFlyer】でビットコインを売却する方法を解説。

 

①【bitFlyer】にログインして、「BTCの残高」を確認する。

②着金していることが確認できたら、画面左側の「ビットコイン取引所」を選択する。

※「ビットコイン販売所」でもBTCは売却できるが、取引所よりも手数料が高いため取引所を選択。

③取引所の画面では、板取引の一覧が表示される。

④注文画面に売却するBTCの数量と、売却したい価格を入力。

※この際、もし購入時よりも価格差が広がっている場合は、より高い価格で売り注文を出すこともできる。

⑤入力後、「コインを売る」をクリックして、売り注文完了。

⑥売り注文が約定するのを待ち、約定すれば利益が確定する。

 

※さらに入出金画面から振込口座を指定し、振込手続きをすれば日本円で出金可能。

 

仮想通貨アービトラージをするためのおすすめ国内取引所

アービトラージをおこなうには、複数の取引所で口座を開設する必要があります。

このとき、できるだけ取引量の多い取引所を選んだ方が約定しやすいため、そのような取引所を選ぶようにしましょう。

 

この記事では、アービトラージをおこなうときにおすすめの、国内の大手取引所を5つ紹介します。

 

おすすめ国内取引所① bitFlyer(ビットフライヤー)

※bitFlyerは、2018年7月時点では2018年6月の業務改善命令を受け、新規顧客の受け入れ停止中のため、新たな口座開設はできない状況なので注意してください。

 

 bitFlyer(ビットフライヤー)は、BTC取引量・国内ユーザー数日本一の取引所です。

2014年に販売所が設立され、2015年から取引所をオープンしました。

bitFlyerは、リクルートやGMOなどの大手企業から資金調達をおこなっているため、資金力は最大級です。

 

bitFlyerは、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

公式サイトによると、「ネットワークのセキュリティ強化・不正ログイン対策・コールドウォレットの導入」などをおこなっています。

 

bitFlyerの取扱仮想通貨は『BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・LTC(ライトコイン)』など全部で6種類です。

ただし『販売所』ではなく『取引所』で売買できる仮想通貨はBTCのみとなります。

またbitFlyerはアプリが使いやすくチャートも詳細に確認できるため、価格予測に便利です。

BTCならアプリでも取引所から注文できるので、アービトラージに利用しやすいでしょう。 

 

おすすめ国内取引所② Zaif(ザイフ)

※Zaifは2018年11月に、フィスコに事業譲渡をおこなったため、新しく口座を開設することはできません。

そのためアプリでの取引はできなくなるので注意が必要!

2つ目はZaifです。
Zaifはテックビューロ株式会社が運営する取引所で、2015年よりサービスを開始しています。

Zaifって『サイフ』に音の響きが似ていて覚えやすいですよね!

Zaifでは取引によりユーザーが手数料をもらえる『マイナス手数料』が特徴的です。

マイナス手数料?!
画期的なサービスですね~♪

またBTCやETHを少額ずつ積み立てられる『自動積立』もおこなっています。
リスクを分散して積み立てることができるため、できるだけ安全に資産運用したい人におすすめです。

なるほど~。

Zaifの取扱仮想通貨は全部で15種類あり、国内の取引所では最も多い取扱数となります。
『BTC(ビットコイン)・MONA(モナコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)・XCP(カウンターパーティー)』などが購入可能です。

取扱仮想通貨の数が多いのは魅力的ですね!

さらにZaifは手数料が安く、BTCやアルトコインを指値注文できるという点でメリットが多い取引所です。
アービトラージに使うなら、口座開設は必須の取引所と言えるでしょう。

よくわかりました~♪

おすすめ国内取引所③ bitbank(ビットバンク)

3つ目はbitbankです。
bitbankはビットバンク株式会社が運営する取引所で2014年の設立以来、安定したサービスを提供しています。
資本金も11億円以上と資金力も抜群の取引所です。

これまでに安定したサービスを提供してきた実績があるって魅力的ですね♪

さらに口座開設時や維持の手数料が無料で2018年9月30日まで取引手数料無料キャンペーンもおこなっています。
この機会にぜひ取引を開始したい取引所です。

急がなきゃ~!

ちなみにbitbankの取扱通貨は『BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・XRP(リップル)・LTC(ライトコイン)・MONA(モナコイン)・BCC(ビットコインキャッシュ)』など全部で6種類で、BTC以外のコインも板取引で指値注文することができます。

へぇ~。

特にXRPとLTCに関しては、現物で指値注文ができる国内唯一の取引所です。
そのためアービトラージにも利用しやすいというメリットがあります。

XRPとLTCに関して現物で指値注文ができる国内唯一の取引所かぁ。
それも大きな魅力ですね!

さらに2018年にはXRP取引高が多くなり2018年4月にはXRPの取引量で世界一を達成しました。

世界一ってすご~い!

取引高が多いと指値注文でも約定しやすくなるため自分が希望する価格や量で取引できる可能性が高くなります。
さらに取引チャートが使いやすいという評判もあるので、アービトラージにはおすすめの取引所です。

 

bitbank

 

おすすめ国内取引所④ GMOコイン

4つ目はGMOコインです。
GMOコインは東証1部上場のGMOインターネットグループの子会社、GMOコインが運営する取引所です。
証券やFXなどの金融サービスを提供してきた会社なので、金融のノウハウがありセキュリティ面にも力を入れています。

金融サービスを提供してきた会社なら、仮想通貨の管理も得意そうですよね!

GMOコインの取扱通貨は『BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)・LTC(ライトコイン)・XRP(リップル)』の5種類です。
時価総額上位の比較的安定したコインを販売所方式で取引することができます。
ビットコインは現物取引やレバレッジ取引で売買することが可能です。

なるほど!

またサービスの使いやすさもGMOコインの魅力です。
取引のしやすさが特徴で初心者にもおすすめの取引所と言えるでしょう。

取引がしやすいのって大事ですよね~!

さらにGMOコイン独自のスマホアプリ「ビットレ君」では見やすいチャートが装備され『スピード注文・チャート描画・テクニカル指標』などの機能が充実しているので、外出先でも本格的な取引が可能です。

へぇ~。

さらに取引手数料や入出金手数料など、各種手数料が無料なので余計なコストをかけずに仮想通貨取引を行うことができます。

GMOコイン

おすすめ国内取引所⑤ QUOINEX(コインエクスチェンジ)

5つ目はQUOINEXです。
QUOINEX(コインエクスチェンジ)はシンガポール発の仮想通貨取引所で、現在は日本を拠点にアジア最大級の取引所となっています。
そして2017年9月29日に日本で初めて金融庁の仮想通貨交換業者の登録を受けた取引所の1つです。

日本で初めて金融庁の仮想通貨交換業者の登録を受けた?
それは凄いですね。

さらに2018年2月にはBTCの24時間取引高が日本一となりました。

すごーい!

QUOINEXの取扱通貨は『BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)・QASH(キャッシュ)・XRP(リップル)』など全部で5種類です。

へぇ~。

そのなかでも、QASHは国内ではQUOINEXでしか取引できない仮想通貨です。
また通貨ペアが53種類と対応通貨ペアが多いのも特徴です。
対応している法定通貨が多くマイナーな通貨でも取引することができるので資金の流動性があり、取引が成立しやすいというメリットがあります。

取引が成立しやすいっていうのは大きな魅力ですよね~!

そして徹底したセキュリティ対策も特徴のひとつです。
顧客の資金は100%コールドウォレットで管理し、資金の流出を防止しています。
さらに複数の秘密鍵を使うマルチシグという防犯性の高い仕組みも導入しており、セキュリティはかなり強固ですから、安全性を重視したい人におすすめの取引所と言えます。

よくわかりました!

 

 

Liquid by Quoine

 

海外取引所を使った仮想通貨アービトラージ

海外取引所を使った仮想通貨アービトラージ

 

海外取引所に口座開設をすると、アービトラージで利益を出せるチャンスが増える可能性があります。
そのため、ここでは『海外取引所』を使った仮想通貨のアービトラージについて説明します。

へぇ~。
海外の取引所ですか・・・なんか難しそうですけど、私にもできるかな?

大丈夫ですよ。
カナさんにおすすめしたい海外取引所についても紹介しますし、それぞれの特徴も解説していくのでぜひ参考にしてください。

はーい。

まずは海外取引所を使用するメリットについてお伝えします。
アービトラージで海外取引所を使用するメリットのひとつは、取引できる仮想通貨の種類が大幅に増えることです。
日本の取引所では取扱が少ないアルトコインも、海外なら複数の取引所で取引できます。
そのため価格差を利用して利益を生み出すことも可能になるのです。

なるほど。
選択肢が増えるわけですね!

また国内取引所との価格差が大きくなることがあるので、利益を出すのに有利な取引所を見つけやすくなります。
『アービトラージを始めるための5つのステップ』の中で紹介した国内サイト『コインチョイス』で、ビットコインの価格差情報をチェックすれば、国内と海外の取引所で最も大きな価格差となりやすいことがわかるでしょう。

国内サイトの『コインチョイス』は便利ですね。

海外取引所を利用してドルで買うほうが安く購入できる場合はドルで仮想通貨のコインを購入します。
その後コインの価格が高い日本の取引所へ送金し日本円へ換金すれば利益を出すことができるという流れです。

なるほど~!
ちなみに海外の取引所っていってもいまいちピンとこないんですけど、おすすめの取引所を教えてもらえますか?

海外には数多くの取引所があります。
口座開設をするなら、取引量や取扱通貨が多く、できるだけ手数料の安い取引所がおすすめです。
ここでは、アービトラージを始めるにあたって、口座開設がおすすめの海外取引所を2つ紹介します。

 

アービトラージにおすすめの海外取引所

①Binance

➡日本の取引所との価格差が大きくなることが多いBinanceがオススメ!

➡Binanceは香港の取引所で2017年7月に設立され2017年12月には取引高が世界一となった世界でも最大級の取引所。

➡上場させるコインをユーザーの投票によって決めるという仕組みがあり、マイナーコインが上場するきっかけとなっている。

➡取引手数料が安い・取扱通貨の種類が多いというメリットがある。

・手数料:アルトコインの取引手数料が0.05%~0.10%と世界最安レベル。

➡取引できる通貨ペアは2018年7月現在で370種類以上。

➡時価総額が高く日本で人気のコインCardano(ADA)も購入可能。

➡Binanceの独自トークンBinance Coinも人気でこのコインを使えば取引手数料が0.05%になるというメリットもある。

➡サイトは日本語対応不可だがGoogleの翻訳機能を使えば、日本語で表示することも可能。

 

②Bittrex

➡Bittrexは2014年に設立された取引所で、アメリカの会社が運営している。

➡アルトコインの取扱種類が200種類前後あり国内の取引所に比べて圧倒的に多い。

➡取引できる通貨ペアは2018年7月現在290種類もある。

➡日本で知名度が高いコインは基本的に取り扱っており人気のADAコインも売買可能。

➡他の取引所が扱っていない公開直前の仮想通貨も購入可能。

➡Bittrexでアルトコインを売買する際にかかる取引手数料は0.25%で他の取引所と比較すると少し高めに設定されている。

➡1日の出金制限があるという点にも注意が必要。

➡出金できる額はユーザーのグレードによって決められている。

➡2段階認証を設定すると1日1BTCまで、本人確認が承認されるとEnhancedへグレードが上がり、1日100BTCまで出金可能になるという仕組み。

➡多くの取引をおこないたい場合は、早めにグレードを上げておくと良い。

なるほどね~。
1つくらいは海外取引所に口座を開設しておくと良さそうですね!

英語が苦手な方だと抵抗感があるとは思いますが、今は便利な翻訳ツールなどもありますから、是非チャレンジしてみましょう。

 

仮想通貨のアービトラージをサポートしてくれるツール

仮想通貨のアービトラージをサポートしてくれるツール

 

クリプト先生、そういえば私『アービトラージをするのに便利なツールがある』と聞いたんですけど、本当ですか?

本当です。
確実に利益を出せる手法として、一部のユーザーに利用されているアービトラージは、初心者でも利益を出しやすい手法です。
しかし実際には情報収集や取引に手間がかかるため、なかなか実行するのは難しいかもしれません。
そこでアービトラージに利用できる便利なツールが開発されているんです。

そうなんですね!

アービトラージを手助けしてくれる便利なツールには、さまざまなものがあって、情報収集や取引の手間が省けるので活用しない手はないでしょう。
一方で、デメリットも理解しておく必要があります。

ツールを使うメリットとデメリットって何ですか?

ツールを使うメリットは相場をチェックする必要がないこと。
また自動売買の機能もあるため、難しい知識がなくても適切なタイミングで取引できるということです。
このようなツールがあれば、取引所の画面を常に見ている必要がなく、普段仕事で忙しい人でも利益を出すことができますね。

めっちゃ便利ですね~♪

一方で、デメリットもあります。
まずツールを使用するのにお金がかかることです。
優れた機能を持つツールほど利用料も高くなりますし、ツールを使いこなせるようになるためには、使い方を覚える必要があります。

なるほど。

ツールはメリットとデメリットを踏まえたうえで利用する必要があるでしょう。

分かりました。
ところでクリプト先生オススメの『アービトラージツール』があれば、ぜひ使ってみたいんですけど。

それではオススメのアービトラージツールを3つ紹介しましょう。
それぞれの利用料や対応している取引所、機能などをチェックして、必要に応じて利用しすると良いですよ。

はーい。

それでは次の表を見てください。

オススメのアービトラージツール

①COINIGY(コイニジー)

➡複数の取引所の価格を1つの画面で確認し、取引できるサービス。

➡このサービスを利用すれば、価格差を利用した売買がしやすくなる。

➡利用できる取引所は2018年7月時点でBinance・bittrex・bitFlyerなど40カ所以上ある。

➡日本の取引所は少なく機能もチャートや価格を表示するのみでツールから取引できる所はない。

➡海外の取引所を多く利用する場合には便利なサービス。

➡月額15ドルの費用を支払うと各取引所の「売値」と「買値」の差額をマトリックス表示で見られるようになる。

➡マトリックス表示機能を使うと差額を瞬時に確認でき取引のチャンスを逃すことがない。

➡複数の取引所で頻繁に売買する人にはメリットが多いツール。

 

②Cryptowatch(クリプトウォッチ)

➡bitFlyerのチャートとしても使われている。

➡各取引所の取引価格を一覧でリアルタイムに見ることができる。

➡日本語にも対応しているため、日本人ユーザーにとっては使いやすいツール。

➡テクニカル分析がしやすく上級者にも愛用されている。

➡アプリを利用すればスマホで価格情報をチェックすることも可能。

➡利用するにはアカウント登録が必要。

➡利用料は月額15ドルで、アカウントを作成するとチャートを見るだけでなく、取引所と連携させてCryptowatchで直接取引できる。

➡多様な機能がある一方で初心者には使いこなすのが難しいのが難点。

 

③ビットトレード24

➡完全自動でアービトラージ取引をすることができる。

➡有名投資家や金融の専門家が開発したプログラムで手間をかけることなく利益を生むことができる。

➡公式サイトによると月利20%以上の実績があるとのこと。

➡ただし毎月20%の利益が出せることを保証するものではない。。

➡国内の大手取引所であるbitFlyer・QUOINEX・bitbank.ccを利用して取引を行う。

➡日本の取引所のみ利用するためセキュリティ面でも安心。

➡通貨ペアもBTCと日本円のみで為替リスクもない。

➡購入には26万円かかるが機能性が高く実績があることを考えると価値のあるツールと言える。

➡仮想通貨に関する知識も不要で一度設定すれば、あとはツールが自動的に利益を生んでくれる可能性がある。

へぇ~ビットトレード24を購入するにはなんと26万円もかかるんですか!
高いですね~。

確かに安い買い物ではありませんね。
ただし仮想通貨に関する知識も不要で一度設定すれば、あとはツールが自動的に利益を生んでくれる可能性があるというのは大きな魅力ではないでしょうか。

そうですよね・・・。
よく考えて、いざとなったら旦那さんに相談してみます。
ところでクリプト先生!もっと手軽に使えるアービトラージのツールってないんですか?
例えばスマホでちゃちゃ~っと操作できるアプリとか。

たしかにパソコンだけでなく、スマホで利用できるツールがあると便利ですよね。
外出先でもこまめに価格をチェックできて、取引のチャンスを狙えますから。
それでは、仮想通貨でアービトラージをする際に利用できる便利なアプリを2つ紹介しましょう。

やったー!

下の表にまとめましたので、見てください。

 

アービトラージに利用できる便利なアプリ

①Cryptopippi(無料ダウンロード可能・App内課金)

➡Cryptopippiは仮想通貨取引を始めたばかりの初心者でも簡単に使える便利なアプリ。

➡面倒な設定をすることなくアービトラージ用の価格を一目で確認することができる。

➡35種類以上の豊富な仮想通貨を取り扱っており、海外取引所を含む19カ所の取引所の価格を見られる。

➡各取引所の価格差を見やすい画面で瞬時に確認できるのがメリット。

➡2018年7月時点で取り扱っているっている国内取引所はbitFlyer・CoinCheck・Zaif・GMOコインなど。

➡アップデートにより取り扱う取引所や仮想通貨も増えている。

➡まだ口座開設していない取引所の価格もチェックできるため、新しく取引したい取引所を選ぶ際にも役立てることができる。

➡Cryptopippiがあれば迷うことなくアービトラージに有利な取引所を選ぶことができる。

 

②コイン相場(無料ダウンロード可能)

➡コイン相場は自分で比較したい仮想通貨を選べるアプリ。

➡通貨名をタップすれば、その銘柄を扱っている取引所の一覧が表示され、それぞれの売買価格を確認することができる。

➡自分が比較したい通貨だけを表示するため、必要な情報だけを得ることが可能。

➡その分、画面も見やすく使いやすいアプリという特徴がある。

➡取引所と連動して資産管理できる機能があり、それぞれの通貨をどのくらい所有しているのか、円グラフで見ることができる。

➡アービトラージでは頻繁に資金を動かす必要があるため資産管理が重要だが、取引所と連動して資産管理できる機能を使えばスムーズな資金移動が可能となる。

➡アプリ内では仮想通貨の最新情報を知ることもでき、ニュース・コラム・速報などの情報をいち早く知ることができるため情報収集にも活用できる。

 

へぇ!
Cryptopippiもコイン相場も無料でダウンロードできるんですね♪
それだったら積極的に使ってみたいな~。

実際にアービトラージを始める前に、こういったアプリに慣れておくというのも良いかもしれません。

早速ダウンロードしよっと♪

 

まとめ

2017年にはビットコインをはじめとする仮想通貨が高騰し、大きな利益を得た人もいました。
しかし、2018年には一気に価格が下落し、値上がりを待っている人も多いのではないでしょうか?

ギクッ!!

アービトラージは価格差を利用して利益を生み出す手法なので、相場が下落傾向にあるときでも利益を出すことができます。
価格が再び高騰するのを待つだけでなく、こういった手法を利用するのもひとつの方法ですよ。

ですよね!

ここではアービトラージの取引方法やメリット・デメリット・ツールなどを説明しましたが、実際に試してみることが一番の勉強になります。

なるほど!
『習うより慣れよ!』って、確か昔の偉い人が言ってました。

その通りです。
アービトラージはリスクが低い取引手法なので、初心者にもおすすめです。
まずは複数の取引所で口座開設をして、小額から取引の経験を積んでみてはいかがでしょうか?

ぜひやってみたいと思います。
クリプト先生、今日もありがとうございました♪

合わせて読みたい
おすすめチャートアプリ

仮想通貨のチャートアプリ7選!取引歴に応じたオススメをご紹介!

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨の初心者が最初にするべき3つのこと

仮想通貨は今後も値上がりする可能性あり

仮想通貨って今から始めても儲かるの?仮想通貨投資の疑問にお答えします!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識