FISCOの特徴

FISCO

トークンを豊富に取り扱っている取引所

FISCOでは、仮想通貨投資をするうえで外せないBTCはもちろん、上場企業が初めて発行した「フィスココイン」というトークンも取り扱っています。

また、セキュリティ性能は世界基準をクリアしているので安心。

そしてトレードツールはシンプルな構造で初心者の方にも適した構造になっているため、仮想通貨取引きを今まさに始めたい方におすすめできる仮想通貨取引所です。

口座開設手数料入金手数料取り扱い通貨スマホアプリツール
無料無料BTC, BCH, MONA有り
口座開設手数料無料
入金手数料無料
取り扱い通貨BTC, BCH, MONA
スマホアプリツール有り
最低取引額0.001BTC
追証の可否なし
レバレッジ最高倍率不可
提携銀行住信SBIネット銀行
土日対応可能
口座開設までの時間最短5分
公式サイトはこちら公式サイトはこちら

FISCOについてもっと知る

目次

  1. FISCOの特徴
  2. おすすめポイント!

FISCOの特徴

JASDAQ上場企業の子会社が運営する取引所として注目されています。 資本金は3億円を超えています。 取引きに手数料がかかるものの、独自の通貨を取引できるのは、FISCOだけです。

おすすめポイント!

・独自の通貨を発行している ・大手取引所Zaifに似たチャートで操作がしやすい ・現物取引手数料は無料

公式サイトはこちら公式サイトはこちら

FISCOのよくある質問

入金に掛かる時間はどれくらい?
銀行営業時間内にお振込みをいただき、氏名・IDなどが確認できました場合、自動的に処理され、数分以内に日本円の入金が反映されます。 また、フィスコ仮想通貨取引所側のお振込み用口座は、住信SBIネット銀行の口座が指定されており、お客様口座も住信SBIネット銀行からのお振込みの場合、通常の銀行営業時間外でもほぼリアルタイムに処理されます。 銀行営業時間外に振込または振込予約された場合、翌銀行営業日に振込が実行された後の反映となりますので、あらかじめご了承下さい。 お振込みの際に氏名やIDが間違っていたり、ID無しで振込された場合など、フィスコ仮想通貨取引所側のオペレーターによる処理が必要となった場合は、通常1営業日以内ほどでの対応となります。 氏名やID間違いの場合、セキュリティ上の理由により、フィスコ仮想通貨取引所側から連絡することは致しかねますので、1銀行営業日以内に入金されなかった場合、お問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願いします。
日本円の出金手数料はいくらかかるのですか?
出金手数料は、50万円未満の場合は出金手数料が350円。 50万円以上出金の場合、出金手数料が756円かかります。
ビットコイン出金に掛かる手数料とは?
出金手数料としてデフォルトでは0.001BTCが残高から差し引かれます。 実際に採掘者に支払われる手数料は指定した手数料よりも多い場合や少ない場合があります。
公式サイトはこちら公式サイトはこちら

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識