ビットコインが分裂し新たな仮想通貨が誕生!その価値とは?


ビットコインが分裂!その理由と抱える問題点とは

2017年8月1日、ビットコインが分裂し、ビットコインキャッシュという新しい通貨が誕生しました。

この記事では、ビットコインの分裂に関して詳しく解説していきます。

こんにちは、仮想通貨について猛勉強中のカナです。ビットコインのような、実際には存在しない通貨が分裂するってどういうことなんでしょうか?

こんにちは。仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。では、今回はビットコインの分裂について説明していきます!

ビットコインの分裂とは?

ビットコインとは、実際には存在しない「仮想」の通貨す。

ビットコインを用いた取引はブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され管理しています。

このブロックチェーンが分裂することを「ビットコインの分裂」と呼ぶのです

ビットコインの分裂

ビットコインの分裂を理解するためには、まずはブロックチェーンや仮想通貨の仕組みを理解する必要があります。

ビットコインの仕組みについてはこちらに詳しく書かれています。

関連記事:今さら聞けない!ビットコインの仕組みについて分かりやすく解説!

 

ブロックチェーンが完全に分裂すると、もう元のブロックチェーンに戻ることはなく、新しい通貨として存在することになります。

 

ビットコインの抱える問題点

ビットコインの抱える問題点

ビットコインの分裂する主な原因は、スケーラビリティの問題です。

スケーラビリティとは、取引に制限がかかり送金から承認までの時間が長くなってしまうことです。

近年の仮想通貨ブームによりビットコインは急激にユーザーが増えています。 でも、ビットコインのブロックチェーンのブロックのサイズは1㎆と決まっているのです。

 

そのため、取引が増えると一つのブロックの取引数に制限がかかってしまい、送金処理に時間がかかってしまいます。

なるほど~。取引が承認されないと、決済や送金がいつまでたってもおこなわれないことになってしまいますもんね。

そうなんです!この問題を解決しようとしたところ意見が対立し、ビットコインの分裂につながってしまいました。

 

Segwitの導入による意見の対立

segwit導入に意見が対立

取引の遅延を改善するため導入されたのがsegwit(セグウィット)です。

このsegwitに賛成派と反対派で意見が分かれ、反対派によってビットコインの分裂が行われました。

 

Segqwit(セグウィット)とは 

Segqwit(セグウィット)とはブロックチェーンのブロックサイズを圧縮し、ブロックに記録できる取引数を増やすことです。 取引をスムーズに早くできるようになります。

 

関連記事:【すぐに理解!】segwitとは?仕組み・価格への影響をご紹介します!

関連記事:【最新版】ついに到着!segwit2xの特徴や最新情報をお届けします

 

 中国のマイニングプールが猛反対!

segwit導入に反対するマイニングプール

Segwitを導入すれば、取引がスムーズにおこなわれ、私たちにとっては嬉しいですよね。 しかし、中国のマイニングプールはSegwitの導入に反対しました。

マイニングプールとは、マイニングを行う組織のことです。

 

初期投資が必要で膨大な電気代がかかるマイニングは、個人ではなく企業や団体で行うのが一般的になってきています。

マイニングは電気代が安い地域で行う方が効率的であり、マイニングプールはおもに中国の企業が多いです。

中国のマイニングプールは計算コストを節約するため「ASICBoost」を使っています。

 

しかし、この「ASICBoost」はsegwitに対応していないため、segwitを導入した場合使用できなくなってしまうのです。

高い計算能力を持つマイニングプールにとっては、大きな損失になってしまいます。

 

強い発言力を持つ中国のマイニングプールは「segwitを導入するなら、ビットコインをUAHFする」 と断言しています。

UAHFとはハードフォークのことです。

 

ハードフォークとは
ハードフォークとは、今までのブロックやルールを無視し、新しいブロックを作ることです。
旧仕様とは異なる新仕様になるため、今までのブロックと互換性がなくなり全く新しい通貨が誕生することになります。

関連記事:もはや常識?仮想通貨のハードフォークに詳しくなろう!

 

ハードフォークは新しいルールや技術を取り入れるための、アップデートのようなものです。
アップデートすると過去に使用していたものは使えなくなってしまいます。

アップデートしたら、過去のものと全く違う別のものになるんですね。

 

「ビットコインの開発側」「ビットコインを監視する側(マイナー)」で意見が対立した結果、Segwitの導入に反対したマイナー側によってビットコインの分裂が行われました。

 

ビットコインキッシュの価値はあるの?

ビットコインキャッシュの価値はあるのか?

ビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生しました。

総発行枚数は2100万BCHです。

ビットコインのブロックサイズは1MBですが、ビットコインキャッシュは8MBあります。

 

そのため、ビットコインに比べてスケーラビリティ問題が起こりにくく、送金してから承認までの処理スピードが速いです。

スケーラビリティ問題が起きにくいため、手数料も比較的安くなります。

決済手段が効率的なので、今後はビットコインキャッシュを利用する消費者が増えていくかもしれません。

 

ビットコインの分裂ラッシュ!これからどうなるの?

2017年12月から2018年1月にかけて、ビットコインは何度か分裂がおこなわれました。

BTCが分裂して新しく誕生した仮想通貨

・ビットコインゴット

・ビットコインシルバー

・スーパービットコイン

・ビットコインダイヤモンド

・ライニングビットコイン

 

ビットコインは、最初の分裂のときに時価総額が一時下落しましたが、分裂後は上昇しました。

その後の分裂ではあまり価格が下がることはなく、分裂による直接的な価格の下落はないと考えられています。

 

まとめ

ビットコインの分裂は、ブロックチェーンの分裂によるものです。

ビットコイン開発側と承認側の意見の対立が原因になります。

 

ユーザーが急激に増え、取引の処理に時間がかかってしまう問題点を解決するため、segwitの導入に反対した人たちが分裂を起こしたのです。

その後もビットコインは何度か分裂することで、新たな仮想通貨がたくさん誕生しています。

今後もビットコインが分裂することは十分考えられます。
分裂によって仮想通貨市場に変化があるかもしれませんので、みなさんも注目してみてください。

合わせて読みたい
仮想通貨カナダ

不可解な死。遺書。消えた仮想通貨160億円相当。一体何が起こったのか。

2019年仮想通貨はどう動く?

2019年こそ仮想通貨の年?期待の3通貨の来年を予想してみた!

2019年6月!G20に大注目 世界中で仮想通貨の規制が始まる!?FATF勧告の知られざる内容とは・・

2019年に仮想通貨の国際ルールができる!?G20の見解は・・・

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識