アルトコインの取引をするならこの取引所!選び方やポイントをご紹介!


「アルトコインってどこの取引所がいいの?」

「国内と海外では取引できるアルトコインってどのくらい違うの?」

「取引するならどういうアルトコインが良いの?」


みなさん、こんにちは。仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。
一言でココが良い!ということはできないので、まずはアルトコインの特徴をみながら、順を追ってご紹介しましょう!

 

今日はアルトコインが気になっている方のために、どんな特徴があるのか、そしてアルトコインを購入するにはどの取引所が良いのかもご紹介していきます!


フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

目次

そもそもアルトコインって何?

はてなと女性

 

アルトコインとは、BTC(ビットコイン)以外の仮想通貨のことです。

『alternative coin(オルタナティブコイン)』の略称で日本語でいうと代替通貨。

これはBTCの代わりの仮想通貨という意味になります。
 

もともとBTCよりも優れた仮想通貨をつくろうという目的で作られました。

最初の仮想通貨であるBTCをみて、「もっとこうしたらいいんじゃないか?」

という発想で次々とアルトコインがつくられるようになりました。

 

BTCはおもに決済手段(物やサービスと交換できる)としてつくられましたが、アルトコインは通貨としての役割だけではなく、さまざまな役割を持ったものがありますからね!

購入できるアルトコインは限られてきているってホント?

びっくりマークと猫


国内取引所では、取引できるアルトコインが少ないのが現状です。

なぜなら国内取引所では、金融庁が許可した仮想通貨しか扱ってはいけないことになっているからです。

 

どうしてもアルトコインを購入したいというなら、海外取引所を使うことになりますね。

海外取引所では100種類以上の仮想通貨を扱っている取引所もめずらしくありません。

ただし日本語に対応してなかったり、トラブルがおきたときのことを考えると少なからずリスクはありますので注意しましょう。

 

アルトコインが購入できる仮想通貨取引所の仕組み

ペンをもつ男性


取引所には、『取引所』『販売所』の2種類があります。

 

取引所と販売所は、簡単に説明すると

  • 取引所=ユーザー同士で売買するところ
  • 販売所=販売所と直接売買するところ

 

取引所

取引所では、ユーザーが自分の好きな金額で買う(もしくは売る)注文がだせます。

これを『指値注文』といいます。

ほかのユーザーは「この金額なら取引してもいいかな」という指値注文があればそこで取引が成立します。

 

いくらでも取引することができるので、取引所ではいろんな価格で仮想通貨が売られています。

そしてもうひとつ、『成行注文』という注文方法もあります。

 

成行注文は、金額を指定せずそのときにでている注文の中で、1番安い価格で買う(もしくは1番高い価格で売る)

という注文方法です。

金額にはそんなにこだわっていないけど、どうしても取引したいというときに使う注文方法ですね。

 

このように指値注文や成行注文での取引を『板取引』といいます。

板取引の1番のメリットは、自分の好きな価格で取引ができることですね。

 

販売所

販売所の取引相手は業者になります。

取引きの仕方にも違いがあって、販売所が決めた価格で売買をします。

販売所から提示されてる金額に納得であれば取引成立というわけです。

 

販売所では、取引相手がなかなか見つからず取引ができない、ということがないのが1番のメリットですね!

 

ただし、販売所も私たち投資家とおなじように「安く買って、高く売る」ことで利益をだしています。

そのため、少し割高な取引になることが多いです。

ちなみに、買値と売値の差額のことを『スプレッド』といいます。

スプレッドは狭ければ狭いほどおトクです。

 

どちらが良いかは一概にはいえず、両方をうまく使いこなすのが仮想通貨投資のコツですね!

 

アルトコインの取引におすすめの国内取引所7選

スマホとひらめき


国内取引所であれば、金融庁が認可した『仮想通貨交換業者』から選びましょう!
現在16社ある仮想通貨交換業者のなかでも、アルトコイン取引にとくにおすすめな7社の取引所をご紹介します。

 

仮想通貨交換業者とは・・・

仮想通貨交換業者とは、金融庁から許可をもらっている取引所です。

日本では金融庁の許可がないと取引所の運営をしてはいけないことになっています。

仮想通貨交換業者は金融庁のきびしい審査に合格していますので、セキュリティ体制や資金力、技術力などにある程度の信頼性があるといえます。

 

おすすめの国内取引所①『Zaif(ザイフ)』

Zaifは2015年3月4日にオープンをした仮想通貨取引所であり、すべての仮想通貨を取引板で売買できるため、手数料が安いのが特徴としてあります。

取引所での取引となるため指値注文ができ、自分が納得できる価格で仮想通貨の売買ができるメリットがあります。

 

セキュリティ面では、取引所のシステムを複数層に渡って外部から遮断しており、内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築済みです。

顧客の資産保護について積極的に取り組んでいて、各種取引ツールやアプリも提供しています。
多くの種類の仮想通貨を取引してみたい人には、おすすめの取引所です。

 

取扱仮想通貨は15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • MONA(モナコイン)、
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • Zen(ゼン)
  • XEM(ゼム(ネム))
  • ETH(イーサリアム)
  • CMS(コムサ)

 

おすすめの国内取引所②『フィスコ仮想通貨取引所』

フィスコ仮想通貨取引所は、指値注文での売買が可能です。

ユーザー同士が板取引によって直接的に売買を行うため、スプレッドが比較的狭い傾向にあります。

運営会社の母体であるフィスコ株式会社はジャスダック上場企業であり、Zaifを運営するテックビューロとの提携でも注目を集めている取引所です。

セキュリティ面では顧客資産をオフラインのコールドウォレットで管理しており、2段階認証やマルチシグ(複数の秘密鍵を利用する仕組み)の導入、アカウントロック機能を備えるなどセキュリティ対策に積極的な姿勢を示しています。

取引ツールやアプリについては、Zaifのシステムを利用しているため基本的な機能は同じです。また、フィスコは取引所だけでなく販売所も設置しているので、いつでも好きなときに売買が行えます。

上場企業が運営していて経営状態が安定しているため、安心してトレードを行いたい人におすすめの取引所です。

 

取扱仮想通貨は6種類

  • BTC(ビットコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

 

おすすめの国内取引所③『Bitbank(ビットバンク)』

XRP(リップル)の取引量がとても多く、世界一になったこともあります。

取引手数料無料などのキャンペーンもよく実施しており、ユーザーへの還元が多いことでも人気です。

現在も手数料無料キャンペーンを実施しています(2018年9月末まで)

板取引による指値注文ができる点も魅力です。

 

セキュリティ面では2段階認証を導入していて、顧客資産もコールドウォレットで管理をしています。

取引ツールやアプリはユーザーから使いやすいと評判であり、チャート分析も手軽に行えます。また、セキュリティ面でも安心なので、アルトコインの取引コストを抑えたい人は積極的にビットバンクを活用してみましょう

 

取扱仮想通貨は6種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

 

おすすめの国内取引所④『BTCBOX(ビーティーシーボックス)』

BTCBOXは、仮想通貨取引所として最低限の機能を備えているため、シンプルで使いやすいのが特徴です。

板取引での指値注文ができるので、スプレッドを狭くすることができます。

セキュリティ対策としては、顧客資産をコールドウォレットで管理しており、Googleを利用した2段階認証も導入しているのが特徴です。

携帯SMS認証も行っているため、セキュリティ面では問題がないと言えるでしょう。

 

取引ツールやアプリは、iPhoneとAndroidアプリを完備していますBTCBOXだけでなく、ほかの取引所での価格も表示されるため、有利な取引ができる点も特徴です。

運営会社の資本金が2億円であるため、安定性を重視した取引を行いたい人にはおすすめの取引所だと言えるでしょう。

 

取扱仮想通貨は4種類

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)

 

おすすめの国内取引所⑤BitTrade(ビットトレード)

BitTradeは、2017年9月29日に仮想通貨交換業者として認可を受けており、運営元のビットトレード株式会社は元々FX業界では老舗の企業です。

リップルをはじめとしたアルトコインの取り扱いも充実していて、取引手数料も無料となっています。

取引所形式であるため板取引による指値注文が可能で、スプレッドを狭くできます。

 

セキュリティ面は2段階認証や携帯SMS認証、マルチシグやコールドウォレットの導入など、一通りの対策を取っていて安心です。

2段階認証では、IDとパスワードの入力のほかにセキュリティコードを入力するシステムとなっています。

スマートフォンアプリは備えていないものの、パソコンの取引ツールは充実しているので使い勝手は良いはずです。

パソコンを中心にトレードを行う人におすすめの取引所といえます。

ビットトレード

 

取扱仮想通貨は6種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)

 

ビットトレード

おすすめの取引所⑥『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』

QUOINEXは、人気のアルトコイン『QASH』を扱っている国内唯一の取引所です。

取引所形式であるため、板取引が可能であり指値注文によってスプレッドを狭くすることができます。

セキュリティ対策では、すべての仮想通貨をコールドウォレットで管理しており、2段階認証も導入しています。

取引ツールやアプリの評判については、特にアプリの評価が高いといえます。

 

また、外国の法定通貨とのペア数が多く、現物取引では53種類です。

海外10社以上の取引所とネットワークを構築しているため、売買の機会がとても多いのも特徴です。

運営会社が資本金として約20億円を積み立てているので、財務面でも安心できるでしょう。

 

取扱仮想通貨は5種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • QASH(キャッシュ)
  • XRP(リップル)

 

おすすめの国内取引所⑦『BITPOINT(ビットポイント)』

取引所としては板取引によって指値注文ができるので、スプレッドを狭くすることができます。

取引手数料は無料であり、仮想通貨のレバレッジ取引もできます。

最大で25倍のレバレッジがかけられるため、多少のリスクがあっても積極的にリターンをとっていきたい人におすすめの取引所です。

 

セキュリティ対策としては、ホワイトハッカー(コンピューターやネットワークに関する高度な知識や技術を善良な目的のために活かす人)によるペネトレーション(セキュリティ上の欠陥を見つけるテスト)を含めたさまざまな対策を定期的に行っています。

また、監査法人による定期的なシステム監査を行っているため、セキュリティの安全性は高いです。

人気が高い取引ツールである『MT4』が使える唯一の取引所であるため、MT4が使えるからビットポイントを選ぶという人も多いです。

 

取扱仮想通貨は5種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)

 

アルトコインが買える取引所選びの4つのポイント

Pointを指さす人

 

より良い取引所を選ぶために、チェックしておくと良いポイントを4つご紹介します!

 

取引所選びのポイント①『人気があるアルトコインの種類が多い』

現在アルトコインは1,500種類以上ありますが、そのなかには全く価値が上がらない通貨や、詐欺的な通貨もあります。

 

仮想通貨になれていて自分で見極められるという人は心配ないですが、そうではない人は気をつけなければなりません!

 

こうすれば大丈夫!という方法はありませんが、できるだけそういう仮想通貨に手を出さない方法としては、人気のあるアルトコインから選ぶことです!

なので、取引所選びのポイントとしてはできるだけ人気の高いアルトコインを扱っているところを選ぶといいと思います!

 

取引所選びのポイント②『高度なセキュリティ対策が取られている』

取引所から仮想通貨が流出した事件もありますから、セキュリティ面はしっかりしておきたいですね!

 

よくある対策としては、2段階認証や携帯SMS認証、マルチシグやコールドウォレットの導入などがありますね。

これら以外にもセキュリティ対策をしているようであれば、安全性を意識してる取引所といえるかもしれません。

 

取引所選びのポイント③『取引手数料とスプレッドが安い』

仮想通貨取引の手数料はそれほど高くはありませんが、取引回数が多くなってくるとやはり気になります。

 

定期的に手数料無料のキャンペーンをやっている取引所もありますから、それぞれの取引所の金額を比較しながら安い所を選んでいきましょう!

 

取引所選びのポイント④『取引ツールやスマホ用のアプリが充実』

取引所を選ぶときに、意外と見落としがちなのが取引ツールの使いやすさです。

 

使い勝手が悪いと、操作ミスをして損することだってありますからね。

とくに、急激な価格変動が起こったときには焦ってしまうことも多いです。

海外のおすすめの仮想通貨取引所4選

世界地図とスマホ


次は海外の取引所をご紹介しましょう!

海外取引所は取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、手数料も国内より安い傾向にあるので、選択肢のひとつとしてみておくと良いです。

 

おすすめの海外取引所①『Poloniex(ポロニエックス)』

Poloniexはアメリカの取引所であり、アルトコインの取引では世界最大級を誇ります。

ビットコインとアルトコインの相互取引がメインとなる取引所であり、約70種類のアルトコインを取り扱っているのも特徴です。

 

また、取引手数料は0%~0.25%と低めに設定されており、ほかの取引所と比較しても低コストでアルトコインを手に入れることができるでしょう。

スマートフォン用の専用アプリはない一方で、セキュリティ対策には力を入れています。

2段階認証やコールドウォレットでの顧客資産の管理、マルチシグネチャに対応しているため、安全性は比較的高いです。

 

おすすめの海外取引所②『OKEx(オーケーイーエックス)』

OKEx(オーケーイーエックス)は香港の取引所で、約150種類におよぶ仮想通貨を取り扱っています。

取引手数料は基本的に0.2%であるものの、取引量に応じて段階的に安くなる仕組みです。

言語は英語と中国語のみに対応しており、日本語には対応していません。

 

また、日本円にも対応していないため、取引を行うにはビットコインやイーサリアムをあらかじめ用意しておく必要があります。

OKExは取引量が多く流動性が高いため、いつでも好きなときに売買ができるのがメリットです。

また、本人確認が必須ではないため、メールアドレスだけで簡単に口座を開設することができます。
スマートフォンの専用アプリはないものの、セキュリティ対策はとても強固です。

 

おすすめの海外取引所③『Huobi(フオビー)』

Huobi(フオビー)は香港の取引所で、取り扱っている仮想通貨の種類は80種類以上となっています。

2013年から仮想通貨取引所サービスを展開している老舗であり、世界中にユーザーがいる取引所です。

アルトコインの取引手数料は0.2%と少し割高ではあるものの、独自のトークンであるHuobi Tokenを利用すれば、取引手数料が半額になるサービスも行っています。

 

また、日本語に対応しており取引高も世界最大級であるため、初めて海外の取引所を利用するならおすすめの取引所です。

スマートフォン専用アプリもあり、操作性の高さは評判となっています。

セキュリティ対策も、メールアドレス認証・携帯SMS認証・2段階認証の3段構えであり、高いレベルのセキュリティであることもユーザーからの信頼につながっているのかもしれません。

 

おすすめの海外取引所④『Binance(バイナンス)』

Binance(バイナンス)は中国の取引所であり、世界第2位の規模・最大級の取引高・ユーザー数600万人以上といった点が特徴です。

取引手数料は0.1%で低めに設定されているうえに、バイナンス独自のトークンで支払うことで手数料は0.05%まで下がります。

 

取り扱っている仮想通貨は100種類以上で、ユーザーからの投票によって上場する仮想通貨が決まる取り組みを行っています。

スマートフォン専用アプリを提供していて、使いやすさではユーザーからの評判が高いといえるでしょう。

2018年3月22日には金融庁から改正資金決済法による警告を受け、バイナンス側はユーザーの利益を優先して課題解決策を見出していくことを発表しています。

 

おすすめの4つのアルトコイン

4枚のコイン

 

おすすめのアルトコイン①『ETH(イーサリアム)』

 

・時価総額:ランキング第2位
・時価総額:679億7,570万2,430ドル
・供給量:9,959万7,807 ETH
・価格:682.50ドル
・発行上限なし

 

ETHは『スマートコントラクトシステム』によって、契約情報などを管理できる仮想通貨です。

簡単にいうと「~したら~する」という条件を記録して、それが行われたときに自動で処理をするんです。

たとえば、自動販売機はお金を入れてボタンをおしたら、自動で飲み物がでてきますよね。

これは、人の手をつかわずに売買契約ができているといえます。

スマートコントラクトではこの仕組みを利用して、いろんな契約を自動で実行できるんです。

 

ETHは、その将来性に期待してJPモルガンやトヨタグループ、マイクロソフトなどの大企業も提携をしています。

おすすめのアルトコイン②『XRP(リップル)』

・時価総額ランキング第3位
・時価総額:263億5,807万5,318ドル
・供給量:391億8,996万8,239 XRP
・価格:0.672572ドル
・発行上限:1,000億 XRP

 

XRPは、Googleが唯一出資した仮想通貨として有名です。

ほかにもイギリスの中央銀行であるイングランド銀行、アメリカン・エクスプレスなど、200以上の金融機関や関連企業と提携しています。

 

XRPの目的はBTCなどのように決済手段ではなく、国際送金のシステムを改善することなんです!

ほかの仮想通貨とは違う独特の目的をもっていることも、人気の理由かもしれません。

 

おすすめのアルトコイン③『BCH(ビットコインキャッシュ)』


・時価総額ランキング第4位
・時価総額:203億821万8,487ドル
・供給量:1,714万1,788 BCH
・価格:1,184.72ドル
・発行上限:2,100万 BCH

 

BCHは、2017年8月にBTCが『ハードフォーク』というアップデートをしたことで誕生した仮想通貨です。

 

ハードフォークとはブロックチェーンのルールを変更することです(ブロックのサイズを変えるなど)

ハードフォークをすると、今まで通りのルールに沿った仮想通貨と新たなルールに沿った仮想通貨にわかれるんです。

なので、仮想通貨の分裂なんて言い方もされますね。

 

当時BTCの取引数が増えすぎて取引処理が間に合わなくなったので、もっとサイズの大きい仮想通貨をつくろうということでBCHがつくられたんです。

今はまだBTCの方が人気は高いですが、今後どうなるのか注目しましょう!

 

おすすめのアルトコイン④『LTC(ライトコイン)』

 

・時価総額:ランキング第6位
・時価総額:75億4,009万7,198ドル
・供給量:664万7,313 LTC
・価格:133.11ドル
・発行上限:84,00万 LTC

 

LTCは、BTCを参考にして作られた世界で2番目に古い仮想通貨です。

LTCは、基本的な仕組みはBTCと似ているものの、ブロックの生成時間が短いため、送金にかかる時間はBTCよりも短いのが特徴です。

利便性の高い仮想通貨として注目されています。

 

アルトコインを購入するには?口座開設の手順について

はてなと豆電球

 

仮想通貨の取引をはじめるには、取引所に口座を作らなければいけませんので、口座の作り方を簡単にご紹介します!

 

準備するもの

 

・メールアドレス

(普段から使っているものではなく、専用に用意すると良いです。無料で作れるGmailがおすすめです)

・本人確認書類(免許証やパスポートなど)

・銀行口座

 

口座開設の手順

口座を開設するには、基本的に公式サイトからの登録が必要です。

  1. 取引所の公式サイトからメールアドレスを登録する
    (Facebook・Yahoo!・Googleのいずれかのアカウントでも登録可能なので、使いやすいブラウザから手続きを行いましょう。)
  2. 登録したアドレスにメールが送られてくるので、そこに記載されているURLにアクセスする
  3. 登録画面に必要事項を入力する
  4. 後日取引所からハガキが送られてくるので、記載されている認証コードをマイページに入力
    (ハガキは2~3日で送られてくることや、1ヶ月ほどかかるときもあります)

 


まとめ

■アルトコインとは、BTC以外の仮想通貨のこと

■アルトコイン取引は、取引所と販売所をうまく活用しよう

■国内で取引できるアルトコインは、種類は少ないが信頼性は高め

■海外で取引できるアルトコインは、種類は多いが目利きが重要

 

仮想通貨の取引にまだ慣れていない人は、まずは国内取引所で比較的信頼性が高いアルトコインの取引をしてみるのがいいかもしれません。

 

海外取引所はまだ日本語に対応しているところが少ないので、最初は大変かもしれません。

でも、日本では扱っていない仮想通貨が多く、投資のチャンスはありますので、ぜひチャレンジしてみてください!

合わせて読みたい
マナ

仮想通貨のマナはゲームで使う!楽しみながら投資できる仮想通貨!

おすすめの仮想通貨

仮想通貨を比較!おすすめの5選ピックアップ!【2019年最新版】

2019年仮想通貨はどう動く?

2019年こそ仮想通貨の年?期待の3通貨の来年を予想してみた!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識