ビットコインはもう終わり?注目を集めるアルトコインの魅力について!


可能性を秘めた仮想通貨。次に輝くのはどの通貨?

最近、ビットコイン以外にも様々な種類の仮想通貨が発行されています。

「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨についてご存知ですか?

 

「ビットコインは知っているけど、その他の仮想通貨は多すぎてわからない」

「ビットコイン以外にも仮想通貨を買いたいけど、どれがいいんだろう」

「将来性がある仮想通貨を知りたい」

そんな方のために今回は将来性のある「アルトコイン」についてご紹介します。

 

こんにちは。 仮想通貨のプロフェッショナル、クリプトです。 今回は「アルトコイン」について解説していきますよ。

 

また新しい通貨ですか!? いろいろありすぎて覚えれないですよ~。

 

 

 

 

アルトコインって何?

アルトコイン

仮想通貨と聞くと「ビットコイン」をイメージする人が多いのではないでしょうか。

でも、仮想通貨の種類はビットコインだけではありません。

仮想通貨は、なんと1500種類以上もあるのです。

ビットコインを除いた1500種類以上の仮想通貨のことをまとめて「アルトコイン」 といいます。

 

一つの仮想通貨のことをいっているわけではないのです。

でも、なんでビットコインとアルトコインで仮想通貨はわけられているのでしょうか。

それは、ビットコインが世界で初めて発行された仮想通貨であり、仮想通貨の基盤 だからです。

多くの仮想通貨はその後、ビットコインの仕組みを参考にして作られました。

 

だからビットコインはこんなにも知名度が高いんですね~。

 

2アルトコインの特徴と将来性

アルトコイン

アルトコインの多くは、ビットコインを参考にして開発されているため、なかにはビットコインのもつ欠点が改善されているものもあります

例えば、取引処理の速さです。

以前、ビットコインはユーザーが急激に増えたことで、「スケーラビリティ問題」 を起こしました。

スケーラビリティ問題とは、取引数が増えたことで取引処理が間に合わなくなることです。

この問題が起こると、送金完了までに時間がかかったり、送金手数料が高くなったりします。

アルトコインの一つである「BCH(ビットコインキャッシュ)」 は、取引処理を速くすることでスケーラビリティ問題を解決しました。

 

アルトコインのメリット・デメリット

アルトコインへの投資には、メリットとデメリットがあります。

投資で利益を上げるために、しっかり理解しておきましょう!

 

アルトコインの3つのメリット

・将来性がある

アルトコインは、ビットコインの問題点を改善するために開発されているものが多いです。

ビットコインよりも実用性が高く優秀な面があり、実際に2017年から価格が急激に上がっているアルトコインも存在します。

 

・取引の承認スピードが早い

アルトコインの一つである「DASH」は、1秒未満で送金できることもあるほど、取引の承認が速いです。

それに対して、ビットコインの送金は数時間かかることもあります。

DASHほどではないにしろ、多くのアルトコインはビットコインよりも速く送金ができるので、実用性は高いといえそうです。

 

・価格の変動が大きい

仮想通貨は一日で数十%も価格が変動することがあります。

そのため、短期間で大きな利益を得られるのです。

でも、価格の変動が大きいということは、大きな損もしやすくなるため注意も必要になります。

 

アルトコインの3つのデメリット

・価値がなくなる可能性がある

アルトコインはまだ開発途中であることが多く、知名度も低いです。

今後、途中で開発をやめてしまったり、知名度が上がらなければ、価値が上がらずにそのまま消えてしまうことも考えられます。

 

・取引所が少ない

アルトコインは認知度が低いため、取引している人・取り扱っている取引所が少ないものもあります。

そのため、ビットコインと比べると入手が困難であり流動性も低いです。

 

・「詐欺コイン」の可能性がある

詐欺コインとは、投資家からお金を集めるためだけにつくられた仮想通貨のことです。

詐欺コインの発行者は、詐欺コインを通貨として普及させる(例:お店で使えるようにする)つもりはありません。

そのため、詐欺コインには将来性がなく、価格が上がることを期待できないのです。

 

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

オススメのアルトコイン5選

1500種類以上もあるといわれている仮想通貨ですが、実際に送金や決済をおこなおうとすると選択肢はかなり少なくなります。

「たくさんありすぎて、どれがいいかわからない!」そんなかたのためにもここで、取引量が多く人気の高いアルトコインを紹介していきます。

※以下の情報は2018年10月22日時点のものです。

 

イーサリアム

アルトコイン

イーサリアムは、ビットコインの次に時価総額が高く、アルトコインのなかでは1位のポジションの仮想通貨です。

イーサリアムが注目されている理由の一つは、取引に使われている「スマートコントラクト」 という技術にあります。

スマートコントラクトとは、取引内容や契約の条件をあらかじめ決めてプログラム化しておくことで、条件が満たされた場合、自動的に契約が実行される仕組みです。

仲介者を必要としないためコスト削減、手続きの簡略化が可能です。

さらに、その実行内容はネットワーク上に保存されるため、過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存することが可能です。

トヨタ、三菱東京UFJ、マイクロソフトなどの世界中のトップ企業が参加し、将来性が感じられる仮想通貨です。

 

関連記事:イーサリアムは注目の仮想通貨!クリプトがポイントを解説!

 

リップル

オススメアルトコイン

 

リップルの魅力は「送金手数料が安く」「送金時間が速い」 ことです。

リップルは、イーサリアムに次ぎ、アルトコインでは2位の時価総額となっています。

リップル社は「瞬時かつ確実で低コストなグローバル決済」をテーマに力を注いでおり、とくに以下の2点が強みです。

・送金はわずか4秒

・毎秒1000件の取引を処理

 

この強みを活かして国際送金のシステム「リップルネットワーク」の開発をしています。

リップルネットワークは世界中の銀行から注目を集めており、すでに提携済みの銀行は100行以上です。

GoogleやSBIグループなどの大手企業もリップルに投資しており、非常に目が離せない仮想通貨といえるでしょう。

 

関連記事:リップルってどんな仮想通貨?目的や特徴をわかりやすく解説!

 

モナコイン

モナコイン

モナコインは日本で初めて生まれた仮想通貨です。

可愛らしい絵柄が特徴のコインで、匿名掲示板2チャンネルから誕生しました。

2チャンネルでおなじみのアスキーアートの「モナー」をモチーフにしています。

2チャンネル利用者のなかにファンが多く、コミケや秋葉原といった場で交流がおこなわれるほど、人気が高いアルトコインです。

国内での取引量が多くAmazonギフト券やiTunesギフトなどと交換することが可能なので、国内で取り扱いやすい通貨といえるでしょう。

 

ライトコインをベースに作られており、送金時間が短いことが魅力です。

世界で初めて「segwit」 を導入した仮想通貨でもあります。

Segwitとは、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題(取引承認の遅延や遅延による手数料の高騰)を解決するシステムとして期待されています。

 

関連記事:【すぐに理解!】segwitとは?仕組み・価格への影響をご紹介します!

関連記事:【最新版】ついに到着!segwit2xの特徴や最新情報をお届けします

ライトコイン

ライトコイン

開発者は元グーグルのエンジニアで「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀を目指す」という理念のもと開発されました。

アメリカで、人気のある仮想通貨です。

ビットコインの補助的な役割として、ビットコインをベースに開発されました。

ビットコインとの違いはこの二点です。

・segwitの導入

・取引スピードがビットコインの四倍

 

ビットコインに比べ、スピードに特化した実用性のある通貨です。

「ライニングネットワーク」といわれる技術によって、ビットコインの代わりにライトコインで送金することも可能なため、送金時間を短縮できます。

 

関連記事:ライトコインの人気はなぜ上がっているのか?秘密を徹底解明

関連記事:【速攻理解!】ライトニングネットワークを詳しく簡単にご紹介します!

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して誕生した通貨です。

ビットコインキャッシュのブロック容量(取引データを書き込める容量)の大きさは、ビットコインの8倍もあります。

そのため、取引の承認に時間がかかってしまう「スケーラビリティ問題」が改善されているんです。

ビットコインでは未対応であった「リプレイアタック」への対応もおこなっています。

リプレイアタックとは、ネットワークに不正アクセスし、ブロックチェーンを混乱させる攻撃のことです

ビットコインをより良くするため開発された仮想通貨なため、ビットコインにはない、送金・決済・セキュリティの面での対応が強みといえるでしょう。

 

関連記事:ビットコインキャッシュの今後について解説!幅広い情報から将来性を探ろう

関連記事:もはや常識?仮想通貨のハードフォークに詳しくなろう!

 

まとめ

 

アルトコインのなかには、ビットコインの問題点を改善したものがたくさんあります。

まだ注目されていないアルトコインも、その実用性が認められることで、価値が上がる可能性は充分あるでしょう。

今後は、ビットコインだけではなく、アルトコインも成長を見せてくれるかもしません。

これを機に、自分の目的にあったアルトコインを探し、購入してみると仮想通貨の成長が目に見えて楽しめるのではないでしょうか。

合わせて読みたい
仮想通貨カナダ

不可解な死。遺書。消えた仮想通貨160億円相当。一体何が起こったのか。

ビットコインは採掘で生まれる…マイニングとは

ビットコインのマイニングってこういうコト!仕組みをわかりやすく解説

2019年仮想通貨はどう動く?

2019年こそ仮想通貨の年?期待の3通貨の来年を予想してみた!

最新仮想通貨記事一覧

特徴から仮想通貨取引所を探す

あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識
あらゆる疑問を解決!!仮想通貨の知っておくべき知識